【USCPAキャリア】監査法人

BIG4大手監査法人の組織とUSCPAの出世

知りたい君
知りたい君
USCPAに合格したら、Big4大手監査法人で働きたいと思っているよ。

監査法人の組織ってどうなっているのか知りたいな。

あと、USCPAでも監査法人で出世できるのかも知りたいよ。

どこ
どこ
どこは、USCPAとしてBig4大手監査法人で働いていた経験があるよ。

その経験から、監査法人の組織とその特徴についてお話しするね。

また、監査法人でUSCPAが出世できるかどうか、出世するために何が必要かお伝えするね。

外部の人からすると、監査法人は、いまいち何をしていて、どんな組織になっているのかわからないかもしれません。

『土曜ドラマ・監査法人』という監査法人を題材にしたドラマがあります(結構古いドラマなのですが)。

そのドラマを覚えていて、「監査法人は、大量のスーツケースを持って、黒塗りの車何台もで大企業に乗りつけ、大勢の社員に頭を下げさせ、悪を裁くのだよね?」と聞いてくる人がいます。

あれはドラマの中だけの演出です(このドラマは突っ込みどころが多すぎなので、参考にするのはやめましょう)。

監査法人は、決算書などの財務書類を検証して、その妥当性を証明するのが仕事です。

そして、スーツケースは事前に企業に宅急便で送って、タクシーで数名で企業に向かい、企業の受付にて、来社のご挨拶で自分たちが頭を下げます(笑)。

まったく派手さがなく、事業会社と変わりません。

基本的に、監査法人の組織も、事業会社と大きくは違いません。

下の職位から上の職位になるにつれて人数が減るピラミッド構造です。

事業会社より職位の数は少ないので、むしろ監査法人の方がシンプルです。

 

それでは、まずは監査法人の組織について見てみましょう。

そのあと、「USCPAに合格したら、Big4大手監査法人に入って出世してやる!」と野心のあるUSCPA受験生のみなさんのために、監査法人におけるUSCPAの出世について考えてみましょう。

監査法人と書いていますが、中小監査法人は含めず、Big4大手監査法人のみを想定しております。

1.監査法人の組織

監査法人の職階と、監査法人組織の特徴について見ていきます。

(1)監査法人の職階

監査法人の職位は、アソシエイト、シニアアソシエイト、マネージャー、シニアマネージャー、ディレクター、パートナーとなっています。

事業会社の職位が、一般社員、主任、係長、課長、次長、部長、本部長、常務取締役、専務取締役、代表取締役社長のようになっているのと同じです。

職位 構成比 年次(入社からの年数) 年収目安
パートナー 5% 15年目以上 2,000万円から何億円
ディレクター 5% 12年目から15年目 1,200万円から2,000万円
シニアマネージャー 10% 9年目から12年目 1,000万円から1,200万円
マネージャー 20% 6年目から9年目 800万円から1,000万円
シニアアソシエイト 30% 3年目から6年目 600万円から850万円
アソシエイト 30% 1年目から3年目 450万円から600万円

パートナーとディレクターで合計10%なので、事業会社よりも、上の職位に就いている割合は多いのではないでしょうか。

年次に関しては、基本的にアソシエイトから始めます。

そして、3年くらいごとに1つずつ上に職位が上がっていく感じかと思います。

ただし、3年もかからずに、アソシエイトからシニアアソシエイトになる人もいますし、これはあくまでも目安です。

実際に、USCPAでも、海外勤務をはさんで(海外の監査法人の方が昇進が早いので)、あっという間にシニアマネージャーに昇格した人を知っています。

年収に関しては、上表に記載したのは、残業代とボーナス抜きの額です。

繁忙期は残業代がかなりの額になります(基本給より残業代の方が高い月もありました)。

USCPAの場合、中途入社だと、アソシエイトの給与が低いため、監査法人に入所することで前職より給与が下がる場合も多いです。

入所後6年くらいまでは年収1,000万円に届かないと考え、それでも耐えられるか、入所前に考えておいた方が良いです。

(2)監査法人組織の特徴

監査法人と事業会社で、一点、大きな違いがあります。

それは、監査法人で働いている人の大部分は、「社員」ではないことです。

「社員」と呼ばれるのは監査法人で出資している人だけであり、出資していない場合は、「職員」と呼ばれます。

監査法人における「社員」と「職員」の違い

  1. 「社員」:監査法人の出資者である
  2. 「職員」:監査法人の出資者ではない

たとえば、どこは監査法人で働いていましたが、出資はしていませんでしたので、「職員」でした。

事業会社での正社員と立場的なものは同じなので(契約社員やパートタイマーではないので)、正しくは、「正職員」と言われていました。

日本の公認会計士でも、出資をしていないと「職員」であり、出資している「社員」しか「監査報告書」に署名をすることはできません。

通常、パートナーは出資者であり、「社員」です。

  1. 監査法人の職位は、事業会社と大きな違いはない。
  2. ただし、「社員」と「職員」という大きな区分があり、「社員」は監査法人の出資者であり、監査報告書に署名ができる。

