MENU
独学・教材

USCPAは独学可能?独学の場合の勉強時間・テキスト・勉強法は?

USCPA(米国公認会計士)試験は独学可能?独学の勉強時間、テキスト、勉強法は?
知りたい君
知りたい君
USCPA(米国公認会計士)試験を受けようと思ってるんだけど、USCPAの予備校って絶対に行かないといけないのかな。

独学でも勉強できるのか知りたいな。

どこ
どこ
どこは、ワシントン州のUSCPだよ。

どこも、USCPAに挑戦すると決めたとき、独学が可能か考えたけど、結局はアビタスというUSCPA予備校を利用することにしたんだよ。

その時に考えたことをもとに、独学が可能なのか説明していくね。

注意:2024年1月にUSCPA試験制度が大きく変わります!

独学でUSCPA試験の勉強をしようと思っている方は注意です。

本当に合格したいのならばUSCPAの学校を利用して、できるだけ早く合格してしまうことをおすすめします。

というのは、2024年1月にUSCPA試験制度が大きく変わるため、しばらくは合格しにくくなるからです。

独学では効率的な学習が難しく時間がかかるため、2024年1月までに合格することは限りなく不可能になります。

 

USCPAの学校アビタスがおすすめです。

アビタスへの資料請求説明会申込みは、アビタス公式サイトからご連絡ください(無料)。

ご紹介割引が適用(入学金11,000円オフ)となるようにご紹介が可能ですので、アビタスへの紹介ご依頼フォームからご依頼ください。

 

もし、USCPAになるために何から始めたらいいのかわからない場合は、USCPAの始めかた 「USCPAになりたい」と思ったらを読んでみてください。

 

目次(見たい項目へ)

USCPAは独学可能?独学の場合の勉強時間、テキスト、勉強法は?

USCPAは独学可能?独学の場合の勉強時間、テキスト、勉強法は?

結論から言うと、USCPAは独学可能です。

ただし、追加単位が必要ないことが大前提です(詳しくはこのあと見ていきます)。

それに、独学はかなりハードルが高いと言わざるを得ません。

 

結局のところ、独学可能なのは、以下のような人だと思います。

独学可能なのはどんな人?

  1. 受験資格を満たしている人(追加単位が必要ない人)☜大前提
  2. 米国大学の会計学専攻の卒業生
  3. 監査の実務経験者
  4. 日本の公認会計士(JCPA)
  5. 英語力がある人(海外の大学卒業、TOEIC900点以上など)
  6. 分からないこと、困ったことを自力で解決できる人

 

独学だと、USCPA試験に全科目合格できるまでに、ものすごく時間がかかったり、合格できず、途中で諦めてしまう可能性が高まります。

それだったら、受講料はかかっても、USCPA予備校を利用した方が本当は良いでしょう。

 

それでも、USCPA試験を独学したい場合、考慮すべきポイントは、以下の5点かと思います。

USCPA(米国公認会計士)試験を独学する場合のポイント

  1. 独学の場合、どうやって単位を取得する?
  2. 独学の場合、どうやって受験手続きを進める?
  3. 独学の場合、どのくらい勉強時間がかかる?
  4. 独学の場合、どうやってテキストを手に入れる?
  5. 独学の場合、どんな勉強法になる?

1つずつ、順番に見ていきたいと思います。

 

 

1.独学の場合、どうやってUSCPA受験に必要な単位を取得する?

独学の場合、どうやって単位を取得する?

まず、独学の場合、どうやって単位を取得するのかについて、見ていきましょう。

 

(1)USCPAの受験には必要単位を満たさなくてはならない

少し単位について補足すると、USCPAの試験を受験するには、受験資格を満たしていなければいけません。

USCPAの受験資格

  1. 学位要件:大学を卒業して一定の学位があるか
  2. 単位要件:会計単位とビジネス単位を一定以上取得しているか

受験資格については、詳しくは以下の記事を参考にしてください☟

USCPA試験の受験資格【米国の大学卒でなくても受験できます!】

 

受験資格には、単位要件というものがあり、一定以上の会計単位とビジネス単位を持っている必要があるわけですね。

USCPA受験生の多くが、大学を卒業していても、会計単位またはビジネス単位、あるいは両方の単位が足りていないです。

そして、USCPA予備校の「単位取得サポート」を利用して、必要な単位を取得することになります。

 

(2)独学の場合、必要単位を満たすには?

結論から言うと、独学の場合、自力で単位を取得するのは無理です。

USCPA予備校を利用すれば、単位を取得できるわけですが、これはUSCPAのプログラムを申し込んだ受講生を対象としています。

 

現時点で、「単位取得サポート」のみを提供しているUSCPA予備校はありません。

USCPAの予備校を利用するのは、教材(テキストや講義)だけのためだけではなく、受験資格を満たすためとも言えるわけですね。

 

反対に言えば、会計学部やビジネス系の学部卒で、単位を十分に持っていて、追加で単位を取得する必要が無ければ、USCPA予備校を利用する必然性は下がるということになります。

 

結局どうする?:単位が足りているかたしかめる!

