【USCPA試験】試験対策

USCPA試験 サンプルテスト(Sample Tests)で問題の解き方に慣れる!

知りたい君
知りたい君
USCPA(米国公認会計士)試験の受験日が近づいてきたよ。

サンプルテストというのを解いてみるように言われたけど、サンプルテストっていったい何で、なぜやらないといけないのか知りたいよ。

どこ
どこ
どこは、ワシントン州のUSCPA(米国公認会計士)だよ。

サンプルテスト(Sample Tests)は、AICPAが提供しているUSCPA試験の準備ツールの1つで、USCPA試験の問題例だよ。

USCPA試験の解き方に慣れるために、受験前にサンプルテストの問題をやっておくといいよ。

USCPA試験のサンプルテストについて、詳しくご説明していくね。

 

1.USCPA試験のサンプルテスト(Sample Tests)とは?

USCPA試験のサンプルテスト(Sample Tests)とは?

USCPA試験のサンプルテスト(Sample Tests)とは、AICPA(米国公認会計士協会)がCPA試験の受験生のために用意しているサンプル問題(Sample Questions)です。

サンプルテストは、例題、練習問題、お試し問題だと思うといいですね。

 

AICPAがサンプルテストを提供しているのは、本番とそっくりの問題を解くことで、CPA受験生にCPA試験で使用するソフトウェアの形式や機能に慣れてもらうためです。

 

AICPAは、サンプルテストについて以下のように説明しています。

AICPAによるサンプルテストの説明

  1. テストセンターで体験するのと同じソフトウェアを使用。
  2. 4時間のフルバージョンではなく、最大2時間で終わるショートバージョン。
  3. 実際の試験で出題される、MC問題(選択問題)、TBS問題(事例形式問題)、WC問題(記述式問題)の全てが体験できる。
  4. CPA試験の受験準備ができているかを判断するものではない。
  5. 解き終わっても、スコアは出ない。
  6. 正解や模範解答は、解説付きで表示される。

 

AICPAのサンプルテスト(Sample Tests)リンク☟

Get familiar with the CPA Exam by practicing with our sample tests(サンプルテストでCPA試験に慣れましょう)

サンプルテストのリンクが開けない場合は、ブラウザのキャッシュのクリアなどを試してください。
サンプルテストの画面が大きすぎて、操作ができない(次の画面に進めない)などという不具合が発生した場合は、「Ctrlキー + マイナスキー」や「Ctrlキー + スクロール」などを試してください。

 

 

2.USCPA試験のサンプルテスト(Sample Tests)の内容

USCPA試験のサンプルテスト(Sample Tests)の内容USCPA試験のサンプルテスト(Sample Tests)の内容

サンプルテスト(Sample Tests)の内容も見ていきましょう。

 

サンプルテスト(Sample Tests)の内容

  1. 数は少ないが、すべての出題形式が体験できる問題
  2. 本番と同じ画面
  3. 本番と同じツール
  4. 解答と解説も確認できる

 

(1)数は少ないが、全ての出題形式が体験できる問題

サンプルテストは、USCPA試験4科目(FAR、BEC、AUD、REG)について、1つずつ用意されています。

ただし、前述のように、4時間のフルバージョンではなく、最大2時間くらいで終わるショートバージョンですので、本番の問題数よりは少ないです。

 

各科目のサンプルテストは、本番と同じようにテストレットが1から5まであります。

サンプルテストの構成

FAR、AUD、REG

  1. テストレット1:MC問題(選択問題)5問
  2. テストレット2:MC問題(選択問題)5問
  3. テストレット3:TBS問題(事例形式問題)2問
  4. テストレット4:TBS問題(事例形式問題)2問
  5. テストレット5:TBS問題(事例形式問題)2問

BEC

  1. テストレット1:MC問題(選択問題)5問
  2. テストレット2:MC問題(選択問題)5問
  3. テストレット3:TBS問題(事例形式問題)2問
  4. テストレット4:TBS問題(事例形式問題)1問
  5. テストレット5:WC問題(記述式問題)2問

 

BECのテストレット5は、WC問題(記述式問題)です。

また、BECのTBS問題(事例形式問題)には、リサーチ問題が含まれません。

 

(2)本番と同じ画面

サンプルテストでは、試験開始前の画面と試験中の画面が本番と同じです。

そして、本番の流れを体験することができます。

サンプルテストで確認できる画面

試験開始前

  1. 本人確認と試験科目の確認の画面
  2. 「ポリシーステイトメントおよび機密保持契約、試験科目の情報」への同意の画面

試験中

  1. テストレットを提出する画面
  2. テストレットとテストレットの間の休憩をするか選択する画面

 

各画面の詳細については、以下の記事が詳しいので参照してください☟

USCPA試験 受験中のパソコン画面上での試験の進め方と知っておきたいこと
USCPA試験 受験中のパソコン画面上での試験の進め方USCPA(米国公認会計士)試験受験中のパソコン上での試験の進め方と、知っておいた方がいいことをご紹介します。...

