学校比較

【プロアクティブ】USCPA講座の評判・口コミは?安さで選ばないこと!

プロアクティブのUSCPA講座の良い評判、残念な評判は?【安さで選ばず口コミ確認】
サイト内にプロモーションを含みます

 

困った君
困った君
USCPA(米国公認会計士)試験を受けることにしたから、USCPAの予備校を探しているよ。

プロアクティブのUSCPA講座が安いから気になってるんだけど、実際はどうなのかな。

安さで学校を選んで失敗しないか悩んでいるよ。

どこ
どこ
どこは、アビタスの元受講生で、アビタスのおかげで短期合格したよ。

アビタスが一番いいのだろうけど、プロアクティブは受講料が安いからプロアクティブにしようか迷っている方から、相談をいただくことが多いよ。

結論からすると、プロアクティブにして後悔したり、プロアクティブだけでは合格できない人が多すぎるので、おすすめしていないよ。

プロアクティブにするか迷っている人に向けて、プロアクティブ受講生の口コミとともに、プロアクティブの良い評判と残念な評判のどちらも紹介していくね。

プロアクティブは新規受講生を受付していません(2024年2月時点)。

そもそも申し込みができないので注意!

廃校との噂が出ていますが、2024年再開の予定は未定とのこと(2023年11月にプロアクティブに再確認)。

 

アビタスの教材は新試験に完全対応しているので安心!

どこアビタスのおかげでUSCPA短期合格できました。

 

アビタスへの資料請求無料

アビタスに資料請求する↓ 

USCPA/米国公認会計士 国際資格 アビタス

 

どこアビタスの元受講生なので、アビタスに紹介可能。

アビタス紹介割引(入学金11,000円割引

アビタスへの紹介を依頼する↓

Abitus紹介ご依頼フォーム

 

どこの著書『USCPA(米国公認会計士)になりたいと思ったら読む本』も参考にしてくださいね。

USCPA資格の活かし方USCPA短期合格のコツも記載しています。

 

これからUSCPAに挑戦する場合「USCPAの始めかた」も参考にしてください。

https://www.dokoblog.com/uscpa-beginning/

【プロアクティブ】USCPA講座の評判・口コミは?安さで選ばないこと!

プロアクティブ ニューヨーク州

 

プロアクティブのUSCPA講座の良い評判、残念な評判を、口コミとともにご紹介していきます。

 

プロアクティブの良い評判と残念な評判を2つずつ挙げます。

プロアクティブの良い評判

  1. プロアクティブの受講料は安い!【ただし人による】
  2. プロアクティブの事務サポートは丁寧で早い!

プロアクティブの残念な評判

  1. プロアクティブの授業は合わない!【ただし人による】
  2. プロアクティブの教材は不足が多く不安!

 

Twitterでどの学校でUSCPAの勉強をしたか(勉強しているか)のアンケートを取ったことがあります。

「どのUSCPA予備校で勉強しました(勉強しています)か?」というアンケート

527票の投票の結果、85%アビタス受講生という驚きの結果に。

プロアクティブは5%という少なさ。

アビタスの受講生が大多数で、プロアクティブを含めた3校は少数派であることがわかっていただけると思います。

 

Twitterを見ていると、プロアクティブの受講生のツイートが少ないですし、プロアクティブ受講生同士の情報交換があまり盛んではない印象です。

 

 

私もTwitterでプロアクティブ受講生をほとんど見たことがないため、5%(25人)いると知って反対に驚きました。

 

ほかのSNSでもプロアクティブ受講生はほとんど見たことがないため、プロアクティブ受講生が少なく感じるのはTwitterの世界だけの話ではないでしょう。

ちなみに、Twitterでは、プロアクティブのことをP校と呼ぶ人が大半です。

  1. アビタス:アビタス、アビ、A校
  2. プロアクティブ:P校
  3. TAC:TAC、T校
  4. 大原:???(Twitterでは見ません)

 

現時点であなたは、アビタスではなく、プロアクティブにしたいと思われているかもしれませんね。

実は、多くのプロアクティブ受講生から、不合格を繰り返して困っていること、受験自体をあきらめようか迷っているなどの相談を多くいただいています。

そのようなご相談とTwitterでのプロアクティブ受講生のツイートから、プロアクティブの良い評判と残念な評判をご説明していきます。

 

プロアクティブは新規受講生を募集していないです(2024年2月時点)。

そもそも申し込みができないので注意!

