【USCPA試験】受験・再受験

【2022年・2023年】USCPA試験 結果発表(スコアリリース)はいつ?発表日と日本時間

困った君
困った君
USCPA(米国公認会計士)試験を受けたよ。

でも、いつ合格発表されるのか日程が分からないし、日本時間で何時に結果が分かるのか分からなくて困ったな。

どこ
どこ
USCPA試験の結果が発表されたら、すぐに確認したいよね。

2022年と2023年のUSCPA試験の結果発表(スコアリリース、通称「スコリリ」)はいつなのか、日にちと日本時間を見ていこうね。

 

1.結果発表(スコアリリース)の日を確認する

USCPA試験の結果発表(スコアリリース)の日を確認する

結果発表(スコアリリース)の日を確認しましょう。

 

(1)結果発表(スコアリリース)の日はどう確認する?

結果発表(スコアリリース)の日は、AICPAの公式サイトを確認すれば分かります。

【AICPA公式サイト】 CPA Exam Score Release Dates

 

AICPA公表の結果発表(スコアリリース)の日付は、米国東部標準時に基づいています。

米国東部標準時と日本標準時との時差

  1. 米国東部標準時(EST)と日本標準時(JST)の時差:14時間
  2. 米国東部標準時夏時間EDT)と日本標準時(JST)の時差:13時間
夏時間は、現地時間の3月の第2日曜日(2022年は3月13日)から、11月の第1日曜日(2022年は11月6日)まで

 

AICPAが公表するのは結果発表(スコアリリース)の日付で時間ではありませんので、日本との時差は気にしなくても大丈夫です。

 

(2)2022年と2023年の結果発表(スコアリリース)日のまとめ

2022年と2023年の結果発表(スコアリリース)の日を分かりやすくまとめると、以下のようになります。

2022年のUSCPA試験の結果発表(スコアリリース)の日

  1. 受験:1月1日~1月23日 →発表:2月8日→実際:2月7日
  2. 受験:1月24日~2月14日 →発表:2月23日→実際:2月22日
  3. 受験:2月15日~3月9日 →発表:3月17日→実際:3月16日
  4. 受験:3月10日~3月31日 →発表:4月12日→実際:4月11日
  5. 受験:4月1日~4月23日 →発表:5月10日→実際:5月9日
  6. 受験:4月24日~5月16日 →発表:5月24日→実際:5月23日
  7. 受験:5月17日~6月8日 →発表:6月16日→実際:6月15日
  8. 受験:6月9日~6月30日 →発表:7月12日→実際:7月11日
  9. 受験:7月1日~7月23日 →発表:8月9日→実際:8月8日
  10. 受験:7月24日~8月15日 →発表:8月23日→実際:8月22日
  11. 受験:8月16日~9月7日 →発表:9月15日→実際:9月14日
  12. 受験:9月8日~9月30日 →発表:10月11日→予想:10月10日
  13. 受験:10月1日~10月23日 →発表:11月8日
  14. 受験:10月24日~11月15日 →発表:11月23日
  15. 受験:11月16日~12月8日 →発表:12月16日
  16. 受験:12月9日~12月31日→発表:1月10日(2023年)

 

2023年のUSCPA試験の結果発表(スコアリリース)の日

  1. 受験:1月1日~1月23日 →発表:2月7日
  2. 受験:1月24日~2月14日→発表:2月22日
  3. 受験:2月15日~3月9日→発表:3月17日
  4. 受験:3月10日~3月31日→発表:4月11日
  5. 受験:4月1日~4月23日→発表:5月9日
  6. 受験:4月24日~5月16日→発表:5月24日
  7. 受験:5月17日~6月8日→発表:6月16日
  8. 受験:6月9日~6月30日→発表:7月11日
2023年の下半期は未発表です。

2022年10月4日追記:AICPAが9月30日に突然、スコアリリースのカットオフ日の表示を変更しました。

  • スコアリリース2022年10月11日:カットオフ日2022年10月1日→2022年9月30日
  • スコアリリース2023年1月10日:カットオフ日2023年1月1日→2022年12月31日

 

どこが覚えている限り(少なくともここ2年くらい)は、実際の結果発表(スコアリリース)の日は、AICPAの公式サイトに書かれている日より1日早いです。

2021年の結果発表(スコアリリース)の日も見ていただけるとわかると思います。

 

