会計資格

【アビタス紹介割引あり】IFRS Certificate(IFRS検定・国際会計基準検定)について、USCPAが詳しく解説!

困った君
困った君
IFRS Certificate(IFRS検定・国際会計基準検定)って、どんな試験なのかな。

勤務先の会社でIFRS(国際財務報告基準)が適用されると聞いたから興味があるけど、あまり情報がなくて。

受けてみる価値があるか決められなくて、困ったな。

どこ
どこ
どこは、USCPA(米国公認会計士)だよ。

アビタスという予備校で、IFRS Certificate(IFRS検定・国際会計基準検定)のプログラムを受講して学習したんだよ。

IFRS Certificate、通称「IFRS検定」について、概要、受験の流れ、難易度、資格の活かし方、USCPAやBATICとの比較、勉強方法などについて、わかりやすくご説明するね。

  1. 当記事は、IFRS Certificate(IFRS検定・国際会計基準検定)の日本語受験についてのご説明となります。
  2. 英語受験については、IFRS Certificate(IFRS検定・国際会計基準検定)の英語受験 日本語受験との比較、申し込み方法を参考にしてください。
  3. IFRS Certificate(IFRS検定・国際会計基準検定)は、IFRS検定と呼ばれることが多いため、当記事でもIFRS検定と呼ぶことにします。
  1. 既にアビタスでIFRS検定プログラムを受講することを決めている場合は、当記事の一番最後から、【紹介割引】の申し込みをしてください。
  2. 受講料が3,000円割引となるよう、アビタスにご紹介させていただきます。
  3. アビタスのIFRS検定プログラムについては、【アビタス紹介割引あり】IFRS Certificate(IFRS検定・国際会計基準検定)の学習は、アビタスの講座がおすすめ!も参考にしてください。

 

Contents

1.IFRS検定の概要

IFRS検定の概要について見ていきましょう。

 

(1)IFRS検定とは

IFRS検定とは、ICAEW(The Institute of Chartered Accountants in England and Wales:イングランド・ウェールズ勅許会計士協会)が実施している、IFRSに関する評価試験(IFRS Certificate Assessment)です。

ICAEWとは、欧州最大の会計士協会です。

ちなみに、英国にはICAEW以外に、ACCA(The Association of Chartered Certified Accountants)という公認会計士協会が存在し、IFRSに関する試験を実施しています。

日本においては、ICAEWの評価試験を取り扱い、「IFRS検定」として実施しています。

IFRSに関する検定試験

  1. ICAEWの評価試験(いわゆるIFRS検定)☜実務的・実用的な試験
  2. ACCAの検定試験☜知識を問う試験

ICAEWの評価試験の方が実務的なため、日本では実務家が受験することを想定し、ICAEWの評価試験を取り扱うことになったそうです。

 

IFRS検定は、IFRS (International Financial Reporting Standards)の広範な知識と理解力を測定することを目的としています。

日本では、IFRSコンソーシアムが、ICAEWより運営を委託され、試験の運営と受験者の管理をしています。

 

全世界で受験されている試験ですが、日本においては、英語ではなく日本語でも受験できます(2009年12月より)。

ですので、語学力の壁はなく、純粋にIFRS(国際会計基準)の知識を測ることができます。

IFRS検定とは

  1. IFRS検定は、ICAEWが運営している、IFRSに関する評価試験
  2. ICAEWは、英国の会計士協会の1つで、歴史と権威のある会計士団体
  3. IFRS検定の問題の作成・採点は、英国で行われる
  4. IFRS検定の運営・受験者の管理は、日本のIFRSコンソーシアムが行う
  5. 日本では、日本語でIFRS検定を受験可能
  6. IFRS検定は、日本語で取得可能な国際資格

 

(2)IFRS検定の試験制度

IFRS検定の試験制度は、以下の通りです。

出題形式 マークシート形式
出題方式 ペーパー試験
試験時間 2時間
問題数 60問
出題言語 日本語
合格基準 正答率60%以上
合格発表 試験日から1か月から1.5か月後にメールで通知

 

