【USCPA学校】学校比較

【紹介割引 1万円】アビタスならUSCPAに1年で合格!短期合格ならアビタスで

困った君
困った君
USCPA試験を受けることにしたから、USCPAの予備校を探しているよ。

でも、どの予備校が良いのか分からなくて、困ったな。

どこ
どこ
USCPAの予備校はアビタスがおすすめだよ。

どこは、アビタス(Abitus)の元受講生なんだけど、アビタスの教材のおかげで、約1年で全科目合格できたんだよ。

どうしておすすめなのか、詳しく話していくね。

既にアビタスに通うことを決めている場合は、紹介割引が適用されるようにお手配させていただきます。

ご紹介ご依頼フォーム、もしくは、TwitterのDMでご依頼ください。

アビタスの入会金11,000円(10,000円+税)が割引となるよう、アビタスにご紹介させていただきます。

この記事は、「USCPAの予備校はアビタス(Abitus)がおすすめ」である理由をお伝えするものです。

他にも、次のような記事がありますので、参考にしてください。

 

  • アビタスを含めた、USCPAの予備校4校を比較したい方☟
USCPA予備校4校(アビタス・プロアクティブ・TAC・大原) 4つのポイントで比較
【2022年最新】USCPAの予備校4校を4つのポイントで比較!失敗しない学校選び【失敗しない学校選び】2022年最新!USCPA(米国公認会計士)の予備校について、説明しています。当記事を読めば、自分に合った予備校が選べるようになります。USCPA(米国公認会計士)の予備校は4校ありますので、教材、講義、サポート、受講料という4つの特徴から、4つの予備校を比較していきます。USCPAの予備校という言い方をしていますが、USCPAの学校・スクール・専門学校・塾・講座だと思っていただければと思います。...

 

  • アビタスの割引制度でお得に入学したい方☟
【紹介割引 1万円】アビタスのUSCPAプログラム 費用、割引、教育訓練給付制度(アビタスに確認済)
【紹介割引 1万円】アビタスのUSCPA講座の費用を最大限安くする!各種割引と教育訓練給付金【紹介割引1万円あり】アビタスの入学金が11,000円(10,000円+税)の割引となるよう、アビタス元受講生のUSCPAとしてご紹介させていただきます。アビタスの割引完全版です!アビタスでUSCPA(米国公認会計士)の講座を受講する場合、どのくらい費用がかかるのか、最大限安く申し込むための各種割引や教育訓練給付金についてご説明します。...

 

  • アビタスの評判が知りたい方☟
アビタスのUSCPAプログラムの良い評判、残念な評判は?
【紹介割引 1万円】アビタスのUSCPA講座の良い評判、残念な評判は?口コミも【紹介割引1万円あり】アビタスの入学金が11,000円(10,000円+税)の割引となるよう、アビタス元受講生のUSCPAとしてご紹介させていただきます。USCPA(米国公認会計士)予備校を探している場合、アビタスが第一候補になるのではないかと思います。ですが、実際のところ、アビタスのUSCPA講座はどうなのか気になると思いますので、良い評判と悪い評判の両方をご紹介していきます。...

 

 

アビタスならUSCPA試験に1年で短期合格!

 

アビタスならUSCPA試験に1年で短期合格できる」ということをアビタスで1年で合格できた立場からご説明していきますね。

 

特に、アビタスをおすすめしたいのは、以下の2つの理由からです。

USCPAの予備校でアビタスがおすすめな理由

  1. 5年間のフルサポートがあるからー他の予備校より、期間が長く、手厚い!
  2. 「単位取得講座」が整備されているからー他の予備校より、単位が取得しやすい!

 

アビタス(Abitus)というUSCPAの予備校のことを知っていますか?

