【USCPA試験】受験中

USCPA試験 受験直前の1週間にやるべき5つのこと

困った君
困った君
USCPA(米国公認会計士)試験の受験が1週間後に迫ってきたよ。

受験までの1週間にやっておいた方がいいことって何かな。

よく分からなくて、困ったな。

どこ
どこ
どこは、USCPA(米国公認会計士)だよ。

受験までの1週間にどんなことをしたかで、本番のスコアにも影響が出ると思うよ。

受験直前にやっておくといいことを5つ厳選したので、一緒に見ていこうね。

当記事は、受験直前に何の勉強をしたら良いかという内容ではありません。

勉強以外で、受験までの1週間に何をしておくと、心穏やかに試験が受けられて、結果としてスコアアップにつながるかという視点で書かれています。

USCPA試験受験までの1週間にやるべきこと5つ

  1. 試験制度について復習をしておくこと
  2. サンプルテストで予行演習をすること
  3. 受験当日の試験の時間配分を決めておくこと
  4. 受験当日に持っていくものを準備すること
  5. 受験当日の行動をイメージトレーニングすること

1.試験制度について復習をしておくこと

USCPA試験受験までにやっておくといいことの1つ目は、「試験制度について復習をしておくこと」です。

受験の直前には、これから立ち向かう「USCPA試験という敵」の情報を頭に入れておくといいでしょう。

 

  1. そもそも、USCPA試験というのは、どんな試験なんでしたっけ?
  2. 出題内容、出題割合、出題形式、構成は?
  3. 75点以上で合格になりますが、どうやってスコアは決まるんでしたっけ?
  4. USCPA試験は、難易度変化とダミー問題という2大特徴がありますが、どんなもので、気を付けたらいいのはどんなこと?

 

さらっとでもいいので、USCPA試験の試験制度のおさらいをしてみましょう。

【2020年7月以降の新制度】USCPA(米国公認会計士)試験の試験制度USCPA(米国公認会計士)試験の試験制度(試験形式、試験科目、出題形式、合格基準、科目合格制度、難易度変化、休憩時間、試験会場、受験料、受験日、試験予約、試験結果の確認)について説明しています。...

 

2.サンプルテストで予行演習をすること

USCPA試験受験までにやっておくといいことの2つ目は、「サンプルテストで予行演習をしておくこと」です。

サンプルテストは必ずやっておきましょう。

 

サンプルテストについては、こちらを参考にしてください。

USCPA試験 サンプルテスト(Sample Tests)で解き方に慣れるサンプルテスト(Sample Tests)は、AICPAが提供しているUSCPA試験の準備ツールです。USCPA試験を受験する前にサンプルテストをやって、試験の形式に慣れておくといいと思いますので、詳しくご説明していきます。...

 

サンプルテストを解く際、ツールの練習もしてください。

USCPA試験 受験中に使える10個のツールの機能と使い方USCPA(米国公認会計士)試験では、電卓、エクセル、スペルチェック、コピペなど10個のツールが使えます。何ができるのか、どう使うのかをご説明していきます。...
USCPA試験 リサーチ問題 これだけは知っておきたい基礎知識と対策USCPA(米国公認会計士)試験のリサーチ問題について、最低限知っておきたい基礎知識と対策をまとめました。...

試験当日に受験会場で使うコンピューターのキーボードなどについて説明をしているので、こちらも参考にしてください。

USCPA(米国公認会計士)試験の受験に必要なパソコンスキルUSCPA(米国公認会計士)試験は、パソコンの画面上に問題が出題され、解答していく形式の試験(CBT: Computer-Based Test)です。USCPA試験受験で必要なパソコンスキルと、パソコン試験の注意点について説明していきます。...

 

3.受験当日の試験の時間配分を決めておくこと

USCPA試験受験までにやっておくといいことの3つ目は、「受験当日の試験の時間配分を決めておくこと」です。

おそらく、既に、各科目ごとに、MC問題は1問あたり何分で解ける、TBS問題は1問あたり何分くらいかかると把握していると思います。

ですが、受験直前に、もう少し時間配分について深堀りしておきましょう。

 

  1. 各テストレットで何分くらい時間をかけるのか?
  2. 各テストレットが終わった時点で、タイマーはどのくらいになっているのが目安か?
  3. 難しい問題が出たら、何分くらい粘って、あきらめて次の問題に移るか?

