【USCPA試験】勉強準備

【紹介割引あり】アビタスのUSCPA(米国公認会計士)説明会とカウンセリング

困った君
困った君
USCPA試験を受けることにしたから、USCPAの予備校を探しているよ。

アビタスが第一候補なんだけど、申し込む決心がつかなくて、困ったな。

どこ
どこ
どこは、ワシントン州のUSCPA(米国公認会計士)だよ。

アビタス(Abitus)の元受講生なんだけど、アビタスのサポートのおかげで、約1年で全科目合格できたんだよ。

アビタスに決めていいのか迷っているなら、まずはアビタスの説明会に参加してみるといいよ。

そして、説明会のあとに、個別カウンセリングを受けると迷いがなくなると思うよ。

アビタスの説明会と個別カウンセリングについて、ご説明していくね。

既にアビタス(Abitus)に通うことを決めている場合は、当記事の一番最後から、【紹介割引】の申し込みをしてください。

アビタスの入会金11,000円(10,000円+税)が割引となるよう、アビタスにご紹介させていただきます。

アビタスにするか悩んでいる場合、資料請求をしたり、説明会に申し込んでみましょう。

アビタスの説明会は、PC、タブレット、スマホから参加でき、参加特典がありますので、お気軽に参加してみましょう。

 

資料請求説明会はこちらから(無料

アビタスの公式サイト

 

1.アビタスのUSCPAプログラムの説明会

まず、アビタスのUSCPAプログラムの説明会について見ていきましょう。

アビタスのUSCPAプログラムの説明会

  1. USCPAの最新情報を網羅
  2. 完全オンライン
  3. PC・タブレット・スマホからの参加が可能
  4. 平日の夜も開催(19時から20時の1時間)
  5. 参加特典あり!

 

(1)USCPAの最新情報を網羅

アビタスのUSCPAプログラムのアドバイザーの方が、USCPAの最新情報を説明してくれます。

アビタスのUSCPAプログラムの説明会の内容

  1. USCPA資格の特徴
  2. USCPA試験の制度とライセンス取得
  3. アビタスの教材とサポート
  4. お申し込み方法

 

録画型ではなく生中継型なので、パンフレットの内容をただ説明するだけではなく、最新の情報を盛り込みながら、分かりやすく説明してもらえます。

 

USCPAの資格がどのようなもので、どのように活かせるのか。

また、USCPAの試験はどのような出題形式で、どのように受験するのか。

さらに、学習開始からライセンス取得までの流れ。

これは、どのUSCPA予備校を選ぶとしても、必ず知っておきたい情報です。

 

アビタスのUSCPAプログラムはどのような構成で、教材はどのような点が優れているのか。

そして、アビタスなら、どれだけしっかりとしたサポートがあるか。

アビタスでUSCPAプログラムを受講したら、何を使って、どのように学習を進めていけば合格にたどり着けるのかイメージができます。

 

最後に、アビタスのUSCPAプログラムで頑張りたい、アビタスのUSCPAプログラムも選択肢の1つにしようと思った方に対し、受講料金やお申し込み方法、一般教育訓練給付金制度について。

USCPA資格やUSCPAの試験制度についての説明をしてUSCPAについて理解をしてもらい、アビタスのUSCPAプログラムについての説明をしてアビタスの良さを知ってもらう。

説明会は、USCPAにもアビタスにも納得してから、申し込んでもらえるような内容になっているわけです。

 

(2)完全オンライン

アビタスのUSCPAプログラムの説明会は、完全オンラインです。

これは、新型コロナ感染拡大を防ぐための「緊急事態宣言」による影響です。

校舎(新宿・八重洲・梅田)での説明会の開催は、現時点(2021年9月時点)では中止しています。

 

アビタスは、以前からオンライン化を進めており、受講のお申し込みや学習は、既にオンラインで行えていました。

さらに、説明会もオンラインとなり、説明会から合格までがオンラインで完結できるようになったわけです。

 

アビタス校舎に行くとなると、時間がかかりますし、人が集まるということで不安がありますが、完全オンラインですので、気軽に安心して参加できます。

もちろん、オンラインですので、東京や大阪のアビタス校舎の遠方にお住まいの方、海外在住の方も参加できます。

 

(3)PC・タブレット・スマホからの参加が可能

アビタスのUSCPAプログラムの説明会は、タブレットやスマホからも参加できます。

ネット環境は必要ですが、Webカメラやマイクは必要ありません。

 

Zoom(ウェビナーツール)を使います。

ですので、説明会に参加する前に、Zoomを事前にダウンロードし、インストールする必要はあります。

 

(4)平日の夜も開催(19時から20時の1時間)

アビタスのUSCPAプログラムの説明会は、週末はもちろん、平日夜にも開催されています。

以前は週末の開催が多かったのですが、現在は平日の夜は毎日のように開催されており、開催頻度が高まっています。

 

基本的には、平日の夜は19時から20時まで、1時間の開催です。

自宅でリモートワークの方だけではなくても、お仕事が終わってからでも間に合うように配慮されています。

 

(5)参加特典あり!

