MENU
【USCPA試験】受験中

USCPA試験 「Performance Report」の見かたと再受験対策

USCPA試験 「Performance Report」の見かたと再受験対策
困った君
困った君
USCPA(米国公認会計士)試験を受けたけど、結果は不合格だったよ。

Performance Reportを手に入れたけど、どのように参考にしたら良いのか分からなくて、困ったな。

どこ
どこ
残念ながらUSCPA試験で不合格となった場合、Score Noticeの2ページ目にPerformance Reportがついてくるわけだね。

次は必ず合格するために、このPerformance Reportを有効活用するといいね。

一緒にPerformance Reportについて見ていき、再受験の対策も考えようね。

 

AICPAが提供しているサンプルの「Performance Report」は、2021年7月の試験改正を反映していません。

よって、2021年7月から有効のBlueprintsとは異なっています。

1.Performance Reportとは

残念ながらUSCPA試験で不合格だった場合、試験結果の通知であるScore Noticeの2ページ目に、Performance Reportが記載されています。

 

(1)提供される目的

このPerformance Reportは、スコアと併せて、あなたの試験結果を評価するものです。

Performance Reportには、試験での各出題分野における成績と、出題形式別の全体的な成績が表示されています。

合格するために改善すべき分野を特定するための情報として、Performance Reportは提供されます。

 

(2)相対的な成績評価の意味

Performance Reportでは、あなたの成績は、他の「ギリギリの合格者」(75点から80点のスコアを取得した受験者)と比較されます。

相対的な成績評価は、以下の3つで表されます。

Performance Reportの相対的な成績評価

  1. Strong:強い
  2. Comparable:同等
  3. Weaker:弱い

相対的な成績評価は、75点から80点のスコアを獲得した「ギリギリの合格者」の平均スコアの2分の1の標準偏差の上下範囲から導き出されているそうです。

この範囲内であれば「Comparable:同等」、それ以下であれば「Weaker:弱い」、それ以上であれば「Strong:強い」と判断されます。

 

(3)利用する際の注意点

Performance Reportの上部に「How should I interpret my performance?(自分の成績をどのように解釈すればいいですか?)」という説明が記載されています。

その説明によると、出題分野ごとの相対的な成績評価は、信頼性が高いとは言えないそうです。

出題分野ごとの成績評価は、再受験の際に重視すべき分野の解釈に使用すべきではないとも明記されています。

 

また、AICPAは、Performance Reportを利用する際の注意点を、AICPAのサイトにて挙げています。

Performance Reportを見て、苦手な分野を把握し、苦手な分野だけを勉強しないようにとのことです。

というのは、苦手な分野ばかり勉強してしまうと、再試験の際、苦手な分野から良い結果が得られても、今度は他の分野が悪い結果になってしまう可能性があるからです。

ですので、AICPAは、苦手な分野だけを勉強するのではなく、すべての分野を勉強することをすすめています。

 

2.Performance Reportの内容

Performance Reportの内容について見ていきましょう。

たとえば、AUDのPerformance Reportは以下の通りです。

Performance Reportの内容

  1. By Content Area(出題分野ごと)
  2. By Item Type(出題形式ごと)

「ギリギリの合格者」と比較したあなたの成績が、2つに分かれて記載されています。

Performance Reportは、4科目とも同じフォームです。

ただし、BECだけは、Written Communication(記述式問題)に関連する情報も含まれています。

 

AICPAより「Performance Report」のサンプルが提供されています。

2021年7月の試験改正が反映されていませんが、参考までに☟

Performance Reportのサンプル

新しい「Performance Report」のサンプルが提供されましたら、当記事も更新します。

 

(1)By Content Area(出題分野ごと)

各科目の出題分野について、見ていきましょう。

 

①AUDの出題分野

AUDの出題分野は、4つに分かれています。

注)2021年7月の試験改正により、出題割合は変わっています。

AUDの出題分野(参考までに和訳)

  1. 倫理、職責、一般原則(15‐25%)
  2. リスクの評価と計画的な対応の策定(20‐30%)(25‐35%)
  3. 更なる手続きの実施と証拠の入手(30‐40%)
  4. 結論の形成と報告(15‐25%)(10-20%)