USCPA試験を受けようと思っている方ならば、きっと聞いたことがあると思いますが、USCPAの講座がメインの、USCPAに特化した予備校です。

 

日本では、全部で4校の予備校がUSCPA講座を開講しています。

その中には、TAC大原などの大手資格予備校が含まれますが、TACや大原だと、USCPA講座は色々な講座の1つという立ち位置です。

その点、アビタスUSCPA講座を専門としており、その実績はたしかで、多くのUSCPA合格者を輩出してきました。

 

ちなみに、Twitterで「どのUSCPA予備校で勉強しました(勉強しています)か?」というアンケートを取りました(2020年9月と2022年2月の2回)。

結果は、ダントツでアビタスが多かったです!

  1. 2020年9月:208票の投票の結果、80%アビタス受講生
  2. 2022年2月:163票の投票の結果、84%はアビタス受講生

 

アビタス受講生は多いので、Twitterでのアビタス受講生同士の交流が盛んで、気軽に情報交換ができるのもいいですね。

アビタス受講生の受講満足度も高いです。

 

アビタスのアプリを使えば隙間時間に効率よくお勉強ができます!

ほかのUSCPA予備校には、こんな優れたアプリ問題集はないです(もちろん、市販でもないです)。

 

アビタスの教科書は、わかりやすいです!

やはり、アビタスはUSCPA予備校としてのノウハウがありますからね(アビタスの教材開発部のみなさんは素晴らしい)。

 

アビタスの講義も、分かりやすすぎです!!

2倍速で聞いても大丈夫なので、時間の短縮ができます。

 

アビタスの質問教室も優秀すぎます!

リサーチ問題やWC問題の教室も開催されており、ほかのUSCPA予備校より手厚いサポートです。

 

どこは、USCPAの予備校を決める前に、USCPA講座を開講している予備校4校(アビタスプロアクティブTAC大原)のすべての説明会に出席しました。

その結果、アビタスなら短期間で合格できると確信して、入学を決めました。

そして、実際にアビタスの教材だけを使用して、約1年で合格できました。

アビタスを選んで良かったと思っています!

 

それでは、なぜアビタスをおすすめするのか、詳しくみていきましょう。

 

 

アビタスおすすめ1:5年間のフルサポート

5年間のフルサポートがある

 

アビタスには、入会から5年間、安心して学習できるサポート体制が整っています。

 

サポート内容は以下の通りです。

アビタスのサポート内容

  1. 講義(全218時間、全67回)
  2. オリジナルテキスト(13冊)
  3. 問題集(14冊)、問題集和訳集(7冊)
  4. 模擬試験
  5. 学習サポート

 

(1)講義(全218時間、全67回)

講義は2つの受講形態があります。

コース分けをしていないため、どちらも受講可能です。

講義形態

  1. ライブ講義:通学→新宿本校と大阪校の校舎で受講ー学習ペースを確立しやすい
  2. e-ラーニング:通信→PC、スマホ、タブレットで受講スモールユニット形式で、効率的に学習できる

 

ライブ講義の場合、新宿本校か大阪校の校舎で受講することになります(八重洲校は2021年10月31日付で閉校しましたので、校舎は新宿本校と大阪校の2校となります)。

新宿本校は新宿駅から徒歩5分ほど、大阪校は大阪駅や梅田駅から徒歩3、4分ほどで、通学に便利な場所にあります。

 

e-ラーニングの場合、隙間時間でも学習できるスモールユニット形式となっているので、効率的にインプットとアウトプットができます。

スモールユニット形式とは?

  1. アビタス教材の最大の特徴
  2. すべてのコンテンツがトピックごとに「ユニット番号」で紐づけ
  3. トピックに関連する講義、テキスト、問題集がすぐに参照し合える

e-ラーニングの場合、1ユニット平均20分でインプットとアウトプットが終えられます。

アビタスの講義は、スモールユニット形式で、隙間時間を利用した学習が可能です。

1ユニット20分

☞インプット(講義視聴)10分

☞アウトプット(問題演習)10分

短時間でインプットとアウトプット

 

(2)オリジナルテキスト(13冊)