マークシート形式の客観試験で、記述式問題は出題されず、ペーパー試験です。

2時間で60問ですので、比較的時間に余裕をもって受験できます。

  1. たとえば、USCPA試験は、選択式以外の記述式などの問題形式があり、英語で4科目の受験、各科目4時間の試験です。
  2. IFRS検定の方が、受験の負担は小さいと言えます。

 

(3)IFRS検定の受験資格

IFRS検定の受験資格ですが、希望者は誰でも受験できます。

学歴条件、実務条件はありません。

  1. たとえば、USCPA試験は、学位要件や単位要件があり、誰でも受験できるわけではなく、必要単位を取得してからの受験となり時間がかかります。
  2. IFRS検定は、誰でも受験できます。

 

(4)IFRS検定の試験日

IFRS検定の試験日は、年3回、2月・6月・11月です。

2022年度の試験日は、以下の通りです。

2022年度のIFRS検定の試験日(日程)

  1. 第45回:2月6日(日)☜申込み:~ 2022年1月21日(金)
  2. 第46回:6月5日(日)☜申込み:2022年4月16日(土)~5月20日(金)
  3. 第47回:11月6日(日)☜申込み:2022年9月17日(土)~10月21日(金)

各回とも、試験の時間は10時から12時までです。

  1. たとえば、USCPA試験は、毎日受験可能ですが、IFRS検定は、年に3回しか受験できません。
  2. よって、試験日を見据えた、計画的な学習が必要となります。
  3. 試験日は、以前は年に2回でしたが、現在は3回です。受験生が増えれば、回数が増える可能性はありますが、現状では難しいと思います。

 

(5)IFRS検定の試験会場

IFRS検定の日本の試験会場は、USCPA(米国公認会計士)の予備校として有名なアビタスの校舎です。

東京会場(アビタス新宿本校)大阪会場(アビタス大阪校)の2か所のみです。

今後、受験者が増えれば、東京と大阪以外の都市での開催も検討されると思いますが、現状では、受験者が少なすぎるため難しいと思います。

  1. たとえば、USCPA試験は、東京と大阪のプロメトリックテストセンターでの受験となります。
  2. 東京か大阪でしか受験できないという点では、IFRS検定も同じです。

 

(6)IFRS検定の受験料(費用)

IFRS検定の受験料は、47,300円(先着30名は、早期割引で40,700円)です。

受験料の支払いは、カード決済のみとなります。

簿記検定などに比べると、受験料は高いです。

  1. IFRS検定の受験料は、5万円近いです。
  2. ただし、先着30名は、4万円くらいになる「早期割引」があります。
  3. ほとんどの受験生が、先着30名に入るようですので、受験料は4万円と考えていいでしょう(ですが、受験するなら、念のため、早めにお申し込みをしましょう)。

 

 

2.IFRS検定の受験の流れ

IFRS検定の受験の流れについて見ていきましょう。

IFRS検定の受験の流れ

  1. 新規ID登録
  2. 受験申し込み
  3. 受験票プリントアウト
  4. 受験
  5. 試験結果の通知(合格発表)
  6. 合格証(Certificate)の受領

IFRS検定の受験の申し込みは、公式サイトからとなります。

 

(1)新規ID登録

初めて受験する場合は、まずはID登録をします。

ウェブサイトより、新規ID登録をします。

 

(2)受験申し込み

つぎに、受験の申し込みをします。

ウェブサイトにて、受験したい日の検定試験を選択して、申し込みます。

受験料をカード決済します。

 

(3)受験票プリントアウト

後日、受験票が発行され、emailで送信されるので、プリントアウトします。

試験当日は、必ず持っていく必要があります。

 

(4)受験

東京会場(新宿本校)大阪会場(大阪校)のどちらかで受験します。

受験当日に持っていく必要があるのは、以下の通りです。

受験当日の持ち物

  1. 受験票(プリントアウトしたもの)
  2. 写真付の身分証明書(運転免許証、パスポートなど)
  3. 筆記用具(HBの鉛筆またはシャープペンシル、消しゴム)
  4. 電卓(関数機能なしのもの)

 

(5)試験結果の通知(合格発表)

試験結果は、受験から1か月から1か月半後、ICAEWよりメールにて、合格かどうかの結果が来ます。

 

