【USCPA試験】勉強法

USCPA試験 英語の勉強法【英語がネックで問題が解けない場合の対策】

困った君
困った君
USCPA(米国公認会計士)試験の勉強をしているよ。

講義やテキストは理解できるけど、問題はなかなか解けるようにならないよ。

英語力がないからだと思うんだけど、どうやって勉強していけばいいかわからなくて困ったな。

どこ
どこ
どこは、USCPA(米国公認会計士)だよ。

会計知識はあるけど、英語力がないからUSCPAの問題が解けるようにならず、USCPAの勉強をやめようか悩んでいるという方からご相談をいただくことがあるよ。

そんな方にアドバイスしている、USCPAの英語の勉強法をご紹介するね。

 

1.英語がネックで問題が解けない場合の対策

英語がネックで問題が解けない場合の対策

 

英語がネックでUSCPA試験の問題が解けない場合の対策は、どこでつまずいているのか、つまずいている部分の分析をするのがスタート地点となります。

 

問題が解けない場合は、「解答力」か「読解力」に原因がありますが、USCPA試験の場合は「解答力」は会計知識、「読解力」は英語力に起因すると思います。

問題が解けない場合、「解答力」会計知識 と「読解力」英語力 のどちらのせい?

  • 日本語で問題を解いてみる☞日本語でならわかる☞英語になるとわからない☞英語力のせい☞当記事を読んで対策

当記事は「読解力」英語力だけに焦点を当てます。

 

文章を読むとき、まずは単語レベルで理解し、文法というルールで1つの文として意味を追います。

そして、意味をつかんだ文どうしのつながりを理解していきます。

 

英文が読めないという場合、英単語がわからないのか、英文法がわからないのか、英文解釈ができないのか、何らかの原因があるわけです。

原因を見極めて、その対策を考える必要があります。

 

USCPA試験の英文が読めないのはなぜ?

  1. 英単語がわからないから
  2. 英文法がわからないから
  3. 英文解釈ができないから

 

(1)英単語がわからないので英文が読めない

もし英単語がわからないなら、わからない英単語の下に日本語訳を書いていくといいでしょう。

よく出てくる英単語は、問題を解くうちに自然と覚えるので、わざわざ覚えようとしなくてもいいと思います。

 

ただしREGは、法律用語や税務用語など、出てくる英単語が難しい(普段出てこない)場合があります。

もし問題文によく出てくるのに自然と覚えられない英単語があれば、リスト化して隙間時間に覚えるようにするといいでしょう。

 

大学受験では英単語集を使って英単語を覚えますが、USCPAの場合は、USCPA向けの英単語集(たとえばアビタスが用意しています)を使って、わざわざ一から覚えようとする必要はないと思います。

BATIC(国際会計検定)などでの英文会計の学習経験がなく、基本的な英文会計用語がわからない英文会計の初心者でしたら、英文会計入門の索引の用語くらいは最初に覚えようとしてもいいと思います。

 

(2)英文法がわからないので英文が読めない

もし英文法がわからないなら、薄い英文法書でおさらいをしておくといいでしょう。

英文法の勉強をする際は、USCPA試験は英語力を試す試験ではないので、英文法をマスターするのが目的ではなく、英文が読めるようになるのが目的であることを念頭におく必要があります。

 

USCPA試験に出てくる英文法は難しいものはないため、中学レベルの英文法がわかれば十分だと思っています。

もし基本5文型から自信がないくらいのレベルの場合は、このような英文法の問題集をささっとやってみることをおすすめします。

 

間違っても、『ロイヤル英文法』などの分厚い英文法の本を1ページ目から読もうとしないでください。

USCPA試験では、マニアックな英文法は必要なく、文章を読むのに必要な最低限の文法がわかれば大丈夫です。

 

もし万が一、わからない英文法が出てきたら(難しい英文法が出てきた覚えはないですが)、その際にはその都度、英文法の本を参照すればいいでしょう。

『Next Stage』レベルも必要なく、『Evergreen』(『Forest』の新版)レベルの英文法書でいいのではないかと思います。

 

(3)英文解釈ができないから英文が読めない

もし英文解釈ができないなら、英文の構造が説明できるか試してみましょう。

SVOCなど、どれが主語、どれが動詞、どれが目的語、どれが補語など構造を考えてみます。

 

最初は、英単語の下に主語S・動詞V・目的語O・補語Cなどと書き込んで、英文の構造を意識するようにしてもいいでしょう。

修飾語は基本的には情報を補足しているだけなので、カッコ( )で括って読みとばせば、本質的な情報だけが残ります。

 

英文解釈については、1冊くらい薄い問題集をやってみてもいいと思います。

個人的には『英文解釈教室』が良書でおすすめしたいのですが、USCPA試験のためと考えると、そこまではやらなくてもいいと思います。

 

  1. 英文を読む際、英単語・英文法・英文解釈がポイントとなりますが、日本語で文章を読むのと同じように、何が書かれているのかロジックを追うことも大切です。
  2. 最初に英文全体を見て、何について書かれているのか単語などから判断し、イメージしてから読むのも有効です(例えば、リースに関する単語があれば、リースに関することが書かれていると構えて読むだけでも読みやすくなります)。

