【USCPA資格】

USCPA(米国公認会計士)試験受験が無駄になるのは?当てはまっていませんか?

困った君
困った君
USCPA(米国公認会計士)試験を受験しようか悩んでいるよ。

せっかく受験しても、無駄になるかもしれないと思うと、受験する決心ができなくて、困ったな。

どこ
どこ
お金も時間も使うから、USCPA試験の受験が無駄にならないと確信を持ちたいよね。

USCPAのどこが、USCPA試験に挑戦して失敗した人を見てきた経験から、USCPA試験を受けても無駄になる人の特徴をご紹介するので、参考にしてね。

 

USCPA予備校のスタッフから、「受講生の中には、受験できる状態にすらたどり着けない人、科目合格はできるが、期限内に全科目合格できず挫折してしまう人が一定数いる」と聞いています。

また、一部のUSCPA合格者から、「USCPA資格を取ったのに、結局キャリアアップできなかった。USCPAにかけた時間は無意味だった」という声を聞きます。

 

以下のような人は、USCPA試験に最初から手を出さない方がよいと考えます。

USCPA(米国公認会計士)試験受験が無駄になる人

  1. 合格にたどり着けない人
  2. 合格しても資格が活かせない人

USCPA試験受験が無駄になる人について、詳しく見ていきましょう。

USCPA/米国公認会計士 国際資格 アビタス

1.合格にたどり着けない人

USCPA(米国公認会計士)試験受験が無駄になるのは、「合格にたどり着けない人」です。

 

結論から言ってしまいます。

以下のような人はUSCPA試験に合格するのは難しいです。

USCPA試験に合格するのが難しい人

  1. 最短コース:1年間、平日は2時間、週末は5時間、勉強できない人
  2. のんびりコース:2年間、平日は1時間、週末は5時間、勉強できない人

 

ちなみに、「会計知識」も「英語力」もある場合を想定しましたので、どちらかしかない場合、または、どちらもない場合、さらに勉強時間が必要になります。

さらに、独学をする場合も(会計知識と英語力がある程度あるので、独学しようと考えるのでしょうが)、さらに勉強時間が必要になると考えた方が良いでしょう。

 

USCPA試験は、「働きながら受験しやすい試験」と言われていますが、現実としては、仕事と勉強を長期間にわたって続けていくので、かなりキツイです。

受験を決意してすぐは、やる気いっぱいで毎日がんばれますが、忙しくなると(経理職など、月次・四半期・年次決算と、忙しい時期と暇な時期の大きな波があります)、勉強がストップしてしまいがちです。

 

USCPA試験は、1科目合格してから1年半以内に全科目(4科目)合格しないと、合格から1年半を経過した科目の合格が無効になってしまいます。

働きながら、1年半という制約内で全科目合格させるには、忙しいからといって勉強をストップさせない必要があります。

USCPA試験を受験するという決意をする前に、自問したいポイント

  1. 「会計知識×英語力」は自分にありますか?
  2. USCPAの予備校に入学して、1年間から2年間、平日は2時間、週末は5時間、勉強し続けられますか?

 

自分の「会計知識×英語力」で、USCPA試験の勉強を1年から2年間続けて、合格にたどり着けそうでしょうか。

ネットでUSCPA合格者の意見などを読んでも、自分とまったく同じバックグラウンド(会計知識、英語力に加えて、学歴や、経理経験など)の人などいないので、判断するのは難しいです。

ですので、自分の「会計知識×英語力」に自信が無い場合は、BATIC(国際会計検定)の勉強をUSCPAの勉強の前にしてみることをおすすめします。

BATICの勉強が合っていれば、「会計知識×英語力」の勉強が嫌ではないということになります。

そうならば、USCPAの勉強が続けられ、あなたは「USCPA試験に向いている人」ということが言えます。

USCPA(米国公認会計士)試験の合格に必要な英語力と会計知識
USCPA(米国公認会計士)試験の合格に必要な英語力と会計知識USCPA試験に取り組む前に、自分の英語力と会計の知識でUSCPA試験に合格できそうか、自己判断すると良いと思います。 その時の経験と、USCPA予備校が公表している英語力と会計知識を基に話していきます。...