アビタスのUSCPAプログラムの説明会に参加し、説明会終了後のアンケートに答えると、参加特典がもらえます。

アビタスのUSCPAプログラムの説明会参加特典

  1. サンプル 電子テキスト
  2. サンプル eラーニング

 

説明会限定の参加特典があるというのは嬉しいですね。

英文会計入門コースのサンプルテキストがもらえるので、USCPAとなると迷ってしまうけれど英文会計に興味がある人は、まず説明会に参加だけでもして、特典をもらいましょう。

スマホなどで、平日の夜や週末に気軽に参加できます。

参加特典もあります!

 

説明会のお申し込みはこちらから(無料

アビタスの公式サイト

 

2.アビタスのUSCPAプログラムのカウンセリング

つぎに、アビタスのUSCPAプログラムのカウンセリングについて見ていきましょう。

アビタスのUSCPAプログラムのカウンセリング

  1. カウンセラーに個別に相談
  2. Zoom・Skype・電話で相談可
  3. 説明会終了後にも相談可
  4. 平日13時から18時、土日祝日11時から18時に予約

 

(1)カウンセラーに個別に相談

説明会と違って、カウンセラーと1対1で話せます。

たとえば、カウンセリングでは、以下のようなことが相談できます。

カウンセラーに相談できることの例

  1. USCPA資格やUSCPAプログラムの詳細
  2. 学習計画や勉強時間
  3. 出願州、単位取得、学歴評価
  4. USCPA合格後のキャリア
  5. お申込み方法

 

最近カウンセリングを受けた方の場合ですが、受講料割引の詳細、学費ローンの申し込み方法、学習モデルプラン(相談後、メール添付で送ってもらっていました)、学歴評価の手順についてアドバイスがもらえたそうです。

受講料の心配がなくなり、学習の進め方や受験手続きの進め方のイメージができて、アビタスでの受講について、かなり前向きに考えられるようになったそうです。

 

(2)Zoom・Skype・電話で相談可

説明会と同じく、オンラインでの相談ができます。

オンラインの場合、PCを使用することが推奨されていますが、タブレットやスマホでも可能です。

また、電話でも相談ができます。

 

(3)説明会終了後にも相談可

説明会終了後に、そのままカウンセリングをしてもらえます。

説明会のすぐ後で記憶が新しいので、さらに詳細をきいてもいいでしょう。

また、説明会までに疑問点をメモしておき、1つ1つ質問して疑問を解決させてもいいでしょう。

 

(4)平日13時から18時、土日祝日11時から18時に予約

カウンセリングを予約できるのは、平日の13時から18時、土日祝日の11時から18時です。

ただし、アビタスは木曜日が定休日ですので、木曜日は予約できません。

カウンセリングを希望する日時の希望を伝え、カウンセラーとの日程調整の上でカウンセリングの日時が決まります。

 

個別カウンセリングは、

  1. 説明会では、知りたいことに言及が無かった!
  2. 説明会では、疑問点が解決できなかった!
  3. 説明会の日程が自分の都合に合わない!
  4. 個人的な相談がしたい!

といった場合に、ぜひ申し込みましょう。

 

個別カウンセリングのお申し込みはこちらから(無料

アビタスの公式サイト

 

【紹介割引】を使いたい方はこちら

どこは、アビタスの元受講生ですので、アビタスでUSCPAの勉強を始めたいと思われる方がいましたら、アビタスにご紹介させていただきます。

ご紹介特典

アビタスの入学金11,000円(10,000円+税)免除

 

(1)TwitterのDM

Twitterのアカウントをお持ちの方は、DMで①お名前(漢字)②お名前(フリガナ)メールアドレスをお知らせください。

どこのTwitterアカウント

(2)コンタクトフォーム

以下のフォームで①お名前(漢字)②お名前(フリガナ)メールアドレスをお知らせください。

題名に「USCPA紹介希望」と書いていただけますと、ご紹介がスムーズです。

 

