MENU
【USCPA試験】基礎情報

USCPA(米国公認会計士)試験の受験に必要なパソコンスキル

困った君
困った君
USCPA(米国公認会計士)試験を受けようか考えているよ。

あまりエクセルとか得意じゃないんだけど、パソコンで受験するUSCPA試験を受けても大丈夫か分からなくて、困ったな。

どこ
どこ
どこは、USCPA(米国公認会計士)だよ。

USCPA試験は、以前は紙で受験していたんだけど、今はパソコンで受験する形式だよ。

USCPA試験受験で必要なパソコンスキルと、パソコン試験の注意点について説明していくね。

USCPA/米国公認会計士 国際資格 アビタス

 

1.USCPA試験はパソコンでの受験

USCPA試験は、パソコンの画面上に問題が出題され、解答していく形式の試験(CBT: Computer-Based Test)です。

以前は、日本の公認会計士試験と同じく、紙の問題用紙に鉛筆で解答していく形式でした(しかも、試験日は固定、全員が同じ問題を解いていました)。

ですが、今はパソコンで解答してく形式に変わったため、USCPA予備校の教材や、洋書問題集も、紙での問題集から、パソコン上で問題を解く形式に対応してきました。

 

経理職の人などは、日ごろからパソコン(特にエクセル)を多用して仕事をしていますし、他の職種の人も、パソコンを使用しないという人はあまりいないとは思います。

ですが、英語が得意だからUSCPA試験を受験しようと思った新卒の大学生の方から、「パソコンはWordくらいしか使っていないけど大丈夫か」というご質問をいただきました。

「パソコンスキル」に関するAICPAの公式見解をみつけましたので、共有させていただくことにします。

 

2.USCPA試験で必要なパソコンスキル

USCPA試験で必要なパソコンスキルは、どのくらいなのでしょうか。

 

AICPAの公式見解によると、以下のようになっています。

USCPA試験で必要なパソコンスキル(AICPAの公式見解)

  1. 基本的なパソコンスキルだけが必要である
  2. マウスやキーボードの使い方、基本的な表計算やワープロの機能に精通していることが求められる

 

さらに、試験問題に解答するために、以下のことがパソコン上でできる必要があると列挙しています。

USCPA試験でできる必要があること(AICPAの公式見解)

  1. ラジオボタン(オプションボタン)をクリックし、利用可能な選択肢から解答を選べること
  2. Microsoft🄬Excel スプレッドシートや4機能オンライン電卓を使って、標準的な財務計算を行えること
  3. メモや手紙を入力できること(Written Communication問題:記述式問題)
  4. 文献の検索を行えること(Research問題)
  5. 標準的なショートカットキーを使ったテキストのコピー&ペーストができること
  6. スクロールバーが使用できること
  7. ウィンドウのサイズ変更や移動ができること
  8. 文献の中で覚えておきたい部分を強調表示できること

つまり、MC問題(選択問題)では、選択肢を選んだり、Excelや電卓が使えるか。

シミュレーション問題では、文章を書いたり、検索をしたり、パソコン画面が見やすいように調整できる必要があるということですね。

 

ちなみに、一部の機能が使用できないバージョンのMicrosoft🄬 Excelを使用しますが、Microsoft🄬 Wordは使用せず、Wordに似ていますが同じではない、ワープロアプリケーションを使用することになります。

 

3.パソコンで受験する上での注意点

USCPA試験で必要なパソコンスキルのイメージはできたと思います。

最後に、パソコンでUSCPA試験を受ける際の注意点も挙げておきます。

 

(1)キーボードがUS配列であることを知っておく

USCPA試験を受験するプロメトリックセンターで使用するパソコンは、US仕様のものです。

よって、キーボードもUS配列です。

 

おそらく、JIS配列のキーボードを使っている方が多いと思うので、本番では注意が必要です。

US配列であることを知っていないと、特に、Written Communication問題(記述式問題)で記号のキーが見つからずに時間を取られたり、焦ったりすることになるかもしれません。

 

あらかじめ、JIS配列のキーボードとUS配列のキーボードの違いを把握しておきましょう。

 

どこが受験生だったときは、アビタスの受験ガイダンスで、キーボードの違いについて聞きました。

「+」「=」「”」「’」などの記号が見つからず、本番中に焦ってしまう受験生がいるとの話でした。

それは大変と、帰りにパソコンショップに行って、JIS配列のキーボードとUS配列のキーボードの比較をしたのを覚えています(笑)。

 

(2)サンプルテストで試験に慣れておく

AICPAが提供しているサンプルテストを試して、事前にパソコン試験の形式に慣れておくと良いでしょう。

AICPAも、CPA試験の機能について詳しく知りたい場合は、サンプルテストを見るように明記しています。

 

サンプルテストについては、以下の記事を参考にしてください☟

USCPA試験 サンプルテスト(Sample Tests)で解き方に慣れるサンプルテスト(Sample Tests)は、AICPAが提供しているUSCPA試験の準備ツールです。USCPA試験を受験する前にサンプルテストをやって、試験の形式に慣れておくといいと思いますので、詳しくご説明していきます。...

 

(3)パソコンで問題を解く練習をしておく

普段からパソコンで問題を解いている人はいいのですが、紙ベースになっている人がいましたら、本番前には、パソコン画面で問題を読む練習はしておいた方がいいです。

また、Written Communication問題(記述式問題)では、英文を書かなくてはいけないので、日本語の文章は書くけれど、英語の文章はほとんど書かないような人は、タイピングの練習もしておくといいでしょう。

 

どこの場合、紙ベースで問題を解いていた上、普段はノートパソコンしか使っていなかったので、プロメトリック試験センターのデスクトップのパソコンで問題を解くのは、少しつらかったです。

試験本番の慣れない場所で緊張しており、普段と違う違和感のようなものもあり、合格できたのでいいのですが、実力が発揮できたとは言いがたい状況でした(特に、1科目目のFARでは)。

 

 

以上、「USCPA(米国公認会計士)試験の受験に必要なパソコンスキル」でした。

困った君
困った君
サンプルテストを見てみたけど、あまりパソコンスキルが高くない自分でも、大丈夫そうだったよ。

あとは、何度かサンプルテストを繰り返しやって、操作に慣れておくことにするね。

どこ
どこ
普段からパソコンを使っていても、使い慣れないパソコンとキーボード、慣れない試験環境では、思った以上にうまく操作できないかもしれないよ。

サンプルテストで、パソコン試験の形式に慣れておいたり、キーボードの違いを知っておくだけでも、本番は焦らないですむと思うよ。

 

USCPA/米国公認会計士 国際資格 アビタス
ABOUT ME
どこ
ワシントン州USCPA(米国公認会計士)。USCPAの立場から、USCPA試験、USCPAのキャリア、USCPAの人生設計について書いています。BIG4大手監査法人監査人→米国企業経理職@バンコク→大手グローバル企業連結決算担当。
こちらの記事もおすすめ