受験対策

USCPA試験 リサーチ(Research)問題 これだけは知っておきたい基礎知識と対策

困った君
困った君
もうすぐ、USCPA(米国公認会計士)試験のFARを受験するよ。

リサーチ(Research)問題とかいうのが出題されると聞いたけど、何をしたらいいのか分からなくて困ったな。

リサーチ問題は捨てて、何もしなくてもいいかな。

どこ
どこ
どこは、ワシントン州のUSCPA(米国公認会計士)だよ。

リサーチ問題は、BEC以外の、FAR、AUD、REGの3科目で出題されるよ。

時間をかける必要はないけど、何もしないでリサーチ問題を捨てるというのはやめた方がいいよ。

一緒にリサーチ問題について最低限のことを知って、対策をしておこうね。

目次(見たい項目へ)

USCPA試験 リサーチ(Research)問題 これだけは知っておきたい基礎知識と対策

USCPA試験 リサーチ(Research)問題 これだけは知っておきたい基礎知識と対策

USCPA受験生の方から、リサーチ問題の対策についてご質問をいただきました。

BEC以外の、FAR、AUD、REGの3科目で、リサーチ問題が出題されるわけですが、1科目目の受験科目であるFARの本番の試験で、きちんと解けるのか心配とのことでした。

 

FARで一度リサーチ問題に慣れてしまえば、その後のAUDやREGの試験で出ても大丈夫だと思います。

ですので、特に、1科目目のFARの受験が迫ってきた方の不安が少しでも減るようにと思い、この記事をかいています。

 

 

1.USCPA試験のリサーチ問題の基礎知識

まず、USCPA試験のリサーチ問題の基礎知識を見ていきましょう。

 

(1)USCPA試験のリサーチ問題とは?

USCPA試験のリサーチ問題とは、与えられたデータベース(Authoritative Literature)から必要な情報を検索することが求められる問題形式です。

ある状況が生じた際に、その処理について規定している基準をデータベースから探し、その基準番号を解答します。

つまり、グーグル検索と同じと考えてよく、キーワードを入力して検索し、基準を探し当てるわけです。

 

①リサーチ問題はどこで出題されるのか?

リサーチ問題は、テストレット3、4、5のTask-based Simulation(事例形式問題)の1つとして出題されます。

USCPA試験4科目全てで出題されるのではなく、AUDFARREGの3科目での出題で、BECでは出題されません。

ちなみに、BECでリサーチ問題が出題されないのは、科目の性質上、基準を参照して情報を探し当てるというものではないからだそうです。

 

②リサーチ問題は何問出題されるのか?

各科目でのリサーチ問題の出題数は、最低1問、多くて2問です。

2問の場合は、1問はダミー問題で、採点されないとの情報もあります。

アメリカ人USCPA合格者のコメントで、AICPAの正式なものではないので、確信はありません。

 

③リサーチ問題の配点は?

アビタスは、リサーチ問題の配点を6点から12点と予想しています。

どこは、2問のうち1問がダミー問題なら、6点くらいではないかと予想します。

そこそこ配点が大きいので、「リサーチ問題は捨てる」と最初から対策を放棄するのはやめた方がいいでしょう。

 

④リサーチ問題は部分点アリ?

リサーチ問題は「部分点アリ」と「部分点ナシ」で意見が分かれています。

アビタスの講師は「部分点アリ」としていましたが、「部分点ナシ」と言っている人も多いです。

これも、AICPAの正式な発表はないので、確信はありません。

どこは、WC問題は部分点はあっても、リサーチ問題はピンポイントで基準を選べないとあまり意味がないと思うので、部分点はないのではないかと予想します。

 

(2)USCPA試験のリサーチ問題が出題される目的

そもそもですが、なぜ、USCPA試験ではリサーチ問題などという、変わった形式の問題が出題されるのでしょうか。

2004年にUSCPA試験がコンピュータ形式に移行したことで、会計関連のデータから必要な情報を探してこられるかを試すため、このリサーチ問題が導入されました。

つまり、USCPA試験では、会計基準・監査基準・税法をいかに記憶しているかだけではなく、必要な時に自分で検索をして情報を見つけられるかにも重点を置いていると言えます。

