MENU
会計・監査・経理の資格

【アビタス紹介割引あり】IFRS Certificate(IFRS検定・国際会計基準検定)の英語受験 日本語受験との比較、申し込み方法

IFRS検定 英語受験
困った君
困った君
IFRS Certificate(IFRS検定・国際会計基準検定)を受験してみようと思うよ。

以前は英語受験だけだったけど、今は日本語受験もできるみたいだね。

自分の仕事では、英語でIFRSの知識が必要だから、英語受験が気になっているんだけど、英語受験の情報が少なくて困ったな。

どこ
どこ
どこは、USCPA(米国公認会計士)なんだけど、アビタスの「IFRS検定講座」での学習経験があるよ。

IFRS Certificate(IFRS検定・国際会計基準検定)については、日本では英語で受験しようとする人は少ない印象だね。

英語で受験したい人のために、情報をまとめたので、参考にしてね。

  1. 当記事は、IFRS Certificate(IFRS検定・国際会計基準検定)の英語受験についてのご説明です。
  2. 日本語受験については、IFRS Certificate(IFRS検定・国際会計基準検定)について、USCPAが詳しく解説!を参考にしてください。
  3. IFRS Certificate(IFRS検定・国際会計基準検定)は、IFRS検定と呼ばれることが多いため、当記事でも、IFRS検定と呼ぶことにします。

 

 

1.IFRS検定の英語受験の概要

IFRS検定の英語受験の概要からお話していきます。

 

(1)IFRS検定の英語受験とは?

そもそも、IFRS検定というのは、ICAEW(The Institute of Chartered Accountants in England and Wales:イングランド・ウェールズ勅許会計士協会)が実施している、IFRSに関する評価試験(IFRS Certificate Assessment)のことです。

日本では、IFRSコンソーシアムが、ICAEWより運営を委託され、試験の運営と受験者の管理をしています。

IFRSコンソーシアムが間に入っているため、日本語受験が可能になっているわけです。

 

IFRS検定の英語受験とは、IFRSコンソーシアムを通さずに、ICAEWのIFRSに関する評価試験(IFRS Certificate Assessment)を受験することです。

ICAEWは、IFRSの学習と評価のプログラム「IFRSs learning and assessment programme」を提供しています。

このプログラムには、IFRSについて学習し、その習熟度を評価するため、最後に試験(「the final assessment」とICAEWは記載しています)がついています。

これが、日本語受験での「IFRS検定」というわけです。

IFRS検定の英語受験について

  1. ICAEWの「IFRSs learning and assessment programme(IFRSの学習と評価のプログラム)」の「習熟度を評価する試験」を受けること
  2. このプログラム自体は、IFRSの学習がメインで、「習熟度を評価する試験」はおまけのようなもの
  3. この「習熟度を評価する試験」の日本語版が「IFRS検定」である

 

(2)IFRS検定の英語受験と日本語受験の比較

IFRS検定の英語受験(IFRS Certificate Assessment)と、IFRS検定の日本語受験を比較してみると、次のようになります。

日本語受験

(IFRS検定)

英語受験

(IFRS Certificate Assessment)

受験言語 日本語 英語
受験条件 なし なし(そもそも、プログラムを受講するだけのため)
試験日 年3回(2月・6月・11月) 毎日(そもそも、プログラムを受講するだけのため)
試験回数 申し込んだ試験回、1回のみ 申し込んでから1年間なら何回でも(そもそも、プログラムの「習熟度を測る試験」のため)
試験会場 東京・大阪 自宅でオンライン(そもそも、プログラムを受講するだけのため)
試験料
  1. 早期割引:40,700円(先着30名まで)
  2. 通常料金:47,300円
約70,000円(450ポンド):プログラムの受講料であり、教材と「習熟度を測る試験」の両方を含む
試験形式 2時間、60問、マークシート形式 同左
合格基準 正答率60% 同左
合格発表 1ヶ月後から1.5ヶ月後に、ウェブサイトで確認 答えを提出(submit)したら、結果がすぐに表示
合格証明書  合格発表後、メール添付で送付 結果表示後、即ダウンロード可(自分でプリントアアウト)
受験申し込み IFRSコンソーシアムのウェブサイト
  1. ICAEWのウェブサイト
  2. アビタス
必要な勉強時間 アビタスによれば、150時間から200時間(簿記2級がある場合) ICAEWによれば、平均70時間(ただし、日本人が英語で勉強する場合は、もっとかかると考えられる)

