【USCPA試験】勉強法

USCPA試験に不合格になる人の間違った勉強法5つ

困った君
困った君
USCPA試験の勉強を一生懸命しているよ。

でも、この勉強法で合っているのか自信が無くて困ったな。

どこ
どこ
どこはワシントン州のUSCPAだよ。

USCPA試験は約1年で合格できたよ。

残念ながら、ただ一生懸命勉強しても、USCPA試験に合格できるとは限らないんだよ。

USCPA試験に不合格になる人の間違った勉強法を5つ取り上げるから、参考にしてね。

 

USCPA試験に不合格になる人は、大きくは2つのパターンに分かれます。

USCPA試験に不合格になる人のパターン

  1. 勉強時間不足で不合格になる。
  2. 勉強法が間違っていて不合格になる。

 

勉強時間不足で不合格になる場合は、生活の見直しなどをして、勉強時間の確保に努めてください。

社会人がUSCPA(米国公認会計士)試験の勉強時間を作る方法 やらないことリストの作成
社会人がUSCPA試験の勉強時間を作る方法 「やらないことリストの作成」『 エッセンシャル思考』をベースに「やることリスト」を作って、やるべきことを把握するのは大切ですが、やるべきことをどんどん足してしまうと、キャパオーバーになってしまいます。ですので、「やらないことリスト」を作って、自分がやる必要がないこと、自分にとって優先度が低いことは「やらない」と決意し、生活の中から消していきましょう。やらなくてよいことを断捨離すれば、USCPAの勉強に使える時間が増えます。...

 

勉強法が間違っていて不合格になる場合、多くの人が一番最初に受験するであろうFARで、勉強の方向性を修正することになります。

USCPA試験 FAR対策 最初の科目でつまずかないための勉強のポイントとコツ
USCPA試験 FAR対策 最初の科目でつまずかないための勉強のポイントUSCPA(米国公認会計士)の FARという科目は、最初に受験する場合が多く、ボリュームがあることから、なかなか受験できる状態ならない受験生が多い印象です。よって、USCPAという試験の勉強に慣れていくのと同時に、FAR特有の勉強のコツを知っておくと良いでしょう。最初の科目からつまずかないように、どのように勉強したら良いのか、FARの勉強のポイントを見ていきましょう。...

 

当記事の目的は、FARで不合格になる前に、そもそも間違った勉強法がどんなものであるかを知り、大回りを最初から避けていただくことです。

不合格になる人の多くは、間違った方向に無駄な努力を続けてしまっていますが、自分では気がつきません。

そして、FARで不合格になってから初めて気がつきます。

【体験談】USCPA試験 FAR不合格者(プロアクティブ受講生)のフィードバック
【体験談】USCPA試験 FAR不合格者(プロアクティブ受講生)からのフィードバックUSCPA試験のFARで不合格だった方から、受験体験・反省点・学習記録のフィードバックをいただいたので、共有します。 合格者のアドバイスを参考にするのは大切ですが、不合格者の反省点からも学べる点は多いと思うからです。...

 

USCPA試験の勉強を始める前に、避けるべき間違った勉強法を知っておきましょう。

USCPA試験の間違った勉強法5つ

  1. 完璧にやろうとする
  2. きれいなまとめノートを作る
  3. テキストをじっくり読む
  4. 細かいところにこだわる
  5. 問題はただ解くだけ

 

 

間違った勉強法1:完璧にやろうとする

USCPA試験の間違った勉強法1:完璧にやろうとする

 

間違った勉強法の1つ目は、完璧にやろうとしてしまうことです。

合格する人は、基本を大事にし、試験に出ないことには手を出しません。

 

基本問題さえできれば応用問題にも対応できるので、新しい知識をどんどん学び、完璧にしないといけないと考えるのは間違えです。

「きちんと」「完璧に」勉強をすることは無理なので、できない自分を責めることになります。

また、どんなに勉強しても合格できる自信がなく、本番の試験に踏み出せず、USCPA試験から撤退することになります。

アビタス受講生の場合、最初に受講するであろう『英文会計入門』を終えるのに、他の受講生よりかなり時間がかかっているようでしたら、完璧主義かもしれないと疑ってもいいでしょう。

USCPA試験 アビタス「英文会計入門」の勉強方法と単位認定試験までの勉強時間
USCPA試験 アビタス「英文会計入門」の勉強方法と単位認定試験までの勉強時間アビタスのUSCPAプログラムの「英文会計入門」について、「英文会計入門」の勉強方法と、「英文会計入門」の単位認定試験を受けるまでに何時間くらい勉強したらいいかご説明しています。...

