学校比較

アビタスのUSCPA講座の良い評判、残念な評判は?【口コミも】

困った君
困った君
USCPA(米国公認会計士)試験を受けることにしたから、USCPAの予備校を探しているよ。

アビタスのUSCPA講座が気になってるんだけど、実際はどうなのかな。

どこ
どこ
どこは、アビタスのUSCPA講座の元受講生で、アビタスのおかげで約1年でUSCPA試験に合格できたよ。

アビタスのUSCPA講座を受講していたし、アビタスで受講中の同僚や友達がいるし、USCPAのブログを書いている関係でアビタスに関する声をよく聞くよ。

アビタスを選んでいいのか迷っている人のために、良い評判と残念な評判のどちらも口コミとともにご紹介していくね。

注意:2024年1月にUSCPA試験制度が大きく変わります!

USCPA試験にチャレンジするか悩んでいる人は、迷っているなら早く勉強を始めることをおすすめします。

 

USCPAの学校はアビタスがおすすめです。

アビタスへの資料請求や説明会申込はこちらから(無料)↓

アビタス公式サイト

 

どこアビタスの元受講生ですので、ご紹介割引が適用(入学金11,000円オフ)となるようにお手続きをさせていただきます。

ご紹介をご希望する場合は、アビタスへのご紹介ご依頼フォームからご連絡ください。

 

USCPAになるために何から始めたらいいのかわからない場合は、USCPAの始めかた 「USCPAになりたい」と思ったらを読んでみてください。

 

1.アビタスのUSCPA講座の良い評判、残念な評判は?

アビタス よい評判 悪い評判

アビタスのUSCPA講座の良い評判、残念な評判をアビタスの元受講生の立場からご説明します。

 

アビタスの良い評判と残念な評判を2つずつ挙げています。

アビタスの良い評判

  1. アビタスのUSCPA講座はよくできている!
  2. アビタスなら効率的に短期間で合格できる!

アビタスの残念な評判

  1. 質問したことへの回答が遅い・回答内容が的外れ
  2. 受講生サイトの「資料室」が使いこなせない

 

詳しくはこれからご説明しますが、最初にアビタスについて少し補足をしておきます。

アビタスは、USCPAに特化した予備校です。

 

ちなみに、Twitterでアビタスについてアンケートを取りました。

「どのUSCPA予備校で勉強しました(勉強しています)か?」というアンケート

 

ダントツでアビタスが多かったです!

  1. 2020年9月:208票の投票の結果、80%アビタス受講生
  2. 2022年2月:163票の投票の結果、84%はアビタス受講生

 

 

アンケート結果からも、アビタスの受講生が圧倒的に多いことは、分かっていただけると思います。

 

アビタス受講生のUSCPA試験全科目合格者は、

と続々と増え、5年間で300%増だそうです。

 

仕事でUSCPAの方と話すと、アビタス出身であることがほとんどで、USCPAの場合はアビタスが一大勢力だと感じます。

USCPA以外の会計や簿記などの予備校だと、TACや大原という感じなので、USCPAの場合は本当に別です。

 

TACや大原で簿記検定の講座を受講した後、USCPAの勉強を始める人は、そのままTACや大原でUSCPAの講座も受講する場合があります。

USCPAについては、TACや大原は少数派であることを知り、アビタスを選ばなかったことを後悔することもあるようです。

 

アビタスの受講生は圧倒的に多いですし、合格実績が高いです。

ですので、アビタスでUSCPAの勉強をするのが間違いないと言えます。

とはいえ、アビタスのUSCPA講座の評判が気になると思いますので、詳しくご紹介していきますね。

 

アビタスにするか悩む場合は、まずは資料請求をしたり、説明会に申し込んでもいいでしょう。

資料請求説明会はこちらから(無料です)↓

アビタス公式サイト

既にアビタスに通うことを決めている場合は、紹介割引が適用されるようにお手配させていただきます。

ご紹介ご依頼フォーム、もしくは、TwitterのDMでご依頼ください。

アビタスの入会金11,000円(10,000円+税)が割引となるよう、アビタスにご紹介させていただきます。

 

 

2.アビタスの良い評判は?

