【USCPA学校】学校比較

【紹介割引 1万円】アビタスのUSCPA合格体験記|アビタスが選ばれる理由は?

困った君
困った君
USCPA(米国公認会計士)に挑戦することにしたから、USCPAの予備校を探しているよ。

アビタス(Abitus)が第一候補なんだけど、会計知識がない自分でもアビタスで学習できるのかわからなくて困ったな。

どんな人がアビタスでUSCPAの学習をして、どうやって合格を勝ち取ったのか知りたいな。

どこ
どこ
どこは、ワシントン州のUSCPA(米国公認会計士)だよ。

アビタスの元受講生なんだけど、アビタスのおかげで約1年で全科目合格できたんだよ。

アビタスは、全科目合格できた受講生の声を「合格体験記」として集めているよ。

アビタスの「合格体験記」には、全科目合格したアビタス受講生の「USCPAを目指した理由」「これからUSCPAの学習を始める人へのアドバイス」などが載っているから、ご紹介していくね

既にアビタス(Abitus)に通うことを決めている場合は、当記事の一番最後から、【紹介割引】の申し込みをしてください。

アビタスの入会金11,000円(10,000円+税)が割引となるよう、アビタスにご紹介させていただきます。

 

 

アビタスのUSCPA合格体験記 アビタスが選ばれる理由は?

アビタスのUSCPA合格体験記 アビタスが選ばれる理由は?

アビタスのUSCPA合格体験記についてご紹介していきます。

 

あなたは、USCPAに挑戦しようと決意して、USCPAの予備校(学校・スクール)を探しているところでしょうか?

もしかしたら、いまのところ、アビタスが一番気になっていますか?

どこは、アビタスのおかげで約1年でストレート合格できたので、アビタスを心からおすすめしています。

 

以前、TwitterでどのUSCPA予備校で勉強をした(勉強をしている)かアンケートを取らせていただきました。

ちなみに、日本にはUSCPA予備校が、アビタス、プロアクティブ、TAC、大原の4校あります。

その結果、アビタスが80%で日本ではアビタスが断トツなことがわかりました。

 

アビタスの教材などについて、Twitterで(ほかInstagramなどで)情報交換が活発に行われています。

アビタス受講生なら、アビタス受講生が80%もいますので、何かわからないことがあったときに助けてもらえるので安心です。

 

ただ、最近、会計知識がないという方から、「アビタスはUSCPA予備校4校の中で一番初心者向けみたいだけど、それでもついていけるか心配」というご相談をいただきました。

アビタスでだめなら、他の予備校はもっとだめだと思っていますので、不安が解消できるように、アビタスの「合格体験記」をご紹介したいと思っています。

 

アビタスの「合格体験記」は、さすが老舗のUSCPA予備校なだけあって、USCPA全科目合格の受講生からの情報が豊富です。

学習開始時に会計知識がなかった合格者をみつけて、その人の「合格体験記」を読んでみれば、会計初心者でもアビタスで合格できることがわかり、不安が解消されるでしょう。

 

  1. アビタスの「合格体験記」を読んでみるだけではなく、アビタスに資料請求をしたり、説明会に申し込んでみても、疑問や不安が解消されるでしょう。
  2. アビタスのスタッフが、学習スケジュールや学習方法を丁寧に教えてくれます。
  3. アビタスの説明会は、PC、タブレット、スマホから参加でき、参加特典がありますので、お気軽に参加してみましょう。

資料請求説明会はこちらから(無料

アビタスの公式サイト

 

 

1.アビタスの「USCPA合格体験記」の検索

アビタスの「USCPA合格体験記」の検索

まず、アビタスの「USCPA合格体験記」を検索してみましょう。

 

アビタスの「合格体験記」は、ただ時系列で並べているのではなく、読みたい「合格体験記」を条件で絞って検索できます。

アビタスUSCPA合格体験記検索画面

アビタスの「USCPA合格体験記」の検索項目

  1. お住まい(全て、国内・通学圏、国内・通学圏外、海外)
  2. 会計経験(全て、有、無)
  3. 合格時年齢(全て、20歳未満、20代、30代、40代、50代)
  4. 業種(全て、製造業、金融・保険・不動産、学生、その他)
  5. 受講理由(全て、現職で必要、キャリアアップ、自己研鑽、転職・就職、希望部署異動、専門知識を身につける、英語力向上、グローバルに活躍、その他)
  6. TOEICスコア(全て、700点以上、800点以上、900点以上)

あなたと同じ条件で絞れば、あなたと似たような合格者の体験記が読めることになります。

 