2.USCPAの出世

監査法人への転職を希望しているUSCPA受験者のみなさんは、大きくは2つのパターンに分けられるのではないかと思います。

監査法人への転職を希望するUSCPA受験者のパターン

  1. 監査法人は単なる「踏み台」。転職が前提。経歴に箔をつけるために入所。
  2. 監査法人でずっと働きたい。出世もしたい。

ちなみに、どこは①の人でした。

「踏み台」とまでは思っていませんでしたが(笑)、監査法人内での出世には全く関心はなく、監査法人は「会計の修行の場」ととらえ、より多くの会計知識を身につけようと努力しました。

ここでは、②の人のために書いていきます。

どこと同じ①の人は、「ふうん、そうなのね」と気軽に流して読んでください。

(1)USCPAはパートナーになれないの?

パートナーが監査法人におけるトップなのですが、日本の公認会計士でないとパートナーになれないのでしょうか?

先に答えてしまいます。そんなことはありません。

USCPAでもパートナーになれます。

監査法人や事業部によって違うと思うのですが、パートナーのうち20%から30%は、日本の公認会計士ではなく、USCPAであったイメージです。

日本の公認会計士のみなさんは優秀なので、日本の公認会計士とUSCPAのどちらも持っている人(ダブルホルダー)もいたのですが、この20%から30パーセントは純粋なUSCPA(シングルホルダー)です。

ただ、日本の公認会計士でないと「監査報告書」に署名はできないので、USCPAのパートナーは、どちらかというと、監査の現場よりも、監査法人の経営面に携わっている人が多い気がしました。

さらに、どこが現在勤務中のグローバル企業を例にとります。

監査を担当していただいているBig4のチームは、国内本社担当チームと、海外子会社・連結チームに分かれ、日本の公認会計士が国内チーム、USCPAと数人の日本の公認会計士が海外子会社・連結チームに所属しています。

この中には、USCPAのシニアマネージャー、パートナーもいます。

そして、日本の公認会計士とUSCPAがお互いの得意分野で能力を発揮しています。

ですので、「日本の公認会計士もUSCPAも、違いはない」と考えて良いのではないでしょうか。

USCPAだって、パートナーになれます!

(2)USCPAが出世するには?

どこは監査法人での出世に関心がなかったのですが、一番仲が良かったUSCPAの同僚は、出世したくて努力し続けていたので(そして、誰よりも早くシニアマネージャーになりました)、彼がしていたことをここで挙げてみようと思います。

もともと、そのUSCPAの同僚は、経理職での海外駐在の経験があり、英語も990点近かったりと、監査法人中途入所時点で「できるUSCPA」だったのですが、とにかく努力がすごかったです。

「できるUSCPA」の同僚がしていたこと

  1. 入所後に日商簿記1級を取得
  2. 会計監査六法の読み込み
  3. 法人が出版した本をすべて買って読む
  4. 平日の夜と週末に、事務所で監査調書の研究
  5. 同僚や後輩との懇親会の企画

いつも夜遅くまで、何らかの勉強を事務所でしていました。

また、往査中のチームへの配慮もすばらしかったです(分かりやすい調書作成、後輩指導、ランチのセッティング、重い荷物を運んでくれる、などなど)。

なかなか、業務が忙しい中でここまでしっかり勉強をし、上司、同僚、後輩に気を配れる人はいないと思います(特に、上より下の人に気を遣っていました)。

ただ、正直に言ってしまうと、監査法人で出世できる人は、彼のように努力家であることはたしかなのですが、良い意味で「神経が図太い人」なのかと思っています。

監査法人では、日本の公認会計士は、修了考査に合格して公認会計士登録が済み、シニアアソシエイトに昇格して、インチャージ(現場監督)を何社か経験すると辞めてしまう人が多いです。

