【USCPA学校】学校比較

アビタスなら単位取得がスムーズ!【USCPA受験のスタートに立つために】

困った君
困った君
USCPA(米国公認会計士)に挑戦することにしたけど、USCPA試験の受験には単位が必要みたいだね。

どうやって単位を取ればいいのかわからなくて困ったな。

どこ
どこ
どこは、ワシントン州のUSCPA(米国公認会計士)だよ。

会計学部出身などで既に単位が十分というわけではないなら、USCPAの受験条件を満たすために単位を取得する必要があるよ。

単位を取得するには、USCPA予備校で学習し、単位試験を受けることになるけど、USCPA予備校によって、単位の取りやすさが違うよ。

結論からすると、アビタスだと単位取得がスムーズだから、アビタスでの単位取得についてご説明していくね。

既にアビタス(Abitus)に通うことを決めている場合は、当記事の一番最後から、【紹介割引】の申し込みをしてください。

アビタスの入会金11,000円(10,000円+税)が割引となるよう、アビタスにご紹介させていただきます。

 

 

アビタスなら単位取得がスムーズ!【USCPA受験のスタートに立つために】

アビタスならUSCPA受験に必要な単位取得がスムーズということについてご説明していきます。

 

あなたは、USCPAに挑戦すると決意して、USCPAの予備校(学校・スクール)を探しているところでしょうか?

それでしたら、どのUSCPAの予備校にするか決める前に、単位の取得がスムーズにいくかどうかを確かめておいてくださいね。

 

どこは、アビタスのおかげで約1年でUSCPA試験に合格できたので、アビタスを心からおすすめしています。

アビタスは、教材やサポートが優れていて、短期合格が目指せるのがおすすめポイントですが、単位が取得しやすく、受験条件をスムーズに満たせるのも、同じくらい大事なおすすめポイントです。

 

USCPA予備校を選ぶ際の大事なポイント

  1. 教材が優れてる?:USCPA試験に合格する実力を受験生に身に着けさせる!
  2. 単位が取得しやすい?:USCPA試験が受験できる状態に受験生を導く!

USCPA予備校には、2つの大きな役割があることに注目です。

 

USCPA試験の受験条件が満たせないと、USCPA試験のスタート地点に立てないです。

独学でUSCPA試験に挑戦しようとする人がいますが、単位が足りていない場合は受験すらできませんので、日本にある4つのUSCPA予備校のいずれかに入学せざるを得ないでしょう。

 

USCPA予備校によっては、単位取得の大変さが異なり、USCPA試験を受験できる状態にたどり着かず、撤退することになってしまう受講生が出てきます。

アビタスのUSCPA講座ならば、単位取得がスムーズで、USCPA試験を受験できる状態に早くたどり着き、本試験に力を入れることができます。

一方、たとえばTACのUSCPA講座は、単位取得試験の対策に時間がかかり、単位取得が大変という声が多いです。

☝アビタス受講生ですが「TACにしてたら確実に単位認定試験で挫折してたかも」とのことです。アビタスで無事に出願にたどり着いてよかったです。

 

TACのUSCPA講座の単位試験については、難しいとよく聞きますが、「USCPAのレベルを超えていた」などというツイートを読むと身構えてしまいますね。

 

TACのUSCPA講座の単位試験は、テストセンターでの受験のみ、しかも試験結果がすぐに出ないので、受講生には不評です。

 

今回は、アビタスの単位取得について、詳しくお話していきますね。

他のUSCPA予備校と比較すると、アビタスのUSCPA講座が優れていることがわかっていただけると思います。

 

  1. 時々ご質問をいただくのですが、アビタスでの単位取得は、アビタスのUSCPA講座の受講生のみ利用できます。
  2. アビタス以外のUSCPA予備校の受講生や独学をしている方は、単位取得のみの利用はできませんのでご注意ください。
  1. アビタスでの単位取得については、アビタスの資料を取り寄せて読んでみたり、説明会に参加してアビタスのスタッフに質問してみたりしてもいいでしょう。
  2. アビタスの説明会は、PC、タブレット、スマホから参加でき、参加特典がありますので、お気軽に参加してみましょう。

資料請求説明会はこちらから(無料

アビタス公式サイト

 

 

アビタスで取得できるUSCPA受験に必要な単位は?

