MENU
【USCPA試験】基礎情報

USCPA(米国公認会計士)試験の受験資格 米国の大学卒でなくても受験できます!

USCPA(米国公認会計士)試験の受験資格
知りたい君
知りたい君
USCPA(米国公認会計士)試験を受けようと思っているよ。

米国の大学を卒業しているわけではないけど、受験できるのかな。

受験するにはどんな条件があるのか知りたいよ。

どこ
どこ
どこは、ワシントン州のUSCPA(米国公認会計士)だよ。

USCPA(米国公認会計士)試験は、米国の試験なので、米国の大学を卒業していないと受験できないと思うかもしれないね。

実際は、米国の大学を卒業していなくても、日本のUSCPA予備校を利用して単位を取得すれば受験資格を満たせるから、誰でも受験できるんだよ。

それに、大学を卒業していなくても、高卒、専門学校卒、短大卒、大学在学中でも受験できる州だってあるんだよ。

USCPA試験の受験資格について、説明していくね。

USCPA/米国公認会計士 国際資格 アビタス

1.USCPA試験の受験資格って?

USCPA(米国公認会計士)試験を受験するためには、受験資格が必要です。

 

(1)USCPA予備校を利用すれば、受験資格を満たせます

もしあなたが、日本人で、日本の大学を卒業したなら、自分には受験資格がないと思うかもしれませんね。

ですが、実際は、日本のUSCPA予備校を利用すれば、USCPA試験の受験資格を満たすことができます。

日本のUSCPA予備校

  1. アビタス
  2. プロアクティブ
  3. TAC
  4. 大原

日本のUSCPA予備校については、USCPA(米国公認会計士)が教える!あなたに合ったUSCPAの予備校の選び方をご覧ください。

USCPA予備校は、米国の大学と提携しており、受験資格を満たすためのプログラムを用意していますので、そのプログラムに従えば、受験資格が手に入ります。

 

(2)出願する州によって、受験資格が違います

USCPA試験の受験資格は、州ごとに異なります。

受験資格は大きく分けると、「学位要件」と「単位要件」です。

USCPA試験の受験資格

  1. 学位要件」:4年制大学卒の「学士号」があるか
  2. 単位要件」:会計単位とビジネス単位を一定数以上取得しているか

州によって、4年制大学卒の「学士号」の学位が必要か(高卒、専門学校卒、短大卒、大学中退、大学在学中の大学生でも受験できるか)、会計単位やビジネス単位がどれくらい必要なのかが異なります。

学位要件」は、日本の4年制大学を卒業している場合満たせます。

また、州によっては、短期大学卒の学位である「準学士号」でも可能であったり、大学在学中に出願できる場合もあります。

 

単位要件」は、会計単位やビジネス単位が満たせている人は少ないです。

特に、理系の学部や法学部出身だと、会計学部や経済学部出身に比べ、必要な会計単位やビジネス単位が大きく不足している場合が多いです。

とはいえ、アビタスなどのUSCPA予備校を利用すれば、単位認定試験を受けて、苦労なく「単位要件」を満たすことができますので、心配はいりません。

 

(3)受験資格を満たしやすい州に出願しましょう

USCPA試験は、全米統一の試験のため、出願する州によって試験の難易度や評価は変わりません。

ですので、受験資格を満たしやすい州に出願し、早く受験できる状態になるのが、USCPA試験に短期で合格できるポイントです。

 

2.日本人の受験生向けの出願州は?

受験資格を満たしやすいのは、どの州なのでしょうか。

学位要件」を満たしているか(4年制大学を卒業して一定の学位があるか)で、場合を分けて考えていきます。

 

(1)4年制大学を卒業している場合

学位要件」は既に満たしているので、どれだけ「単位要件」を満たしやすいかで、州を選びます。

4年制大学卒業の場合のおすすめ

  1. アラスカ州:会計15単位だけで出願可能☞少ない単位でよい!
  2. グアム州:単位要件が満たない状態で出願可能☞早く受験できる!

①アラスカ州(Alaska)

アラスカ州は、「単位要件」がかなり緩いです。

USCPA予備校の単位認定試験をたくさん受けなくて良いので、早く受験できる状態にすることができます(単位認定試験の費用も節約できます)。

②グアム州(Guam)

グアム州は、「見込み受験制度」がありますので、必要な単位を取得していなくても、先に受験できます。

ただし、初回受験から18か月以内に会計24単位、ビジネス24単位を取得する必要があります。

今までは、大学2年次でも「見込み受験制度」が利用できましたが、最近は、出願が却下されることがあるようです。

大学2年次終了後、総単位数が70単位以上になってから学歴評価を行い、出願手続きをするのが望ましいようです。

 