(6)合格証(Certificate)の受領

合格者には、ICAEW発行の合格証(Certificate)がメールにて送られます。

 

 

3.IFRS検定の出題内容

IFRS検定の出題は、IFRS(International Financial Reporting Standards)、または、IAS(International Accounting Standards)からとなります。

  1. IFRSの基準書は、IASB(国際会計基準審議会)が1年に1回発行しており、PartA、PartB、PartCの3冊あります。
  2. IASは、IASBの前身であるIASC(国際会計基準委員会)が策定しました。

 

(1)IFRS検定の内容

IFRS検定の内容は、以下の通りです。

IFRS検定の内容

  1. 財務報告に関する概念フレームワーク
  2. IAS1:財務諸表の表示
  3. IAS2:棚卸資産
  4. IAS7:キャッシュ・フロー計算書
  5. IAS8:会計方針、会計上の見積の変更及び誤謬
  6. IAS10:後発事象
  7. IAS12:法人所得税
  8. IAS16:有形固定資産
  9. IAS19:従業員給付
  10. IAS20:政府補助金の会計処理及び政府援助の開示
  11. IAS21:外国為替レート変動の影響
  12. IAS23:借入コスト
  13. IAS24:関連当事者についての開示
  14. IAS26:退職給付制度の会計及び報告
  15. IAS27:個別財務諸表
  16. IAS28:関連会社及び共同支配企業に対する投資
  17. IAS29:超インフレ経済下における財務報告
  18. IAS32:金融商品
  19. IAS33:1株当たり利益
  20. IAS34:期中財務報告
  21. IAS36:資産の減損
  22. IAS37:引当金、偶発負債及び偶発資産
  23. IAS38:無形資産
  24. IAS40:投資不動産
  25. IAS41:農業
  26. IFRS1:国際財務報告基準の初度適用
  27. IFRS2:株式に基づく報酬
  28. IFRS3:企業結合
  29. IFRS4:保険契約
  30. IFRS5:売却目的で保有する非流動資産及び非継続事業
  31. IFRS6:鉱物資源の探査及び評価
  32. IFRS7:金融商品
  33. IFRS8:事業セグメント
  34. IFRS9:金融商品
  35. IFRS10:連結財務諸表
  36. IFRS11:共同支配の取決め
  37. IFRS12:他の企業への関与の開示
  38. IFRS13:公正価値測定
  39. IFRS15:顧客との契約から生じる収益
  40. IFRS16:リース

IFRSについて、幅広く網羅した出題となっています。

 

 

現在は、「IFRS16 リース」までが試験内容です。

今後、「IFRS17 保険契約」も試験内容に反映される予定です。

基準が変更になった場合は、有効になってから半年後くらいに、試験内容に反映されます。

 

(2)IFRS検定のサンプル問題(例題)

IFRS検定のサンプル問題をIFRSコンソーシアムが例題として公開していますので、見てみましょう。

ちなみに、解答は記載されていますが、解説はないです。

 

① IFRS検定 サンプル問題 例題(1)

まず、IFRS検定のサンプル問題の例題(1)です。

 

IFRS検定 サンプル問題 例題1

 

② IFRS検定 サンプル問題 例題(2)

つぎに、IFRS検定のサンプル問題の例題(2)です。

 

IFRSコンソーシアム IFRS検定 サンプル問題(2)

例題(2)に関して、少し補足しておきます。

これは、「IAS第16号 有形固定資産」に関する問題です。

有形固定資産は、取得原価で測定されます。

取得原価に含まれるものは、以下の通りです。

有形固定資産の取得原価に含まれるもの

  1. 値引き後の購入価格
  2. 資産を設置し、稼働可能となる状態にするための直接付随費用
  3. 解体・除去費用等の当初見積額

よって、CU5,000+200+400=5,600となり、正解はDです。

  1. IFRSでの「CU」とは、Currency Unitのことであり、「通貨単位」です。
  2. 特定の国の通貨を示すのではなく、架空の「通貨単位」です。
  3. 「通貨単位」は、例えば、日本円は「JPY」、米国ドルは「USD」ですね。

 

③ IFRS検定 サンプル問題 例題(3)

さいごに、IFRS検定のサンプル問題の例題(3)です。

 

IFRSコンソーシアム IFRS検定 サンプル問題(3).