カリフォルニア州立大学イーストベイ校(CSUEB)

アビタスで取得できるUSCPA受験に必要な単位についてご説明します。

 

アビタスは、カリフォルニア州立大学イーストベイ校(CSUEB)と提携しています。

ですので、アビタスのUSCPA講座で学習をすると、CSUEBの会計単位・ビジネス単位が取得できます。

 

アビタスの単位取得のポイントは、以下の3つです。

アビタスの単位取得のポイント3つ

  1. アビタスのUSCPA講座の学習で単位取得可
  2. 単位認定試験は自宅で受験可
  3. 単位認定試験はMC問題(四択問題)のみ出題

 

(1)アビタスのUSCPA講座の学習で単位取得可

アビタスの単位取得のポイントの1つ目は、アビタスのUSCPA講座の学習で単位が取得できることです。

アビタスのUSCPA講座とCSUEBの単位科目がリンクしており、アビタスのUSCPA講座の学習をすれば、CSUEBの単位対策もできるようになっています。

 

単位は大きく分けると会計単位ビジネス単位の2つとなります。

会計単位を例にすると、USCPA試験・アビタスのUSCPA講座・CSUEBの単位認定試験の関係は、以下のようになります。

 

USCPA試験・アビタスのUSCPA講座・CSUEBの単位認定試験の関係

アビタス単位認定試験(会計単位のみ)

注)会計単位を取る場合は、英文会計入門の単位認定試験は、必ず受ける必要があります。

 

アビタスのUSCPA講座のパックに単位認定試験の料金が含まれているので、単位認定試験を受けるための費用は追加ではかかりません。

もし万が一、単位認定試験で不合格になっても、再受験は無料です(ただし、入会から2年間のみ)。

 

(2)単位認定試験は自宅で受験可

アビタスの単位取得のポイントの2つ目は、単位認定試験は自宅で受験できることです。

 

アビタスの単位認定試験は?

  1. 自宅のパソコンで受験可能
  2. 希望した日時で受験(予約は開始1時間前まで)
  3. 合否はパソコン上ですぐに判明

 

アビタスの単位認定試験は、インターネット環境があれば、自宅のパソコンで受験が可能です(希望すれば、アビタスの校舎での受験もできます)。

TACの単位試験と違って、わざわざテストセンターに行く必要がないのが助かりますね。

 

試験予約・受験・結果発表がパソコンだけですむのが非常に便利です。

TACの単位試験と違って、合否がパソコン上ですぐに判明するというのも、結果を待ってそわそわしなくてすむので助かりますね。

 

(3)単位認定試験はMC問題(四択問題)のみ出題

アビタスの単位取得のポイントの3つ目は、単位認定試験はMC問題(四択問題)のみ出題されることです。

 

アビタスの単位認定試験は?

  1. MC問題(四択問題)のみ
  2. 30問の出題
  3. 30問中15問正解で合格
  4. 1科目60分

 

USCPA試験は、3つの試験形式(MC:四択問題、TBS:総合問題、WC:記述問題)で出題されますが、アビタスの単位認定試験は、MC問題しか出題されません。

基礎的な問題(アビタスのMC問題はA問題とB問題がありますが、A問題レベル)が30問出題されるだけです。

しかも、30問中15問正解すれば合格ですので、正答率は50%でハードルが低いです。

本番のUSCPA試験は1科目4時間もありますが、単位認定試験は60分です。

 

アビタスの単位認定試験の学習は、USCPAの本試験対策でもありますので、しっかり学習した方がいいですが、必要以上に時間をかける必要がないので助かります。

単位認定試験は、受験日を先に定めておけば、それまでに学習を終わらせなくてはと強制力が働きます。

計画的に学習を進めるために、単位認定試験をペースメーカーとして使ってもいいですね。

 