 

大きな違いとしては、IFRS検定の英語受験(IFRS Certificate Assessment)は、自宅で、365日いつでも、何回でも受験できることでしょう。

プログラムでIFRSの学習をして、どのくらい理解をしたか、プログラムの最後に「習熟度を測る試験」を受験するというものですので、1回だけしか受験できないというものではありません。

 

(3)IFRS検定の英語受験が向いている人

IFRS検定の英語受験は、じっくり時間をかけて英語でIFRSを理解したい方にとっては、選択肢となるでしょう。

ICAEWの「IFRSs learning and assessment programme(IFRSの学習と評価のプログラム)」には、教材と試験が含まれていますので、しっかり教材で学んだ上で、試験が受けられます。

ただし、教材も試験も英語ですので、英語で会計が理解できることが大前提となります。

 

また、すぐに合否の結果が分かりますので、何らかの「IFRSの知識があること」の証明が急ぎで必要な場合は、IFRS検定の英語受験は選択肢となるでしょう。

IFRS検定の合格に必要な勉強時間は、ICAEWによると、平均70時間となっていますが、アビタスによると、日本語で簿記2級を持っている人が学習した場合、150時間から200時間です。

よほど英語ができて、会計の知識がある場合を除き、70時間で学習を終えられるとは思えませんので、結果はすぐにわかりますが、学習には時間がかかると思った方が良いでしょう。

 

ちなみに、日本語受験と英語受験で、発行される合格証(Certificate)に違いはないそうです。

どちらも、ICAEWが発行したものです。

よって、海外で働く予定があるから英語受験の方がいいのかというと、そういうわけではなく、日本語受験で合格したとしても、海外でも「IFRSの知識があること」の証明として通用します。

 

2.IFRS検定の英語受験の申し込み方法

IFRS検定の英語受験の申し込み方法ですが、2パターンあります。

IFRS検定の英語受験の申し込み方法

  1. ICAEWのサイト経由
  2. アビタス経由(ただし、アビタスの「IFRS講座」受講生のみ)

 

(1)ICAEWのサイト経由で申し込み

IFRS検定の英語受験の申し込み方法ですが、スタンダードなのは、ICAEW(The Institute of Chartered Accountants in England and Wales:イングランド・ウェールズ勅許会計士協会)のサイトから申し込むことです。

 

ICAEWの「IFRSs learning and assessment programme(IFRSの学習と評価のプログラム)」☟

ICAEW – IFRSs learning and assessment programme

2022年5月時点では、450ポンド(約7万円)となっています。

この450ポンド(約7万円)は、プログラム受講料ですので、試験代だけではなく、教材代も含まれています。

 

(2)アビタス経由での申し込み

また、IFRS検定の英語受験の申し込み方法の2つ目として、アビタスの「IFRS検定講座」の受講生に限られますが、アビタスを通して申し込むことが挙げられます。

英語でIFRS検定を受験したい場合、アビタスが受験申し込みのマニュアルを用意しているので安心です。

 

アビタスは日本で唯一、IFRS検定の対策講座を開講しています。

アビタスのIFRS検定講座

 

アビタスの「IFRS検定講座」では、日本語で説明されたテキスト(英語も併記)を使用し、日本語での講義を聴くことになりますので、大半の受講生は、日本語でIFRS検定を受験することになります。

ですが、英語での問題集も用意されているため、英語でIFRS検定を受験することも可能となります。

つまり、「理解は日本語、試験は英語」が可能になるわけです。

アビタスは、USCPAで有名な予備校ですが、アビタスの USCPA講座も、「理解は日本語、試験は英語」ですので、IFRS検定講座の英語受験の対策と同じということになります。

