【USCPA試験】基礎情報

USCPA(米国公認会計士)試験の2大特徴 ー難易度変化とダミー問題

困った君
困った君
USCPA試験の受験が近づいてきたよ。

試験中に難易度が変化するとか、採点されない問題が出題されるとか聞いたけど、よくわからなくて困ったな。

どこ
どこ
どこは、USCPA(米国公認会計士)の資格を持っているよ。

「テストレットの難易度変化」と「ダミー問題の出題」のことだね。

USCPA試験の2大特徴だよ。

どちらも、USCPA試験を受ける前に知っておいた方がいいと思うから、説明しておくね。

 

1.テストレットの難易度変化

まず、「テストレットの難易度変化」について話していきます。

(1)そもそも、テストレットって?

そもそも、テストレットとは何なのかというと、問題群のことです。

各科目のテストレット(問題群)の出題形式

 

FAR、REG、AUD

  1. テストレット1と2:Multiple Choice Questions(択一問題)
  2. テストレット3、4、5:Task-based Simulation(事例形式問題)

BEC

  1. テストレット1と2:Multiple Choice Questions(択一問題)
  2. テストレット3と4:Task-based Simulation(事例形式問題)
  3. テストレット5:Written Communication(記述式問題)

BECだけ、テストレット5が記述式問題となります。

各科目につき5つのテストレットがあり、テストレット1からテストレット5まで、順番に回答していくことになります。

(2)どのテストレットで難易度変化が起こるの?

各科目につきテストレットが5つあることが分かりましたが、全てのテストレットで難易度変化が起こるのでしょうか。

いいえ、違います。

テストレットの難易度変化が起こるのは、テストレット2の「Multiple Choice Questions(択一問題)」だけです。

テストレット3からテストレット5の「Task-based Simulation(事例形式問題)」や「Written Communication(記述式問題)」でも、難易度変化が起こると思われている方がいますが、それは誤解です。

また、事例形式問題や記述式問題は、択一問題の結果で出題される問題が変わるわけではなく、最初からどの問題が出題されるか決められています。

 

(3)結局、テストレットの難易度変化って何?

結局のところ、「テストレットの難易度変化」というのは、何なのでしょうか。

日本では「テストレットの難易度変化」と呼ばれることが多いですが、AICPA(米国公認会計士協会)は「multi-stage testing (MST)」と呼んでいます。

ひとことで言うと、「Multiple Choice Questions(択一問題)」のテストレットは、テストレット1とテストレット2の2つあるけれど、2つ目のテストレットでは、1つ目のテストレットのでき次第で、難易度が変わるということです。

ちなみに、「Multiple Choice Questions(択一問題)」のテストレットの難易度は、2種類しかありません。

「Multiple Choice Questions(択一問題)」のテストレットの難易度

  1. Medium(普通)
  2. Difficult(難しい)

テストレット1では、必ず「Medium(普通)」のテストレットを解きます。

テストレット1がよくできていれば、テストレット2では「Difficult(難しい)」のテストレットを解きます。

そして、テストレット1があまりできていなければ、再度「Medium(普通)」のテストレットを解くことになるわけです。

「Multiple Choice Questions(択一問題)」のテストレットの難易度変化

テストレット1は、「Medium(普通)」となっている。

  1. テストレット1が良くできている場合:テストレット2の難易度が「Difficult(難しい)」に上がる。
  2. テストレット1があまりできていない場合:テストレット2の難易度は「Medicum(普通)」のまま変わらない。

ちなみに、「Medium(普通)」のテストレットにも難しい問題が含まれており、「Difficult(難しい)」のテストレットにも簡単な問題は含まれています。

「Difficult(難しい)」のテストレットは、「Medicum(普通)」のテストレットより、平均より難しい問題が多く含まれているというだけです。

 

(4)なぜ、テストレットの難易度変化なんてあるの?