 

実際にCPAとして働き始めたら、このような情報検索スキルは非常に大切です。

というのは、現実世界で、CPAは日常的に使用する基準は記憶していますが、それ以外の追加情報は、ネット検索で情報を探し当てているからです。

なので、USCPA試験対策としてだけではなく、実務家として働き始めたときのために、情報検索スキルは身につけておくといいと思います(日本の会計基準を探すときにも、応用できます)。

2024年1月からの新試験では、現行の試験での「単純なリサーチ問題」は廃止されます。

【2024年改定】USCPA試験制度の大変更(CPA Evolution)新USCPA試験はどうなる?

 

 

2.USCPA試験のリサーチ問題の画面

つぎに、USCPA試験のリサーチ問題の画面を見ていきましょう。

 

(1)シナリオと指示を読む

サンプルテスト(FAR、テストレット4)のリサーチ問題の画面です。

シナリオと指示が書いてありますので、よく読みましょう。

状況が説明され、該当する基準を探すことになります。

この場合「特に要請がない限り、解答では適用指針を引用しないでください」との指示が書いてありますので、必ず従いましょう。

 

(2)情報タブ(AUTH.LIT.)を参照する

テストレット3、4、5のTask-based Simulation(事例形式問題)では、電卓のタブ(「CALC」)、エクセルタブ(「EXCEL」)、情報タブ(「AUTH. LIT.」)、ヘルプタブ(「HELP」)などが上位に表示されます。

 

リサーチ問題で参照する参考資料は、情報タブ(「AUTH. LIT.」)である「Authoritative Literature(権威ある文献)」になります。

Authoritative Literature(権威ある文献)」を検索して、該当する基準を探します。

 

(3)空欄ボックスに基準番号を入力し、解答する

適切な基準番号を空欄のボックスに入力して解答することになります。

 

例えば、FARの場合は以下のように入力します。

FASB ASC (Accounting Standards Codification)

  1. トピック:3桁
  2. サブトピック:2桁
  3. セクション:2桁
  4. パラグラフ:2桁または3桁

それぞれ4つの空欄のボックスに、正しい桁数で入力することで解答となります。

AU-C 500Aのように、番号にA(amendedの意)がついている基準がありますが、Aをつけて回答するとエラーになります。

本番の試験ではAがついている基準は掲示されないので、気にしなくていいでしょう。

AU-C 500A

 

 

3.USCPA試験のリサーチ問題で参照する基準

USCPA試験のリサーチ問題で参照する基準について見ていきましょう。

 

Authoritative Literature(権威ある文献)」で検索できる、各科目で参照する基準は以下の通りです。

リサーチ問題で参照する基準

  1. FAR: FASB Codification
  2. AUD: AICPA Professional Standards 、PCAOB Auditing Standards
  3. REG: Internal Revenue Code

Blueprintsにも、どの基準を参照(Reference)するか記載があります。

 

(1)FARで参照する基準

FARのリサーチ問題では、「FASB Codification」を参照します。

FASB Codification

  1. FASB(財務会計基準審議会)が定める全ての基準書
  2. 一般事業会社と非営利企業にかかる会計基準が対象で、政府会計(GASB)の会計基準は対象外

 

FASB Codification

 

①トピック番号(3桁)

トピック番号(3桁)は、規則に従って番号が付けられていますので、自分で探すことも可能です。

FASB Codificationのトピック番号(3桁)

  1. 100番台:General Principles(一般原則)
  2. 200番台:Presentation(表示)
  3. 300番台:Assets(資産)
  4. 400番台:Liabilities(負債)
  5. 500番台:Equity(純資産)
  6. 600番台:Revenue(収益)
  7. 700番台:Expenses(費用)
  8. 800番台:Broad Transactions(幅広い取引)
  9. 900番台:Industry(産業分野)