アビタスの単位認定試験で不合格になったという人は聞いたことがないので、さっさと受けていきましょう。

特に、多くの人が受けることになる、英文会計入門の単位認定試験では、必要以上に時間をかけないことを強くおすすめします。

1学期間(8月~11月期、12月~4月期、5月~7月期)に受けられるのは最大8科目までですし、不合格の場合に再受験は翌学期以降となりますので、受けられる科目はさっさと受けていくのがおすすめです。

 

【紹介割引】を使いたい方はこちら

どこは、アビタスの元受講生ですので、アビタスでUSCPAの勉強を始めたいと思われる方がいましたら、アビタスにご紹介させていただきます。

ご紹介特典

アビタスの入学金11,000円(10,000円+税)免除

 

(1)TwitterのDM

Twitterのアカウントをお持ちの方は、DMで①お名前(漢字)②お名前(フリガナ)メールアドレスをお知らせください。

どこのTwitterアカウント

(2)コンタクトフォーム

以下のフォームで①お名前(漢字)②お名前(フリガナ)メールアドレスをお知らせください。

題名に「USCPA紹介希望」と書いていただけますと、ご紹介がスムーズです。

 

最後に「送信」をクリックしてください。

「ありがとうございます。メッセージは送信されました。」と表示されましたら、メッセージの送信は成功しています。

どこからお返事を差し上げますので、少々お待ちくださいませ。






     

     

    以上、「アビタスなら単位取得がスムーズ!【USCPA受験のスタートに立つために】」でした。

    困った君
    困った君
    USCPAの受験に必要な単位は、アビタスならば、USCPAの本試験の勉強を兼ねて効率的に取得できるんだね。
    どこ
    どこ
    アビタスならば、自宅のパソコンで単位が取得できるし、単位の取得に追加費用はかからないし、時間もお金も負担がなくていいよ。

    単位取得がスムーズかどうかは、そもそもUSCPA試験を受けられる状態になるかどうか、どれだけ早くUSCPA試験を受けられる状態になるかに大きな影響があるから、USCPAの予備校を選び際にはしっかりと考慮してね。

    アビタスの資料請求説明会個別カウンセリング申し込み(無料

    アビタスの公式サイト

     

    アビタス(Abitus)がおすすめである理由については、こちらの記事を参考にしてください。

    【紹介割引あり】アビタスなら、USCPA(米国公認会計士)試験に1年で合格!
    【紹介割引 1万円】アビタスならUSCPAに1年で合格!短期合格ならアビタスで【紹介割引1万円あり】アビタスの入学金が11,000円(10,000円+税)の割引となるよう、アビタス元受講生のUSCPAとしてご紹介させていただきます。USCPAの予備校でアビタスがおすすめな理由は、大きく分けて2つ。5年間のフルサポートがあるので、他の予備校より、期間が長く、手厚いことと、「単位取得講座」が整備されているので、他の予備校より、単位が取得しやすいことです。...

    アビタスの費用や割引については、こちらの記事を参考にしてください。

    【紹介割引 1万円】アビタスのUSCPAプログラム 費用、割引、教育訓練給付制度(アビタスに確認済)
    【紹介割引 1万円】アビタスのUSCPA講座の費用を最大限安くする!各種割引と教育訓練給付金【紹介割引1万円あり】アビタスの入学金が11,000円(10,000円+税)の割引となるよう、アビタス元受講生のUSCPAとしてご紹介させていただきます。アビタスの割引完全版です!アビタスでUSCPA(米国公認会計士)の講座を受講する場合、どのくらい費用がかかるのか、最大限安く申し込むための各種割引や教育訓練給付金についてご説明します。...

    アビタスの評判が知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

    アビタスのUSCPAプログラムの良い評判、残念な評判は?
    【紹介割引 1万円】アビタスのUSCPA講座の良い評判、残念な評判は?口コミも【紹介割引1万円あり】アビタスの入学金が11,000円(10,000円+税)の割引となるよう、アビタス元受講生のUSCPAとしてご紹介させていただきます。USCPA(米国公認会計士)予備校を探している場合、アビタスが第一候補になるのではないかと思います。ですが、実際のところ、アビタスのUSCPA講座はどうなのか気になると思いますので、良い評判と悪い評判の両方をご紹介していきます。...