アビタスの良い評判

アビタスの良い評判ですが、「アビタスのUSCPA講座はよくできていること」「アビタスなら、他のUSCPA予備校より効率的に短期間で合格できること」が挙げられます。

アビタスの良い評判

  1. アビタスのUSCPA講座はよくできている!
  2. アビタスなら効率的に短期間で合格できる!

 

(1)アビタスのUSCPA講座はよくできている!

アビタスのUSCPA講座は、さすがにUSCPAに特化した老舗の予備校が用意しているだけあって、受講生のことをよく考えて作られています。

アビタスのUSCPA講座の良い点

  1. 5年間のフルサポートがあること:他の予備校より期間が長く、手厚い!
  2. 「単位取得講座」が整備されていること:他の予備校より、単位が取得しやすい!

しっかりとしたサポートと、単位取得のしやすさが特徴ですね。

 

5年間どんなサポートがあるのかというと、以下の通りです。

アビタスの5年間のサポート内容

  1. スモールユニット形式で、1ユニット平均20分でインプットとアウトプットができる(隙間時間でも勉強できます!)
  2. 日本語に英語を併記したオリジナルテキスト(英語が苦手でも理解できます!)
  3. 間違った問題だけ出題、ランダムに出題などが可能なオンライン演習(効率的に苦手分野を克服できます!)
  4. 無償で受けられる模擬試験(試験形式にも慣れて、本番で実力が出せます!)
  5. 学習法カウンセリング、質問回答サービス、受験手続のマニュアルやガイダンス(余計なことに時間を使わず、勉強に集中できます!)

 

通勤時間などの細切れ時間を利用して学習しやすく、「インプットは日本語、アウトプットは英語」のオリジナル教材を使っています。

アビタスのUSCPA講座は、他のUSCPA予備校と違って、ガッツリと時間を確保して、洋書教材を併用して時間をかけて学習するようなスタイルではないのです。

忙しくても、短期間で確実に合格できる仕組みになっているのが、他のUSCPA予備校の講座との大きな違いです。

 

アビタスのUSCPA講座については、以下の記事で詳しくご説明をさせていただいていますので、参考にしていただければと思います。

アビタスって本当にいい?USCPAの本を出版したUSCPAが本音で解説
アビタスって本当にいい?【USCPAの本を出したアビタス受講生が本音で解説】アビタスなら6ヶ月で合格?それは信じてはいけませんが、日本にあるUSCPA予備校の中では短期合格に一番近い学校と言い切っていいと思います。USCPAの本を出版したUSCPAとして、アビタスを全力でおすすめしています!おすすめな点や良い評判だけではなく、残念な評判も取り上げていきます。...

 

たとえば、このようなツイートを見つけましたが、全く同意です。

アビタスのテキスト、問題集、解説は、本当に丁寧です(宣伝じゃありません笑)。

図解も多いので、理解しやすいです!

 

アビタスとTACとどちらにするか悩まれて、結局アビタスになさったようです。

「細切れの講義と手厚いサポートに感動」「こんなにも整っているなんて!」とのことで、アビタスにしてよかったですね!

 

「アビタスの教材や講義だけで大丈夫なのか」「洋書問題集(Wileyなど)もやらなくてはならないのでは」という質問をよくいただきますが(特にAUD)、アビタスの教材をしっかりやれば、それだけで十分合格できます。

どこも、洋書問題集などはやらずに合格できました。

 

アビタスのUSCPA講座は、本当にクオリティーが高いです。

講義、テキスト、問題集がユニット番号で紐づいています。

講義を聴いて、テキストを読み、問題演習をするという、インプットとアウトプットが、ユニットごとに効率よくできます。

たしかに、講義は、T講師はちょっと話し方がゆっくりだったりしますので、1.5倍速以上で観た方がいいかもしれません(笑)。

 

(2)アビタスなら効率的に短期間で合格できる!