 

アビタスの教材は新試験に完全対応しているので安心!

どこアビタスのおかげでUSCPA短期合格できました。

 

アビタスへの資料請求無料

アビタスに資料請求する↓ 

USCPA/米国公認会計士 国際資格 アビタス

 

どこアビタスの元受講生なので、アビタスに紹介可能。

アビタス紹介割引(入学金11,000円割引

アビタスへの紹介を依頼する↓

Abitus紹介ご依頼フォーム

 

アビタスにするか決められない場合、アビタス以外のUSCPA予備校にも資料請求し、比較検討しましょう!

 

各USCPA予備校へ資料請求(無料

  1. 【アビタス】に資料請求する
  2. 【TAC】に資料請求する
  3. 【CPA会計学院】に資料請求する

 

1.プロアクティブのUSCPA講座の良い評判は?

USCPA プロアクティブ よい評判

プロアクティブの良い評判から見ていきましょう。

 

プロアクティブの良い評判は、「プロアクティブの受講料は、USCPA予備校の中で最安」「プロアクティブの事務サポートは丁寧」が挙げられます。

プロアクティブの良い評判

  1. プロアクティブの受講料は最安!【ただし人による】
  2. プロアクティブの事務サポートは丁寧!

 

(1)プロアクティブの受講料は最安!【ただし人による】

プロアクティブの受講料は安いです。

よくディスカウントをしており、安さが最大のウリです。

プロアクティブの宣伝

プロアクティブのUSCPA講座

税込319,000円~でしたら、たしかに安いですね。

ですが、全体の費用が安くすむのは、単位が必要ない人、もしくは、あまり必要ない人です。

 

USCPAの予備校にかかる費用は、大きく分けて受講料と単位取得料に分かれます。

USCPAの予備校にかかる費用

  1. 受講料
  2. 単位取得料:プロアクティブは別料金、追加でかかる!

 

プロアクティブが安く見えるのは、単位取得料が含まれていない受講料だけの金額が宣伝で使われているからです。

安いと思って申し込んだら、思った以上にトータルが高くなったという声をよく聞きます。

 

ちなみに、USCPA予備校4校の費用は、以下のようになります。

アビタス
  1. スタンダードパック:616,300円(15単位込み)
  2. 学生専用パック:558,000円(19科目込み)

単位取得料が含まれる

注)古い情報のままのサイトが多いですが、現在はスタンダードバックと学生専用パックの2つです。

プロアクティブ
  1. eラーニングコース:319,000円
  2. 通学・通信コース:385,000円

単位取得料は含まれない。1科目3単位あたり250ドルかかる。

TAC
  1. 総合本科生:484,000円~570,000円
  2. 総合本科生Plus:494,000円~590,000円

総合本科生と総合本科生Plusの違いは、英文会計入門講義が含まれているかどうか。

単位取得料は含まれない。3単位あたり18,000円かかる。

大原
  1. 映像通学コース:655,000円(24単位込み)
  2. Web通信コース:635,000円(24単位込み)

単位取得料が含まれている。

 

注意していただきたいのですが、プロアクティブとTACは、単位取得料が含まれていません

よって、米国の大学で会計学を専攻していた方などを除くと、単位取得料が必ず追加でかかってきます。

 

プロアクティブは、安さが最大のウリだと思うのですが、場合によってはたいして安くないということもありえます。

みかけの受講料だけで考えず、各USCPA予備校からお見積りをもらって、結局いくらになるのか比較した方がいいでしょう。

各USCPA予備校の無料資料請求先(お見積りをもらうこと!)