例題(3)に関しても、少し補足しておきます。

これは、「IFRS第1号 国際財務報告基準の初度適用」に関する問題です。

初度適用において、1年分の比較情報を表示する場合は、以下のようになります。

よって、IFRS移行日は、20×3年4月1日となり、正解はAです。

最初のIFRS財務諸表報告日に表示する報告書

  1. 財政状態計算書
  2. 包括利益計算書
  3. 株主持分変動計算書
  4. キャッシュ・フロー計算書
  5. 関連する注記と開示

報告書には、比較年度の数値も含みます。

 

サンプル問題を見ていただくと分かるように、すべて4択式です。

 

(3)IFRS検定の問題の特徴

IFRS検定の問題の特徴ですが、基本的な計算問題や理論的な問題が、幅広く出題されることが挙げられます。

とはいえ、日本の簿記検定のように、仕訳ができるかどうか、勘定科目がわかるかどうかと言ったことは問われません。

IFRS検定は、会計基準を理解しているか、財務諸表が分析できるかどうかが問われます。

  1. IFRS検定で出題されるのは、IFRSの原理原則の理解を問うような問題。
  2. ただし、理解しているか確かめるため、複雑な計算問題は出題されないが、基本的な計算問題は出題される。

 

 

4.IFRS検定の難易度

IFRS検定の難易度について見ていきましょう。

 

(1)IFRS検定は、簿記2級より少し難しい?

IFRS検定の難易度は、そこまで高くないと言われています。

というのは、IFRS検定は、落とすための試験ではないからです。

 

IFRS(国際会計基準)の基本的な知識が身についていれば、合格できるでしょう。

試験自体は難しくなく、簿記2級より少し難しいくらいではないでしょうか。

 

とはいえ、試験範囲が広く、IFRS(国際会計基準)に過去触れたことがない人には、理解しづらく、特に独学で合格するのは大変だと言われています。

ただ、現在は、英語ではなく日本語で受験ができるので、英語という語学力のハードルがなくなりました。

ですので、少なくとも、英語で受験する必要があるUSCPA(米国公認会計士)試験よりは、難易度は低いと言えるでしょう。

 

(2)IFRS検定の合格率

IFRS検定の合格率は、2021年11月7日に実施された第44回では、56.3%でした。

IFRS検定の結果(第44回 2021年11月7日実施)

  1. 合格率:56.3%
  2. 最高得点:75点
  3. 合格者平均点:59.5点

 

合格率は、50%を超えていますので、比較的高いです。

とはいえ、受験者の半分以上が、経理・財務・監査などの仕事にかかわっています。

また、60%以上の受験者が、日本の公認会計士、USCPA(米国公認会計士)、CIA(公認内部監査人)、簿記1級・2級・3級といった資格を保有しています。

よって、合格率が高いからと言って油断せず、十分な試験対策をして受験するようにしましょう。

最近は、IT系の仕事をしている方、経営に携わっている方など、経理・財務・監査以外の仕事にかかわっている受験生が増えてきています。

 

(3)IFRS検定に必要な勉強時間

IFRS検定受験に必要な勉強時間ですが、平均で150時間から200時間くらい、会計初学者は、300時間くらいだそうです。

つまり、週10時間の勉強で4ヶ月、160時間くらいが平均と考えるとギャップが少ないでしょう。

USCPA(米国公認会計士)試験は、1年以上の勉強期間、1,000時間の勉強時間が必要だと言われています。

週20時間の勉強で1年、1,000時間はかかるUSCPAに比較し、勉強の負担が格段に少ないと言えます。

「USCPA試験の5分の1から3分の1くらい」の勉強期間が必要だと考えると良いでしょう。

IFRS検定の学習時間

  1. 平均で150時間から200時間くらい、4ヶ月。
  2. 会計初学者は300時間くらい。
  3. USCPA試験が1,000時間なので、学習時間は少なくてすむ。

 

 

5.IFRS検定の資格の活かし方

IFRS検定の資格の活かし方について見ていきましょう。

 