たとえば、検索項目で「全て」にした際に一番最初に出てきた合格体験記はこちらでした☟

アビタスUSCPA合格体験記回答画面

条件で絞ったうえで、できる限り多くの「合格体験記」を読んで比較してみるといいと思います。

 

どこも、全科目合格した際にアビタスよりご依頼があり、合格体験記を寄稿しました。

検索していただくとどこの合格体験記も出てきます(ちなみに、アビタスの冊子にも掲載されました)。

合格者が続くようにと考えて一生懸命書かせていただいたのですが、他の寄稿者も同じような気持ちで書いていると思いますので、ぜひ参考にしていただきたいです。

 

  1. ただし、残念ながら、「業種」「TOEICスコア」は検索がうまくできません(条件を絞ることができません)のでご注意ください。
  2. アビタスに確認しましたが、「合格体験記」のリニューアルを機に合格者に回答してもらう項目を変えたため、まだデータが十分ではなく、検索ができない項目があるそうです。
  3. 後述のアビタスの「合格体験記」のデータもご覧ください。

 

 

2.アビタスの「USCPA合格体験記」のデータ

アビタスの「USCPA合格体験記」のデータ

アビタスの「USCPA合格体験記」のデータを見ていきましょう。

 

アビタスの「合格体験記」の検索項目別にデータを見ていきます。

アビタスの「USCPA合格体験記」の検索項目

  1. お住まい(全て、国内・通学圏、国内・通学圏外、海外)
  2. 会計経験(全て、有、無)
  3. 合格時年齢(全て、20歳未満、20代、30代、40代、50代)
  4. 業種(全て、製造業、金融・保険・不動産、学生、その他)
  5. 受講理由(全て、現職で必要、キャリアアップ、自己研鑽、転職・就職、希望部署異動、専門知識を身につける、英語力向上、グローバルに活躍、その他)
  6. TOEICスコア(全て、700点以上、800点以上、900点以上)

データは、2022年8月18日時点のものとなります(503名の「USCPA合格体験記」が掲載されていました)。

 

(1)お住まいのデータ

アビタスの「USCPA合格体験記」のお住まいのデータは、以下のようになります。

お住まい 全て 国内・通学圏 国内・通学圏外 海外
人数 503人 158人 246人 99人
割合 100% 31% 49% 20%

 

大きくは「国内にお住まいか」「海外にお住まいか」で2つに分かれています。

国内が「国内・通学圏」と「国内・通学圏外」で分かれているのは、以前はアビタスの校舎(東京と大阪)に通学している人が多かったからだと思います。

最近はオンラインで受講する人が多いので、あまり関係ないかもしれませんね。

海外にお住まいの方が20%で、やはり米国の資格を取ろうと考えただけありますね。

 

(2)会計経験のデータ

アビタスの「USCPA合格体験記」の会計経験のデータは、以下のようになります。

会計経験 全て
人数 503人 258人 245人
割合 100% 51% 49%

 

会計経験があった人、会計経験がなかった人は、半分ずつです。

会計経験がなかった人が半分もいますので、会計経験がなくてもアビタスで合格にたどり着けた人がたくさんいることがわかるでしょう。

アビタスは、会計経験が無くても理解できる教材になっています。

 

(3)合格時年齢のデータ

アビタスの「USCPA合格体験記」の合格時年齢のデータは、以下のようになります。

合格時年齢 全て 20歳未満 20代 30代 40代 50代
人数 503人 1人 157人 219人 77人 46人
割合 100% 0% 31% 44% 15% 9%

注)合計が500人にしかなりません。

 

合格時の年齢は、30代が44%と一番多く、20代の31%と合わせると75%です。

20代、30代の社会人が、仕事と勉強を両立して合格できています。

アビタスは、大事なことをギュッと詰め込んだ、コンパクトな教材となっていますので、働きながら無理なく短期で合格できます。

 

(4)業種のデータ(参考になりません)

アビタスの「USCPA合格体験記」の業種のデータは、以下のようになります。

業種 全て 製造業 金融・保険・不動産 学生 その他
人数 503人 1人 2人 2人 1人
割合 100% 0% 0% 0% 0%

注)合計が6人にしかなりません。

 

業種のデータは、うまく検索ができません。

そもそも、業種よりは職種が知りたいです!(そう思うのはどこだけでしょうか?)