また、USCPAも、監査知識が身についたところで、より良いワークライフバランス(仕事がそこまで忙しくなくて、給料が良い)を求めて、外資系企業などに転職してしまいます。

ですので、激務に耐えて働き続けるだけで、周りはどんどんいなくなるので、自然と出世できると思います。

いかに途中で辞めずに長く勤め続けられる「神経の図太さ」をもっているかが、出世のポイントな気がします。

  1. USCPAが出世するためには、誰よりも勉強し、周りとうまくやる努力が必要です。☜正論
  2. USCPAが出世するためには、図太くあれ。長く勤めれば、ライバルは自然と消える。なんとかして生き残れ。☜どこの持論

3.まとめ

監査法人の組織と、USCPAの出世について見てきました。

  1. 職階はピラミッド型。でも、あまり上は尖がっていない。
  2. USCPAがパートナーというトップに就くのは可能である。
  3. 監査法人は特に出世競争が激しいわけではないので、地道に努力しつつ働き続ければ、USCPAでも出世するのは難しくない

USCPAだから、日本の公認会計士より劣っている、出世できないということはありません。

USCPAの受験生のみなさん、USCPA合格後、監査法人で出世を目指す道もありますよ。

 

以上、「BIG4大手監査法人の組織とUSCPAの出世」でした。

知りたい君
知りたい君
USCPAでも、監査法人で出世できるんだね。

USCPAとしては、未来が明るいな。

どこ
どこ
そうだね、監査法人でも、USCPAの資格を活かして出世していけるかは自分しだい。

USCPAだから出世できないという制約はないよ。

日本の公認会計士より勉強しなければならないし大変だけど、出世競争に巻き込まれずに出世できるのは大きな利点だと思うよ。

今後、USCPAのパートナーが多く誕生するのを願っています。

USCPAの視点での各BIG4大手監査法人の違いUSCPA(米国公認会計士)のどこが、自分のこれまでの経験や今までに得た情報、客観的なデータなどから、Big4大手監査法人の違いをお伝えします。...
USCPAが監査法人で働くメリット・デメリットUSCPA合格後すぐに、BIG4大手監査法人に転職したどこが、監査法人で監査人で働く「一般的に言われているイメージ通りの」メリットと、「どこのかなり主観が入った」デメリットをお届けします。...
USCPAのBIG4大手監査法人への転職必勝法どこは、USCPA(米国公認会計士)試験に全科目合格してすぐに、BIG4大手監査法人に転職しました。その経験から、USCPAがBIG4大手監査法人への転職を成功させるために大切なことを3つ挙げていきます。...
USCPAがBIG4大手監査法人を辞める際の留意点USCPA合格後、Big4大手監査法人で監査を担当していた経験がありますが、入所前から、しばらく働いたら辞めようと思っていて、辞める基準をあらかじめ決めていました。辞め方は大事ですので、一緒に考えてみましょう。...
【体験談】Big4大手監査法人でUSCPAとして働いてみた!どこは、USCPA(米国公認会計士)試験に合格したあと、Big4大手監査法人で監査人として働いていました。そのときのことを書きますね。U...
【体験談】USCPAが見た!監査部屋では何が起きていた?Big4大手監査法人で監査をしていたUSCPAのどこが、監査部屋で起きていたことを話していきます。...
USCPAが監査法人で働く際に「使えない」と言われないために勉強しておきたいことUSCPAとしてBIG4大手監査法人で働いた経験のあるどこが、USCPAが監査法人で働く際、USCPAは“使えない”と言われないために勉強しておくといいことをご紹介します。...
USCPAが監査法人で働く場合、日本の公認会計士資格も取る必要があるのか?USCPA(米国公認会計士)試験全科目合格後、監査法人に入所したのですが、USCPA資格だけでは不十分で、日本の公認会計士資格も取る必要があるのか疑問に思いました。ですが、日本の公認会計士資格は取る必要がないという結論になりましたので、その理由を説明していきます。...
元BIG4大手監査法人の監査人が教える 監査対応のコツ監査をする側(Big4大手監査法人での監査人)と監査を受ける側(グローバル企業での監査対応担当)と、どちらの立場も理解しているどこが、監査をスムーズに進めるためのコツを話していきます。...
ABOUT ME
どこ
ワシントン州USCPA(米国公認会計士)。USCPAの立場から、USCPA試験、USCPAのキャリア、USCPAの人生設計について書いています。BIG4大手監査法人監査人→米国企業経理職@バンコク→大手グローバル企業連結決算担当。