(1)日本でのIFRSへのコンバージェンスの動き

ご存知かと思いますが、IFRSについては、2005年にEU(欧州連合)が域内の上場企業にIFRSの使用を義務付けてから、世界中で使用されるようになりました。

現在は世界196か国のうち、140か国以上がIFRSを使用していますので、世界中のほとんどの国でIFRSが使用されていると言って過言ではないでしょう。

 

もちろん、日本も例外ではありません。

日本の場合は、IFRSを採用しているのではなく、自国の会計基準(JGAAP)があり、自国の会計基準をIFRSに歩みよらせる「コンバージェンス(収束・収斂)」の方針を取っています。

たとえば、新収益認識基準についても、IFRSが基になっています。

よって、今後日本で、IFRSの知識がますます必要になることは疑いようもありません。

IFRSの適用のパターン

  1. アドプション(導入):自国の会計基準を捨て、IFRSを自国の会計基準として導入する
  2. コンバージェンス(収束):IFRSを採用せず、自国の会計基準をIFRSに歩み寄らせる ☜日本や米国

 

(2)IFRS検定の受験者の場合

IFRS検定の受験者は、どんな人がいて、どんな理由で受験を決めたのかを見てみます。

 

経理・財務、内部監査・内部統制、情報システム、人事・総務、企画・調査といった職種の方をはじめとして、いろいろな職種の方が多く受験しているそうです。

なぜなら、IFRSの知識は、決算作成における会計業務だけではなく、内部統制、情報システム、税務、財務など広範で必要とされるからです。

たとえば、人事部門では、IFRSがわかる人材の育成・採用のため、IFRSの理解が必要となってきています。

IFRS検定の主な受験生

  1. 経理・財務の実務担当者
  2. 会計の専門職の方
  3. 内部監査室・内部統制推進室の方
  4. SE・IT部門の方
  5. 人事部門の方

 

IFRS検定の受験を決めた理由としては、以下のようになります。

IFRS検定受験を決めた理由のアンケート結果(第44回 2021年11月7日実施)

  1. 社内でアピールポイントになるため:48%
  2. 日本語でのIFRS試験が他にはないため:20%
  3. IFRSの知識を判定するため:16%
  4. その他:16%

 

半分近くの方が、社内でアピールポイントになると考えたため、IFRS検定の受験を決めています。

IFRSの試験が他にないということもあり、IFRSの知識を試すのに、IFRS検定がちょうどいいということでしょう。

 

(3)IFRS検定が特に活かせる方

IFRS検定が特に活かせるのは、以下のような方ではないでしょうか。

IFRS検定の資格が特に活かせる方の例

  1. IFRS適用会社の経理職(に転職したい方)
  2. IFRS適用の海外子会社をもつ会社の連結決算担当(に転職したい方)
  3. 監査法人でIFRS適用会社を監査する監査人

 

IFRS適用済・適用決定会社数は、2022年6月時点では、IFRS適用済会社数が244社、IFRS適用決定会社数が13社、合計257社となっています。

ちなみに、日本の時価総額上位30社のうち、19社がIFRSを適用済です。

IFRS適用済会社は、大企業が多いです。

また、IFRS適用の海外子会社をもつ会社も大企業であることが多いでしょう。

 

よって、大企業で働きたい場合は、IFRS検定の資格を持っているとメリットがあると考えられます。

特に経理職の方が活かせると思いますが、大企業で働く場合は、IT関連職などでも活かせるでしょう。

  1. 大企業では、IFRSの知識のある人材を積極的に採用している。
  2. IFRSの知識があることの証明が「IFRS検定」合格となる。

 

(4)IFRS検定が活かせる求人例

IFRS検定は、「絶対に必要な資格」に挙げられることはない印象ですが、「あると望ましい資格」になっている求人はいくつもみつかります。

IFRS検定 求人

「IFRS検定合格」が【尚良】になっている場合も多くあります。

IFRS検定が活かせる求人については、転職エージェントに登録して、どんなものがあるのか教えてもらうことをおすすめします。

  1. IFRS検定が活かせる求人の情報は、転職エージェントに登録すれば教えてもらえる。
  2. 管理部門・士業特化型エージェントNo.1 MS-Japan  登録無料・相談無料

 