3桁の最初の1桁目は、エリアを表しています。

 

まず、個別の勘定についてか、そうではないか考えます。

個別の勘定の場合

  1. 300番台・400番台・500番台 ☜BS関係の基準
  2. 600番台・700番台 ☜PL関係の基準

個別の勘定ではない場合

  1. 200番台 ☜表示についての基準
  2. 800番台 ☜複数の勘定を広く扱っている取引の基準
  3. 900番台 ☜産業分野に特化した基準

このように、ざっくり目星をつけて基準のトピック番号を絞りましょう。

 

FASB Codificationのトピック番号については、以下の記事を参考にしてください。

USCPA試験 FASB ASC (Accounting Standards Codification)の トピック 一覧
USCPA試験 FASB ASC (Accounting Standards Codification)の トピック 一覧USCPA試験のFARのリサーチ問題に関して、FASB ASC (Accounting Standards Codification)の理解に余計な時間をかけなくてすむよう、FASB ASCトピック一覧を記載しました。FASB Codificationにどんなトピックがあるのか理解する際にお役立てください。...

 

②サブトピック番号(2桁)

サブトピック番号(2桁)については、10が「Overall(全般)」というのは統一されています。

20以降は、細かいテーマとなっています。

全般的な主要なテーマなら10「Overall(全般)」とし、細かいテーマなら10「Overall(全般)」以外を選びましょう。

 

③セクション番号(2桁)

セクション番号(2桁)は、全てのトピックで統一されています。

FASB Codificationのセクション番号(2桁)

  1. 00:Status(ステータス)
  2. 05:Overview and Background(概要と背景)
  3. 10:Objectives(目的)
  4. 15:Scope and Scope Exceptions(対象と対象外)
  5. 20:Glossary(用語集)
  6. 25:Recognition(認識)
  7. 30:Initial Measurement(初期測定)
  8. 35:Subsequent Measurement(後続測定)
  9. 40:Derecognition(認識の中止)
  10. 45:Other Presentation Matters(その他の表示事項)
  11. 50:Disclosure(開示)
  12. 55:Implementation Guidance and Illustrations(実施ガイダンスと図解)
  13. 60:Relationships(関係)
  14. 65:Transition and Open Effective Date Information(移行および適用開始日に関する情報)
  15. 70:Grandfathered Guidance(既得権条項のガイダンス)
  16. 75:XBRL Elements(XBRL要素)

リサーチ問題でよく出題されるのは、253035404550あたりでしょう。

ここ7年のAICPAリリース問題を見ても、出題されたのは、2530354550でした。

 

(2)AUDで参照する基準

AUDのリサーチ問題では、「AICPA Professional Standards」または「PCAOB Auditing Standards」を参照します。

  1. AICPA Professional Standards:AICPAが発行する、監査及び証明業務の基準書☜非上場企業(Nonissuer)
  2. PCAOB Auditing Standards:PCAOBが発行する、上場企業に適用される倫理及び独立性に関する基準書☜上場企業(Issuer、Listed Company)

 

①どの基準を参照するか

どの基準を参照するかについては、以下の2ステップで考えるといいかと思います。

どの基準を参照するか考える際の2ステップ

  1. 上場企業・非上場企業のどちらなのか
  2. 監査・監査以外のどちらなのか

 

まずは、「上場企業・非上場企業のどちらなのか」考えましょう。

問題のシナリオから、上場企業に関してだと考えられる場合(IssuerListed Companyと記載されている場合)は、「PCAOB Auditing Standards」を参照します。

上場企業に関してではないと考えられる場合、「AICPA Professional Standards」を参照します。

 

そして、「監査・監査以外のどちらなのか」考えましょう。

  1. U.S. Auditing Standards :AU-C ☜監査基準(SAS)
  2. U.S. Attestation Standards :AT-C ☜証明業務基準(SSAE)
  3. Accounting and Review Services :AR-C ☜会計及びレビュー業務(SSARS)

