【USCPA試験】勉強中

USCPA(米国公認会計士)試験の勉強を継続するための心構えと生活

困った君
困った君
USCPA(米国公認会計士)試験の勉強を始めたよ。

でも、なかなか勉強が継続できなくて困ったな。

どこ
どこ
どこは、USCPA(米国公認会計士)だよ。

USCPA試験合格まで、約1,000時間の勉強が必要だと言われているから、途中で挫折せず勉強を続けることが何よりも大事だね。

そうはいっても、毎日勉強を続けるのは大変だよね。

勉強を続けるために有効だと思う、USCPA試験に対する心構えと、USCPA試験に立ち向かう生活をご紹介していくね。

1.USCPA試験に対する心構え

USCPA試験に対して、どのような心構えでいれば、勉強が続けられるのかご紹介します。

(1)合格したら得なことがたくさんあるから頑張る

USCPA試験に合格したら得なことがたくさんあったら、勉強を続ける強いモチベーションになるでしょう。

ですので、できるだけ多く、USCPA試験に合格したら得なことを見つけてリストにし、目につく場所に貼っておきましょう。

 

そもそも、USCPA試験を受けようと思ったのは、何か自分にとってプラスになることがあるからだと思います。

ですが、実際に試験の勉強を始めると、思ったより大変で、くじけそうになります(特に、働きながら勉強を続けるのは、想像以上に大変です)。

そんなときに、勉強を続けられるのは、どうしても「USCPAになりたい」という動機があるからでしょう。

 

もし、くじけそうになる気持ちに勝てるだけの「USCPAになりたい」という動機が無い場合は、USCPA試験の「合格者体験記」を読みましょう。

たとえば、アビタスUSCPA合格者の声などが参考になるでしょう(ちなみに、どこが書いたものも、こちらに掲載されています)。

 

合格者体験記」は、合格者の勉強法を知るために読むのではありません。

合格者のUSCPAに合格したことで、「監査法人に入れた」「給料がアップした」「やりがいのある仕事を任された」「海外で働けた」「モテた(笑)」といったうらやましいエピソードを集めるために読むのです。

「合格したらこんなにいいことがあるのだ」ということを知り、「自分も合格して、同じようにいい思いをする」と、勉強を続けるモチベーションを高めましょう。

 

(2)監視の目が多いからサボれない

プレッシャーがないと勉強は続かないものです。

ですので、「いつまでに合格する」と家族、会社の同僚、友達などに宣言し、周りの人を監視者として巻き込んでしまいます。

もし、勉強が進んでいなかったり、宣言通りの期限で合格しない場合、強いプレッシャーをかけてくれるでしょう。

 

ほか、ツイッターなどで宣言するのも有効でしょう。

たとえば、毎日勉強する内容や、実行できたかどうかなどをツイッターで報告します。

監視者とまではいかなくても、同じように勉強をしている人と仲良くなり、励まし合って勉強を続けられるでしょう。

 

宣言通りにいかなかった場合の「ペナルティー」も用意しておくとさらに効果的でしょう。

たとえば、家族から毎月のお小遣いを減らされるとか、同僚や友達に高いランチをおごるなど、自分の懐が痛むペナルティーだと、サボらないで頑張ろうと思えるでしょう。

 

(3)ツイッターなどのSNSの情報に惑わされない

ツイッター、インスタグラム、FacebookなどのSNSは、USCPA試験の情報源として、非常に優れています。

特にツイッターは、USCPA試験受験者と交流ができますし、ツイートを追うだけでも、役に立つ情報が得られます。

 

ですが、他の人がどんなに勉強しているか、どのくらいの期間で合格したかなどは、気にしない方がいいでしょう。

たとえ誰かがツイッターで「15時間勉強した」などと勉強量の多さをツイートしていても、その人が合格するとは限りません。

「半年で全科目合格した」などと短期合格をツイートしている人がいたとしても、もとから会計の知識が自分より豊富で、自分も半年で全科目合格しようとするのは無理かもしれません。

 

自分は自分です。

「自分は2時間しか勉強できなかった」「もう1年半勉強ししているけど、1科目も合格していない」などと、他人と自分を比較するのはやめて、自分の進歩に着目しましょう。

自分が立てた計画どおりに勉強が進んでいるか、MCがどのくらい速く正確に解けるようになったかなど、過去の自分との比較の方が、よほど大切でしょう。

 

(4)なかなか正答率が上がらなくても悩まない

勉強しているのに、なかなかMCの正答率が上がらないことがあります。

だからと言って、「自分は他の人より賢くないのか」「記憶力が悪いのか」「USCPAの勉強を始めたのが間違えだったのか」などと悩むのはやめましょう。

 

よく言われるように、勉強時間と理解度は、必ずしも比例して伸びていくというわけではありません。

どこの経験だと、特にAUDは、MCを解いて、教科書を読んで、またMCを解いてと、繰り返し理解を薄く塗り固めていくと、あるときから、どんな問題が出てもピンとくるようになります。

反対に、REGは、MCを解いて暗記すればするだけ、比例して理解が深まって、正答率もどんどん上がっていきます。

 