(2)4年制大学を卒業していない場合

高卒、短大卒、専門学校卒、大学中退、大学在学中の大学生の場合、「学歴要件」を満たせるかどうかで考えます。

4年制大学卒業でない場合のおすすめ

  1. モンタナ州:高卒、大学中退、大学在学中に受験の場合
  2. アラスカ州:4年制大学在学中、卒業見込みで受験の場合
  3. グアム州:短大卒、3年制大学卒の場合

①モンタナ州(Montana)

モンタナ州は、高卒、大学中退、大学在学中でも受験できます。

会計24単位、ビジネス24単位を取得する必要があります。

②アラスカ州(Alaska)

アラスカ州は、4年制大学在学中に、卒業に必要な単位数に対し不足する単位数が18単位以下であれば受験できます。

不足する単位数が18単位以下の4年制大学在学生なら、モンタナ州よりもアラスカ州がいいでしょう。

会計15単位を取得する必要があります。

③グアム州(Guam)

グアム州は、短大卒、3年制大学卒でも受験できます。

会計24単位、ビジネス24単位を取得する必要があります。

 

大学在学中の場合、モンタナ州、アラスカ州に加えて、ニューヨーク州も候補になります。

既に持っている単位の状況によって、どのくらいの単位を追加で取得すれば受験できるか変わってきますので、最終的な判断はUSCPA予備校に相談してからにしましょう。

 

おすすめ:USCPA予備校の「無料単位診断サービス」を利用しましょう

どの州にするかの判断は、USCPA予備校に相談してからにすることをおすすめします。

大学の「成績証明書」を見せれば、どの程度受験資格を満たしているか、どの州が適しているか、何単位必要かのアドバイスしてもらえます。

たとえばアビタスの場合、英文の成績証明書をどんな形式(コピー・スキャン・写真データ)でもいいので送ると、必要な単位を教えてもらえます。

大学に英文成績証明書を依頼するときは、以下のように依頼しましょう。

  1. 成績証明書(英文・厳封)1通
  2. 卒業証明書(英文・厳封)1通
  3. 成績証明書(英文・厳封の必要なし)1通:単位診断サービスに使う

 

 

以上、「USCPA(米国公認会計士)試験の受験資格 米国の大学卒でなくても受験できます!」でした。

知りたい君
知りたい君
USCPA(米国公認会計士)試験の受験資格が分かったよ。

4年制大学を卒業しているなら、少ない単位で受験できる州を選んで、USCPA予備校を利用して単位を取得すればいいんだね。

日本の大学卒の自分でも、USCPA試験の受験資格を満たせそうだよ。

どこ
どこ
USCPA(米国公認会計士)試験は、米国の大学卒などの特別な人だけのものではないんだよ。

それに、最初から、受験に必要な会計単位やビジネス単位を満たせてなくても大丈夫だし。

USCPA予備校を利用すれば、足りない単位は取得できるから、安心してUSCPA試験にチャレンジできるわけだね。

まずは、自分の単位がどのくらいあるのか、USCPA予備校の「無料単位診断サービス」を通して確認してみてね。

USCPA(米国公認会計士)講座の資料請求、説明会申し込み(無料)

USCPAを目指すならアビタス。

 

USCPA(米国公認会計士)講座の紹介割引(入学金の11,000円オフ)

【紹介割引あり】アビタスだけでUSCPA(米国公認会計士)試験に1年で合格!

 

USCPA(米国公認会計士)の受験ガイド

 

BATIC(国際会計検定)の公式テキスト・公式問題集

【2021年変更】BATIC(国際会計検定)が新しく!どうなった?どう勉強する?

 

BATIC(国際会計検定)講座の資料請求(無料)

TACに資料請求する

資格の大原に資料請求する

BATIC(国際会計検定)の通信講座を比較!TACと大原、どちらの学校で学ぶ?

 

IFRS Certificate(国際会計基準検定)講座の紹介割引(受講料の3,000円オフ)

【アビタス紹介割引あり】IFRS Certificate(国際会計基準検定)の難易度、活かし方

 

USCMA(米国公認管理会計士)EA(米国税理士)

国際会計資格 USCPA・USCMA・EAの比較、どれを取るといいのか?

 

CIA(公認内部監査人)講座の資料請求、説明会申し込み(無料)

アビタスのCIAコース

内部監査資格 CIA・CISA・CFEの比較、どれを取るといいのか?

USCPA/米国公認会計士 国際資格 アビタス
ABOUT ME
USCPAどこ
ワシントン州USCPA(米国公認会計士)。USCPAの立場から、USCPA試験、USCPAのキャリア、USCPAの人生設計について書いています。BIG4大手監査法人監査人→米国企業経理職@バンコク→大手グローバル企業連結決算担当。
こちらの記事もおすすめ