出題分野の詳細は、AUDのBlueprintsに関する以下の記事を参考にしてください。

【2021年7月改正後】USCPA試験 AUD Blueprintsの内容
【2021年7月改正後】USCPA試験 AUD Blueprintsの内容USCPA(米国公認会計士)試験に関して、AICPAのBlueprintsを一読するのをおすすめしています。ですが、自分で読む余裕が無い方のために、BlueprintsのAUD部分に、どんなことが書かれているのか、特に高いスキルが必要なのはどれなのか、説明しています。...

 

②BECの出題分野

BECの出題分野は、5つに分かれています。

注)2021年7月の試験改正により、出題内容、出題割合が変わっています。

BECの出題分野(参考までに和訳)

  1. コーポレートガバナンス(17‐27%)企業リスク管理、内部統制、ビジネスプロセス(20‐30%)
  2. 経済的概念と分析(17‐27%)経済学(15‐25%)
  3. 財務管理(11‐21%)(10‐20%)
  4. 情報技術(15‐25%)
  5. 業務管理(15‐25%)

出題分野の詳細は、BECのBlueprintsに関する以下の記事を参考にしてください。

【2021年7月改正後】USCPA試験 BEC Blueprintsの内容
【2021年7月改正後】USCPA試験 BEC Blueprintsの内容USCPA(米国公認会計士)試験に関して、AICPAのBlueprintsを一読するのをおすすめしています。ですが、自分で読む余裕が無い方のために、BlueprintsのBEC部分に、どんなことが書かれているのか、特に高いスキルが必要なのはどれなのか、説明しています。...

 

③FARの出題分野

FARの出題分野は、4つに分かれています。

FARの出題分野(参考までに和訳)

  1. 概念的枠組み、基準設定と財務報告(25‐35%)
  2. 財務諸表の勘定科目の選択(30‐40%)
  3. 取引の選択(20‐30%)
  4. 州政府および地方自治体(5‐15%)

出題分野の詳細は、FARのBlueprintsに関する以下の記事を参考にしてください。

【2021年7月改正後】USCPA試験 FAR Blueprintsの内容
【2021年7月改正後】USCPA試験 FAR Blueprintsの内容USCPA(米国公認会計士)試験に関して、AICPAのBlueprintsを一読するのをおすすめしています。ですが、自分で読む余裕が無い方のために、BlueprintsのFAR部分に、どんなことが書かれているのか、特に高いスキルが必要なのはどれなのか、説明しています。...

 

④REGの出題分野

REGの出題分野は、5つに分かれています。

REGの出題分野(参考までに和訳)

  1. 倫理、職務上の責任および連邦政府税務手続(10‐20%)
  2. ビジネス法(10‐20%)
  3. 財産取引への連邦税の課税(12-22%)
  4. 個人への連邦税の課税(15‐25%)
  5. 企業への連邦税の課税(28‐38%)

出題分野の詳細は、REGのBlueprintsに関する以下の記事を参考にしてください。

【2021年7月改正後】USCPA試験 REG Blueprintsの内容
【2021年7月改正後】USCPA試験 REG Blueprintsの内容USCPA(米国公認会計士)試験に関して、AICPAのBlueprintsを一読するのをおすすめしています。ですが、自分で読む余裕が無い方のために、BlueprintsのREG部分に、どんなことが書かれているのか、特に高いスキルが必要なのはどれなのか、説明しています。...