 

 

間違った勉強法2:きれいなまとめノートを作る

USCPA試験の間違った勉強法2:きれいなまとめノートを作る

 

間違った勉強法の2つ目は、きれいなまとめノートを作ってしまうことです。

合格する人は、テキストにポイントを書き込み、情報を一元化しています。

 

まとめノートを作ること自体は否定しないのですが、講義を聴き、テキストをまとめ直しただけのようなノートを作るのは、単なる「作業」であって「勉強」ではありません。

きれいなまとめノートができあがって満足できるかもしれませんが、合格にはつながりません。

 

 

間違った勉強法3:テキストをじっくり読む

USCPA試験の間違った勉強法3:テキストをじっくり読む

 

間違った勉強法の3つ目は、テキストをじっくり読んでしまうことです。

合格する人は、「インプット」より「アウトプット」を重視した勉強をします。

 

テキストをじっくり読み込み、それから問題集を解くという勉強法を取るのは、効率的な勉強方法とは言えません。

テキストを読むより、問題集を解くことに時間をかけましょう。

 

 

間違った勉強法4:細かいところにこだわる

USCPA試験の間違った勉強法4:細かいところにこだわる

 

間違った勉強法の4つ目は、細かいところにこだわってしまうことです。

合格する人は、細かいことにこだわるよりも、自分が間違えてしまう箇所を着実につぶしていきます。

 

内容を確実に理解してからでないと勉強が進められないとなると、調べては次々に疑問点が出てきて、また調べてと、莫大な時間がかかってしまいます。

細部にこだわり、重箱の隅をつついたりしていると、勉強が計画通りに進みません。

 

疑問点を深く追求して解決したとしても、USCPA試験には出題されない可能性が高いです。

なぜなら、USCPA試験の出題傾向は「広く浅く」だからです。

また、こだわる人は、勉強するポイントがずれていることが多いので、こだわって調べた部分が出題されない可能性が高いです。

 

高得点を狙っているのでしたら、時間を使って疑問点を追及してもいいのですが、短期合格がしたいのならば、細かいところは流せた方がよいです。

 

 

間違った勉強法5:問題はただ解くだけ

USCPA試験の間違った勉強法5:解いたままにする

 

間違った勉強法の5つ目は、問題をただ解くだけにしてしまうことです。

合格する人は、問題を解いたら、以下のような記録をしています。

○:正解

×:不正解

△:正解だったが、自信がなかった

 

また、MC問題については、正解の選択肢だけではなく、不正解の選択肢についても、なぜ正解にはならないのか理由を確認しています。

問題をただ繰り返し解き、解答パターンを覚えてしまっては、問題を解く意味がありません。

 

 

 

以上、「USCPA試験に不合格になる人の間違った勉強法5つ」でした。

困った君
困った君
自分は完璧主義かもしれない。

このまま勉強を続けていたら、間違った方向にムダな努力を続けることになったかも。

細かいところにこだわって、的外れなところに時間を使わないように気をつけるよ。

どこ
どこ
USCPA試験に合格することが目的だよね。

実務に役立つ知識を身につけたいからと、疑問点を調べ出したりすると、合格するという目的から離れていくよ。

今回取り上げた5つの間違った勉強法は、そんなのわかっていると思っても、自分では気が付かないままやってしまいがちだから、気をつけてみてね。

転職のためにUSCPAを取得する場合、早めに転職活動を始めるのが、転職成功のポイントです。

USCPAにおすすめの転職エージェント

管理部門・士業特化型エージェントNo.1 MS-Japan

登録無料、相談無料

どこがBIG4大手監査法人に転職したときに、お世話になった転職エージェントです。

管理部門に特化した転職エージェントですので、監査職だけではなく経理職への転職でも、優良な求人情報がみつかります。

 

今すぐ転職する気がなくても、転職エージェントに登録だけはしておいた方がいいです。

希望にあった新規求人や転職可能なおすすめ求人がメールで届くので、気になる求人をストックしておけば、転職したくなったときに必ず役立ちます。

ABOUT ME
USCPAどこ
ワシントン州USCPA(米国公認会計士)。USCPAの立場から、USCPA試験、USCPAのキャリア、USCPAの人生設計について書いています。BIG4大手監査法人監査人→米国企業経理職@バンコク→大手グローバル企業連結決算担当。
こちらの記事もおすすめ