【USCPA資格】挑戦・撤退

【体験談】USCPAは取る意味がないの?人生が変わるの?USCPA合格者が語る

困った君
困った君
USCPA(米国公認会計士)って、YouTubeの広告なんかでよくみかけるし、挑戦している人が同僚でもいるから気になっているよ。

でも、「USCPAは取っても意味ない」とよく聞くよね。

一方で、「USCPAを取ったら人生が変わる」とか「USCPAがあれば人生一発逆転できる」とかも聞くよね。

結局どっちなのかわからなくて、USCPAに挑戦するか決められなくて困ったな。

どこ
どこ
どこは、ワシントン州のUSCPA(米国公認会計士)だよ。

結論からすると、USCPAは取る意味のある資格だと思うし、USCPAを取ったら人生が変わることも十分にあると思っているよ。

USCPAになりたいと思ってから、USCPA試験の勉強をして、USCPA試験合格後にどのようなキャリアを築いたか、自分の経験をご紹介するね。

USCPAを取っても意味がないかもと、挑戦しようか迷っている人が決断できる一助になると嬉しいよ。

 

Q.USCPAは取る意味がないの? A.意味はあります!

Q.USCPAは取る意味がないの? A.意味はあります!

USCPAは取る意味がないの?」。

 

よくこのご質問をいただきます。

どこの考えとしては、「USCPAは取る意味があります!」。

 

USCPAは取る意味がないと言っている人は、以下の2つのパターンが多いです。

USCPAは取る意味がないという人のパターン

  1. USCPA試験に合格できず挫折した
  2. USCPAという資格を活かせなかった

 

USCPA試験に挑戦したけれど、合格できなかった人は、USCPA試験に挑戦しようとする人・挑戦している人に対して、「USCPAは取る意味がない」と言います。

ですが、これは「取れないぶどうは酸っぱい」の理屈ですので、無視をしていいでしょう。

 

USCPA試験に合格はできたけれど、資格を活かせなかった人も、時間と労力をかけた甲斐がなかったと、「USCPAは取る意味がない」と言います。

ですが、単に「USCPAってなんかカッコいい!」くらいの理由で目指したり、USCPAという資格を活かそうと努力をしてないことが多いですので、本人の問題です。

 

USCPAが無駄にならないよう、USCPAに挑戦する前に自分はどうか考えてみることは大切だと思います。

USCPA(米国公認会計士)試験受験が無駄になるのは?当てはまっていませんか?
USCPA試験受験が無駄になるのは?【当てはまっていませんか?】USCPA受験が無駄になるのは、合格にたどり着けない人と、合格しても資格が活かせない人です。USCPA(米国公認会計士)のどこが、USCPA試験に挑戦して失敗した人を見てきた経験から、USCPA受験が無駄になるので、USCPA試験を受験しない方がよいと考える人についてご説明します。...

 

実際にUSCPAになった人の話を聞いてみると、ご自分の将来を考えるうえで役に立つと思いますので、今回はどこの経験をお話していきます。

 

 

USCPAになりたいと思ったきっかけ

USCPAになりたいと思ったきっかけ

最初に、どこなぜUSCPA(米国公認会計士)になりたいと思ったのか、きっかけを話していきます。

 

どこはオーストラリアに1年ほど住んで、High Schoolで日本語のアシスタント教師をしていました。

その際に、図書館にあった会計の本を読んで、英語で会計を学ぶことにすっかりはまり、将来の目標を日本語を教えることから、会計を教えることに方向を大きく変えました。

 

そんなとき、2ヶ月ほどの短期ですが、オーストラリアのシドニーにあるローカル企業の経理部で会計インターンをする機会を得ました。

驚いたことに、そのシドニーにある某企業の経理部のみなさんは、オーストラリア人ではなく、スリランカ人やマレーシア人などの外国人でした。

さらに驚いたことに、その経理部のみなさんはアメリカ人ではないのに、USCPAでした。

 

当時、USCPAのことはよく知らなかったのですが、「USCPAという資格があるからこそ、外国人がプロフェッショナルとして職を得られている」という事実に大きな衝撃を受けました。

そして、「USCPAになりたい」「どの国でも働けるようになりたい」「会計を教えられるようになりたい」と強く思いました。

 