USCPAの合格に必要なトピックが網羅されています。

アビタスは教材開発に力を入れており、トピックごとに、試験で求められる理解のレベルを分析しているため、余分な学習をしなくてすむようになっています。

日本語に英語を併記する形での解説ですので、英語に自信がない方でも安心ですし、英語力がある方でも、理解は日本語でできますので、効率的にインプットできます。

図解も豊富で、ポイントが一目でわかるような工夫がされています。

また、テキストが電子化されていますので、インターネット上でテキストを見ることができます。

PC、スマホ、タブレットでオフラインでも見られますし、メモの書き込みや、単語検索などの機能もあります。

アビタスのテキストなら、効率的な学習が可能です。

  1. 日本語のテキスト
  2. 重要単語は英語が併記
  3. 索引は日本語と英語の対訳形式☞単語帳として活用可
理解は日本語で、重要単語は英語で

 

(3)問題集(14冊)、問題集和訳集(7冊)

USCPA合格レベルまで理解が到達するよう、十分な問題演習ができるようになっています。

問題集は全て英文で、解説は日本語になっています。

問題集には和訳も用意されているので、英語に自信がない場合も安心です。

問題は冊子でも、Webでも演習が可能です。

Webでの演習(Webプラクティス)は、ランダムな出題、正答できなかった問題だけの出題など、オンラインの長所を活かした演習が可能です。

また、ボタン一つで問題文を英語から日本語に切り替える機能もあります。

すべての問題に動画解説がありますので、なぜその回答になるのか悩んだり、調べたりする必要はありません。

スマホで使える4択問題のアプリもありますので、スマートフォンやタブレットで、いつでも手軽に問題演習ができます。

選択肢シャッフル機能、日英切り替え機能もあります。

アビタスの問題演習は、ITツールが充実しています。

  1. 問題文の日英切り替えが可能、間違った問題だけ出題・ランダムに出題・本番に合わせた出題が可能なWebプラクティス
  2. 選択肢シャッフル機能、日英切り替えが可能な4択問題アプリ
オンラインの長所を活かした問題演習

 

(4)模擬試験

最新の模擬試験を4科目分、無償で受けられます。

自宅のPCでも、新宿本校や大阪校でも受験が可能です。

この模擬試験により、本番で落ち着いて問題を解くことができるようになります。

アビタスの模擬試験で、このようなことが可能になります。

  1. 本試験の形式に慣れる
  2. 集中力を維持して受ける難しさを実感する
  3. 時間配分を確認する
  4. 模擬試験受験時点での実力を知る
  5. 弱点を発見し、見直しにより、弱点の穴埋めをする
本試験を疑似体験

 

(5)学習サポート

USCPAの勉強は長丁場です。

その間、学習がうまく進まずに相談に乗ってもらいたくなるかもしれません。

また、講義を聴いたり、テキストを読んでも分からないことが出てきて、質問したいことが出てくるかもしれません。

さらに、USCPAの受験にたどり着くために、学歴評価、出願、試験会場予約など、いくつもやらなければならないことが発生します。

どう手続きを進めれば良いのか教えてほしいことも出てきます。

 

アビタスならば、5年間もサポートしてもらえますので、合格まで思ったより時間がかかってしまったとしても、安心して勉強を続けることができます。

もし万が一、5年間で合格できなかった場合や、しばらく勉強から遠ざかってしまって入学から5年以上経ってしまった場合でも、サポート期間の延長や再受講ができます。

 

サポート期間の延長の場合は、追加料金が必要にはなりますが、1年間または2年間のサポート期間延長のご用意があります。

再受講の場合は「USCPA 学習再開者向け資料」のご用意があり、最新のUSCPA試験や学習再開方法がわかりますので、スムーズにUSCPAの学習に再チャレンジできます。

 

アビタスなら、5年間の学習サポートがあります。

  1. 学習カウンセラーによる学習法カウンセリング
  2. 講師が疑問に答える質問教室
  3. 無制限のWeb質問回答サービス
  4. 詳細な受験手続きマニュアル
  5. 受験手続説明会や受験直前ガイダンス
安心・万全サポート

 

アビタスおすすめ2:単位取得講座が整備

単位取得プログラムが整備

 

アビタスは、カリフォルニア州立大学イーストベイ校(CSUEB)と提携しています。

カリフォルニア州立大学イーストベイ校

単位取得講座」が整備されおり、日本にいながら米国の大学の単位が取得できてしまいます!