それでは、なぜ「テストレットの難易度変化」があるのでしょうか。

どこが、アビタスのUSCPAセミナーで聞いたところでは、テストレットの難易度変化は、「視力検査」と同じとのことでした。

一度くらいは「視力検査」を受けたことがあると思うので、詳しくは説明しませんが、手順は以下のような感じだと思います。

「視力検査」の手順

真ん中あたりにある大きさのマークを見せる。

  1. それが見えれば、それより小さなマークが見えるか試す。
  2. それが見えなければ、もう一度同じ大きさの他のマークが見えるか試す。

視力検査では、最初に見せたマークが見えれば、それより小さなマークが見えているかを試すため、難易度を上げます。

最初に見せたマークが見えなければ、念のため、他の同じ大きさのマークで、本当にその大きさのマークが見えないか試すでしょう。

これは、できるだけ少ない回数で視力を測るための効率的な方法です。

つまり、USCPA試験の「テストレットの難易度変化」も、できるだけ少ない問題数で、受験生の実力を正確に測るための効率的な方法と言えるでしょう。

 

(5)試験中に、難易度変化について気にするべき?

USCPA試験では「テストレットの難易度変化」が起こることについてはご理解いただけたと思います。

では、試験中に「テストレットの難易度変化」について、何か気にしたほうがいいことがあるのでしょうか。

試験中は、特に気を付ける必要はないと思います。

テストレット2を解きながら、難化したか考えたり、難化しなかったようだと落ち込んだり、難化した気がすると喜んだりするのは無駄だと思います。

そもそも、テストレット2を解いていても、難化したかどうかなど、分からないことの方が多いです。

 

どこの経験では、FAR、BEC、REGに関しては、難化した気がしました。

テストレット2の最初の方の問題を解いていたら、明らかに勉強したことがない、自分にとっては難しい問題がたくさん出てきたからです。

でも、もしかしたら、後述する「ダミー問題」が目についただけかもしれません。

そして、AUDですが、テストレット1はすごく簡単に感じ、テストレット2もすごく簡単に感じて、難化しなかった気がしました。

難化しなかった気がしたので不合格かと思ったのですが、結果は、Multiple Choice Questions(択一問題)は満点だっただろうと思われるスコアでした。

テストレット2で難化しても、なお簡単に感じるくらい、AUDは理解できていたということになります。

つまり、テストレット2で難化したかどうかの自分の感覚など、あてにならないと言えるでしょう。

「テストレットの難易度変化」については、USCPA試験はそういう出題のしくみになっているのだと理解するだけで、試験中に気にかける必要はない。

 

2.ダミー問題の出題

つぎに、「ダミー問題の出題」について話していきます。

(1)そもそも、ダミー問題って?

「ダミー問題」とは、出題されて解く必要があるけれど、採点されない問題のことです。

つまり、「ダミー問題」とは、正解でも不正解でも、合否には関係ない問題です。

 

日本では「ダミー問題」と呼ばれることが多いですが、AICPA(米国公認会計士協会)は「Pretest Questions」と呼んでいます。

USCPA試験の問題の種類

  1. Operational Questions:採点される
  2. Pretest Questions:採点されない ☜通称「ダミー問題」

 

どのくらいの「ダミー問題」が、どこで出題されるかというと、以下の通りです。

試験形式 ダミー問題の数
Multiple Choice Questions(択一問題) 12問
Task-based Simulation(事例形式問題) 1問
Written Communication(記述式問題) 1問

 

ちなみに、各科目ごとの出題数は、以下の通りです。

試験形式 FAR AUD REG BEC
Multiple Choice Questions(択一問題) 66問 72問 76問 62問
Task-based Simulation(事例形式問題) 8問 8問 8問 4問
Written Communication(記述式問題) N.A. N.A. N.A. 3問

 

択一問題については、各科目ごとの「ダミー問題」が出題数に占める割合は、以下の通りです。

試験形式 FAR AUD REG BEC
Multiple Choice Questions(択一問題) 18% 17% 16% 19%

 

  1. 択一問題では、約20%が「ダミー問題」☜問題を解いていると5問に1問くらいは「ダミー問題」にあたる。
  2. 事例形式問題と記述式問題では、問題を解いていると1問だけ「ダミー問題」にあたる。

 

(2)なぜ、ダミー問題なんて出題されるの?