アビタスの最大の良い点は、効率よく短期間で合格できることでしょう。

どこは、アビタスのおかげで、約1年間で全科目合格できました。

 

USCPA試験は、各科目、99点満点中75点以上で合格となるのですが、アビタスの教材は、75点から79点くらいで合格するようにできている気がします。

合格するために必要なことはしっかりカバーしていますが、あまりにも深みにはまらないように、短時間でマスターできるようにしている感じです。

 

つまり、アビタスの教材だけを使うと、80点代や90点代などの高得点で合格するのは、時間をかける必要はあっても、70点代でギリギリで合格するのは、あまり時間も労力もいらないようになっている感じです。

どこも、AUDは89点でしたが、他の3科目は、70点代でギリギリ合格です(省エネ合格と、誇りに思っています)。

 

働きながら勉強する場合、勉強にはそこまで時間をかけられませんので、この合格に必要なことを限られた時間内で勉強し、苦労なく合格できるのは、大きなメリットだと思います。

USCPA試験は、全科目合格することに意味があり、高得点を取ることには特に意味はありません。

高得点を取りたいのならば、アビタスの教材以外に洋書問題集を使ったり、他のUSCPA予備校を利用することをおすすめします。

たとえば、TACのUSCPA講座もよくできていますが、どこの個人的な感想では、合格だけを目指すには過剰な感じがします。

USCPA試験の内容はそこまで極めなくても、さっさとUSCPA試験に全科目合格して、さらに次のステージで違う勉強をした方が良いと思います。

 

このようなツイートを見つけましたが、全く同じ考えです。

ちなみに、Atsu氏というのは、英語界隈で有名なインフルエンサーで、USCPA合格者です(ライセンスは更新していないので、USCPAではないです)。

また、ベッカーというのは、米国のCPA受験生に人気のあるCPAレビューコースです。

英語力があって、海外の大学で会計を勉強していたような人ならば、洋書問題集などを使い、完璧にマスターするのもいいでしょう。

ですが、普通の受験生(働きながらUSCPAの勉強をしている方)は、アビタスの教材で75点のギリギリ合格を狙っていくのが、早期合格につながるでしょう。

 

アビタスにするか悩む場合は、まずは資料請求をしたり、説明会に申し込んでもいいでしょう。

資料請求説明会はこちらから(無料です)↓

アビタス公式サイト

既にアビタスに通うことを決めている場合は、紹介割引が適用されるようにお手配させていただきます。

ご紹介ご依頼フォーム、もしくは、TwitterのDMでご依頼ください。

アビタスの入会金11,000円(10,000円+税)が割引となるよう、アビタスにご紹介させていただきます。

 

 

3.アビタスの残念な評判は?

アビタスの残念な評判

アビタスの残念な評判ですが、「メールでの質問への回答が遅い・回答内容が的外れ」「受講生サイトの中の資料室が使いこなせない」が挙げられます。

アビタスの残念な評判

  1. 質問したことへの回答が遅い・回答内容が的外れ
  2. 受講生サイトの「資料室」が使いこなせない

 

どこがアビタスで勉強していた際は、アビタスに非常にお世話になって、感謝こそすれ、不満などありませんでした。

ですが、現在受講中のアビタス受講生(同僚や友達など)から、不満などを聞いています。

アビタスを利用しようか検討中の方の参考になると思いますので、ご紹介しますね。

 

(1)質問したことへの回答が遅い・回答内容が的外れ

アビタスのUSCPA学習サポートの1つとして、「メール質問&質問教室」というのがあります。

「メール質問」に関しては、回答までには最長10日かかると明記されており、質問してから10日以内には回答は来るのですが、もっと早く回答がほしいとの不満を聞きます。

また、せっかく回答が来ても、自分が聞きたかったことではなかったという不満も聞いています。

 

どこが受講生だったときのことを振り返ると、教室講義に出席していたので、分からないことがあったら、講義が終わってすぐに講師に質問をしに行っていたので、このような不満は発生しなかったのだと思います。

といっても、校舎に直接行けない方もいらっしゃると思います(今は、コロナの関係で教室講義はないですし)。

 

メールを早く回答してもらうために、そして、自分が聞きたかったことに対する回答をきっちりもらうためには、質問の仕方を工夫するといいのかと思います。

たとえばですが、どこが講師に質問をするときは「自分の理解を話すので聞いてください。間違っている点があったら指摘してください」とお願いをしていました。

短時間で解決し、講師への負担も少ないと思うので、おすすめです。

 

