【USCPA試験】勉強準備

USCPA(米国公認会計士)の予備校4校を4つのポイントで比較!

USCPA予備校4校(アビタス・プロアクティブ・TAC・大原) 4つのポイントで比較
困った君
困った君
キャリアアップしたいから、USCPA(米国公認会計士)の資格を取得することにしたよ。

独学は難しいから、USCPA予備校に通おうと思っているんだけど、違いがわからなくて決められないよ、困ったな。

どこ
どこ
どこは、USCPA(米国公認会計士)で、アビタスというUSCPA予備校の元受講生だよ。

日本には、USCPA予備校が4校あるよ。

各USCPA予備校のご担当者から、教材、講義、サポート、費用の4つのポイントを教えてもらったので、比較していくね。

1.日本のUSCPA予備校は4校 ーアビタス、プロアクティブ、TAC、大原

USCPAの講座がある予備校は、日本では以下の4つだと考えてよいでしょう。

USCPAの予備校

  1. アビタス
  2. プロアクティブ
  3. TAC
  4. 大原
困った君
困った君
あっ、TAC大原は聞いたことがある。

大学生の時、公務員試験を受ける先輩たちが通ってた。

どこ
どこ
そうそう、TAC大原は、会計系の資格以外にも、行政書士、中小企業診断士など、国内のさまざまな資格の講座も開講しているんだよ。

USCPA講座は、色々な資格の講座の中の1つだよ。

アビタスプロアクティブは聞いたことがないかな?

どちらも、USCPA講座がメインのUSCPAに特化した予備校なんだよ。

 

2020年9月10日に、4つの予備校のどこでUSCPAの勉強をした(勉強をしている)のか、Twitterでアンケートをとりました。

全208票の結果は以下の通りで、アビタスが80%と、多くのUSCPA受験生に選ばれていることがわかりました。

 

困った君
困った君
アビタスが圧倒的に人気なんだね。アビタスにしようかな・・・と言いたいところだけど、他の3つの予備校との違いも知っておきたいな。
どこ
どこ
どこアビタスのおかげで、約1年でUSCPAに合格できたので、アビタスがおすすめ・・・と言いたいところだけど、そうだよね、4つの予備校を比較して決めたいよね。

各予備校の担当者の方に、他の予備校との違い、自分の予備校の特徴を聞いてみたから、説明するね。

アビタスだけの情報が欲しい場合は、以下の記事を参考にしてください。

【紹介割引あり】アビタスなら、USCPA(米国公認会計士)試験に1年で合格!
【紹介割引 1万円】アビタスなら、USCPA(米国公認会計士)試験に1年で合格!【紹介割引1万円あり】アビタスの入学金が11,000円(10,000円+税)の割引となるよう、アビタス元受講生のUSCPAとしてご紹介させていただきます。USCPAの予備校でアビタスがおすすめな理由は、大きく分けて2つ。5年間のフルサポートがあるので、他の予備校より、期間が長く、手厚いことと、「単位取得プログラム」が整備されているので、他の予備校より、単位が取得しやすいことです。...
【紹介割引あり】アビタスのUSCPA(米国公認会計士)プログラム費用、割引、教育訓練給付制度
【紹介割引 1万円】アビタスのUSCPA(米国公認会計士)プログラム費用、割引、教育訓練給付制度【紹介割引1万円あり】アビタスの入学金が11,000円(10,000円+税)の割引となるよう、アビタス元受講生のUSCPAとしてご紹介させていただきます。アビタスでUSCPA(米国公認会計士)のプログラムを受講する場合、どのくらい費用がかかるのか、割引や教育訓練給付制度が使えるのかご説明します。...
【紹介割引あり】アビタスのUSCPA(米国公認会計士)プログラムの良い評判、残念な評判は?
【紹介割引 1万円】アビタスのUSCPA(米国公認会計士)プログラムの良い評判、残念な評判は?【紹介割引1万円あり】アビタスの入学金が11,000円(10,000円+税)の割引となるよう、アビタス元受講生のUSCPAとしてご紹介させていただきます。USCPA(米国公認会計士)予備校を探している場合、アビタスが第一候補になるのではないかと思います。ですが、実際のところ、アビタスのUSCPAプログラムはどうなのか気になると思いますので、良い評判と悪い評判の両方をご紹介していきます。...