  1. 【アビタス】に資料請求する
  2. 【TAC】に資料請求する
  3. 【CPA会計学院】に資料請求する

注)プロアクティブは新規受講生受付中止中です。

 

(2)プロアクティブの事務サポートは丁寧!

Twitterでみかけるプロアクティブの良いコメントの大半は、事務サポートがよいというものです。

 

プロアクティブは返信が迅速で、事務サポートには感謝している声が多いです(ただし、この方はプロアクティブ受講生ですが、アビタスも併用しています)。

この方もツイッターをやめてしまったようですが、プロアクティブ受講生がツイートしないため、このまま掲載中。

 

たしかに、どこも以前プロアクティブにお問い合わせをした際、事務サポートの方から丁寧な返事を迅速にいただきました。

とはいえ、他の3校(アビタス、TAC、大原)にも同じようにお問い合わせをしましたが、同じように丁寧な返事を当日中、もしくは翌日にいただきました。

よって、どの学校もあまり違いはないと思っています(客商売なので基本的には丁寧でしょう)。

 

アビタスへの入学希望者で、アビタスへ紹介させていただいた方から「アビタスよりプロアクティブの方が事務サポートがよかったので、やっぱりプロアクティブにします。せっかく紹介していただいたのにすみません」とご連絡をいただいたことがあります。

ご自分の判断を大事にしていただきたいので、プロアクティブを選んだこと自体はいいと思います。

 

とはいえ、USCPA予備校で一番大切なのは、事務サポートではないはずです。

教材の内容が一番大切でしょうから、事務サポートではなく教材の内容で決めるべきではないかというのが個人的な考えです。

教材の内容でも比較してもらうよう、その方にはお伝えはしました(そして最近、プロアクティブにして後悔していると、アビタスに乗り換えた方がいいのか相談が来ました)。

 

 

2.プロアクティブのUSCPA講座の残念な評判は?

プロアクティブ 残念な評判

 

プロアクティブの残念な評判も見ていきましょう。

 

プロアクティブの残念な評判は「プロアクティブの授業が合わない!」「プロアクティブの教材は網羅されていなくて、これだけで大丈夫か不安」が挙げられます。

プロアクティブの残念な評判

  1. プロアクティブの授業が合わない!【ただし人による】
  2. プロアクティブの教材は不足が多く不安!

 

(1)プロアクティブの授業が合わない!【ただし、人による】

プロアクティブの講師は、非常に独特な授業をします。

この独特な授業が好きという人と、苦手という人で明確に分かれます。

 

この方はプロアクティブの講義が好きなようです(とはいえ、アビタスも併用しています)。

 

この方は、会計知識があっても厳しいようですね。

ただし、講師の解説は的確で面白く飽きないとのことですね。

 

このように「講師のクセが強いが、全く眠くならないし、印象に残る」「説明不足感が否めないが、頭に残るといえば残る」などと言う人も一定割合います。

 

この方は、講義がわからないところが多いようですね(後悔しないのでしたら、良かったです)。

 

この方も、講義内容でつまづいたようですね(アビタスのテキストで補完できたようで、良かったです)。

 

解説が10秒しかなくて、疑問が解決しないのは困りますね。

解説動画に不満がある方は多いようです(説明にムラがあるなど)。

 

P校のe-learningは使いづらい。

文書化された解説がなく、口頭のみ。

しかも、その口頭の解説が手抜きだったりするようです。

 

 

最近のP校(プロアクティブ)受講生は、悪いツイートしかしないので、残念ながら悪い評判ばかりになってしまいます(悪意はなく、もちろん良いツイートも探しています)。

「Aが答えだからAです」みたいのが本当に多いらしいです(プロアクティブ受講生から直接聞いています)。

 

