MENU
【USCPA試験】受験中

USCPA試験 Blueprintsとは?何が分かるの?どう使うの?

知りたい君
知りたい君
USCPA(米国公認会計士)試験の勉強中だよ。

AICPAのBlueprintsって、読んだ方がいいと聞くけど、何なのか知りたいよ。

どこ
どこ
どこは、ワシントン州のUSCPA(米国公認会計士)だよ。

Blueprintsは、AICPA(米国公認会計士協会)が作成したもので、USCPA試験受験者の試験準備をサポートしてくれるものだよ。

Blueprintsとはどんなもので、Blueprintsから何が分かって、どう使ったら良いのか見ていこうね。

1.Blueprintsとは?

まず、「Blueprints」とは何なのか見ていきましょう。

 

(1)BlueprintsはCPA試験の設計図

「Blueprints」は、AICPA(米国公認会計士協会)が作成します。

AICPAというのは、CPA試験の作成と採点をしている団体です。

AICPAは、「Blueprints」という設計図を基にCPA試験を作成します。

 

(2)BlueprintsはCPAが知っておくべき会計業務のまとめ

「Blueprints」は、CPA資格を新たに取得する人が知っておくべき会計業務(タスク)をトピックごとにまとめたものです。

これらのタスクは、アクションアイテムとして記載されています。

「Blueprints」のアクションアイテムの例

  1. ~を理解する。
  2. ~を作成または修正する。
  3. ~を適用する。

アクションアイテムは、常に動詞の形で記載されているのが特徴です。

(3)Blueprintsの構成

「Blueprints」は、科目(AUD、BEC、FAR、REG)ごとに、4つから5つのコンテンツエリア(出題範囲)で構成されています。

コンテンツエリアでは、CPA試験のトピックの階層が説明されています。

知っておく必要のあるタスクがトピックごとにまとめられ、そのトピックがコンテンツグループにまとめられ、コンテンツグループがコンテンツエリアにまとめられています。

 

2.Blueprintsから何が分かるの?

つぎに、「Blueprints」から何が分かるのか見ていきましょう。

 

(1)BlueprintsからCPA試験に出題される概念が分かる

「Blueprints」には、CPA試験で出題される概念が全て記載されています。

とはいえ、CPA試験の学習に必要な実際の内容が含まれているというわけではありません。

ですが、CPA試験で出題される各問題は、「Blueprints」の概念のどれかに直接関連しているので、理論上は、「Blueprints」のタスクをすべてこなすことができれば、CPA試験に合格できると言えます。

 

(2)Blueprintsから何が、どのくらい、どのレベルで出題されるかわかる

「Blueprints」を読むと、以下のようなことが分かります。

Blueprintsから分かること

  1. 何がCPA試験に出題されるのか
  2. どのコンテンツがどのくらいCPA試験に出題されるのか
  3. 各概念がどのレベルでCPA試験に出題されるのか

 

①どこに労力を割くべきかわかる

コンテンツエリアの割合が記載されています。

例えば、2021年7月から有効のBlueprintsにおける、AUDのコンテンツエリアの割合は、以上のようになっています。

これを見ると、どのくらいの労力や時間をどのコンテンツエリアに割くべきかが分かるでしょう。

 

②どのくらいのレベルのスキルが必要かわかる

各タスクがどの程度のスキルを必要とするかが記載されています。

「Blueprints」においては、各タスクに対して、4つのスキルレベルのいずれかが割り当てられています。

「Remembering and Understanding(記憶と理解)」が最もシンプルスキルレベルで、「Evaluation(評価)」が最も複雑なスキルレベルとなります。

つまり、高いスキルが必要な順に上から並んでいます。

スキルレベル

  1. 「Evaluation(評価)」:問題を検討または評価し、そして判断して結論を出すこと。
  2. 「Analysis(分析)」:原因を特定し、推論を裏付ける証拠を見つけるために、別々の分野の相互関係を調査、研究すること。
  3. 「Application(応用)」:知識・概念・技術を使用、あるいは実証すること。
  4. 「Remembering and Understanding(記憶と理解)」:ある分野の重要性を認識し、理解すること。

各科目ごとのスキルレベルの割合は、以下の通りです。

最も複雑なスキルレベルである「Evaluation(評価)」は、AUDにしかないことが分かると思います。

 

AICPAによると、「RememberingとUnderstanding(記憶と理解)」のタスクは、ほとんどがMCで出題され、「Application(応用)」のタスクは、MCかTBSのどちららかで出題され、「Analysis(分析)」と「Evaluation(評価)」は、ほとんどがTBSであるとのことです。

スキルレベルと出題形式の関係

  1. 「Remembering and Understanding(記憶と理解)」:MCで出題
  2. 「Application(応用)」:MCかTBSのどちらかで出題
  3. 「Analysis(分析)」と「Evaluation(評価)」:ほとんどTBSで出題

ちなみに、「Evaluation(評価)」は、AUDのTBSでのみ出題され、BECのWCとリサーチ問題は、「Application(応用)」であるとのことです。

 

スキルレベルについては、以下の記事を参考にしてください。

USCPA試験 Blueprintsのスキルレベルとは?効果的な学習に必須の認識効果的にUSCPAの学習を進めていくために、Blueprintsに書かれている「スキルレベル(Skill Level)」について、ブルームの「教育目標分類法」と併せてご説明していきます。...