 

(5)受講理由

アビタスの「USCPA合格体験記」の受講理由のデータは、以下のようになります。

受講理由 全て 現職で必要 キャリアアップ 自己研鑽 転職・就職
人数 503人 73人 75人 122人 41人
割合 100% 15% 15% 24% 8%
希望部署異動 専門知識を身につける 英語力向上 グローバルに活躍 その他
人数 2人 94人 14人 74人 7人
割合 0% 19% 3% 15% 1%

 

受講理由は、「自己研鑽」が24%と一番多いです(驚きました!)。

「なんとなくかっこいいから」などと書いていらっしゃる方もいて、そのくらいの動機で合格できたというのはすごいですよね(もしかしたら、実際はもっときちんとした動機があるのかもしれませんね)。

 

(6)TOEICスコア(参考になりません)

アビタスの「USCPA合格体験記」のTOEICスコアのデータは、以下のようになります。

TOEICスコア 全て 700点以上 800点以上 900点以上
人数 503人 1人 2人 1人
割合 100% 0% 0% 0%

注)合計が4人にしかなりません(アビタスに確認をしたところ、データが揃っていないそうです)。

 

TOEICスコアで絞って検索したい方が多いと思うので、うまく検索できないのはちょっと残念です。

データがそろってうまく検索できるようになるのをお待ちしています。

 

アビタスの「USCPA合格体験記」のデータからわかること

  1. 海外在住者は5人に1人
  2. 学習開始時に会計経験があった人・なかった人は半分ずつ
  3. 合格時の年齢は20代と30代が合わせて75%と大多数

 

 

【紹介割引】を使いたい方はこちら

どこは、アビタスの元受講生ですので、アビタスでUSCPAの勉強を始めたいと思われる方がいましたら、アビタスにご紹介させていただきます。

ご紹介特典

アビタスの入学金11,000円(10,000円+税)免除

 

(1)TwitterのDM

Twitterのアカウントをお持ちの方は、DMで①お名前(漢字)②お名前(フリガナ)メールアドレスをお知らせください。

どこのTwitterアカウント

(2)コンタクトフォーム

以下のフォームで①お名前(漢字)②お名前(フリガナ)メールアドレスをお知らせください。

題名に「USCPA紹介希望」と書いていただけますと、ご紹介がスムーズです。

 

最後に「送信」をクリックしてください。

「ありがとうございます。メッセージは送信されました。」と表示されましたら、メッセージの送信は成功しています。

どこからお返事を差し上げますので、少々お待ちくださいませ。






     

     

    以上、「【紹介割引 1万円】アビタスのUSCPA合格体験記|アビタスが選ばれる理由は?」でした。

    困った君
    困った君
    アビタスのUSCPA合格体験記って、参考になりそうだな。

    全科目合格したアビタス受講生のうち半分は会計初心者なんだね。

    会計初心者でも合格できるようなわかりやすい教材だから、アビタスが選ばれるんだね。

    どこ
    どこ
    会計初心者の人がアビタスのUSCPA合格体験記を読むときは、「会計経験」の有無で条件を絞って探すといいね。

    会計経験がない人のアドバイスが参考になるんじゃないかな。

    残念ながら、今は「TOEICスコア」で条件を絞って検索できないから、英語力が低くても大丈夫かどうかのデータが示せないんだけど。

    ただ、アビタスならテキストは英語と日本語が併記されているし、講義は日本語だから心配はいらないよ。

    アビタスは会計知識にも英語力にも自信がなくても学習できる環境が整っているから、安心してね。

    アビタスの資料請求説明会個別カウンセリング申し込み(無料

    アビタスのUSCPAコース

     

    アビタス(Abitus)がおすすめである理由については、こちらの記事を参考にしてください。

    【紹介割引あり】アビタスなら、USCPA(米国公認会計士)試験に1年で合格!
    【紹介割引 1万円】アビタスならUSCPAに1年で合格!短期合格ならアビタスで【紹介割引1万円あり】アビタスの入学金が11,000円(10,000円+税)の割引となるよう、アビタス元受講生のUSCPAとしてご紹介させていただきます。USCPAの予備校でアビタスがおすすめな理由は、大きく分けて2つ。5年間のフルサポートがあるので、他の予備校より、期間が長く、手厚いことと、「単位取得講座」が整備されているので、他の予備校より、単位が取得しやすいことです。...

    アビタスの費用や割引については、こちらの記事を参考にしてください。

    【紹介割引 1万円】アビタスのUSCPAプログラム 費用、割引、教育訓練給付制度(アビタスに確認済)
    【紹介割引 1万円】アビタスのUSCPA講座の費用を最大限安くする!各種割引と教育訓練給付金【紹介割引1万円あり】アビタスの入学金が11,000円(10,000円+税)の割引となるよう、アビタス元受講生のUSCPAとしてご紹介させていただきます。アビタスの割引完全版です!アビタスでUSCPA(米国公認会計士)の講座を受講する場合、どのくらい費用がかかるのか、最大限安く申し込むための各種割引や教育訓練給付金についてご説明します。...