USCPAを受験するには、2つの要件を満たす必要があります。

  1. 学位要件:4年制大学卒業の学位
  2. 単位要件:会計単位、ビジネス単位

USCPA試験を受験したいと考える人の多くは、「単位要件」を満たすだけの単位を持っていないため、追加で単位を取得することになります。

アビタスなら、「単位取得講座」が用意されているので安心です。

 

アビタスの「単位取得講座」の特徴は、以下の通りです。

アビタスの「単位取得講座」の特徴

  1. アビタスの問題集で合格できる
  2. 自宅のPCで受験できる
  3. 1科目60分、4択問題のみの出題で受験しやすい
  4. 不合格の場合、無料で再受験できる

 

(1)アビタスの問題集で合格できる

アビタスの問題集で勉強すれば、USCPA本番のための勉強で単位取得のための勉強もカバーできます。

時間の節約になりますし、追加で単位取得のための教材を購入する必要もありません。

 

(2)自宅のPCで受験できる

インターネット環境があれば、PCでどこででも受験できます。

受験を希望する日時の1時間前までに予約し、PC上で受験します。

合否(50%正解で合格)も受験終了後すぐ、PC上で分かります。

 

(3)1科目60分、4択問題のみ出題で受験しやすい

1科目60分、4択問題が30問出題されます。

4択問題(Multiple Choice)だけですので、USCPA本番のように、総合問題(Task-Based Simulation)や記述問題(Written Communication)を勉強していなくても大丈夫です。

2~3週間の学習内容を終えると、単位試験を1科目受験できるイメージです。

 

(4)不合格の場合、無料で再受験できる

万が一不合格だった場合でも、入会から2年間は、何度でも無料で再受験ができます(ただし、翌学期以降の受験となります)。

アビタスの「単位取得講座」なら、単位要件を満たすのも大変ではありません。

  1. アビタスの問題集を使って、本試験用の勉強をしているだけで、単位取得できてしまいます。
  2. 都合が良いタイミングで、自宅で単位試験が受けらるので、スムーズに単位取得を進めることができます。
本試験と単位取得の勉強が一体化

 

 

アビタスでUSCPA試験に1年で合格しましょう!

アビタスで、USCPA試験に1年で合格しましょう!

 

2022年10月時点で、アビタス出身のUSCPA合格者は、累積で5,300人を突破したことが発表されています。

多くの合格者を輩出してきたのですが、それは、効率よく勉強できるシステム作りと、安心して学習できるサポートを提供してきたことによるものでしょう。

 

どこがアビタスで勉強していたのは少し前になるのですが、サポートが丁寧で、非常にお世話になったので、今でも感謝しています。

このサポート体制は今も変わっていないのですが、講義、テキスト、問題集に関しては、当時よりさらに進化しており、日々、受験生のために改善を続けてきているのだと実感しています。

 

アビタスのサポート内容

  1. 講義(全218時間、全67回)
  2. オリジナルテキスト(13冊)
  3. 問題集(14冊)、問題集和訳集(7冊)
  4. 模擬試験
  5. 学習サポート

このようなしっかりとしたサポートと、受験要件を満たすための「単位取得講座」があるので、アビタスで勉強すれば、誰でも最速でUSCPA合格にたどり着けると確信しています。

USCPA合格のためには、予備校選びは非常に大切です。

この記事を読んだ方の中から、「アビタスのサポートがあれば頑張れる」「アビタスの教材が良さそうだから受講しようかな」と思ってくださる方が出たら、こんなに嬉しいことはありません。

 

 

以上、「アビタスならUSCPAに1年で合格!短期合格ならアビタスで」でした。

困った君
困った君
アビタスはすごいね。

スモールユニット形式で、隙間時間で勉強できるようになっているんだね。

アビタスの教材だけ頑張ってこなせば、USCPAに合格できるのは、すごく魅力だな。

かなり前向きにアビタス受講を考えてみようかな。

どこ
どこ
効率よく勉強して、短期間で合格したいなら、アビタスがおすすめなのがわかってもらえたかな。

スマホ一台で勉強できるようにしてしまった、アビタスの教材開発力には驚いたでしょう?