  1. なるべくなら、カットオフ日ぎりぎりに受験するのは避けた方が無難です。
  2. AICPAによると、プロメトリックは、試験終了後24時間以内に、AICPAに試験データファイルを送信するそうです。
  3. ですが、プロメトリックが送った試験データファイルが期限までにAICPAに届かず、次のスコアリリース日に回されてしまうことがあります。
  4. BECについては、Written Communicationの採点で時間がかかり、予定のスコアリリース日より遅れることがあります。
  5. 2022年5月24日のスコアリリースでは、合格発表日に通常より多くの受験生がスコアの確認ができませんでした(カットオフ日ぎりぎりに受験したわけではない受験生も含まれていました)。何か技術的なトラブルがあったようで、2、3日後には確認ができていました。

カットオフ日までに受験したのに合格発表日にスコアが確認できない場合

以下の情報を記載し、NASBA(cbtcpa@nasba.org)に英語でメールをしてみましょう。

  1. 氏名
  2. 生年月日
  3. Jurisdiction ID
  4. 出願州
  5. 受験日
  6. 受験した試験のSection ID

 

 

2.結果発表(スコアリリース)の時間を把握する

USCPA試験の結果発表(スコアリリース)の時間を知る

結果発表(スコアリリース)の時間を把握しましょう。

 

(1)結果発表(スコアリリース)の時間はどう把握する?

正確な結果発表(スコアリリース)の時間を把握するために、NASBAのツイッターアカウントをフォローすることをおすすめします。

NASBAの公式Twitterアカウント

 

結果発表(スコアリリース)の日が近くなると「スコアを確認する準備はできてる?」など、スコアリリースに関するツイートがされます。

 

結果発表(スコアリリース)の数時間前には「今夜7時にスコアリリースします」などどいうツイートもされるので、正確なスコアリリースの時間を知ることができます。

 

NASBAのツイートは、米国中部標準時に基づいています。

ちなみに、AICPA公表の結果発表(スコアリリース)の日付は、米国東部標準時ですので、NASBAとAICPAで違いますので注意しましょう。

米国中部標準時と日本標準時との時差

  1. 米国中部標準時(CST)と日本標準時(JST)の時差:15時間
  2. 米国中部標準時夏時間CDT)と日本標準時(JST)の時差:14時間
夏時間は、現地時間の3月の第2日曜日(2022年は3月13日)から、11月の第1日曜日(2022年は11月6日)まで

 

(2)2022年の結果発表(スコアリリース)時間のまとめ

2022年の結果発表(スコアリリース)の時間を米国中部標準時(CST)または 米国中部標準時夏時間(CDT)日本標準時(JST)で書くと、以下のようになっています。

日本にいる受験生のみなさんは、日本標準時(JST)を見てください(JST9amなら、日本時間の午前9時です)。

2022年のUSCPA試験の結果発表(スコアリリース)の時間

  1. 発表:2月8日→実際:2月7日(CST7pm)、2月8日(JST10am)
  2. 発表:2月23日→実際:2月22日(CST7pm)、2月23日(JST10am)
  3. 発表:3月17日→実際:3月16日(CDT7pm)、3月17日(JST9am)
  4. 発表:4月12日→実際:4月11日(CDT7pm)、4月12日(JST9am)
  5. 発表:5月10日→実際:5月9日(CDT7pm)、5月10日(JST9am)
  6. 発表:5月24日→実際:5月23日(CDT7pm)、5月24日(JST9am)
  7. 発表:6月16日→実際:6月15日(CDT7pm)、6月16日(JST9am)
  8. 発表:7月12日→実際:7月11日(CDT7pm)、7月12日(JST9am)
  9. 発表:8月9日→実際:8月8日(CDT7pm)、8月9日(JST9am
  10. 発表:8月23日→実際:8月22日(CDT7pm)、8月23日(JST9am
  11. 発表:9月15日→実際:9月14日(CDT7pm)、9月15日(JST9am
  12. 発表:10月11日予想:10月10日(CDT7pm)、10月11日(JST9am
  13. 発表:11月8日→メモ:夏時間が終了、CSTに
  14. 発表:11月23日
  15. 発表:12月16日
  16. 発表:1月10日(2023年)
予想というのは、最近の結果発表(スコアリリース)の時間から推測しているだけで、保証はありません。

追記(2022年8月9日):8月9日のスコアリリースは、日本時間の午前7時頃に確認できていました。NASBAのスコアリリースツイートは、日本時間の午前6時34分でした。

追記(2022年8月23日):8月23日のスコアリリースは、日本時間の午前8時50分頃に確認できていました。NASBAのスコアリリースツイートは、日本時間の午前5時50分でした。

追記(2022年9月15日):9月15日のスコアリリースは、日本時間の午前8時55分頃に確認できていました。NASBAのスコアリリースツイートは、日本時間の午前5時30分でした。

  1. 現地時間では、AICPAが事前に公表しているスコアリリースの日付の前日午後7時にスコアリリースされることが多いです。
  2. 日本時間では、AICPAが事前に公表しているスコアリリースの日付の当日午前9時(夏時間)、または、午前10時(夏時間以外)になります。

 

 

注意:少し早く結果がわかるEyeball Trick(アイボール・トリック)はもう使えません!