ちなみに、どこは、USCPAの予備校を決める際、USCPAの予備校4校の資料を取り寄せ、4校の体験授業を受けました。

プロアクティブの授業だけはどうしても合いませんでした。

 

面白いという方もいるので、合う人は合うのでしょうけれど、生理的に合いませんでした。

アビタスは、どの講師も大好きでしたので、これは単に相性の問題だと思います。

 

これは人によるので、ご自分で確かめていただいた方がいいです。

ちなみに、今サポートをさせていただいているプロアクティブ受講生の方は「プロアクティブの授業がわかりやすく、楽しくて好き」と言っていますので、本当に人によります。

ただし、この方は合計10回は不合格になっていますので、合格できるかはまた別です(2023年10月のスコアリリースでめでたく全科目合格しました!)。

 

(2)プロアクティブの教材は不足が多く不安!

プロアクティブの教材は、他のUSCPA予備校のように、しっかりとまとまったテキストがありません。

テキストというより、講義のメモのようなものがあるだけです。

 

すでにご説明しましたように、問題解説が動画のみで紙で見られません。

また、アビタスのような、リサーチ問題やWC問題対策のきちんとした教材がないですし、質問教室のような受講生支援の授業もないです。

 

 

このようにプロアクティブのテキストを並べると、プロアクティブとアビタスの差が明白ですね。

左の4冊がプロアクティブのテキスト、右の大量の本がアビタスのテキストです。

プロアクティブでは全部をカバーできているのか不安になるのはよくわかります。

 

ちなみに、今サポートをさせていただいているプロアクティブ受講生の方は、講義自体は好きだけど、復習をする際は動画しかないので聴き直さないといけないので非効率だし、教材は「Completeness(網羅性)」に疑問アリと言っています。

プロアクティブでは、MC問題ができればTBS問題(リサーチ問題やWC問題を含む)の対策はあまり必要がないとしているようで、アビタスにはきちんとした対策授業があると知って驚いていました。

結局、アビタスのテキストをメルカリで購入し、最新情報やリサーチ問題やWC問題対策の情報は私などから得てしのいでいました。

 

正直なところ「プロアクティブは、対策講義を用意するのが面倒なので対策は必要ないと言っているのでは?」と疑いたくなってしまいます。

FARとAUDで不合格を繰り返し、佐々木講師に電話で相談をしたところ「とにかくMC問題を繰り返せ。MC問題ができればTBS問題もできる」と言われたそうです。

 

不合格の原因がMCではなくSimulation(TBS問題)がWeaker(ギリギリ合格者に比べて点が取れなかった)であることが「Performance Report(不合格の場合の結果レポート)」で明らかにも関わらず。

TBS問題へのアドバイスはなく、MC問題をとにかく回せとのこと。

 

 

このように、プロアクティブからアビタスに乗り換えようか考える方が、本当に多いです。

そして、実際にプロアクティブからアビタスに乗り換える方が多いです。

 

 

プロアクティブのUSCPA講座に関するよくある質問

よくある質問 Q&A

 

プロアクティブのUSCPA講座について問い合わせをいただきます。

正直なところ、どこはプロアクティブ関連者ではないのでよく分からないです。

よって、サポートしているプロアクティブ受講生に教えてもらったり、数少ないX(旧Twitter)のポストを参考にさせていただいたり、直接プロアクティブに問い合わせています。

 

(1)プロアクティブで新USCPA試験に対応できるか?

プロアクティブで2024年1月からの新USCPA試験に対応できるかについては、2024年2月時点では対応できるか不明です。

少なくとも、選択科目対応教材はまだないようです。

 

「相場よりWileyが安く買えるようにするので、Wileyで対応するように」という回答をもらったというプロアクティブ受講生はいました。

 

(2)プロアクティブは2024年から受講生を募集するか?