 

2.合格しても資格が活かせない人

USCPA(米国公認会計士)試験受験が無駄になるのは、「合格しても資格が活かせない人」です。

 

ズバリ言ってしまいます。

このような人は、USCPA試験に合格しても、資格を活かすのが難しいです。

それは、「経理や財務の経験がない人」です。

ただし、これから大学を卒業する新卒者や、20代半ばくらいまでの人は除きます。

30代以降で、経理や財務の経験がない人が、USCPAの資格を取っても、取っただけのメリット(年収アップなど)がない場合が多いです。

 

USCPAの資格が活かせる人

  1. 経理職や財務職の人が、キャリアアップのために取る場合、メリットが大きいです。
  2. 営業職や技術職などで、年齢が20代半ば以降の人が、キャリアチェンジのために取る場合は、かなり慎重になった方が良いです。

 

せっかくUSCPA試験に合格したのに、特にメリットがないのならば、せっかくの資格が無意味になってしまいます。

このような残念なことにならないために、USCPA試験を受けると決める前に、転職エージェントにキャリアについて相談をしておくことをおすすめします。

少なくとも、USCPA試験合格後に、USCPA合格が無駄だったという事態は防げます。

 

受験する決意をする前に、転職エージェントに相談しておきたいこと

  1. USCPAを取ったら、どのようなキャリアアップが見込めるか(☜キャリアアップのために受験を考えている場合)
  2. USCPAを取った場合と取らなかった場合で、どのくらいの違いがあるか(☜キャリアチェンジのために受験を考えている場合)

USCPA資格を取ってもキャリアアップにつながらないのなら、受験はやめておいた方がよいですし、大したメリットがないのならば、コスパが悪いので、受験をするか再考の余地があるでしょう。

 

USCPA受験を決意する前に、キャリアの相談をしてはいけない先は、この2つ

USCPAの予備校
USCPAの予備校系列の転職エージェント

受講生を増やすため、「USCPAを取った方がキャリアアップできる」「メリットが大きい」という結論に必ずなります。

USCPAの予備校と関係のない転職エージェントに相談をして、第三者の公平な視点でアドバイスをもらってから、USCPA試験の受験を決めましょう。

 

USCPA受験を決意する前に相談しておきたい、おすすめ転職エージェント

 

管理部門特化型エージェントNo.1【MS-Japan】
どこがUSCPA受験前、USCPA受験中にキャリア相談をしていただいた、信頼のおける転職エージェントさんです。

 

USCPA(合格者だけではなく、受験者も)におすすめの転職エージェントについては、以下の記事を参考にしてください。

USCPAが転職する際に失敗しない転職エージェント選び BIG4に転職したUSCPAが解説
USCPAが転職する際に失敗しない転職エージェント選び BIG4に転職したUSCPAが解説転職エージェントを選ぶ際の注意点と、USCPAが転職する際に利用すると良いおすすめの転職エージェントを具体的にご紹介します。...

 

 

以上、「USCPA(米国公認会計士)試験受験が無駄になるのは?当てはまっていませんか?」でした。

困った君
困った君
USCPA受験が無駄になるのは、合格にたどり着けない人、合格しても資格が活かせない人なんだね。

そして、合格できるかはUSCPAの学校と相談していいけど、資格が活かせるかは転職エージェントと相談する必要があるわけだね。

どこ
どこ
もう一度繰り返すけど、USCPAの予備校(USCPAの予備校系列の転職エージェント)に、資格が活かせるかキャリア相談をしてはダメだよ。

受講生を増やしたいがために、「資格が活かせる」という結論になるからね。

USCPAという資格自体を取得することは心からおすすめできるけど、残念ながら、全員におすすめできるわけではないよ。

USCPA試験受験が無駄になるので、最初から手を出さない方がよいのに、受けることを決意してしまう人が出ないことを願っているよ。

 

USCPA(米国公認会計士)講座の資料請求、説明会申し込み(無料)

USCPAを目指すならアビタス。

 

USCPA(米国公認会計士)講座の紹介割引(入学金の11,000円オフ)

【紹介割引あり】アビタスだけでUSCPA(米国公認会計士)試験に1年で合格!

 

USCPA(米国公認会計士)の受験ガイド

 

BATIC(国際会計検定)の公式テキスト・公式問題集

【2021年変更】BATIC(国際会計検定)が新しく!どうなった?どう勉強する?

 

IFRS Certificate(国際会計基準検定)講座の紹介割引(受講料の3,000円オフ)

【アビタス紹介割引あり】IFRS Certificate(国際会計基準検定)の難易度、活かし方

 

USCMA(米国公認管理会計士)EA(米国税理士)

国際会計資格 USCPA・USCMA・EAの比較、どれを取るといいのか?

 

CIA(公認内部監査人)講座の資料請求、説明会申し込み(無料)

アビタスのCIAコース

内部監査資格 CIA・CISA・CFEの比較、どれを取るといいのか?

USCPA/米国公認会計士 国際資格 アビタス
ABOUT ME
USCPAどこ
ワシントン州USCPA(米国公認会計士)。USCPAの立場から、USCPA試験、USCPAのキャリア、USCPAの人生設計について書いています。BIG4大手監査法人監査人→米国企業経理職@バンコク→大手グローバル企業連結決算担当。
こちらの記事もおすすめ