監査なら「AU-C」の監査基準、監査ではないなら「AT-C」の証明業務基準、または、「AR-C」の会計及びレビューになると考えると解答がラクかと思います。

 

②AICPA Auditing Standards(AICPA監査基準)

AICPA Auditing Standards

 

③Standards for Attestation Engagements(保証業務基準)

Standards for Attestation Engagements

 

④Preparation, Compilation and Review Standards(作成、コンピレーション、レビュー基準)

Preparation, Compilation and Review Standards

 

⑤Code of Professional Conduct(プロフェッショナル行動規範)

Code of Professional Conduct

 

⑥Statements on Quality Control Standards(品質管理基準に関する声明)

Statements on Quality Control Standards

 

⑦PCAOB Auditing Standards(PCAOB監査基準)

PCAOB Auditing Standards

 

どの基準かによって、空欄に入力する番号の桁数も変わります。

 

AICPA Professional Standardsのセクション・PCAOB Auditing Standardsの基準番号については、以下の記事を参考にしてください。

USCPA試験 AICPA Professional Standardsのセクション と PCAOB Auditing Standardsの基準番号 一覧
USCPA試験 AICPA Professional Standardsのセクション と PCAOB Auditing Standardsの基準番号 一覧USCPA試験のAUDのリサーチ問題対策をしている方は必見!「PCAOB Auditing Standards」のセクションと「AICPA Professional Standards」基準番号の一覧を記載しています。...

 

(3)REGで参照する法律

REGのリサーチ問題では、「Internal Revenue Code」を参照します。

Internal Revenue Code(内国歳入法)

  1. 関税を除くすべての連邦税を規定する法典
  2. United States Code(「米国法律集」)のタイトル26にある

 

Internal Revenue Code

 

Internal Revenue Codeの構成は、サブタイトル(A~K)→チャプター(1章~100章)→セクション(§1条~9834条)→サブセクションです。

 

参考までに、Internal Revenue Codeのサブタイトルとセクション番号を記載します。

Internal Revenue Code の サブタイトルとセクション(条文)番号

  1. A(§1~1564): Income Taxes(所得税)
  2. B(§2001~2801):Estate and Gift Taxes(遺産および贈与税)
  3. C(§3101~3512): Employment Taxes(雇用税)
  4. D(§4001~5000C): Miscellaneous Excise Taxes(その他の物品税)
  5. E(§5001~5891): Alcohol, Tobacco, and Certain Other Excise Taxes(アルコール、たばこ、その他の物品税)
  6. F(§6001~7874):Procedure and Administration(手続きおよび管理)
  7. G(§8001~8023): The Joint Committee on Taxation(課税に関する協議会)
  8. H(§9001~9042): Financing of Presidential Election Campaigns(大統領選挙キャンペーンの資金調達)
  9. I(§9501~9602): Trust Fund Code(信託基金に関する法)
  10. J(§9701~9722): Coal Industry Health Benefits(石炭産業の健康保険)
  11. K(§9801~9834): Group Health Plan Requirements(グループ健康保険の要件)

サブタイトルはA~Kで、セクション番号は§1~9834です。

 

リサーチ問題でよく出題されるのは、Aでしょう。

ここ6年のAICPAのリリース問題でも、Aが4回、Fが2回でした。

 

Internal Revenue Codeのセクション(条文)番号については、以下の記事を参考にしてください。

USCPA試験 Internal Revenue Code(内国歳入法) の内容一覧
USCPA試験 Internal Revenue Code(内国歳入法) の内容一覧USCPA試験のREGのリサーチ問題では、Internal Revenue Code(内国歳入法)を検索して、条文を探し当てることになります。Internal Revenue Code(内国歳入法)の構造と内容を理解していただけるよう、一覧を記載します。...