 

(2)By Item Type(出題形式ごと)

各科目の出題形式について、見ていきましょう。

 

AUD、FAR、REGの出題形式は、MC問題とSimulation問題の2つです。

BECの出題形式は、MC問題、Simulation問題、WC問題の3つです。

 

①MC問題

MC問題がWeakerの場合は、そもそも基礎からできていないことが多いです。

というのは、MC問題では基礎的なことを出題するからです。

まずは、MC問題を解きながら、理解が足りない部分が無いか見直してみましょう。

 

スキルレベルと出題形式については、以下の記事を参考にしてください。

USCPA試験 Blueprintsとは?何が分かるの?どう使うの?
USCPA試験 Blueprintsとは?何が分かるの?どう使うの?USCPA(米国公認会計士)試験の学習には、AICPAのBlueprintsが不可欠だと思いますが、あまり活用されていない気がします。Blueprintsとはどんなもので、Blueprintsから何が分かって、どう使ったら良いのかご紹介していきます。...
USCPA試験 Blueprintsのスキルレベルとは?
USCPA試験 Blueprintsのスキルレベルとは?効果的な学習に必須の認識効果的にUSCPAの学習を進めていくために、Blueprintsに書かれている「スキルレベル(Skill Level)」について、ブルームの「教育目標分類法」と併せてご説明していきます。...

 

各科目について、特徴を再度確認することも大切かと思います。

USCPA試験 各科目(FAR・BEC・AUD・REG)の特徴と対策
USCPA試験 各科目(FAR・BEC・AUD・REG)の特徴と対策USCPA(米国公認会計士)試験は、FAR、BEC、AUD、REGの4科目ありますが、科目ごとに特徴があります。各科目の特徴と、どのように勉強するといいのかご説明します。...

AUDについては、以下の記事も参考にしてください。

USCPA試験 AUD対策 なかなか受からない沼にはまらないための勉強のポイントとコツ
USCPA試験 AUD対策 なかなか受からない沼にはまらないための勉強のポイントとコツUSCPA(米国公認会計士)のAUD(監査論)という科目は、なかなか受からない受験生が多いようです。ですが、AUDは難しい科目ではなく、ポイントさえ分かっていれば、一度で合格できる科目だと思います。なかなか受からない沼にはまらないように、どのように勉強したら良いのか、AUDの勉強のポイントを見ていきましょう。...

 

②Simulation問題

Simulation問題の準備が不十分だったと思われる場合は、TBS問題(事例形式問題)とリサーチ問題を次回の試験までに見直しておきましょう。

 

TBS問題(事例形式問題)については、以下の記事を参考にしてください。

USCPA試験 TBS問題(事例形式問題)まず知っておきたい概要と対策
USCPA試験 TBS問題(事例形式問題)まず知っておきたい概要と対策USCPA(米国公認会計士)試験のTBS問題とは、どんな種類があり、どう解いていくのか、どんなツールが使えるのかなど、TBS問題について知っておきたい情報と対策をご紹介しています。...

リサーチ問題については、以下の記事を参考にしてください。

USCPA試験 リサーチ(Research)問題 これだけは知っておきたい基礎知識と対策
USCPA試験 リサーチ(Research)問題 これだけは知っておきたい基礎知識と対策USCPA(米国公認会計士)試験のリサーチ問題について、最低限知っておきたい基礎知識と対策をまとめました。...

 

③WC問題

WC問題(記述式問題)の対策が不十分だったと思われる場合は、次回の試験までに英文を書く練習をしておくといいでしょう。

WC問題(記述式問題)については、以下の記事を参考にしてください。

USCPA試験 BECのWC(ライティング)まず知っておきたい概要と勉強法
USCPA試験 BECのWC(ライティング)まず知っておきたい概要と勉強法USCPA(米国公認会計士)試験で、BECだけWC(記述式問題)が出題されますが、日本人のUSCPA受験者の中には、苦手としてしまっている人も多いようです。ですので、まず、WCはどのような問題が出題され、どのように解答すれば良いかをご説明し、さらに、WCの勉強法もご紹介します。...