プロアクティブに2023年11月に直接問い合わせましたが未定。

約1ヶ月後のことなのに未定ということは、2024年1月になったら何か大きく変わるという見込みは低いのではないでしょうか。

 

(3)既存のプロアクティブ受講生のサポートはいつまで?

新規ではなく既存のプロアクティブ受講生のサポートについては、サポート期間(5年間)が切れるまでは対応されると思いたいですが、わからないですね。

ちょうどサポート期間(5年間)が切れてしまったプロアクティブ受講生は、追加料金を払っての延長はもうできなかったそうです。

つまり、新規受講生を募集せず、既存受講生の延長も受け付けず、サポート期間が2028年より長くならないようにしているのではないかと現時点では推測します(これは推測ですのでご注意ください)。

 

 

まとめ:それでもプロアクティブのUSCPA講座がいいですか?

プロアクティブを悪く言うつもりはありません。

ただ、プロアクティブにして後悔する人が多く、相談を受けることが非常に多いので、プロアクティブにしても後悔しないか考えていただきたいと思っています。

 

「初めにこの記事を読んでおけばよかった」

「最初はこの記事が信じられなかったけど本当にそうだった」

とプロアクティブ受講生からメールをいただきます。

 

どこは元アビタス受講生で、プロアクティブのことは詳しくないです。

ですが、不合格を繰り返し勉強法のご相談を多くいただくので、ある程度は状況を把握しています。

 

合格できずに相談を受けるのは、アビタス受講生よりプロアクティブ受講生の方が圧倒的に多いです(プロアクティブ受講生は少ないはずなのに)。

プロアクティブの教材を使っていないので詳細までは分からず、どの教材をどのようにやったらいいか相談をいただいても困ってしまいます。

2023年の夏ごろまでは、毎日1時間はプロアクティブ受講生の質問に答える状況になってしまっていました(多すぎて、現在は学習相談の問い合わせは遠慮していただいています)。

 

プロアクティブを選んでも、結局はアビタスに乗り換える方が多いので「最初からアビタスにすればいいのに」というのが本音です。

プロアクティブにしようか考えている方へ

  1. アビタスに移籍したいと、アビタスへの紹介をお願いされることが多いのですが、プロアクティブからアビタスへの移籍の場合は、紹介はできない(紹介割引は適用できない)です。
  2. プロアクティブだけでどうにかにしているプロアクティブ受講生は限りなく少なく、メルカリなどでアビタスの中古教材を購入し併用している場合が多いです。
  3. ただし、アビタスの中古教材を購入した場合、USCPAは試験内容がしばしば改定されますが、アビタスからの改訂情報が入ってこないので改訂に追いつけていない人が多いです(プロアクティブは改訂情報が遅いまたは不十分な印象です)。
  4. アビタスの中古教材を購入した場合、アビタスの受講生サイトに掲載された受講生向けの講義や資料(解説付きのリリース問題、WC問題、リサーチ問題対策など)が活用できないので、不合格の確率が上がると言えます。
  5. 不合格を繰り返した場合、プロアクティブで受講料を節約しても、受験料の方が高くなる可能性が十分にあります(為替レートによりますが、受験料は1回1科目10万円)。
  6. プロアクティブは、ニューヨーク州出願のネームバリューを前面に押し出していますが、どの州に出願するかは全く大切ではないです(日本でも海外でも、仕事関係者からどの州に出願したか聞かれたことはないです)。
  7. プロアクティブは、ニューヨーク州の「合格証明書」を前面に押し出していますが、USCPAの証明として示すのは「ライセンス」です。
  8. プロアクティブの場合、ワシントン州かグアムで「ライセンス」を取ることがすすめられる(ワシントン州かグアムの「ライセンスサポート」しかしていない)ので、ニューヨーク州のライセンスを取るわけではないです。
  9. ニューヨーク州出願なら合格が無効にならないと言っていますが、そもそもライセンスを取った方がいいので、ライセンスを取るならばニューヨーク州出願は意味がないです。
  10. それでもニューヨーク州出願がいい場合、もちろんアビタスでもニューヨーク出願できますので、プロアクティブにこだわる必要はありません。