 

 

4.USCPA試験のリサーチ問題の基準のタイトル

USCPA試験のリサーチ問題の基準のタイトルについても見ておきましょう。

「ASC」「AU-C」「IRC」は、基準・法律のタイトルです。

 

リサーチ問題タイトル

  1. FAR☞  ASC: Accounting Standards Codification
  2. AUD☞ 自分で選択
  3. REG☞ IRC: Internal Revenue Code

 

(1)FARとREGはタイトルを選択する必要なし

FARとREGに関しては、既に基準のタイトルが書かれているので、悩むことはないでしょう。

追記)REGは、Wileyのリサーチ問題では、「TS」も選択できるようになっています。

また、2016年のAICPAのリリース問題のリサーチ問題には、「TS」の問題が記載されていました。

ですが、AICPAのサンプル問題やBeckerのリサーチ問題では、「IRC」で固定なため、現在は「IRC」しか出ないと考えて良いのかと思います。

 

(2)AUDはタイトルを選択する必要あり

AUDに関しては、自分で基準のタイトルを選ぶ必要があります。

 

どんなタイトルがあるのか事前に知っておけば、安心でしょう。

AUDで選べる基準のタイトル

  1. AU-C: U.S. Auditing Standards ☜監査基準(SAS):非上場
  2. AR-C: Accounting and Review Services ☜会計及びレビュー業務(SSAE)
  3. AT-C: U.S. Attestation Standards ☜証明業務基準(SSARS)
  4. ET: Code of Professional Conduct(職務上の行動規範)
  5. QC: Quality Control(品質管理)
  6. PCAOB: Auditing Standards☜監査基準(AS):上場
  7. BL: Bylaws of the AICPA(AICPAの細則)
  8. CS: Consulting Services(コンサルティング業務)
  9. PR: Peer Review(査読:ピアレビュー)
  10. PFP: Personal Financial Planning(個人の財務計画)
  11. CPE: Continuing Professional Education(継続的な専門教育)
  12. TS: Tax Services(税務サービス)
  13. VS: Valuation Services(評価サービス)

たくさんタイトル(つまり基準)があるのですが、出題される可能性があるのは、「AU-C」「AR-C」「AT-C」「ET」「QC」「PCAOB」かと思います。

そして、解答の多くが「AU-C」の監査基準になるのかと思います。

 

ここ6年のAICPAリリース問題だと、「AU-C」が4回、「AR-C」と「AT-C」が1回ずつ出題されました。

そして、最新のAICPAサンプル問題では、「PCAOB」が出題されています。

 

基準については、先ほどご紹介しましたこちらの記事を参照してください。

こちらの記事でご紹介していない基準は、わざわざ体系を確認する必要がない(基準番号が1つしかない)ため、取り上げていません。

USCPA試験 AICPA Professional Standardsのセクション と PCAOB Auditing Standardsの基準番号 一覧
USCPA試験 AICPA Professional Standardsのセクション と PCAOB Auditing Standardsの基準番号 一覧USCPA試験のAUDのリサーチ問題対策をしている方は必見!「PCAOB Auditing Standards」のセクションと「AICPA Professional Standards」基準番号の一覧を記載しています。...

 

 

5.USCPA試験のリサーチ問題の解きかた

それから、USCPA試験のリサーチ問題の解きかたについて、見ていきます。

 

(1)リサーチ問題を解く手順

リサーチ問題を解く手順は、以下の通りです。

リサーチ問題を解く手順

  1. シナリオと指示を注意深く読み、何が求められており、どのように解答すればよいのか理解する。
  2. キーワードを特定をする(FARの場合は、仕訳や勘定科目も併せて考える)。
  3. Authoritative Literature(権威ある文献)」を開き、適切な「Source」(参照する基準)を選ぶ。
  4. サブフォルダーのリストを見て、すぐに条文にたどり着けそうな場合は、リストから直接探し、たどり着けそうにない場合は検索して探す。
  5. 解答となるパラグラフをみつけたら、メモ用紙に基準番号をメモする。
  6. メモ用紙を見ながら、基準番号を解答ボックスに入力する(入力ミスを防ぐため)。
  7. 緑色のチェックマークが付き、正しく入力されたことを確認する(チェックマークは解答が正しいという意味ではなく、正しい桁数で入力できたという意味です)。

 