アビタスなら、英語力や会計知識に自信がなくても大丈夫だし、合格までの勉強が長引きそうでも、5年間もサポートしてもらえるから安心だよ。

アビタスの元受講生として、心からアビタスをおすすめできるので、検討してみてね。

 

アビタスにするか悩んでいる場合、まずは資料請求をしたり、説明会に申し込んでもいいでしょう。

資料請求説明会はこちらから(無料です)↓

アビタス公式サイト

 

アビタスに通うことを決めた場合は、紹介割引が適用されるようにお手配させていただきます。

アビタスの入会金11,000円(10,000円+税)が割引となるよう、アビタスにご紹介させていただきます。

ご紹介ご依頼フォーム、もしくは、TwitterのDMでご依頼ください。

アビタスのUSCPA説明会や個別カウンセリングについては、こちらの記事も参考にしてください。

アビタスのUSCPA講座の説明会とカウンセリング

 

アビタスの評判については、こちらの記事も参考にしてください。

アビタスのUSCPA講座の良い評判、残念な評判は?

 

他のUSCPA予備校と比較したい場合は、こちらの記事も参考にしてください。

USCPAの予備校4校を4つのポイントで比較!失敗しない学校選び

 

USCPAについてもっと知りたい場合は、こちらの記事も参考にしてください。

USCPAとは?有資格者がポイントを10個にまとめてご紹介!

ABOUT ME
USCPAどこ
ワシントン州USCPA(米国公認会計士)。USCPAの立場から、USCPA試験とUSCPAのキャリアについて書いています。BIG4大手監査法人監査人→米国企業経理職@バンコク→グローバル企業連結決算担当。
資格取得のための参考情報

資格取得のための参考情報

USCPA(米国公認会計士)

 

USCPA講座の資料請求・説明会申し込み(無料

アビタスの公式サイト

 

USCPA講座の紹介割引(入学金11,000円オフ

【紹介割引あり】アビタスでUSCPA(米国公認会計士)試験に1年で合格!

 

USCPAの受験ガイド(どこの本、アビタスの三輪先生の本)

 

BATIC(国際会計検定)

 

BATIC講座の資料請求(無料

TACのBATICコース

大原のBATICコース

BATIC(国際会計検定)が新しく!試験日は?どう勉強する?

 

BATICの公式テキスト・公式問題集

 

IFRS検定(国際会計基準検定・IFRS Certificate)

 

IFRS検定講座の紹介割引(受講料3,000円オフ)

【アビタス紹介割引あり】IFRS検定(国際会計基準検定)の難易度、活かし方

 

USCMA(米国公認管理会計士)、EA(米国税理士)

 

講座の資料請求(無料

TACのUSCMAコース

TACのEAコース

国際会計資格 USCPA・USCMA・EAの比較、どれを取るといいのか?

 

CIA(公認内部監査人)

 

講座の資料請求、説明会申し込み(無料

アビタスのCIAコース

TACのCIAコース

内部監査資格 CIA・CISA・CFEの比較、どれを取るといいのか?

 

簿記検定

 

講座の資料請求(無料

大原の簿記コース

TACの簿記コース

USCPA(米国公認会計士)と簿記検定、どっちが役に立つのか?

 

公認会計士

 

講座の資料請求(無料

CPA会計学院の公認会計士コース

大原の公認会計士コース

TACの公認会計士コース

USCPA(米国公認会計士)とJCPA(日本の公認会計士)の試験の違い

 

こちらの記事もおすすめ