このようなこともご確認いただき、それでもプロアクティブがいいという場合は、プロアクティブにしていただいて大丈夫だと思います。

 

多くのプロアクティブ受講生から相談を受けたことを基にして当記事を書いています。

もちろん、うまく勉強が進んでいる人からは相談がこないですし、X(旧Twitter)ではグチを書く人が多いため、ネガティブな内容が多くなってしまっていることは理解しています。

 

ですが、自分に合う学校を選んでいただき、USCPA全科目合格を目指していただきたいので、ネガティブな口コミ・評判も参考にしていただければ幸いです。

 

 

以上、「【プロアクティブ】USCPA講座の評判・口コミは?安さで選ばないこと!」でした。

困った君
困った君
プロアクティブのUSCPA講座の評判が分かったよ。

受講料が安いとはいえ、費用全体としては安いとは限らないし、プロアクティブの教材だけだと心もとないようだね。

不合格を繰り返したら受験料が多くかかるし、結局は高くつきそうだね。

ニューヨーク州のネームバリューという宣伝に魅かれたけど、ライセンスはニューヨーク州ではないし意味はないようだね。

どこ
どこ
安いからプロアクティブにしてみたけど、結局はプロアクティブではだめでアビタスに移籍する人が本当に多いよ。

もちろん、プロアクティブで全科目合格できる人もいるけど、時間がかかっているか、何度も不合格を繰り返しており、時間もお金も無駄にしている印象だよ。

USCPA短期合格をめざすならアビタスを選んだ方がいいし、途中でプロアクティブからアビタスに移籍するなら、最初からアビタスにすればいいのにと正直思ってしまうよ。

ニューヨーク州出願にこだわりたいなら止めないけど、いまいちニューヨーク州出願を推す意味が分からないし、ニューヨーク出願ならアビタスでもできるし。

受講料の安さや、事務サポートの良さなど合格するのに重要ではない理由で学校を選ぶと、全科目合格まで遠回りになるかもしれないから要注意だよ。

プロアクティブは新規受講生を募集していないです(2024年2月時点)。

そもそも申し込みができないので注意!

 

アビタスの教材は新試験に完全対応しているので安心!

どこアビタスのおかげでUSCPA短期合格できました。

 

アビタスへの資料請求無料

アビタスに資料請求する↓ 

USCPA/米国公認会計士 国際資格 アビタス

 

どこアビタスの元受講生なので、アビタスに紹介可能。

アビタス紹介割引(入学金11,000円割引

アビタスへの紹介を依頼する↓

Abitus紹介ご依頼フォーム

 

アビタスにするか決められない場合、アビタス以外のUSCPA予備校にも資料請求し、比較検討しましょう!

 

各USCPA予備校へ資料請求(無料

  1. 【アビタス】に資料請求する
  2. 【TAC】に資料請求する
  3. 【CPA会計学院】に資料請求する

 

アビタスTACをおすすめしています。

プロアクティブという学校もあるのですが新規受講生の受け入れをしていませんし、大原は受講生が少ないため候補に入れていません。

会計関連の資格取得のための参考情報

資格取得のための参考情報

USCPA(米国公認会計士)

【アビタス】に資料請求する(無料)↓

USCPA/米国公認会計士 国際資格 アビタス

 

アビタスへの紹介(11,000円割引)を依頼する↓

Abitus紹介ご依頼フォーム

 

 

 

USCPAの受験ガイド(USCPAどこの本)

 

USCPAの始めかた

USCPAの始めかた 「USCPAになりたい」と思ったら【5ステップ】

USCPAの始めかた 5ステップ
USCPA(米国公認会計士)になるには?USCPAの始めかた【5ステップ】米国公認会計士(USCPA)になりたい方は必見!「USCPAの始めかた」を5つのステップで「USCPAどこのブログ」のUSCPAどこが解説!米国公認会計士(USCPA)になるためには何をしたらいいのかシンプルにわかる!...