リサーチ問題を解く手順ですが、サブフォルダーのリストからすぐに条文にたどり着けそうか、たどり着けなさそうかで、手順が変わってきます。

 

サブフォルダーのリストを見て、すぐにどこに解答となる条文があるのかわかるならば、わざわざ検索をする必要はありません。

直接探した方が楽だからです。

たとえば、FARの場合は、個別の勘定に関するものであれば、トピック番号は勘定科目がBS科目(資産なら300番台)かPL科目(費用なら700番台)かで選ぶことができ、セクション番号も何について聞いているか(認識なら25、初期測定なら30)で選べるでしょう。

 

サブフォルダーのリストを見ても、すぐにどこに解答となる条文があるのかわからないならば、検索することになります(上記であたりを付けたトピック番号やセクション番号などの情報は、メモしておきましょう)。

 

(2)リサーチ問題の検索方法

リサーチ問題の検索方法は、以下の通りです。

リサーチ問題の検索方法

  1. Authoritative Literature(権威ある文献)」を開き、適切な「Source」(参照する基準)を選ぶ。
  2. 検索ボックスにキーワードやフレーズを入力し、虫眼鏡をクリックする。
  3. 検索結果があまり多くない場合は、検索結果のうち最初の10個ほどをざっと見て解答をみつける。
  4. 検索結果が多すぎたり、解答が見つからなかった場合は、「Advanced Search(詳細検索)」で絞り込んで検索する。

科目ごとに、「Source(参照する基準)」は違いますので、最初に対象を絞りましょう。

「Select Sources」で選べるSource

  1. All Sources☜使わない
  2. AICPA Professional Standards ☜AUDで選ぶ
  3. PCAOB Auditing Standards ☜AUDで選ぶ
  4. Internal Revenue Code ☜REGで選ぶ
  5. FASB Codification ☜FARで選ぶ

「リサーチ問題で参照する基準」で前述した通りです。

 

最初からたくさんのキーワードを入力するのはやめましょう。

また、よくヒットされそうなキーワードを入力するのもやめましょう。

 

まずは、3つから4つくらいのキーワードで検索するといいでしょう。

検索の結果何もヒットしなかった場合は、キーワードを変えて、検索しなおします。

 

通常の検索で解答が見つからなかった場合は、「Advanced Search(詳細検索)」で検索しましょう。

「Advanced Search」での検索指定

  1. All of these words:すべての単語(順番は問わない)
  2. This exact phrase:すべての単語(順番どおり)
  3. Any of these words:1つ以上の単語(順番は問わない)
  4. None of these words:すべての単語を除く

単語は、単数と複数の違いでも、検索結果が変わってきますので、正確に入力しましょう。

 

また、検索結果が表示されると、画面の左側に「Table of Contents」が表示されます。

探しているものに近いけれど、ちょっと違うと思われる場合に、「Table of Contents」の前のフォルダや後ろのフォルダが、探してるものという可能性があるので、確認してみるといいでしょう。

  1. [Ctrl] +「F」の検索については、できたという人と、できなかったという人がいます。
  2. また、AICPAのサイトを確認すると、他のショートカットキーには言及していますが、[Ctrl] +「F」の検索ができるとは書いていません。
  3. [Ctrl] +「F」の検索ができるなら、ある程度絞り込んだ後に、検索をかけるのが一番ラクかと思います。

 

 

6.USCPA試験のリサーチ問題の注意点

さいごに、USCPA試験のリサーチ問題の注意点を見ていきます。

リサーチ問題に関する注意点

  1. 事前に練習して、リサーチ問題に慣れておく
  2. 出題の傾向を知っておく
  3. 基準書を理解しておく
  4. 時間配分を決めておく

 

(1)練習してリサーチ問題に慣れておく

リサーチ問題は、事前に練習しておきましょう。

リサーチ問題を実際に体験するには、AICPA提供のサンプルテストを解いてみるといいでしょう。

 

サンプルテスト内にある「Authoritative Literature(権威ある文献)」を使用すると本番の試験と同じ形式ですので、リサーチ問題に慣れることができます。