「Eyeball Trick」は使えなくなりましたが、しばらくは参考までにご説明を残しておきます。

Eyeball Trick(アイボール・トリック)」で、少し早く結果を知った受験生が、NASBAのツイートにリプライを始めますので、そろそろ結果発表(スコアリリース)されると感じることもできます。

Eyeball Trick(アイボール・トリック)」が機能しているということは、スコアリリースの準備が進んでいるということだからです。

リプライを見ている限りでは、「Eyeball Trick(アイボール・トリック)」は、日本時間で、スコアリリース日の前日、22時くらいから機能するようです。

 

 

追記(2022年2月8日):Eyeball Trick」はもう使えなくなったと、NASBAが公式に発表しました。

 

Eyeball Trick(アイボール・トリック)」とは?

Eyeball Trick(アイボール・トリック)」は、過去のScore Noticeを見ることによって、結果発表(スコアリリース)より数時間早く、試験結果を知る方法です。

ただし、全ての人が使える方法ではありませんので、注意が必要です。

「Eyeball Trick」が使える条件

  1. NASBAのサイトで結果の確認をする州に出願していること
  2. NASBAのサイトで過去のScore Noticeが見られること
初回受験の場合や、前回受験してから時間がたってしまった場合は、この方法は使えません。

「Eyeball Trick」については、こちらの記事も参考にしてください☟

USCPA試験 早く結果が分かる「Eyeball Trick」とは?使える人は?
USCPA試験 早く結果が分かる「Eyeball Trick」とは?使える人は?【注:2022年2月8日から使えなくなりました】【注:2022年2月8日から使えません】USCPA(米国公認会計士)試験の結果発表(スコアリリース)より早く、合否が知りたくありませんか?「Eyeball Trick」という裏技を使えば、少し早く合否が分かります。「Eyeball Trick」はどんな裏技で、誰が使えるのか説明していきます。...

 

 

以上、「【2022年・2023年】USCPA試験 結果発表(スコアリリース)はいつ?発表日と日本時間」でした。

困った君
困った君
USCPA(米国公認会計士)試験の結果発表(スコアリリース)の日を確認する方法も、結果発表(スコアリリース)の時間を知る方法も、どちらも分かったよ。

最近の結果発表(スコアリリース)の状況も把握したよ。

どこ
どこ
USCPA試験の受験日と併せて、結果発表(スコアリリース)の日も、学習プランに組み込んでおこうね。

合格していたら他の科目を勉強するし、不合格だったら再受験しないといけないからね(もし最後の科目で、合格していたら、お祝いしないといけないし!)。

試験の結果次第で、今後どうするか決めることになるので、結果発表(スコアリリース)の日は、学習プランを立てるうえで大切な要素の1つだからね。

少しでも早く試験の結果を知って、結果を待ってドキドキする時間が減らせると嬉しいよ。

ABOUT ME
USCPAどこ
ワシントン州USCPA(米国公認会計士)。USCPAの立場から、USCPA試験とUSCPAのキャリアについて書いています。BIG4大手監査法人監査人→米国企業経理職@バンコク→グローバル企業連結決算担当。
USCPAのための転職情報
USCPAのための転職情報

 

USCPAにおすすめの転職エージェントは「MS-Japan」の一択です!

 

USCPAにおすすめの転職エージェント「MS-Japan」


 

  \登録無料、相談無料

【MS-Japan】公式サイト

 

どこがBIG4大手監査法人に転職したときに、お世話になった転職エージェントです。

管理部門・士業特化型エージェントNo.1」で、希望職種が経理職や財務職だったり、監査法人志望だったりするなら、登録必須の転職エージェントです。

USCPA」で検索ができて、「USCPA」向けの求人が多いので、どの転職エージェントよりも質の高い「USCPA」の求人に出会えます。

 

USCPAに合格したら転職すると決めているなら、USCPAの勉強を始めてすぐに登録しましょう。

すぐに転職する気がなくても、転職エージェントに登録だけはしておいた方がいいです。

新規求人・おすすめ求人がメールで届くので、気になる求人をストックしておけば、転職したくなったときに必ず役立ちます。

 

こちらの記事もおすすめ