正答率がなかなか上がらなくて悩む場合は、科目ごとに何をしたら理解が深まるのか考え、リストに取りまとめましょう。

悩みすぎる前に、そのリストをUSCPA予備校のカウンセラーに見せて、アドバイスをもらうのが良いでしょう。

 

2.USCPA試験に立ち向かう生活

つぎに、どのような生活が、勉強を続けやすいのかご紹介します。

(1)朝勉強し、睡眠は削らない

体質によるのですが、やはり、朝早く起きて勉強している人が、USCPA試験に合格しやすいと思います。

時間の調整がしやすい大学生や、勉強に専念できる休職者なら、夜勉強するようにしてもかまわないと思います。

ですが、働きながら勉強する社会人の場合は、夜は残業などで勉強時間が確保しにくいですし、既に頭が疲れているので勉強に集中しにくいです。

なので、朝の勉強の方が効率が良いと思います。

 

また、睡眠時間が短いと、メンタルがやられます

眠いと、もう勉強をしたくなくなり、勉強を続ける気持ちがなくなってしまいます。

いったん勉強を続ける気持ちがなくなると、またやる気を出すまでに時間がかかります。

 

ですので、どこの場合は、夜は勉強できたらするくらいの気持ちでいて、睡眠時間はなるべく多く確保するようにし、朝早くから勉強していました。

 

(2)外で勉強するようにし、合間に運動をする

どのような環境が勉強しやすいかによるのですが、外でも集中できるようなら、外で勉強することがおすすめです。

特に長時間勉強できる週末は、カフェで勉強し、区切りがついたところで、違うカフェに移動するようにします。

電車を使わず、軽くランニングして移動できる距離にするのがコツです。

運動にもなりますし、場所を変えるのでリフレッシュできて、長時間の勉強が苦ではなくなります。

 

カフェによっては、同日ならおかわりが割引されるサービスがあるので、安く飲み物が注文できます。

おかわりが割引されるカフェチェーン店の例

  1. スターバックスの「One More Coffee」☜同日、どの店舗でも可
  2. タリーズの「One More Coffee」☜同日、同店舗のみ可(ただし、公式アプリでの支払いの場合、同日、どの店舗でも可)
  3. カフェドクリエの「One More Drink」☜同日、同店舗のみ可

 

場所を変えたいなら、スターバックスがいいです。

午前中にカフェで勉強し、ランチを食べて、午後にまた同じカフェに戻ってくるといった使い方なら、カフェドクリエがいいでしょう。

ただし、混んだ店内での長時間の勉強では迷惑になるので、週末はオフィス街にあるカフェを選ぶと、比較的空いていておすすめです。

 

(3)生活リズムを崩さず、勉強を習慣化する

毎日同じ時間に起きて、毎日同じ時間に勉強して、毎日同じ時間に寝る。

そうすることで、勉強を習慣化して「勉強をしない」という選択肢をなくしてしまいます。

 

「勉強をしたくない」というときも、もちろん勉強をします。

「勉強をしない」という選択肢は残されていないからです。

そうすれば、最初は少しつらくても習慣化し、意思とは関係なく、勉強をするのが当然になります。

 

どこの場合は、前の日に残業でどんなに遅くなっても、残業で寝る時間がどんなに遅くなっても、朝は同じ時間に起きて、必ず同じ時間に、同じ場所で勉強を始めることにしていました。

朝は必ず、会社の近くのカフェにオープン時間(朝7時)に行き、始業ギリギリ(8時40分)まで勉強する。

生活リズムを崩さず、勉強をハミガキと同じようなルーティンにしてしまったので、1年間勉強が続けられました。

勉強の習慣化については、以下の記事も参考にしてください☟

USCPA(米国公認会計士)試験の勉強を継続する方法をブロガーのマナブさんから学ぶ 1.マナブさんの著書『億を稼ぐ積み上げ力』について (1)『億を稼ぐ積み上げ力』はどんな本? 『億を...

 

以上、「USCPA(米国公認会計士)試験の勉強を継続するための心構えと生活」でした。

 

困った君
困った君
USCPA(米国公認会計士)試験の勉強を継続するために、USCPA試験に対して、どんな心構えで、どんな生活をするといいのか分かったよ。
どこ
どこ
USCPA(米国公認会計士)試験の合格者は、合格するまでコツコツ勉強ができたから合格したわけだよね。

もう一度言うけど、合格するまで勉強が続けられれば、合格するわけで。

勉強が継続できるかは、勉強を継続するための「仕組み」作りができたかどうかにかかっていると思うよ。

今回ご紹介したことは、どこが実際にUSCPA試験の勉強をしているときにやっていた「仕組み」なので、参考にしてもらえると嬉しいよ。


ABOUT ME
どこ
ワシントン州USCPA(米国公認会計士)。USCPAの立場から、USCPA試験、USCPAのキャリア、USCPAの人生設計について書いています。BIG4大手監査法人監査人→米国企業経理職@バンコク→大手グローバル企業連結決算担当。
こちらの記事もおすすめ