ただし、サンプルテストの「Authoritative Literature(権威ある文献)」は、一部のデータにしかアクセスできないので注意が必要です。

 

全てのデータにアクセスして練習したい場合は、以下のようなデータベースを使用するといいでしょう。

参考資料(データベース)の参照先

  1. FARとAUD:AICPA提供の Professional Literature material が参照できるので、NASBAにアクセス権を申請しましょう。NTS(受験票)が有効な間(6か月間)使えます。
  2. REG: FindLawLegal Information Instituteが使えると思います。

 

サンプルテストのリサーチ問題については、以下の記事を参考にしてください☟

USCPA試験 リサーチ(Research)問題 サンプルテストの問題を見てみましょう
USCPA試験 リサーチ(Research)問題 サンプルテストの問題を見てみましょうリサーチ(Research)問題の対策として、AICPA提供のサンプルテストを解いてみましょう。FAR、AUD、REGの3科目について、どんなリサーチ問題がサンプルテストに載っているか、ご説明していきます。...

 

(2)出題の傾向を知っておく

どのような問題が出題されやすいのか知っておくといいでしょう。

解いたリサーチ問題をリストにしておいてもいいでしょう。

 

例えば、AICPAリリース問題ですが、以下のような基準が出題されています。

AICPAリリース問題のFARのリサーチ問題

  1. 2022年:FASB ASC 958 720 45 27
  2. 2021年:FASB ASC 730 20 50 1
  3. 2020年:FASB ASC 944 40 30 15
  4. 2019年:FASB ASC 944 60 25 8
  5. 2018年:FASB ASC 360 10 35 47
  6. 2017年:FASB ASC 840 40 50 2

 

AICPAリリース問題のAUDのリサーチ問題

  1. 2022年:AU-C560 A24
  2. 2021年:AR-C 80 32
  3. 2020年:AU-C 805 24
  4. 2019年:AU-C 265 13
  5. 2018年:AU-C 240 38
  6. 2017年:AT-C 395 86

 

AICPAリリース問題のREGのリサーチ問題

  1. 2022年:IRC§ 6663 c
  2. 2021年:IRC§ 1091 d
  3. 2020年:IRC§ 6502 a
  4. 2019年:IRC§ 1366 d
  5. 2018年:IRC§ 121 b
  6. 2017年:IRC§ 453 d

 

リリース問題については、こちらの記事も参考にしてください☟

USCPA試験 リリース問題(過去問)で試験の傾向とレベルを体感する
USCPA試験 リリース問題(過去問)で試験の傾向とレベルを体感するUSCPAのリリース問題(Released Questions)の情報が必要な受験生は必見!AICPAが提供しているUSCPA試験の過去問であるリリース問題について解説しています。リリース問題を解くタイミングや、解く目的がわかります。...

 

(3)基準書を理解しておく

基準書はある程度理解しておくといいでしょう。

そうすれば、わざわざ検索をしなくても、直接探しに行くことができ、時間が節約できます。

また、普段の勉強で基準書を参照するクセを付けておけば、USCPA予備校のテキストや問題集で分からないことが出てきたときに、自分で原典を確認できます。

さらに、実務でも基準書の理解は役に立つことでしょう。

 

基準書については、以下の記事を参考にしてください☟

USCPA試験 FASB ASC (Accounting Standards Codification)の トピック 一覧
USCPA試験 FASB ASC (Accounting Standards Codification)の トピック 一覧USCPA試験のFARのリサーチ問題に関して、FASB ASC (Accounting Standards Codification)の理解に余計な時間をかけなくてすむよう、FASB ASCトピック一覧を記載しました。FASB Codificationにどんなトピックがあるのか理解する際にお役立てください。...
USCPA試験 AICPA Professional Standardsのセクション と PCAOB Auditing Standardsの基準番号 一覧
USCPA試験 AICPA Professional Standardsのセクション と PCAOB Auditing Standardsの基準番号 一覧USCPA試験のAUDのリサーチ問題対策をしている方は必見!「PCAOB Auditing Standards」のセクションと「AICPA Professional Standards」基準番号の一覧を記載しています。...
USCPA試験 Internal Revenue Code(内国歳入法) の内容一覧
USCPA試験 Internal Revenue Code(内国歳入法) の内容一覧USCPA試験のREGのリサーチ問題では、Internal Revenue Code(内国歳入法)を検索して、条文を探し当てることになります。Internal Revenue Code(内国歳入法)の構造と内容を理解していただけるよう、一覧を記載します。...