それでは、なぜ採点されない「ダミー問題」が出題されるのでしょうか。

どこが、アビタスのUSCPAセミナーで聞いたところでは、「ダミー問題」は、Prometric、NASBA、AICPA(つまり出題者たち)がデータ収集を目的として出題しているとのことでした。

ダミー問題出題の目的

以下のことを決めるため、出題して受験生に解いてもらい、正答率を確認します。

  1. 今後、採点される問題(Operational Questions)として、実際に出題するかどうか。
  2. 今後、採点される問題(Operational Questions)として出題した場合、どのくらいの「ポイント」とするか。

 

(3)試験中に、ダミー問題について気にするべき?

USCPA試験では、採点されない「ダミー問題」が出題されることがご理解いただけたと思います。

では、試験中に「ダミー問題」について、何か気にしたほうがいいことがあるのでしょうか。

試験中は、特に気を付ける必要はないでしょう。

というより、どれが「ダミー問題」か、問題を解いていても、見分けがつきません。

AICPAも、「ダミー問題」がどれなのか分からないようになっていると明記しています。

 

ですので、「ダミー問題」の可能性があっても、全ての問題が採点されると考えて問題を解く必要があるでしょう。

ただし、あまりにも難しかったり、過去の勉強で全く触れたことがない問題で、解くのに時間がかかりそうな場合に限り、「ダミー問題」である可能性が高いと考え、捨ててしまってもいいかもしれません。

 

3.まとめ:試験中に気にするべきなのは?

USCPA試験の2大特徴である、「テストレットの難易度変化」と「ダミー問題の出題」について見てきました。

ずいぶん前になりますが、USCPA受験生の間で「難易度変化で難しくなると不利だから、テストレット1は手を抜いた方がいい」というデマが流れたことがあります。

USCPA試験のしくみを知っていれば、すぐにデマだと気が付けるでしょう。

ですので、間違った行動を試験中にしないためにも、USCPA試験の特徴は知っておいた方がいいと思いました。

 

とはいえ、「テストレットの難易度変化」と「ダミー問題の出題」については、試験中に気にするものではないでしょう。

試験中に気にかけても、スコアアップにつながる何かができるわけではないからです。

 

それでは、試験中に気にかけるべきなのは、どんなことでしょうか。

USCPA試験は、過去の受験生の正答率から、各問題の難易度が決まり、正解と不正解で割り当てられる「ポイント」も決まっているとのことです。

問題の難易度 正解した場合 不正解だった場合
難しい 「ポイント」がたくさんもらえる 「ポイント」はあまり引かれない
普通 「ポイント」は少ししかもらえない 「ポイント」がたくさん引かれる

つまり、正解だった問題が多ければ合格、正解だった問題が少なければ不合格という、正解数で合否が決まる単純な試験ではないということです。

難しい問題に正解できれば「ポイント」がたくさんもらえ、普通の問題に不正解だと「ポイント」がたくさん引かれるとの理解です(ちなみに、USCPA試験は減点方式の試験です)。

USCPA試験においては、難化したかや、ダミー問題かどうかを気にするよりは、普通の問題をいかに間違えないようにし、「ポイント」が大きくマイナスされないように気にするべきでしょう。

 

以上、「USCPA(米国公認会計士)試験の2大特徴 ー難易度変化とダミー問題」でした。

困った君
困った君
USCPA試験は、テストレットの難易度が変化したり、ダミー問題が出たり、出題のしくみが独特だね。

でも、どちらも、試験中に気にするようなものではないんだね。

どこ
どこ
USCPA試験は、多くのダミー問題が含まれているから、手ごたえとスコアが一致しないことが多いよ。

できなかったと思っても、できなかった問題はダミー問題で、採点されなかったりするから、スコアが良かったりするんだね。

それに、択一問題が簡単だったと思っても、実際はできていなかったから、難化しなかっただけという可能性もあるし。

だから、試験中は、できが悪いと思っても、最後まであきらめずに全力を尽くす。

試験後は、スコアリリース(結果発表)まで、合否について自分の感覚で決めつけないってことかな。

ABOUT ME
どこ
ワシントン州USCPA(米国公認会計士)。USCPAの立場から、USCPA試験、USCPAのキャリア、USCPAの人生設計について書いています。BIG4大手監査法人監査人→米国企業経理職@バンコク→大手グローバル企業連結決算担当。
こちらの記事もおすすめ