 

(3)本番と同じツール

サンプルテストでは、本番で使うツールを確認できます。

そして、本番と同じように、ツールを使って問題を解いてみることができます。

 

サンプルテストで確認できるツール

MC問題(選択問題)

  1. Calculator(電卓)
  2. Excel(エクセル)
  3. Overview(概要)
  4. Help(ヘルプ)

TBS問題(事例形式問題)

  1. Calculator(電卓)
  2. Excel(エクセル)
  3. Authoritative Literature(権威ある文献)
  4. Exhibits(提示資料)
  5. Highlight(ハイライト)
  6. Overview(概要)
  7. Help(ヘルプ)

WC問題(記述式問題)

  1. Cut・Copy・Paste(切り取り・コピー・貼り付け)
  2. Undo・Redo(操作を元に戻す・元に戻した操作をやり直す)
  3. Spell Check(スペルチェック)
  4. Exhibits(提示資料)
  5. Highlight(ハイライト)
  6. Overview(概要)
  7. Help(ヘルプ)

 

AICPAは、ツールについて、以下の3点を説明をしています。

AICPAによる、USCPA試験のツールの説明

  1. ツールは、電卓を除き、移動やサイズ変更が可能。
  2. エクセルは、常に他のツールの上に開く。
  3. すでにエクセルを開いている場合は、その後に開いたツールは、エクセルの下に表示。

 

各ツールの詳細については、以下の記事を参照してください☟

USCPA試験 受験中に使える10個のツールの機能と使い方
USCPA試験 受験中に使える10個のツールの機能と使い方USCPA(米国公認会計士)試験では、電卓、エクセル、スペルチェック、コピペなど10個のツールが使えます。何ができるのか、どう使うのかをご説明していきます。...

 

(4)解答と解説も確認できる

サンプルテストでは、回答と解説も確認できます。

ただ動作を試すだけではなく、練習問題としても活用できるわけです。

 

解答と解説の確認方法

  1. MC問題:「Show Correct Answer」をクリック
  2. TBS問題:「Answer Key」をクリック

 

全問解き終わってから解答が見られるという形式ではないので、注意しましょう。

最後の画面を閉じると、解答がわからず、答え合わせができないまま終了してしまいます(やり直しになって、悲しいです)。

 

問題自体も、本番でサンプルテストにそっくりの問題が出題されたとも聞きます。

ですので、サンプルテストはやっておいて損はないでしょう。

 

 

以上、「USCPA試験 サンプルテスト(Sample Tests)で問題の解き方に慣れる!」でした。

知りたい君
知りたい君
AICPAのサンプルテストって、本番の試験みたいなんだね。

これは絶対やってから本番に挑んだ方がいいね。

どこ
どこ
サンプルテストは、問題数が少ない点を除けば、本番とそっくりに作られているよ。

だから、本番の前にやってみれば、画面やツール、試験の流れに慣れることができ、本番では慌てないですむよ。

サンプルテストで予行演習をしておいて、本番ではツールを使いこなして、スコアアップにつなげてね。

ABOUT ME
USCPAどこ
ワシントン州USCPA(米国公認会計士)。USCPAの立場から、USCPA試験とUSCPAのキャリアについて書いています。BIG4大手監査法人監査人→米国企業経理職@バンコク→グローバル企業連結決算担当。
USCPAのための転職情報
USCPAのための転職情報

 

USCPAにおすすめの転職エージェントは「MS-Japan」の一択です!

 

USCPAにおすすめの転職エージェント「MS-Japan」


 

  \登録無料、相談無料

【MS-Japan】公式サイト

 

どこがBIG4大手監査法人に転職したときに、お世話になった転職エージェントです。

管理部門・士業特化型エージェントNo.1」で、希望職種が経理職や財務職だったり、監査法人志望だったりするなら、登録必須の転職エージェントです。

USCPA」で検索ができて、「USCPA」向けの求人が多いので、どの転職エージェントよりも質の高い「USCPA」の求人に出会えます。

 

USCPAに合格したら転職すると決めているなら、USCPAの勉強を始めてすぐに登録しましょう。

すぐに転職する気がなくても、転職エージェントに登録だけはしておいた方がいいです。

新規求人・おすすめ求人がメールで届くので、気になる求人をストックしておけば、転職したくなったときに必ず役立ちます。

 

こちらの記事もおすすめ