また、教材の問題に関する質問であれば、受講生サイトの「よくある質問」に、過去にあった質問の回答がリスト化されています。

まず、それを確認して、リストに載っていなければ質問するようにするといいかと思います。

 

ちなみに、「質問教室」に関しては、不満は聞かないです。

受講生の「質問教室」の満足度は、高いです。

 

(2)受講生サイトの「資料室」が使いこなせない

受講生サイトは、アビタスで学習する際に必ず使うことになります。

どこの受講生サイトの一部を参考までにお見せしますね。

どこの場合は、USCPA講座だけではなく、「IFRS Certificateコース」も利用しましたので、USCPA講座の「U.S.CPA」「英文会計入門」だけではなく、「IFRS」というタブがあります。

USCPAの本講座を学習する場合は、「U.S.CPA」というタブをクリックすると、E-Learningやテキストの画面に移るわけです。

 

よく聞くのは、この中の「資料室」に関する不満です。

「資料室」には、USCPA試験の受験手続きなど、USCPAに関する必要な情報がまとめられています。

必要な情報が探し出せないという、以下のような声が多いです。

 

必要な情報がみつけにくく、さらにあまりマニュアルが更新されていなくて、情報が古いことがあります。

アビタス受講生の方からご質問をいただいて「アビタスの資料室にそのマニュアルはあったはず?」と思って探すと、みつかることが多いです。

また、アビタスのマニュアルの情報が古いため参考にできず、最新情報を調べてまとめ、ブログの記事にして、ご質問いただいたアビタス受講生の方に、参考にしていただくようお知らせすることもあります。

資料室で情報がみつからなかった場合や、情報の新鮮度に不安がある場合は、アビタスのスタッフの方に直接質問をしてしまった方が良いかと思います(元受講生のどこの質問にも、すぐ回答をしてくれます)。

アビタスにするか悩む場合は、まずは資料請求をしたり、説明会に申し込んでもいいでしょう。

資料請求説明会はこちらから(無料です)↓

アビタス公式サイト

既にアビタスに通うことを決めている場合は、紹介割引が適用されるようにお手配させていただきます。

ご紹介ご依頼フォーム、もしくは、TwitterのDMでご依頼ください。

アビタスの入会金11,000円(10,000円+税)が割引となるよう、アビタスにご紹介させていただきます。

 

 

4.アビタスなら2024年新試験でも完全サポート

2024新試験アビタス

☝画像はアビタス公式サイトより

 

USCPA試験は、2024年から新USCPA試験に移行しますが、アビタスなら完全サポートしてもらえるので安心です。

大体7年くらいおきに、USCPA試験は試験制度の変更がありますが、2024年の試験制度変更は20年以来の大きな変更と言われています。

しっかりと変更に対応してくれる予備校を選ばないと、新USCPA試験にマッチした教材で学習できず、合格から遠のくでしょう。

 

アビタスは、このような大きな試験制度変更だけではなく、基準や法律の変更によるアップデートに迅速に対応してきました。

他のどの予備校よりも早いことは、他の予備校の対応もチェックしているのでよくわかります。

 

 

アビタスは、アビタス受講生向けに、アップデート資料を受講生サイトにタイムリーに掲載してくれます。

ただ、掲載したことのアピールが十分でなかったりするので、どこもTwitterでお知らせのお手伝いをしてみたりします(笑)。

 

このときも、アビタスは、7月から試験に反映されるアップデート資料を6月20日過ぎに掲載してくれていました。

他のUSCPA予備校はというと、受講生に聞いた限りでは、まだアップデートされていないそうです(8月1日時点)。

 

教材がアップデートされないと、古い情報で勉強することになり、試験で解答できなかったり、不正解になったりします。

勉強はきちんとしているのに、勉強対象がきちんとしていなかったら、無駄になってしまいますよね。

USCPA予備校選びは、特に2024年からの新USCPA試験で受験する場合(1科目でも)は慎重に!