 

(4)時間配分を決めておく

時間配分を事前に決めておくといいでしょう。

この時間配分の時間とは、試験前のリサーチ問題の対策の時間と、試験中のリサーチ問題を解く時間の両方です。

 

リサーチ問題の対策に時間をかけすぎるのはやめた方がいいでしょう。

人にもよりますが、1科目目のFARでも、5時間も対策に時間をかければ十分ではないでしょうか。

 

また、試験中にリサーチ問題に時間をかけすぎて、他の問題が解けなくなる事態も避ける必要があるでしょう。

試験中にリサーチ問題にかけられるのは、せいぜい10分です。

 

まずは、各テストレットの解き初めに、リサーチ問題が出題されているかを確認し、リサーチ問題があったら、そのテストレットの一番最後に解くことにします。

たとえば、10分間リサーチ問題に取り組んだけれど、適切な基準番号が見つからない場合は、検索して一番上に表示された基準番号を書いてしまうか、一番これだと思われる基準番号を書いて終わりにしてしまいましょう。

  1. リサーチ問題は1問、多くて2問出題。
  2. 各テストレット(テストレット3・4・5)を解き始める前に、リサーチ問題が含まれているか確認。
  3. リサーチ問題以外から解き始め、リサーチ問題はそのテストレットの最後にする。
  4. リサーチ問題にかける時間は10分くらい。
  5. 10分で見つからない場合は、一番それらしい番号を書いて終える。

 

 

以上、「USCPA試験 リサーチ(Research)問題 これだけは知っておきたい基礎知識と対策」でした。

困った君
困った君
USCPA試験のリサーチ問題について、どのような問題が出題されて、どのように解答すればよいのか分かったよ。

事前にサンプルテストに挑戦して、リサーチ問題に慣れておくことにするよ。

どこ
どこ
おそらく、FARとREGのリサーチ問題は、事前に練習しておけば、本番では困らないと思うよ。

AUDに関しては、事前に練習しても、本番でうまく条文が見つけられないかもしれないね。

他の問題を解く時間が無くなると困るので、どのくらいの時間をかけても見つけられなかったら諦めるのか、事前に決めておいた方がいいね。

リサーチのスキルは、USCPA試験だけではなく、実務でも役に立つから、この機会にリサーチスキルを磨いてみてね。

USCPAのための転職情報
USCPAのための転職情報

 

USCPAにおすすめの転職エージェントは「MS-Japan」の一択です!

 

USCPAにおすすめの転職エージェント

「MS-Japan」

 

登録無料、相談無料

\MS-Japan 公式サイト/

どこがBIG4大手監査法人に転職したときに、お世話になった転職エージェントです。

管理部門・士業特化型エージェントNo.1」で、希望職種が経理職や財務職だったり、監査法人志望だったりするなら、登録必須の転職エージェントです。

USCPA」で検索ができて、「USCPA」向けの求人が多いので、どの転職エージェントよりも質の高い「USCPA」の求人に出会えます。

 

どこ
どこ
USCPAに合格したら転職すると決めているなら、USCPAの勉強を始めてすぐに登録してね。

すぐに転職する気がなくても、転職エージェントに登録だけはしておいた方がいいよ。

新規求人・おすすめ求人がメールで届くので、気になる求人をストックしておけば、転職したくなったときに必ず役立つからね。

 

登録無料、相談無料

\MS-Japan 公式サイト/

こちらの記事もおすすめ