(5)IFRS検定の知識が活かせた実例(どこの場合)

どこIFRS検定の勉強をすることになったのは、Big4大手監査法人で会計監査人をしていた際、IFRSプロジェクトにアサインされたためです。

IFRS適用第1期目の企業の監査や、IFRSをこれから適用する企業のIFRS導入のサポートをしていました。

USCPA(米国公認会計士)ですので、米国基準(USGAAP)はある程度理解していましたが、IFRS(国際会計基準)についてもプロフェッショナルとして理解する必要があったので、アビタスに通い勉強しました。

 

また、現在、連結決算担当として、米国子会社、欧州子会社、アジア子会社の財務数値の管理もしています。

欧州子会社やアジア子会社は、IFRS(国際会計基準)で連結パッケージを提出してきますので、体系的に学んだIFRS(国際会計基準)の知識が役に立っています。

USCPAや日本の公認会計士の方こそ、IFRS検定の学習をおすすめします!

 

IFRS検定を学習するメリットや価値については、以下の記事も参考にしてください☟

IFRS Certificate(IFRS検定・国際会計基準検定)のメリット・価値
【アビタス紹介割引あり】IFRS Certificate(IFRS検定・国際会計基準検定)のメリット・価値【アビタスの紹介割引あり】アビタスの「IFRS検定講座」の受講を考えている方がいましたら、アビタスにご紹介をさせていただきます。受講料が3,000円オフとなります。当記事は、IFRS Certificate(IFRS検定・国際会計基準検定)の学習には、どんなメリットがあるのか、IFRS検定に合格したら、就職や転職で役に立つのか、IFRS検定を受験する価値があるのか、という疑問にお答えする記事となっています。...

 

 

6.IFRS検定とUSCPA・BATIC の比較

IFRS検定と、USCPA(米国公認会計士)やBATIC(国際会計検定)を比較してみます。

 

(1)IFRS検定とUSCPA試験との比較

IFRS検定とUSCPA(米国公認会計士)試験を比較します。

知名度は、USCPA(米国公認会計士)の方が高いでしょう。

そして、転職などで評価されるのも、USCPA(米国公認会計士)でしょう。

 

ただ、USCPA(米国公認会計士)の方が、英語で受験しなくてはなりませんし、受験科目は4科目あり、難易度が高いです。

当たり前ですが、IFRS検定は、国際会計基準(IFRS)についての試験ですし、USCPA(米国公認会計士)試験は、米国基準(USGAAP)についての試験です。

よって、会計と英語のスキル「会計×英語」をアピールする必要がなく、また、IFRS適用会社で働いていたり、IFRS適用会社に転職したい方は、わざわざ難易度の高いUSCPA(米国公認会計士)試験にチャレンジする必要はなく、IFRS検定の方が良いでしょう。

 

USCPA(米国公認会計士)試験との比較については、以下の記事も参考にしてください☟

USCPA(米国公認会計士)とIFRS Certificate(国際会計基準検定)の違い、迷ったらどっち?
【アビタス紹介割引あり】USCPA(米国公認会計士)とIFRS Certificate(IFRS検定・国際会計基準検定)の違い、迷ったらどっち?【アビタス紹介割引あり】アビタスのUSCPA講座は入学金11,000円免除、IFRS Certificate(IFRS検定・国際会計基準検定)講座は受講料3,000円割引となるよう、元受講生としてアビタスにご紹介いたします。USCPAとIFRS Certificateを比較して、違いを理解した上で、どちらを受けるか判断ができるようになります。...

 

(2)IFRS検定とBATIC(国際会計検定)との比較

IFRS検定とBATIC(国際会計検定)を比較します。

BATIC(国際会計検定)は、英文簿記とIFRS(国際会計基準)の会計知識を英語で問う試験でしたが、2021年に新制度となり、単なる英文簿記の試験となりました。

もはや、BATIC(国際会計検定)は、IFRS(国際会計基準)の会計知識を問う試験ではなくなりましたので、IFRS検定と比較できるレベルではありません。

 

IFRS(国際会計基準)の会計知識があることをアピールしたいならば、BATIC(国際会計検定)ではなく、IFRS検定を受験するといいでしょう。

BATIC(国際会計検定)との比較については、以下の記事も参考にしてください☟

BATIC(国際会計検定)とIFRS Certificate(国際会計基準検定)の違いは?どっちがいい?
BATIC(国際会計検定)とIFRS Certificate(国際会計基準検定)の違いは?どっちがいい?BATIC(国際会計検定)とIFRS Certificate(国際会計基準検定)を比較します。違いを理解した上で、どちらを受けるといいのか判断がつくようにしましょう。比較するのは、試験制度、試験内容、勉強方法、必要な勉強時間、かかる総費用、資格の活用方法です。...