    アビタスを含めた、USCPAの予備校4校を比較したい方は、こちらの記事を参考にしてください。

    USCPA予備校4校(アビタス・プロアクティブ・TAC・大原) 4つのポイントで比較
    【2022年最新】USCPAの予備校4校を4つのポイントで比較!失敗しない学校選び【失敗しない学校選び】2022年最新!USCPA(米国公認会計士)の予備校について、説明しています。当記事を読めば、自分に合った予備校が選べるようになります。USCPA(米国公認会計士)の予備校は4校ありますので、教材、講義、サポート、受講料という4つの特徴から、4つの予備校を比較していきます。USCPAの予備校という言い方をしていますが、USCPAの学校・スクール・専門学校・塾・講座だと思っていただければと思います。...

    USCPAについてもっと知りたい場合は、こちらの記事を参考にしてください。

    USCPA(米国公認会計士)とは?
    USCPA(米国公認会計士)とは?USCPAがポイントを10個にまとめてご紹介!USCPA(米国公認会計士)有資格者で『USCPAになりたいと思ったら読む本』の著者が、USCPAに興味がある人に向けて、USCPAについて知っておいてもらいたいことを10にまとめました!USCPA試験の試験制度、USCPA試験合格までに必要な勉強時間、USCPA試験の難易度、USCPA試験合格に必要な英語力と会計知識、USCPA試験の受験資格、USCPA試験の合格までにかかる総費用、USCPA試験の学習方法、USCPAのステイタスとライセンス、USCPA試験合格後のキャリアがまとめられています。...
    ABOUT ME
    USCPAどこ
    ワシントン州USCPA(米国公認会計士)。USCPAの立場から、USCPA試験とUSCPAのキャリアについて書いています。BIG4大手監査法人監査人→米国企業経理職@バンコク→グローバル企業連結決算担当。
    資格取得のための参考情報

    資格取得のための参考情報

    USCPA(米国公認会計士)

     

    USCPA講座の資料請求・説明会申し込み(無料

    アビタスの公式サイト

     

    USCPA講座の紹介割引(入学金11,000円オフ

    【紹介割引あり】アビタスでUSCPA(米国公認会計士)試験に1年で合格!

     

    USCPAの受験ガイド(どこの本、アビタスの三輪先生の本)

     

    BATIC(国際会計検定)

     

    BATIC講座の資料請求(無料

    TACのBATICコース

    大原のBATICコース

    BATIC(国際会計検定)が新しく!試験日は?どう勉強する?

     

    BATICの公式テキスト・公式問題集

     

    IFRS検定(国際会計基準検定・IFRS Certificate)

     

    IFRS検定講座の紹介割引(受講料3,000円オフ)

    【アビタス紹介割引あり】IFRS検定(国際会計基準検定)の難易度、活かし方

     

    USCMA(米国公認管理会計士)、EA(米国税理士)

     

    講座の資料請求(無料

    TACのUSCMAコース

    TACのEAコース

    国際会計資格 USCPA・USCMA・EAの比較、どれを取るといいのか?

     

    CIA(公認内部監査人)

     

    講座の資料請求、説明会申し込み(無料

    アビタスのCIAコース

    TACのCIAコース

    内部監査資格 CIA・CISA・CFEの比較、どれを取るといいのか?

     

    簿記検定

     

    講座の資料請求(無料

    大原の簿記コース

    TACの簿記コース

    USCPA(米国公認会計士)と簿記検定、どっちが役に立つのか?

     

    公認会計士

     

    講座の資料請求(無料

    CPA会計学院の公認会計士コース

    大原の公認会計士コース

    TACの公認会計士コース

    USCPA(米国公認会計士)とJCPA(日本の公認会計士)の試験の違い

     

    こちらの記事もおすすめ