  1. アビタスの「IFRS検定講座」については、IFRS Certificate(IFRS検定・国際会計基準検定)の学習は、アビタスの講座がおすすめ!を参考にしてください。
  2. アビタスの「IFRS検定講座」の元受講生として、アビタスにご紹介できますので、「【紹介割引】を使いたい方はこちら」からご連絡ください。
  3. 受講料が3,000円オフになりますので、少しでも安く受講できます。

 

【紹介割引】を使いたい方はこちら

どこは、アビタスの「IFRS検定講座」の元受講生ですので、アビタスで「IFRS検定講座」を受講したいと思われる方がいましたら、アビタスにご紹介させていただきます。

ご紹介の特典

アビタスの「IFRS検定講座」:受講料3,000円割引

 

(1)TwitterのDM

Twitterのアカウントをお持ちの方は、DMで①お名前の漢字②お名前のフリガナメールアドレスをお知らせください。

どこのTwitterアカウント

 

(2)コンタクトフォーム

以下のフォームで①お名前の漢字②お名前のフリガナメールアドレスをお知らせください。

題名に「IFRS検定講座紹介希望」と書いていただけますと、ご紹介がスムーズです。

最後に「送信」をクリックしてください。

「ありがとうございます。メッセージは送信されました。」と表示されましたら、メッセージの送信は成功しています。

どこからお返事を差し上げますので、少々お待ちくださいませ。






     

     

    以上、「IFRS Certificate(IFRS検定・国際会計基準検定)の英語受験 日本語受験との比較、申し込み方法」でした。

    困った君
    困った君
    IFRSの理解は日本語でして、受験は英語でしようかな。

    アビタスの「IFRS検定講座」なら、日本語のテキストと講義で理解、英語の問題集で演習が可能になるわけだよね。

    アビタス経由でIFRS検定の英語受験の申し込みもできるみたいだし、アビタスの「IFRS検定講座」を受講してもいいかもな。

    どこ
    どこ
    IFRSの理解も受験も、英語でできるけど、結構大変だと思うよ。

    効率よくIFRSの学習をするなら、アビタスの「IFRS検定講座」を利用するのがおすすめということになるね。

    元受講生としては、よくできた講座だと思ったから、ぜひ利用してほしいな

    USCPA(米国公認会計士)講座の資料請求、説明会申し込み(無料

    アビタスのUSCPAコース

     

    USCPA(米国公認会計士)講座の紹介割引(入学金11,000円オフ

    【紹介割引あり】アビタスでUSCPA(米国公認会計士)試験に1年で合格!

     

    USCPA(米国公認会計士)の受験ガイド

     

    BATIC(国際会計検定)講座の資料請求(無料

    TACのBATICコース

    大原のBATICコース

    BATIC(国際会計検定)が新しく!試験日は?どう勉強する?

     

    BATIC(国際会計検定)の公式テキスト・公式問題集

     

    IFRS Certificate(国際会計基準検定)講座の紹介割引(受講料の3,000円オフ)

    【アビタス紹介割引あり】IFRS Certificate(国際会計基準検定)の難易度、活かし方

     

    USCMA(米国公認管理会計士)EA(米国税理士)講座の資料請求(無料

    TACのUSCMAコース

    TACのEAコース

    国際会計資格 USCPA・USCMA・EAの比較、どれを取るといいのか?

     

    CIA(公認内部監査人)講座の資料請求、説明会申し込み(無料

    アビタスのCIAコース

    TACのCIAコース

    内部監査資格 CIA・CISA・CFEの比較、どれを取るといいのか?

     

    簿記検定講座の資料請求(無料

    大原の簿記コース

    TACの簿記コース

    USCPA(米国公認会計士)と簿記検定、どっちが役に立つのか?

     

    公認会計士講座の資料請求(無料

    東京CPA会計学院の公認会計士コース

    大原の公認会計士コース

    TACの公認会計士コース

    USCPA(米国公認会計士)とJCPA(日本の公認会計士)の試験の違い

    ABOUT ME
    USCPAどこ
    ワシントン州USCPA(米国公認会計士)。USCPAの立場から、USCPA試験、USCPAのキャリア、USCPAの人生設計について書いています。BIG4大手監査法人監査人→米国企業経理職@バンコク→大手グローバル企業連結決算担当。
    こちらの記事もおすすめ