 

USCPA試験の勉強を始める前にやったこと

USCPA試験の勉強を始める前にやったこと

つぎに、USCPA試験の勉強を始める前にやったことについて、話していきます。

 

(1)「会計×英語」の勉強が自分に合うか確かめる

USCPA(米国公認会計士)の勉強を始める前に、「会計×英語」の勉強が自分に合っているか確かめました。

 

どこは、「米国公認会計士になる」と決意しましたが、会計の知識は簿記3級レベルしかなく、勘定科目や簡単な仕訳だけなら英語でもわかるというお粗末なものでした。

ですので、オーストラリアから帰ってすぐ、まずはBATIC(国際会計検定)の勉強をしました。

 

日本に帰国してすぐの回でAccountantレベルをパスして、その次の回でAccounting Managerレベルをパスしました。

ぎりぎりControllerレベルには届かなかったのですが、「これなら米国公認会計士の勉強にも対応できる」という自信がつきました。

 

USCPA受験に必要な英語力と会計知識については、こちらの記事を参考にしてください☟

USCPA試験の難易度ー必要な英語力と会計知識から
USCPA試験合格に必要な英語力と会計知識【アドバイスあり】【アドバイスあり】USCPA試験に必要な英語力と会計知識についてご説明します。USCPA試験に挑戦すると決める前に、自分の英語力と会計の知識でUSCPA試験に合格できそうか自己判断することをおすすめしています。BATICの学習で判断するとよくTOEICのスコアと簿記検定では判断できないと思っています。予備校が公表している「USCPA試験に必要な英語力と会計知識の基準」をご紹介しつつ、USCPA試験合格にはどのくらいの英語力と会計知識が必要かご説明していきます。...

BATICについては、こちらの記事を参考にしてください☟

【2021年変更】BATIC(国際会計検定)が新しく!どうなった?どう勉強する?
【2022年最新版】BATIC(国際会計検定)が新しく!どうなった?試験日は?どう勉強する?【2022年最新情報】BATIC(国際会計検定)は、2021年にリニューアルされました!旧制度と比較しつつ、新制度のBATICの概要、出題範囲、難易度、勉強法、勉強時間について詳しく説明していきます。また、2022年の最新情報も更新してあります...

 

(2)自分に合ったUSCPAの予備校を選ぶ

BATICの勉強と並行して、USCPAの予備校選びもしました。

 

日本にあるUSCPAの予備校は、4つです。

なので、4つの予備校からパンフレットを取り寄せ、無料説明会に参加した結果、アビタスに通うことにしました。

アビタスにしたのは、他の予備校は、どちらかというと日本の公認会計士や税理士の講座がメインな感じがしましたが、アビタスは、USCPA講座がメインで、テキストや問題集がわかりやすく、「最低限これだけやれば合格できる」と確信したからです。

 

予備校選びは悩むでしょう。

受講料との兼ね合い、授業やテキストの相性などポイントはありますが、どこアビタスにして心からよかったと思います。

約1年で合格できたのは、アビタスのおかげだと思っています。

 

USCPAの予備校については、こちらの記事を参考にしてください☟

USCPA予備校4校(アビタス・プロアクティブ・TAC・大原) 4つのポイントで比較
【2022年最新】USCPAの予備校4校を4つのポイントで比較!失敗しない学校選び【失敗しない学校選び】2022年最新!USCPA(米国公認会計士)の予備校について、説明しています。当記事を読めば、自分に合った予備校が選べるようになります。USCPA(米国公認会計士)の予備校は4校ありますので、教材、講義、サポート、受講料という4つの特徴から、4つの予備校を比較していきます。USCPAの予備校という言い方をしていますが、USCPAの学校・スクール・専門学校・塾・講座だと思っていただければと思います。...

アビタスについては、こちらの記事を参考にしてください☟

アビタスのUSCPAプログラムの良い評判、残念な評判は?
【紹介割引 1万円】アビタスのUSCPA講座の良い評判、残念な評判は?口コミも【紹介割引1万円あり】アビタスの入学金が11,000円(10,000円+税)の割引となるよう、アビタス元受講生のUSCPAとしてご紹介させていただきます。USCPA(米国公認会計士)予備校を探している場合、アビタスが第一候補になるのではないかと思います。ですが、実際のところ、アビタスのUSCPA講座はどうなのか気になると思いますので、良い評判と悪い評判の両方をご紹介していきます。...