 

 

2.MC問題の英文が読めないときの勉強法

MC問題の英文が読めないときの勉強法

 

MC問題の英文が読めないときの勉強法について、ご説明していきます。

 

USCPA試験の勉強を始めてすぐは、MC問題のような短めの英文であっても読めないかもしれません。

そんな場合は、次のようにしてみましょう。

 

MC問題の英文が読めないときの勉強法

  1. MC問題を1回目に解くときは日本語訳を最初に読む
  2. MC問題の質問文の最後の問いかけから読む
  3. MC問題の選択肢を見てから質問文を読む
  4. MC問題の出題パターン・出題内容を把握する

 

(1)MC問題を1回目に解くときは日本語訳を最初に読む

MC問題集を1回目に解く際は、日本語訳があるなら読んでしまいましょう。

アビタスのMC問題ならば日本語訳がありますが、もしないなら、DeepLやGogle翻訳などでざっくり意味をさらってもいいでしょう。

 

(2)MC問題の質問文の最後の問いかけから読む

MC問題を解くときは、質問文の最後の問いかけから読むようにしましょう。

最初に「何が問われているのか」把握してから質問文全体を読んだ方が、何を答えればいいのか考えながら質問文を読み進められます。

 

(3)MC問題の選択肢を見てから質問文を読む

MC問題の選択肢を見てから質問文を読むのも、大事な戦略の1つです。

選択肢が数値なのかどうかを見るだけでも、計算するのだなと分かります。

似たような言葉が並んでいるならば、違いを聞いているかもしれません。

どんな質問がされるのか推測できるだけでも、質問文の読みやすさが変わってきます。

 

(4)MC問題の出題パターン・出題内容を把握する

MC問題の出題パターンを覚えてしまうといいでしょう。

「4つのうちから合っているものを1つ選べ/合っていないものを1つ選べ」だったり、「計算して答えを1つ選べ」だったり、それほどパターンは多くないでしょう。

また、MC問題でしたら、ある程度聞かれる内容も決まってくるので、Blueprintsのスキルレベルが低い分野を把握しておいてもいいと思います。

 

 

3.TBS問題の英文が読めないときの勉強法

TBS問題の英文が読めないときの勉強法

 

TBS問題の英文が読めないときの勉強法についても、ご説明していきます。

 

TBS問題は、資料の英文が長くて、読むのがつらいかもしれません。

そんな場合は、次のようにしてみましょう。

 

TBS問題の英文が読めないときの勉強法

  1. TBS問題の英文の読み方を工夫する
  2. TBS問題の英文を視覚化する
  3. TBS問題の英文のポイントに着目する

 

(1)TBS問題の英文の読み方を工夫する

TBS問題の英文が多くて読めない場合は、細かく区切って読んだり(スラッシュ・リーディング)、音読してみたり、目に入る英文の量を区切ってみたりすることがおすすめです。

 

①スラッシュ・リーディングする

おそらく、大学受験などの英文読解問題でも、「スラッシュ・リーディング」といった、意味の塊ごとにスラッシュを入れた読み方をしていたのではないかと思います。

もし万が一、「スラッシュ・リーディング」をマスターしていないようでしたら、この機会にマスターしてしまってもいいかもしれません。

 

USCPA試験 スラッシュリーディング

☝こんなに短かったら、スラッシュを入れるまでもないですが、スラッシュを入れるとわかりやすくなることは明らかでしょう。

基本的に英文は、1センテンスの中でも、1パラグラフの中でも、最初に大事な情報が来ています。

よって、スラッシュを入れて、単なる補足の部分(この場合「その本のシリーズタイトルの」の部分)を読み飛ばし、本質的な部分(この場合「マヤはとてもいい案を思いついた」)に着目していけば、速く読めますし、ロジックを見失うことはなくなります。

 

どこの場合は「スラッシュ・リーディング」ができるので、長文が多かったAUDの試験でも、試験時間が大幅にあまりました。

大事なキーワードを拾いつつ、補足的な説明は読み飛ばしていったためです(スラッシュ・リーディングだけではなく、一部はフォトリーディングもしています)。

 

英文を読むのが遅くて試験で時間が足りないという場合は、このような本でスラッシュの入れ方を理解するといいと思います。

 

英文を読む際に、実際にスラッシュを書き込まなくてもいいのですが、最初は紙の問題集でスラッシュを入れて読んでみましょう。

慣れてきたら、頭の中だけでスラッシュを入れ、意味の塊を作りながら読み進めていけばいいでしょう。

 

②音読する

声に出さないで目だけで追って読むと、実はかなり読み飛ばしていることに気が付きます。

日本語の文章もそうですが、声に出さないで読むときは、1文字1文字をしっかり認識していませんし、1単語1単語でさえしっかり読んでいない場合が大半です。

 

こんちには みさなん おんげき ですか?