    アビタスの評判が知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

    アビタスのUSCPAプログラムの良い評判、残念な評判は?
    【紹介割引 1万円】アビタスのUSCPA講座の良い評判、残念な評判は?口コミも【紹介割引1万円あり】アビタスの入学金が11,000円(10,000円+税)の割引となるよう、アビタス元受講生のUSCPAとしてご紹介させていただきます。USCPA(米国公認会計士)予備校を探している場合、アビタスが第一候補になるのではないかと思います。ですが、実際のところ、アビタスのUSCPA講座はどうなのか気になると思いますので、良い評判と悪い評判の両方をご紹介していきます。...

    アビタスを含めた、USCPAの予備校4校を比較したい方は、こちらの記事を参考にしてください。

    USCPA予備校4校(アビタス・プロアクティブ・TAC・大原) 4つのポイントで比較
    【2022年最新】USCPAの予備校4校を4つのポイントで比較!失敗しない学校選び【失敗しない学校選び】2022年最新!USCPA(米国公認会計士)の予備校について、説明しています。当記事を読めば、自分に合った予備校が選べるようになります。USCPA(米国公認会計士)の予備校は4校ありますので、教材、講義、サポート、受講料という4つの特徴から、4つの予備校を比較していきます。USCPAの予備校という言い方をしていますが、USCPAの学校・スクール・専門学校・塾・講座だと思っていただければと思います。...

    USCPAについてもっと知りたい場合は、こちらの記事を参考にしてください。

    USCPA(米国公認会計士)とは?
    USCPA(米国公認会計士)とは?USCPAがポイントを10個にまとめてご紹介!USCPA(米国公認会計士)有資格者で『USCPAになりたいと思ったら読む本』の著者が、USCPAに興味がある人に向けて、USCPAについて知っておいてもらいたいことを10にまとめました!USCPA試験の試験制度、USCPA試験合格までに必要な勉強時間、USCPA試験の難易度、USCPA試験合格に必要な英語力と会計知識、USCPA試験の受験資格、USCPA試験の合格までにかかる総費用、USCPA試験の学習方法、USCPAのステイタスとライセンス、USCPA試験合格後のキャリアがまとめられています。...
    ABOUT ME
    USCPAどこ
    ワシントン州USCPA(米国公認会計士)。USCPAの立場から、USCPA試験とUSCPAのキャリアについて書いています。BIG4大手監査法人監査人→米国企業経理職@バンコク→グローバル企業連結決算担当。
    資格取得のための参考情報

    資格取得のための参考情報

    USCPA(米国公認会計士)

     

    USCPA講座の資料請求・説明会申し込み(無料

    アビタスの公式サイト

     

    USCPA講座の紹介割引(入学金11,000円オフ

    【紹介割引あり】アビタスでUSCPA(米国公認会計士)試験に1年で合格!

     

    USCPAの受験ガイド(どこの本、アビタスの三輪先生の本)

     

    BATIC(国際会計検定)

     

    BATIC講座の資料請求(無料

    TACのBATICコース

    大原のBATICコース

    BATIC(国際会計検定)が新しく!試験日は?どう勉強する?

     

    BATICの公式テキスト・公式問題集

     

    IFRS検定(国際会計基準検定・IFRS Certificate)

     

    IFRS検定講座の紹介割引(受講料3,000円オフ)

    【アビタス紹介割引あり】IFRS検定(国際会計基準検定)の難易度、活かし方

     

    USCMA(米国公認管理会計士)、EA(米国税理士)

     

    講座の資料請求(無料

    TACのUSCMAコース

    TACのEAコース

    国際会計資格 USCPA・USCMA・EAの比較、どれを取るといいのか?

     

    CIA(公認内部監査人)

     

    講座の資料請求、説明会申し込み(無料

    アビタスのCIAコース

    TACのCIAコース

    内部監査資格 CIA・CISA・CFEの比較、どれを取るといいのか?

     

    簿記検定

     

    講座の資料請求(無料

    大原の簿記コース

    TACの簿記コース

    USCPA(米国公認会計士)と簿記検定、どっちが役に立つのか?

     

    公認会計士

     

    講座の資料請求(無料

    CPA会計学院の公認会計士コース

    大原の公認会計士コース

    TACの公認会計士コース

    USCPA(米国公認会計士)とJCPA(日本の公認会計士)の試験の違い

     

    こちらの記事もおすすめ