 

 

USCPA試験の勉強中に心がけたこと

USCPAの勉強中に心がけたこと

さらに、USCPA試験の勉強中に心がけたことについて、話していきます。

 

(1)1年だけは勉強に身も心も捧げる

USCPA試験の勉強を始めてから1年だけは、勉強に身も心も捧げました。

 

USCPA試験の勉強は、思ったより大変です。

USCPA予備校の広告を見ると、誰でも簡単に合格できそうな感じがしますが、残念ながらそこまで楽ではありません(笑)。

社会人の皆さんは、仕事と勉強を両立するのはかなりハードだと覚悟してください。

 

どこの場合は、アビタスのUSCPA無料説明会で、アビタス元代表の三輪先生が「何もしなくても1年は経ってしまいます。それなら、人生で頑張った1年があってもいいですよね」とおっしゃったのですが、その言葉を心にとめてがんばりました。

1年だけ勉強に身も心もささげようと思いました。

残業が多くて疲れているときも、問題集の正答率がなかなか上がらなくてくじけそうになった時も、「1年だけ、1年だけ」と思って頑張り続けました。

 

USCPA試験と仕事の両立については、こちらの記事を参考にしてください☟

社会人が無職にならず、USCPA(米国公認会計士)試験の勉強と仕事を両立する方法
社会人が無職にならず、USCPA試験の勉強と仕事を両立する方法「USCPAの勉強に専念するために仕事を辞めること」については、「賛成できない」とお話ししています。「賛成できない」理由について、また、USCPAの勉強と仕事をどのように両立していけばいいかのアドバイスも、併せて話していきます。...

 

(2)必ず毎日勉強する

USCPA試験の勉強は、必ず毎日しました。

基本的には、週20時間は勉強するようにしました。

 

いったん勉強を止めてしまうと再起動するのは大変ですので、短くてもいいので毎日勉強を続けて、勉強を始めた日から合格した日まで勉強しなかった日は作りませんでした。

USCPA試験の範囲は思った以上に広いので、勉強したことを忘れないように、毎日全範囲を復習するようにしていました。

 

USCPA試験の勉強の継続については、こちらも参考にしてください。

USCPA(米国公認会計士)試験の勉強を継続するための心構えと生活
USCPA試験に受かる気がしない時の具体的な対処法【心構えと生活】USCPA試験に受かる気がしない時の具体的な対処法をご紹介していきます。USCPA試験の勉強を続けるための心構えと生活が大切で、「仕組み」さえできていれば、あとは合格するまで勉強すれば必ず合格できます!...

 

 

USCPA試験合格後のキャリアについて

USCPA試験合格後のキャリアについて

さいごに、USCPA試験合格後のキャリアについて、話していきます。

 

(1)全科目合格後、BIG4大手監査法人へ

全科目合格後、BIG4大手監査法人へ監査職として転職しました。

Big4で働いていたという経験があれば、その後どんな企業で働くときも、大きくプラスになると思ったのと、監査のノウハウを身につけたかったからです。

 

あいにく、どこがBIG4に応募しようとした頃は、日本の公認会計士でさえ採用を控えていた時期で、USCPAの中途採用をしていませんでした。

ですが、何とか転職エージェントのサポートのおかげで面接にこぎつけ、面接を担当していただいたパートナー(事業部のトップ社員)と相性が合ったため、会計監査職の正職員として採用してもらえました。

 

USCPAは、「日本の公認会計士にバカにされるのか」というご質問をいただくことがありますが、そんなことはありませんでした。

社会人経験を活かして、日本の公認会計士よりもクライアントとのコミュニケーションがうまくいっていたので、十分にバリューが出せていたと思います。

USCPAになったことでBIG4で採用され、日本の公認会計士と肩を並べて監査の実務経験を積めたので、USCPAはコスパの良い資格だとしみじみ思いました。

 

監査法人への転職については、以下の記事を参考にしてください☟

USCPAのBIG4大手監査法人への転職必勝法
USCPAのBIG4大手監査法人への転職必勝法【BIG4に採用されたUSCPAが解説】USCPAがBIG4大手監査法人への転職を成功させるための必勝法をご紹介します。USCPA試験に全科目合格後すぐにBIG4大手監査法人に転職した経験からお話しています。特にBIG4の監査職への転職を成功させたUSCPAは少ないので、参考にしていただきたいです。...