 

CIA(公認内部監査人)

アビタスに資料請求する(無料)↓

TACに資料請求する(無料)

 

CIAの詳細情報

CIA(公認内部監査人)とは?試験の難易度は?どうやって勉強する?

CIA(公認内部監査人)とは?試験の難易度は?どうやって勉強する?
CIA(公認内部監査人)試験の難易度は?独学可能?おすすめのCIA講座は?CIA(公認内部監査人)に興味がある方は必見!CIA試験の難易度や勉強法について詳しく解説!実は、CIA試験は独学可能ですが、CIA講座を受講するのが確実。アビタスとTACのCIA講座を比較しているので、どちらにするか決められます。...

 

IFRS検定(国際会計基準検定・IFRS Certificate)

アビタスへの紹介を依頼する(受講料3,000円割引)↓

Abitus紹介ご依頼フォーム

 

 

 

IFRS検定の詳細情報

【アビタス紹介割引あり】IFRS検定(国際会計基準検定)の難易度、活かし方

【アビタス紹介割引あり】IFRS Certificate(国際会計基準検定)の難易度、活かし方
IFRS検定って?難易度、勉強方法、活かし方は?USCPAとも比較IFRS Certificate(国際会計基準検定)、通称IFRS検定に興味がある方は必見!IFRS検定がどんな資格で、どう勉強したらいいのか、どう資格が活かせるのか、IFRS検定とUSCPAの違いを「USCPAどこのブログ」のどこが解説!...

 

BATIC(国際会計検定)

BATICは2022年11月28日に終了しました。

ですが、公式テキストと公式問題集での英文会計の学習は依然としておすすめです。

BATICの公式テキスト・公式問題集

 

USCMA(米国公認管理会計士)、EA(米国税理士)

TACにUSCMA講座の資料請求する

TACにEA講座の資料請求する

 

USCMAとEAの詳細情報

国際会計資格 USCPA・USCMA・EAの比較、どれを取るといいのか?

国際会計資格 USCPA・USCMA・EAの比較、どれを取るといいのか?
USCPA・USCMA(米国公認管理会計士)・EA(米国税理士)国際資格比較!【国際資格比較】USCPA(米国公認会計士)・USCMA(米国公認管理会計士)・EA(米国税理士)の3つの国際資格の違いと活かしかたを「USCPAどこのブログ」のどこが解説!自分が必要な国際資格は?...

 

簿記検定

USCPAと簿記検定の比較

USCPA(米国公認会計士)と簿記検定、どっちが役に立つのか?

USCPA(米国公認会計士)と簿記検定、どっちが役に立つのか?
米国公認会計士(USCPA)と簿記検定どっちが役に立つ?USCPA(米国公認会計士)と日商簿記検定のどっちがいいか知りたい方は必見!4つのパターン(大学生・経験のある社会人・経験のない20代の社会人・経験のない30代以上の社会人)に分け、USCPAと日商簿記検定のどちらが役に立つのか解説!...

 

公認会計士

公認会計士講座の資料請求(無料

CPA会計学院に資料請求する

TACに資料請求する

 

USCPAと公認会計士の比較

USCPA(米国公認会計士)とJCPA(日本の公認会計士)の試験の違い

日米の公認会計士試験の内容比較
米国公認会計士(USCPA)と日本の公認会計士の試験内容比較【簡単なのは?】米国公認会計士(USCPA)試験と日本の公認会計士(JCPA)試験の内容を「USCPAどこのブログ」のどこが解説!日本の公認会計士合格者がUSCPA試験の学習をする場合、どのくらいの追加学習が必要なのかがわかる!...
こちらの記事もおすすめ