 

 

7.IFRS検定の勉強方法

IFRS検定の勉強方法を挙げていきます。

IFRS検定の勉強方法

  1. 予備校の「IFRS検定講座」の受講
  2. IFRS(国際財務報告基準)の書籍を購入し独学

IFRS検定の勉強方法ですが、効率よく学習を進めるのならば、予備校を利用するのがおすすめですが、IFRS(国際財務報告基準)についての書籍を購入して、独学することも可能ではあります。

 

(1)予備校の「IFRS検定講座」の受講

IFRS検定に効率よく合格したいとのことでしたら、アビタスの「IFRS検定講座」を受講すると良いと思います。

アビタスは、USCPA(米国公認会計士)試験の講座がメインですが、IFRS検定の対策講座も開講しています。

 

アビタスの「IFRS検定講座」は、日本で唯一、IFRSの基準書を体系的に学べるコンテンツです。

また、アビタスは、前述の通り、IFRS検定の受験会場となっています。

 

USCPA試験は、アビタス以外にも、TACや大原簿記、プロアクティブなどの予備校が対策講座を提供していますが、IFRS検定は、アビタスのみです。

注:TACは、BATIC(国際会計検定)講座はありますが、IFRS検定講座はありません。

どこも、アビタスの「IFRS検定講座」を受講して、IFRS検定の対策をしました。

 

アビタスの「IFRS検定講座」

  1. 基準書を3か月でマスター可能(150時間から200時間の学習時間)
  2. 実務家の講師によるわかりやすい講義
  3. 日本語と英語併記のテキスト
  4. 検定に即応した問題集

 

アビタスの「IFRS検定講座」は、講義やテキスト、問題集など、よくできており、勉強しやすかったです。

通信講座も受講可能ですので、わざわざアビタス校舎に行く必要がなく、東京や大阪の遠方にお住まいでも安心です。

ただ、アビタスの「IFRS検定講座」の受講料金は20万円くらいして、費用が高いのが難点です(笑)。

  1. IFRS検定講座の元受講生として、アビタスにご紹介できます(受講料が3,000円オフになります)。
  2. ご希望の方は、この記事の最後からご連絡ください。
  3. アビタスの「IFRS検定講座」については、【アビタス紹介割引あり】IFRS Certificate(IFRS検定・国際会計基準検定)の学習は、アビタスの講座がおすすめ!も参考にしてください。

 

(2)IFRS(国際財務報告基準)の書籍を購入し独学

IFRS検定は、独学も可能ではあります。

独学する場合は、以下のような市販の本を独学用のテキスト・参考書・教材として購入すると良いでしょう。

IFRS検定の独学用のおすすめの書籍は、以下の3つとなります。

IFRS検定の独学用のおすすめの書籍

  1. 『IFRS会計学基本テキスト』橋本尚・山田善隆著 中央経済社
  2. 『テキスト国際会計基準』櫻井久勝著 白桃書房
  3. 『IFRSのしくみ(すらすら図解)』あずさ監査法人著 中央経済社

 

他にもIFRS(国際財務報告基準)の書籍はたくさんあるのですが、各基準の説明があり、日本基準との違いが説明され、練習問題を解くことができる、このような本を利用して学習することをおすすめします。

各基準について理解をして、何度も練習問題を解くことで、IFRS検定に合格できる実力が身につきます。

 

IFRS検定の勉強方法については、以下の記事も参考にしてください☟

IFRS検定の勉強方法
【アビタス紹介割引あり】IFRS Certificate(IFRS検定・国際会計基準検定)の勉強方法を学習経験者が解説!【アビタス紹介割引あり】アビタスのIFRS Certificate(IFRS検定・国際会計基準検定)講座を受験する方に、紹介割引(3,000円)が適用となるように、アビタスにご紹介させていただきます。IFRS Certificate(IFRS検定・国際会計基準検定)の勉強方法について、学習経験者として詳しくご説明していきます。...