監査法人で働いた経験については、以下の記事を参考にしてください☟

【体験談】BIG4大手監査法人でUSCPAとして働いてみた!配属された事業部・アサイン・バリューの出し方
【体験談】BIG4大手監査法人でUSCPAとして働いてみた!配属された事業部・アサイン・バリューの出し方 1.配属された事業部について まずは、配属された事業部についてです。 配属されたのは、外資系企業だけを監査す...

 

(2)海外移住し、海外就職

その後、タイのバンコクに移住し、バンコクにある米国企業のシニアアカウント(社外的には、アジアパシフィック地域コントローラー)として採用されました。

英語がそれほどできないにもかかわらず(当時TOEIC850点くらいでした)、USCPAというだけで、多数の応募者の中から採用してもらえました。

 

USGAAP(米国会計基準)でのレポーティング、SOX(内部統制)整備のサポートや、監査対応など、USCPAの勉強を活かせる場面が多かったです。

USCPAで勉強していたからこそ、何かイレギュラーな取引が起きても、既にどうすればいいか知っている、もしくは、少し調べれば対応できました。

 

海外就職については、以下の記事を参考にしてください☟

USCPAが現地採用として海外で仕事を得るために知っておきたいこと
【現地採用】USCPAが海外で仕事を得るために知っておきたいこと3つ!USCPAの現地採用に関して、「現地採用はそんなに簡単にはできないよね?」「現地採用されるには英語力はどのくらい必要なの?」「失敗しない現地採用は?」といったご質問にお答えしていきます。...

バンコクで働くことについては、以下の記事を参考にしてください☟

海外移住・海外就職のための情報@タイ・バンコク
【保存版】タイ・バンコク 海外移住・海外就職完全ガイド 迷いを全部解決!タイに移住して働きたい人のために、タイの基本情報、タイの就職情報、タイ(バンコク)の生活情報、タイ(バンコク)の情報源について書いています。...

 

(3)管理職として、連結を担当

日本に帰国後は、グローバル企業にて、連結決算書の作成、海外子会社の管理など、幅広く担当させてもらっています。

 

海外子会社はすべて担当していますが、その中でも米国とアジアの海外子会社管理がメインであり、USCPAであること(そして、アジアに住んでいたことがあること)が評価されて採用されたので、USCPAで良かったと思います。

BIG4の監査を受けていますが、監査人のみなさんは、どこがUSCPAだということを知っていますので、安心して監査対応を任せてもらっているのも、USCPAで良かったと思う点です。

 

海外子会社の会計基準でよくわからなくても、自分で調べられています

USCPA試験のリサーチ問題で、調べ方を勉強したことに感謝していますし、広く浅く勉強する必要があり、実践的な問題が出題されるUSCPA試験の特徴にも感謝しています。

日本の公認会計士ではなく、USCPAに挑戦してよかったと心から思っています。

 

USCPAのキャリアについては、こちらの記事を参考にしてください☟

USCPA(米国公認会計士)のキャリア USCPAの転職先を見てみましょう
USCPAのキャリア 【USCPAの転職先を見てみましょう】USCPA(米国公認会計士)の転職先について、取りまとめています。USCPAが活躍できる転職先として、監査法人、税理士法人、アドバイザリー会社、コンサルティング会社、一般事業会社、海外就職について、日本の公認会計士の転職との違いや自分の転職経験を交えて説明します。...

USCPAと日本の公認会計士の違いについては、こちらの記事を参考にしてください☟

USCPA(米国公認会計士)とJCPA(日本の公認会計士)のどっちがいいのか?
USCPAと日本の公認会計士のどっちがいいの?どっちがおすすめ?USCPAと日本の公認会計士のどっちの資格を取るといいのかは、人によって違うため、当記事ではどっちがおすすめと結論を示してはいません。USCPAと日本の公認会計士を比較してご自分で考えられるよう、USCPAと日本の公認会計士について、試験制度の違いとキャリアプランの違いという2つの判断軸をご紹介しています。...