 

2. USCPA予備校4校の比較 ー4つのポイントから

比較する際のポイントは、以下の4つになると思います。

USCPA予備校4校の比較ポイント

  1. 教材
  2. 講義
  3. サポート
  4. 費用

各予備校の担当者の方も、ご自分の予備校の特徴をこの4つに分けて説明してくださっています。

 

(1)教材(テキスト・問題集)

まずは、テキストや問題集などの教材を比較してみましょう。

アビタス オリジナルの教材。テキストは日本語、問題集は英語(解説は日本語)。必要最低限のみでコンパクト。
プロアクティブ オリジナルの教材。テキストも問題集も英語。講義を聴きながら書き込んでテキストを完成する「書き込み学習」。
TAC オリジナルテキスト(日本語と英語)とBecker(USCPA試験のアメリカでの最大手予備校)の問題集(英語)。かなり広く出題範囲をカバー。
大原 Roger(USCPAのエクスパートが作成)のテキスト(英語)と日本語レジュメの併用。
  • 英語力も、時間もない人☞ アビタス
  • 英語力がある人☞ プロアクティブ大原
  • 時間があって、Beckerで勉強したい人☞ TAC

 

(2)講義

つぎに、講義を比較してみましょう。

アビタス スモールユニット形式で、隙間時間での学習が可能。初学者向けのわかりやすい講義。
プロアクティブ 代表の佐々木講師による、ユニークで記憶に残る講義。「出題される」か「出題されない」か言ってもらえるので、メリハリがつけられる。
TAC 出題範囲それぞれの分野に強い講師が対応。最新の出題傾向に合わせたわかりやすい日本語と英語の講義。
大原 大原の講師による日本語の講義と、Roger講師による英語の講義。
  • 英語力も会計の知識もない人☞ アビタス
  • 記憶に残る熱血講義が受けたい人☞ プロアクティブ
  • 英語と日本語の講義をどちらも受けたい人☞ TAC大原

 

(3)サポート

さらに、サポートも比較してみましょう。

アビタス 専門のサポートスタッフが多い。入学から合格まで幅広いサポート。質問は無制限で可能。サポート期間は5年間。
プロアクティブ 受講コーディネーターに気軽に相談できる。学習プランの無料作成サービスなど細やかなサポート。質問は無制限で可能。サポート期間は5年間。
TAC 充実したサポート、フォロー制度がある。質問は制限あり。サポート期間は2年間。
大原 USCPAの講師が相談・アドバイスをする。専門のサポートスタッフはいない。サポート期間は2年半。
  • サポートを重視する人☞ アビタスプロアクティブTAC
  • 手厚いサポートは必要ない人☞ 大原

 

(4)費用(受講料・単位取得料)

さいごに、費用も比較してみましょう。

費用は、大きく分けて受講料と単位取得料に分かれます。

アビタス
  1. ライトパック:594,300円(15単位込み)
  2. フルパック:793,800円(53単位込み)

単位取得料が含まれています(ただし、足りないときは、別途追加料金が必要)。

プロアクティブ
  1. eラーニングコース:319,000円
  2. 通学・通信コース:385,000円

単位取得料は含まれません。1科目3単位あたり250ドルかかります。

TAC
  1. 総合本科生:514,000円~570,000円
  2. 総合本科生Plus:554,000円~610,000円
  3. Becker30コース:313,000円~329,000円
  4. Becker会計士専用コース:426,000円~448,000円

総合本科生と総合本科生Plusの違いは、英文会計入門講義が含まれているかどうかです。

単位取得料は含まれません。3単位あたり18,000円かかります。

大原
  1. Webコース:499,400円(24単位込み)
  2. Web・通学コース:521,000円(24単位込み)