 

「こんにちは みなさん おげんき ですか?」と読めてしまいますよね。

音読しないで目だけで読むと、読み飛ばせてしまいます。

 

英文が多くて読めない、結局何が書いてあるのかわからないという場合は、しっかり読めていないからかもしれません。

最初は英文を音読してみて、読み飛ばしを防いでもいいと思います。

 

➂目に入る英文の量を区切る

たくさん英文が目に入るだけで、英文アレルギーになったり、「こんなに読めない」とあきらめてしまうことがあります。

よって、1行だけ見えるように下の文を紙で隠し、丁寧に1行ずつ読んだり、1パラグラフだけ見えるようにし、心理的負担をなくすなども効果的です。

 

文章を読む際の補助グッズが商品化されていますが、本屋でもらえるしおりなどを使ってもいいと思います。

 

(2)TBS問題の英文を視覚化する

TBS問題の英文が多くて読めない場合は、読めているけれど、情報が多くて理解が追い付いていないということもありえます。

よって、図や絵を書いて、読んだ内容を視覚化するのが有効です。

視覚化するとイメージしやすくなり、多少英文が読めなかったとしても、イメージで補えます。

 

(3)TBS問題の英文のポイントに着目する

TBS問題の英文が多いとしても、必要な情報は限られているはずです。

たとえば、掲示資料(Exhibits)の数値などをハイライトして、大事な情報をすばやく読み取る癖をつけておくといいでしょう。

本番でも英文にハイライトができますので、演習の時からハイライトする練習をしておくといいですね。

USCPA試験 受験中に使える10個のツールの機能と使い方

 

TBS問題の英文の読み方

  1. 最初は時間がかかっても、しっかり読む練習をする。
  2. 慣れてきたら時間を意識して、速く読む練習をする。
  3. 本番では、問題パターンが頭に入っていれば、読み飛ばしても大丈夫。
「練習ではささっと読み、本番ではしっかり読む」はやることが逆です!

 

 

以上、「USCPA試験 英語の勉強法【英語がネックで問題が解けない場合の対策】」でした。

困った君
困った君
英語力がないからUSCPA試験の問題が解けないというのは、自分の場合、英語でどうやって情報を読み取り、どうやって読み取った情報をまとめればいいのかわかっていなかっただけかも。
どこ
どこ
USCPA試験の英語は、内容が専門知識に関することだから、簡単に理解できないのは当然だよね。

そもそも、内容が簡単だとしても、日本語なら流し読みで理解できても、英語だとそうはいかなかったりするからね。

USCPAの英語は専門知識の英語で、「日本語・簡単」<「日本語・難しい」<「英語・簡単」<「英語・難しい」の「英語・難しい」に当たるから、スムーズに理解できなくても気にすることはないよね。

問題を解く際も、「日本語・簡単」→「日本語・難しい」→「英語・簡単」→「英語・難しい」の順にできるようになっていけばいいわけで。

まずは日本語訳を見てしまって、日本語で簡単な問題、それから日本語で難しい問題と、専門知識の理解に専念し、次に英語で簡単な問題、それから英語で難しい問題と、英語の理解に専念すればいいんじゃないかな。

ステップを踏んでバージョンアップすればいいから、英語力のせいで問題が解けないと悩んで勉強をやめないでね。

 

USCPA(米国公認会計士)

講座の資料請求、説明会申し込み(無料

アビタスのUSCPAコース

 

講座の紹介割引(入学金11,000円オフ

【紹介割引あり】アビタスでUSCPA(米国公認会計士)試験に1年で合格!

 

受験ガイド

 

BATIC(国際会計検定)

講座の資料請求(無料

TACのBATICコース

大原のBATICコース

BATIC(国際会計検定)が新しく!試験日は?どう勉強する?

 

公式テキスト・公式問題集

 

IFRS Certificate(国際会計基準検定)

講座の紹介割引(受講料の3,000円オフ)

【アビタス紹介割引あり】IFRS Certificate(国際会計基準検定)の難易度、活かし方

 

USCMA(米国公認管理会計士)EA(米国税理士)

講座の資料請求(無料

TACのUSCMAコース

TACのEAコース

国際会計資格 USCPA・USCMA・EAの比較、どれを取るといいのか?

 

CIA(公認内部監査人)

講座の資料請求、説明会申し込み(無料

アビタスのCIAコース

TACのCIAコース

内部監査資格 CIA・CISA・CFEの比較、どれを取るといいのか?

 

簿記検定

講座の資料請求(無料

大原の簿記コース

TACの簿記コース

USCPA(米国公認会計士)と簿記検定、どっちが役に立つのか?

 

公認会計士

講座の資料請求(無料

東京CPA会計学院の公認会計士コース

大原の公認会計士コース

TACの公認会計士コース

USCPA(米国公認会計士)とJCPA(日本の公認会計士)の試験の違い

ABOUT ME
USCPAどこ
ワシントン州USCPA(米国公認会計士)。USCPAの立場から、USCPA試験、USCPAのキャリア、USCPAの人生設計について書いています。BIG4大手監査法人監査人→米国企業経理職@バンコク→大手グローバル企業連結決算担当。