 

アビタスにするか悩む場合は、まずは資料請求をしたり、説明会に申し込んでもいいでしょう。

資料請求説明会はこちらから(無料です)↓

アビタス公式サイト

既にアビタスに通うことを決めている場合は、紹介割引が適用されるようにお手配させていただきます。

ご紹介ご依頼フォーム、もしくは、TwitterのDMでご依頼ください。

アビタスの入会金11,000円(10,000円+税)が割引となるよう、アビタスにご紹介させていただきます。

 

 

以上、「アビタスのUSCPA講座の良い評判、残念な評判は?【口コミも】」でした。

困った君
困った君
アビタスのUSCPA講座の評判が分かったよ。

効率よく短期で合格したいから、アビタスの教材は自分に合ってそうだな。

アビタスのサポートで、使いにくい面があることは理解したよ。

新USCPA試験のサポートが手厚くて、これから受験する自分でも安心だよ。

どこ
どこ
アビタスのUSCPA講座は、本当に自信をもっておすすめするよ。

アビタスのサービスに不満をもっている受講生もいることはたしかだけど、はっきり言ってしまえば、USCPA予備校は競合が少なすぎるので(日本には、USCPAの予備校は4校のみ)、サービスが改善されにくいのは、多少は仕方がないのかと思う。

ただ、アビタスでダメなら、他の3校でもダメなのではないかと思うし、独学にしたら、さらにもっと大変だろうし。

新USCPA試験への対応は、どう考えてもアビタスが一番しっかりしていると思うよ。

今後、USCPAに挑戦するなら、新USCPA試験向けのアップデートは考慮すべき大事なポイントだからね。

評判を総合的に判断すると、USCPAの短期合格をめざすなら、アビタスを利用するのが一番の近道だろうと、元受講生としてそう思うよ。

資格取得のための参考情報

資格取得のための参考情報

USCPA(米国公認会計士)

USCPA講座の資料請求・説明会申し込み(無料

アビタスUSCPA公式サイト

 

USCPA講座の紹介割引(入学金11,000円オフ

アビタスへのUSCPA紹介ご依頼フォーム

 

USCPAの受験ガイド(どこの本、アビタスの三輪先生の本)

 

USCPAの始め方(参考ページ)

USCPAの始めかた 「USCPAになりたい」と思ったら

 

BATIC(国際会計検定)

BATIC講座の資料請求(無料

TACのBATICコース

大原のBATICコース

 

BATICの詳細情報(参考ページ)

BATIC(国際会計検定)が新しく!試験日は?どう勉強する?

 

BATICの公式テキスト・公式問題集

 

IFRS検定(国際会計基準検定・IFRS Certificate)

IFRS検定講座の紹介割引(受講料3,000円オフ)

アビタスへのご紹介ご依頼フォーム

 

IFRS検定の詳細情報(参考ページ)

【アビタス紹介割引あり】IFRS検定(国際会計基準検定)の難易度、活かし方

 

USCMA(米国公認管理会計士)、EA(米国税理士)

USCMAとEAの講座の資料請求(無料

TACのUSCMAコース

TACのEAコース

 

USCMAとEAの詳細情報(参考ページ)

国際会計資格 USCPA・USCMA・EAの比較、どれを取るといいのか?

 

CIA(公認内部監査人)

CIA講座の資料請求、説明会申し込み(無料

アビタスのCIAコース

TACのCIAコース

 

CIAの詳細情報(参考ページ)

内部監査資格 CIA・CISA・CFEの比較、どれを取るといいのか?

 

簿記検定

簿記検定講座の資料請求(無料

大原の簿記コース

TACの簿記コース

 

簿記検定講座の登録(無料

CPA Learning(ラーニング)の簿記コース

 

USCPAと簿記検定の比較(参考ページ)

USCPA(米国公認会計士)と簿記検定、どっちが役に立つのか?

 

公認会計士

公認会計士講座の資料請求(無料

CPA会計学院の公認会計士コース

大原の公認会計士コース

TACの公認会計士コース

 

USCPAと公認会計士の比較(参考ページ)

USCPA(米国公認会計士)とJCPA(日本の公認会計士)の試験の違い

 

自習室の利用

自宅・カフェより快適に集中して自習ができます。

24時間365日、駅近、wi-fi・電源・フリードリンクあり!

1か月だけでもコワーキングスペースでの勉強を試してみませんか?

\BIZcomfort公式サイト/
  

こちらの記事もおすすめ