 

USCPA試験は、タイムマネジメントが非常に大事です。

そして、時間配分の戦略を立てておくことも、合格のためにしておくべきことでしょう。

 

あらかじめ時間配分を決め、受験当日に席に着いたら、以下のようなタイムテーブルをメモすることをおすすめします。

タイムテーブルの例

残り時間
スタート 4:00
テストレット1 3:16
テストレット2 2:32
テストレット3 1:54
テストレット4 0:57
テストレット5 0:00

 

コンピューター画面上のタイマーは、4:00からカウントダウンされ(試験時間は4時間ですので)、残り時間が表示されます。

タイムテーブルから、各テストレットを終えるべき時間(残り時間)がわかりますので、コンピューター画面上のタイマーと見比べ、時間のコントロールをしましょう。

 

おすすめの時間配分については、こちらを参考にしてください。

USCPA試験 受験当日の各科目(FAR・BEC・AUD・REG)の時間配分USCPA(米国公認会計士)試験の各科目ごとに、受験当日のおすすめの時間配分をご紹介します。また、タイムマネジメントについてのアドバイスもしています。...

 

4.受験当日に持っていくものを準備すること

USCPA試験受験までにやっておくといいことの4つ目は、「受験当日にもっていくものを準備すること」です。

試験会場に絶対持っていかないといけないものがあります。

 

  1. NTS(受験票)は、NASBAのサイトにアクセスできないことがありますが、ダウンロードは済んでいますか?
  2. パスポートは、有効期限内である必要がありますが、有効期限は切れていませんか?

 

耳栓は持ち込み可ですので、試験中の周りの物音が気になる方は、事前に手に入れておきましょう。

カフェなどの少し雑音がある場所で、耳栓をして勉強をするといった予行演習をしておいてもいいでしょう。

 

休憩中に食べるお菓子や飲み物も、何を買うか考えたり、早めに買っておくのもいいでしょう。

特に、エナジードリンクは、合わない場合もありますので、事前に飲んで体調が悪くならないか確かめておいてもいいでしょう。

 

受験当日に何を着るかも考えておきましょう。

気温を考慮し、金具やポケットが少ない服を選んでおきましょう。

 

受験当日の持ち物については、こちらを参考にしてください。

【2021年】USCPA試験 受験当日の持ち物USCPA試験を受ける際に、必ず持っていく必要がある物、持っていくと便利な物、貸し出される物を取りまとめましたので、ぜひ参考にしてください。...

 

5.受験当日の行動をイメージトレーニングすること

USCPA試験受験までにやっておくといいことの最後の5つ目は、「受験当日の行動をイメージトレーニングすること」です。

特に、一番最初の科目を受験する場合、試験を始めるまでに何をするのか分からないと不安だと思います。

当日の流れを把握しておけば、不安がかなり解消されると思います。

 

  1. 何時に家を出ますか?
  2. どんなルートで試験会場に向かいますか?
  3. 試験会場についたら、まずは何をしますか?
  4. チェックインをして、何を受け取りますか?
  5. 試験開始までにコンピューター画面で何をすることになりますか?

 

あらかじめ知っておけば、慌てないで済むでしょう。

心穏やかに試験が始められると、試験自体に集中できて、自分の実力が発揮できると思います。

 

受験当日の流れについては、こちらを参考にしてください。

【2021年】USCPA試験 受験当日の流れと知っておきたいことUSCPA(米国公認会計士)試験を初めて受験する方のために、落ち着いてUSCPA試験が受けられるよう、受験当日に家や宿泊先を出て、試験を開始するまでの流れをまとめました。...

 

 

以上、「USCPA試験 受験直前の1週間にやるべき5つのこと」でした。

困った君
困った君
USCPA(米国公認会計士)試験の受験までの1週間にやっておいた方がいいことが分かったよ。

さっそく、5つのやるべきことに取りかかるよ。

どこ
どこ
これで、受験本番までに何をしないといけないんだっけ?と、余計な気を遣わないですむかな。

今回挙げた、5つの受験直前にやるべきことは、本番で実力を発揮するために必要なことだと思うよ。

できることは全てやって、準備万端で、自信を持って試験に挑んでね。


ABOUT ME
どこ
ワシントン州USCPA(米国公認会計士)。USCPAの立場から、USCPA試験、USCPAのキャリア、USCPAの人生設計について書いています。BIG4大手監査法人監査人→米国企業経理職@バンコク→大手グローバル企業連結決算担当。
こちらの記事もおすすめ