 

3.Blueprintsはどう使うの?

さいごに、「Blueprints」をどう使えば良いのか見ていきましょう。

 

(1)Blueprintsはガイドブックとして参照する

「Blueprints」は、CPA試験のガイドブックとして活用するといいのではないでしょうか。

「Blueprints」を見ると、CPA試験でどのようなトピックが扱われるかの内容や、どの分野が重点的にカバーされているかの概要が把握できます。

AICPAは、CPA試験の内容に透明性を持たせるため、「Blueprints」を公開しています。

CPA試験中に出題された内容に驚くことがないように、CPA試験前に情報を得られるようにしているわけです。

ですので、CPA試験の学習の「オトモ」にして、どの分野にどのくらいの学習時間をかければよいのか悩んだ際に参照するなどして、困った時の「ガイド」にするといいのではないでしょうか。

 

(2)BlueprintsをUSCPA予備校の代わりにしない

「Blueprints」には、学習に必要なものがすべて記載されてるので、「Blueprints」があれば、USCPA予備校は必要ないと思われるかもしれません。

ですが、「Blueprints」を自分の学習計画に活かすことはできると思いますが、「Blueprints」だけで学習を進めるのは難しいでしょう。

 

そもそも、USCPA予備校は、「Blueprints」に基づいて、カリキュラムを作成し、教材を提供しています。

USCPA予備校が、受講生のために「Blueprints」の分析をしてくれていますので、受講生は、何を勉強すべきなのか考えることに時間をかける必要がなく、勉強自体に時間をかけることができるわけです。

 

さらに、USCPA予備校の教材で演習することで、「RememberingとUnderstanding」といった、ただ覚えたり理解していればいいという問題だけではなく、「Analysis」や「Evaluation」といった、高いレベルでのスキルが必要な問題にも対応できるようになります。

ですので、「Blueprints」があれば、USCPA予備校は必要ないとは考えない方がいいと思います。

 

以上、「USCPA試験 Blueprintsとは?何が分かるの?どう使うの?」でした。

知りたい君
知りたい君
AICPAのBlueprintsは、自分の学習のサポートになりそうだね。

USCPA予備校の代わりにはならないけど、知っておくべきUSCPA試験の情報が詰まっているから、ガイドとして使うといいみたいだね。

どこ
どこ
USCPA予備校に通っていれば、Blueprintsを隅から隅まで読んで理解しようとしなくてもいいと思うよ。

USCPA予備校は、高いスキルが必要なところは教材で深く説明し、単に覚えておけばいいところは、一応教材で取り上げていても、講義では軽く触れるだけなど濃淡をつけているはずだから。

まずは、学習を始めるときに、学習を始める科目のページだけBlueprintsをざっと読んで、概要をつかむといいかな。

それから、効率よく勉強をしたいけど、USCPA予備校の情報だけでは、何にどのくらい時間をかけるべきか迷ったときに、Blueprintsを参照するといいと思うよ。

あとは、なかなかギリギリの点で合格できないときに、Blueprintsを読んでみると、深く理解できないといけないものが抜け落ちているのに気が付くかもしれないよ。

USCPA予備校とBlueprintsと、どちらもうまく活用してUSCPA試験に合格してね。

2021年7月改正後のBlueprintsについて、各科目ごとの内容は、以下の記事を参考にしてください。

【2021年7月改正後】USCPA試験 AUD Blueprintsの内容USCPA(米国公認会計士)試験に関して、AICPAのBlueprintsを一読するのをおすすめしています。ですが、自分で読む余裕が無い方のために、BlueprintsのAUD部分に、どんなことが書かれているのか、特に高いスキルが必要なのはどれなのか、説明しています。...
【2021年7月改正後】USCPA試験 BEC Blueprintsの内容USCPA(米国公認会計士)試験に関して、AICPAのBlueprintsを一読するのをおすすめしています。ですが、自分で読む余裕が無い方のために、BlueprintsのBEC部分に、どんなことが書かれているのか、特に高いスキルが必要なのはどれなのか、説明しています。...
【2021年7月改正後】USCPA試験 FAR Blueprintsの内容USCPA(米国公認会計士)試験に関して、AICPAのBlueprintsを一読するのをおすすめしています。ですが、自分で読む余裕が無い方のために、BlueprintsのFAR部分に、どんなことが書かれているのか、特に高いスキルが必要なのはどれなのか、説明しています。...
【2021年7月改正後】USCPA試験 REG Blueprintsの内容USCPA(米国公認会計士)試験に関して、AICPAのBlueprintsを一読するのをおすすめしています。ですが、自分で読む余裕が無い方のために、BlueprintsのREG部分に、どんなことが書かれているのか、特に高いスキルが必要なのはどれなのか、説明しています。...
ABOUT ME
どこ
ワシントン州USCPA(米国公認会計士)。USCPAの立場から、USCPA試験、USCPAのキャリア、USCPAの人生設計について書いています。BIG4大手監査法人監査人→米国企業経理職@バンコク→大手グローバル企業連結決算担当。
こちらの記事もおすすめ