 

 

【紹介割引】を使いたい方はこちら

どこは、アビタスのIFRS検定講座の元受講生ですので、アビタスでIFRS検定の勉強をしたいと思われる方がいましたら、アビタスにご紹介させていただきます。

ご紹介の特典

アビタスIFRS検定講座:受講料3,000円割引

 

(1)TwitterのDM

Twitterのアカウントをお持ちの方は、DMで①お名前の漢字②お名前のフリガナメールアドレスをお知らせください。

どこのTwitterアカウント

 

(2)コンタクトフォーム

以下のフォームで①お名前の漢字②お名前のフリガナメールアドレスをお知らせください。

題名に「IFRS検定講座紹介希望」と書いていただけますと、ご紹介がスムーズです。

最後に「送信」をクリックしてください。

「ありがとうございます。メッセージは送信されました。」と表示されましたら、メッセージの送信は成功しています。

どこからお返事を差し上げますので、少々お待ちくださいませ。






     

     

    以上、「【アビタス紹介割引あり】IFRS Certificate(IFRS検定・国際会計基準検定)について、USCPAが詳しく解説!」でした。

    困った君
    困った君
    IFRS検定について、よくわかったよ。

    勤務先の会社でIFRS(国際財務報告基準)が導入されるから、IFRS検定の勉強はしておいた方がよさそうだな。

    さっそく、アビタスの「IFRS検定講座」の受講を検討することにするよ。

    どこ
    どこ
    そうだね。IFRS(国際財務報告基準)は、どんな形であれ、勉強したほうが良いと思うよ。

    たとえば、転職などで、IFRS検定に合格しているという実績まであった方が良いなら、IFRSをただ勉強するだけではなく、IFRS検定の受験も考えてみるといいね。

    USCPA(米国公認会計士)講座の資料請求、説明会申し込み(無料

    アビタスのUSCPAコース

     

    USCPA(米国公認会計士)講座の紹介割引(入学金11,000円オフ

    【紹介割引あり】アビタスでUSCPA(米国公認会計士)試験に1年で合格!

     

    USCPA(米国公認会計士)の受験ガイド

     

    BATIC(国際会計検定)講座の資料請求(無料

    TACのBATICコース

    大原のBATICコース

    BATIC(国際会計検定)が新しく!試験日は?どう勉強する?

     

    BATIC(国際会計検定)の公式テキスト・公式問題集

     

    IFRS Certificate(国際会計基準検定)講座の紹介割引(受講料の3,000円オフ)

    【アビタス紹介割引あり】IFRS Certificate(国際会計基準検定)の難易度、活かし方

     

    USCMA(米国公認管理会計士)EA(米国税理士)講座の資料請求(無料

    TACのUSCMAコース

    TACのEAコース

    国際会計資格 USCPA・USCMA・EAの比較、どれを取るといいのか?

     

    CIA(公認内部監査人)講座の資料請求、説明会申し込み(無料

    アビタスのCIAコース

    TACのCIAコース

    内部監査資格 CIA・CISA・CFEの比較、どれを取るといいのか?

     

    簿記検定講座の資料請求(無料

    大原の簿記コース

    TACの簿記コース

    USCPA(米国公認会計士)と簿記検定、どっちが役に立つのか?

     

    公認会計士講座の資料請求(無料

    東京CPA会計学院の公認会計士コース

    大原の公認会計士コース

    TACの公認会計士コース

    USCPA(米国公認会計士)とJCPA(日本の公認会計士)の試験の違い

    ABOUT ME
    USCPAどこ
    ワシントン州USCPA(米国公認会計士)。USCPAの立場から、USCPA試験、USCPAのキャリア、USCPAの人生設計について書いています。BIG4大手監査法人監査人→米国企業経理職@バンコク→大手グローバル企業連結決算担当。
    こちらの記事もおすすめ