単位取得料が含まれています(ただし、足りないときは、別途追加料金が必要)。

 

アビタスと大原は、単位取得料込みで、プロアクティブとTACは、単位取得料込みではありません。

TACは、USCPA学習経験者や、米国の大学で会計学を専攻した人向けの「Becker30コース」、日本の公認会計士向けの「Becker会計士専用コース」があり、経験者なら費用が抑えられます。

プロアクティブはかなり安く見えますが、単位が多く必要だと、そこまで安いとは言えなくなります。

大原は24単位込みの料金ですので、単位がある程度(24単位以内)必要な場合は、安くすむと言えます。

  • 費用は高めでもいい人☞ アビタスTAC
  • 費用は安めがいい人☞ プロアクティブ大原

 

まとめ:あなたに合ったUSCPAの予備校は?

どのUSCPAの予備校がご自分に合っているのか、わかりましたか?

どの予備校がどんな人に合うのか

  1. アビタス:時間も英語力も会計知識もあまりない人。
  2. プロアクティブ佐々木講師のユニークな授業を求める人。
  3. TAC時間がかかってもしっかりと勉強したい人。
  4. 大原サポートはあまりないが、費用は安めがいい人。

まだ悩んでいる場合は、各USCPA予備校に資料請求をして、比較してみるといいでしょう。

各USCPA予備校の無料資料請求先

  1. アビタス☞ 無料資料請求する
  2. プロアクティブ☞ 無料資料請求する
  3. TAC☞  無料資料請求する
  4. 大原☞ 無料資料請求する

 

 

以上、「USCPA(米国公認会計士)の予備校4校を4つのポイントで比較!」でした。

困った君
困った君
USCPAの4つの予備校の違いが分かったよ。

最新の情報がほしいから、4つの予備校にUSCPA講座の資料請求をしてみるね。

どこ
どこ
さすが、行動が早いね。USCPA合格までの第一歩だね。

USCPA講座の無料資料請求をして、時間があれば、各予備校が開催しているUSCPA無料説明会にも出てみるといいと思うよ。

USCPA(米国公認会計士)講座の資料請求、説明会申し込み(無料

アビタスのUSCPAコース

 

USCPA(米国公認会計士)講座の紹介割引(入学金11,000円オフ

【紹介割引あり】アビタスでUSCPA(米国公認会計士)試験に1年で合格!

 

USCPA(米国公認会計士)の受験ガイド

 

BATIC(国際会計検定)講座の資料請求(無料

TACのBATICコース

大原のBATICコース

BATIC(国際会計検定)が新しく!試験日は?どう勉強する?

 

BATIC(国際会計検定)の公式テキスト・公式問題集

 

IFRS Certificate(国際会計基準検定)講座の紹介割引(受講料の3,000円オフ)

【アビタス紹介割引あり】IFRS Certificate(国際会計基準検定)の難易度、活かし方

 

USCMA(米国公認管理会計士)EA(米国税理士)講座の資料請求(無料

TACのUSCMAコース

TACのEAコース

国際会計資格 USCPA・USCMA・EAの比較、どれを取るといいのか?

 

CIA(公認内部監査人)講座の資料請求、説明会申し込み(無料

アビタスのCIAコース

TACのCIAコース

内部監査資格 CIA・CISA・CFEの比較、どれを取るといいのか?

 

簿記検定講座の資料請求(無料

大原の簿記コース

TACの簿記コース

USCPA(米国公認会計士)と簿記検定、どっちが役に立つのか?

 

公認会計士講座の資料請求(無料

東京CPA会計学院の公認会計士コース

大原の公認会計士コース

TACの公認会計士コース

USCPA(米国公認会計士)とJCPA(日本の公認会計士)の試験の違い

ABOUT ME
USCPAどこ
ワシントン州USCPA(米国公認会計士)。USCPAの立場から、USCPA試験、USCPAのキャリア、USCPAの人生設計について書いています。BIG4大手監査法人監査人→米国企業経理職@バンコク→大手グローバル企業連結決算担当。
こちらの記事もおすすめ