 

 

キャリア形成にプラスになるなら、USCPAを取る意味があります!

キャリア形成にプラスになるなら、USCPAを取る意味があります!

結局のところ、どんな形であれキャリア形成にプラスになるなら、USCPAを取る意味があると思います。

 

どこの場合は、USCPAに全科目合格していたから、BIG4に採用されました。

そして、USCPAを取らなかったら考えられなかったような、充実したキャリアを築くことができました。

ですので、USCPAを取ることにした自分の判断は間違っていなかったと思います。

 

あなたはどうでしょうか?

USCPAという資格は、今の会社で活かせるでしょうか?

転職をして活かせるでしょうか?

将来の夢をかなえる一助になるでしょうか?

よく考えてみてください。

 

USCPAになりたいと思いましたら、こちらの記事も参考にしてください。

USCPA(米国公認会計士)の始めかた USCPAになりたいと思ったら読む記事
USCPAの始めかた 「USCPAになりたい」と思ったらUSCPAの始めかた!USCPAになりたいと思ったら、この記事を読んでください。USCPAになるための一歩が踏み出せます。...

 

 

以上、「【体験談】USCPAは取る意味がないの?人生が変わるの?USCPA合格者が語る」でした。

困った君
困った君
USCPA(米国公認会計士)にさらに興味が出てきたよ。

まずは、各USCPAの予備校に資料請求をしたり、説明会に参加して、USCPAが活かせるのか確かめてみようかな。

USCPAは取る意味がないのか考えているより、何か行動を起こすのが大事だよね。

どこ
どこ
一年間しっかりと頑張れば、必ずUSCPA試験は突破できるからね。

コツコツと1科目ずつ勉強していけばいいんだよ。

USCPAになれば、その後の人生は広がるよ。

苦しんで頑張った以上のリターンはあるから、ぜひチャレンジしてみてほしいよ。

ABOUT ME
USCPAどこ
ワシントン州USCPA(米国公認会計士)。USCPAの立場から、USCPA試験とUSCPAのキャリアについて書いています。BIG4大手監査法人監査人→米国企業経理職@バンコク→グローバル企業連結決算担当。
資格取得のための参考情報

資格取得のための参考情報

USCPA(米国公認会計士)

 

USCPA講座の資料請求・説明会申し込み(無料

アビタスの公式サイト

 

USCPA講座の紹介割引(入学金11,000円オフ

【紹介割引あり】アビタスでUSCPA(米国公認会計士)試験に1年で合格!

 

USCPAの受験ガイド(どこの本、アビタスの三輪先生の本)

 

BATIC(国際会計検定)

 

BATIC講座の資料請求(無料

TACのBATICコース

大原のBATICコース

BATIC(国際会計検定)が新しく!試験日は?どう勉強する?

 

BATICの公式テキスト・公式問題集

 

IFRS検定(国際会計基準検定・IFRS Certificate)

 

IFRS検定講座の紹介割引(受講料3,000円オフ)

【アビタス紹介割引あり】IFRS検定(国際会計基準検定)の難易度、活かし方

 

USCMA(米国公認管理会計士)、EA(米国税理士)

 

講座の資料請求(無料

TACのUSCMAコース

TACのEAコース

国際会計資格 USCPA・USCMA・EAの比較、どれを取るといいのか?

 

CIA(公認内部監査人)

 

講座の資料請求、説明会申し込み(無料

アビタスのCIAコース

TACのCIAコース

内部監査資格 CIA・CISA・CFEの比較、どれを取るといいのか?

 

簿記検定

 

講座の資料請求(無料

大原の簿記コース

TACの簿記コース

USCPA(米国公認会計士)と簿記検定、どっちが役に立つのか?

 

公認会計士

 

講座の資料請求(無料

CPA会計学院の公認会計士コース

大原の公認会計士コース

TACの公認会計士コース

USCPA(米国公認会計士)とJCPA(日本の公認会計士)の試験の違い