 

3.スコアごとの再受験対策

参考までに、スコアごとの再受験対策についても補足しておきます。

 

(1)60点代以下だった場合

ツイッターなどを見ていると、高スコアで合格だった人、不合格だったとしてもギリギリで不合格の人が多くて、60点代以下なんて取る人はいないと思われるかもしれません。

ですが、実際は、60点代以下で不合格の人は意外といます。

「こんなに悪いスコアを取ってしまった」と、恥ずかしくて表で話さないだけです。

 

75点までまだまだ勉強不足な部分があるので、その部分をしっかり勉強しなおしましょう。

「自分はUSCPA試験に合格できないのではないか、才能が無いのではないか」と悲観して撤退する必要はありません(特に一科目目のFARの場合)。

 

(2)71点から73点だった場合

71点から73点でギリギリ不合格というのはよくあります。

この場合は、何か理解に大きな穴がある場合が多いので、その穴をふさげば75点以上取れるでしょう。

 

本番に出てほしくないと思っていた論点はありませんか?

そして、本番で出てほしくないと思っていたのに、しっかり出てしまった論点はありませんか?

ちょっと手抜きしたことが、ギリギリ不合格につながってしまっていると思います。

 

(3)74点だった場合

実は、一番ご相談をいただくのが、繰り返し74点を取ってしまう人です。

6回も74点で不合格になり続けた人のご相談にのったこともあります。

 

たかが1点、されど1点。

この1点がなかなか取れなくて、ハマってしまう人が多いようです。

AUDではまってしまう人が多いので、「AUDの沼」などという言い方もします。

 

なぜ74点が、特にAUDとBECで多発するのかについては、以下の記事を参考にしてください。

USCPA試験「74点と75点の間の壁」の乗り越えかた
USCPA試験「74点と75点の間の壁」の乗り越えかたUSCPA試験は、75点で合格なのに、1点足らず74点で不合格になる人が多いので、「74点と75点の間の壁」は高いとよく言われます。アメリカ人のUSCPA合格者のサイトなどを読んで、なぜ74点を繰り返し取ってしまうのか考えたので、話していきます。...

 

最後に:言い訳はせず、勉強する

不合格だった場合、ショックで悲しいのはよくわかります。

ですが、不合格だったのは、勉強不足だったからです。

厳しい言い方ですが、自分のせいです。

  1. 日本人の合格率は低いし(合格率のせいにしない)
  2. 試験中に隣の人のタイピングがうるさかったし(試験環境のせいにしない)
  3. 難しいTBS問題が出たし(出題された問題のせいにしない)
  4. 仕事が忙しくなって勉強できなかったし(仕事のせいにしない)

言い訳をしても仕方がありません。

合格したかったら、勉強するしかありません。

USCPA試験は、合格するまで勉強できるかの根気の試験だと思いましょう。

 

不合格だったら、勉強する。

また不合格だったら、もっと勉強する。

それでも不合格だったら、もっともっと勉強する。

合格するコツは、ただ諦めずに勉強し続けるだけです。

 

 

以上、「USCPA試験 Performance Reportの見かたと再受験対策」でした。

困った君
困った君
USCPA(米国公認会計士)試験のPerformance Reportについて理解したよ。

再受験に向けて何をしたら良いかもわかったよ。

どこ
どこ
Performance Reportの出題分野ごとの相対的な成績評価は、再受験の対策を考える際のたたき台であって、自分の弱点発見の材料にしてはいけないんだね。

一方で、出題形式ごとの相対的な成績評価は、もしMC問題がWeaker(弱い)だった場合は、基礎的なところから復習が必要かもなどと判断してもいいかもね。

不合格になった場合は、一度Blueprintsを読んでみることをおすすめするよ。

Blueprintsを読むと、重要なのに自分が理解していないトピックがみつかると思うよ。

 

USCPAについては、以下のまとめ記事を参考にしてください☟

USCPA(米国公認会計士)試験&キャリア 完全ガイド
USCPA(米国公認会計士)試験&キャリア 完全ガイドUSCPA(米国公認会計士)試験について、USCPA(米国公認会計士)試験に合格したのち、USCPAとしてどのようなキャリアが築けるのかについて、情報をとりまとめました。随時更新中です。...
ABOUT ME
USCPAどこ
ワシントン州USCPA(米国公認会計士)。USCPAの立場から、USCPA試験、USCPAのキャリア、USCPAの人生設計について書いています。BIG4大手監査法人監査人→米国企業経理職@バンコク→大手グローバル企業連結決算担当。
こちらの記事もおすすめ