最後に「送信」をクリックしてください。

「ありがとうございます。メッセージは送信されました。」と表示されましたら、メッセージの送信は成功しています。

どこからお返事を差し上げますので、少々お待ちくださいませ。






     

     

    以上、「【紹介割引あり】アビタスのUSCPA(米国公認会計士)説明会とカウンセリング」でした。

    困った君
    困った君
    アビタスの説明会は、気軽に参加できるんだね。

    資料請求しかしていなくて、パンフレットだけではよくわからなかったから、説明会に参加してみることにするよ。

    どこ
    どこ
    アビタスに決めていいのか迷っているなら、資料請求をしてパンフレットを見るより、説明会への参加の方がいいかもね。

    パンフレットだけでは何がよくわからなかったのかはっきりさせて、説明会に参加し、説明会で解決できなかったら、個別カウンセリングも併せて受けてみるといいね。

    説明会はたった1時間だし、参加特典もあるから、ぜひ参加してみてね。

    アビタスの資料請求説明会個別カウンセリング申し込み(無料

    アビタスの公式サイト

     

    アビタス(Abitus)がおすすめである理由については、こちらの記事を参考にしてください。

    【紹介割引あり】アビタスなら、USCPA(米国公認会計士)試験に1年で合格!
    【紹介割引あり】アビタスなら、USCPA(米国公認会計士)試験に1年で合格!【紹介割引あり】アビタスの入学金が11,000円(10,000円+税)の割引となるよう、アビタス元受講生のUSCPAとしてご紹介させていただきます。USCPAの予備校でアビタスがおすすめな理由は、大きく分けて2つ。5年間のフルサポートがあるので、他の予備校より、期間が長く、手厚いことと、「単位取得プログラム」が整備されているので、他の予備校より、単位が取得しやすいことです。...

    アビタスの費用や割引については、こちらの記事を参考にしてください。

    【紹介割引あり】アビタスのUSCPA(米国公認会計士)プログラム費用、割引、教育訓練給付制度
    【紹介割引あり】アビタスのUSCPA(米国公認会計士)プログラム費用、割引、教育訓練給付制度【紹介割引あり】アビタスの入学金が11,000円(10,000円+税)の割引となるよう、アビタス元受講生のUSCPAとしてご紹介させていただきます。アビタスでUSCPA(米国公認会計士)のプログラムを受講する場合、どのくらい費用がかかるのか、割引や教育訓練給付制度が使えるのかご説明します。...

    アビタスの評判が知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

    【紹介割引あり】アビタスのUSCPA(米国公認会計士)プログラムの良い評判、残念な評判は?
    【紹介割引あり】アビタスのUSCPA(米国公認会計士)プログラムの良い評判、残念な評判は?【紹介割引あり】アビタスの入学金が11,000円(10,000円+税)の割引となるよう、アビタス元受講生のUSCPAとしてご紹介させていただきます。USCPA(米国公認会計士)予備校を探している場合、アビタスが第一候補になるのではないかと思います。ですが、実際のところ、アビタスのUSCPAプログラムはどうなのか気になると思いますので、良い評判と悪い評判の両方をご紹介していきます。...

    アビタスを含めた、USCPAの予備校4校を比較したい方は、こちらの記事を参考にしてください。

    USCPA予備校4校(アビタス・プロアクティブ・TAC・大原) 4つのポイントで比較
    USCPA(米国公認会計士)の予備校4校を4つのポイントで比較!USCPA(米国公認会計士)の予備校について、説明しています。USCPA(米国公認会計士)の予備校は4校ありますので、教材、講義、サポート、受講料という4つの特徴から、4つの予備校を比較しています。...

    USCPAについてもっと知りたい場合は、こちらの記事を参考にしてください。

    USCPA(米国公認会計士)とは?
    USCPA(米国公認会計士)とは? 知っておきたい情報を10にまとめてご紹介USCPA(米国公認会計士)の立場から、USCPAについて、試験制度、勉強時間、難易度、受験資格、総費用、学習方法、キャリアなどを10にまとめてご紹介しています。...
    ABOUT ME
    USCPAどこ
    ワシントン州USCPA(米国公認会計士)。USCPAの立場から、USCPA試験、USCPAのキャリア、USCPAの人生設計について書いています。BIG4大手監査法人監査人→米国企業経理職@バンコク→大手グローバル企業連結決算担当。
    こちらの記事もおすすめ