よって、単位が足りているか確かめるのが、独学ができるかどうかの第一歩となります。

USCPA予備校に大学の「成績証明書」を見せれば、あなたがどのくらい単位を持っているか、どの程度受験資格を満たしているか診断してもらえます。

 

アビタスというUSCPA予備校に連絡をとり、「無料単位診断サービス」を依頼しましょう。

アビタス公式サイト

 

  1. 独学の場合、USCPA予備校を利用せずに、単位を取得するのは無理。
  2. 単位が足りていなかったら、独学はあきらめましょう。
  3. 単位が足りているか、USCPA予備校のアビタスに診断してもらいましょう。

 

 

2.独学の場合、どうやってUSCPA受験の手続きを進める?

独学の場合、どうやって受験手続きを進める?

つぎに、独学できるという場合、どうやってUSCPA受験の手続きを進めるのかについて、見ていきましょう。

 

(1)USCPA受験にはどんな手続きが必要なの?

まず、USCPA試験受験の手続きの流れを押さえておきましょう。

USCPA試験受験の手続きの流れ

  1. 学歴評価依頼
  2. 出願
  3. 出願手数料と試験料の支払い
  4. 受験票(NTS)の確認と印刷
  5. 日本会場手数料の支払い
  6. 試験会場の空きの確認と予約
  7. 試験結果(スコア)の確認

 

USCPA試験では、まず1科目目の受験ができる状態になるまでが大変です。

そして、全科目合格までに、多くの手続きがあります。

手続き先も一か所だけではないので、余計に複雑です。

しかも、手続きは、英語で行わなくてはなりません(米国の試験ですから)。

 

手続き先については、こちらの記事を参考にしてください☟

USCPA試験の受験で知っておきたい関連機関【知っておくと役に立つ】

 

(2)独学の場合、手続きを進めるには?

結論から言うと、USCPA試験の受験手続きに関しては、自力でも可能だと思いますが、かなり非効率的だと思います。

ちなみに、日本語で説明された、受験手続きマニュアルのようなものは、市販で手に入りません。

 

AICPA(米国公認会計士協会)やNASBA(全米州試験委員会連合)などの英文サイトで、受験手続きに関する情報を集めてきて、自力で手続きをすることになりますが、時間がかかるでしょう。

困ったときに助けてくれる人もいませんし。

 

その点、USCPAの予備校を利用すれば、受験手続き資料が用意されていますし、何かわからなければ、スタッフに質問できます。

どこは、アビタスの元受講生ですが、アビタスの受験手続き資料には、非常に助けられました。

きちんと、1つ1つ見本付きの手続きマニュアルが用意されており、それに従えばスムーズに手続きが進められました。

恐らく、自分で調べながらでは、勉強に集中できないし、手続きで分からないところが出てきたら、どうしたらよいのか分からず、ストレスが溜まって、受験自体をあきらめていたと思います。

 

結局どうする?:「USCPA受験サポート」を利用する!

アビタスのサポートの良さを挙げていても、独学したいあなたには意味が無いですね。

どうしても独学したい場合、かつ、少しでも受験手続きの負担を減らしたい場合、「USCPA受験サポート」を提供している会社さんにお願いしてはいかがでしょうか☟

Office Amerika(オフィスアメリカ)

 

また、合格後の話になりますが、USCPAライセンスの取得や更新などは、「CPAライセンスサポート」を提供している法律会計事務所さんにお願いできます☟

関口法律会計事務所

 

アビタスに、ライセンスに関して質問すると、この関口法律会計事務所を紹介してきます(アビタスは、ライセンスの取得まではサポートがありますが、その後の維持・更新に関してはサポートはなく、専門外です)。

どこも、ライセンスの更新でトラブルがあったときに、関口法律会計事務所さんにサポートをしてもらいましたが、対応が丁寧かつ迅速で、信頼がおけると思いました。

どうしても独学したいけれど、受験手続きの手間は省きたい場合、「USCPA受験サポート」などを利用してみる!

USCPA予備校のフルサポートではなく、必要なところだけ、外部にサポートをお願いするのが、コスパがいい?

 

 

3.独学の場合、どのくらいUSCPA全科目合格までに勉強時間がかかる?

独学の場合、どのくらいUSCPA全科目合格までに勉強時間がかかる?

独学の場合、どのくらいUSCPA全科目合格までに勉強時間がかかるのでしょうか。

 

(1)USCPA予備校を利用した場合の勉強時間

まず、USCPA予備校を利用した場合の勉強時間です。

 

どのくらいの勉強時間が必要かは、USCPA試験の勉強開始時点での、受験者の会計知識(会計の実務経験)と英語力に大きく左右されます。

USCPA予備校を利用した場合の、合格までに必要な勉強時間(目安)

  1. 日本の公認会計士試験合格者×TOEIC600点以上=800時間くらい?
  2. 日商簿記検定2級か3級合格者×TOEIC600点以上=1,000時間くらい?
  3. 会計の資格何もなし×TOEIC600点未満=1,500時間くらい?

 

ちなみに、どこは、アビタス利用、USCPAの勉強開始時点は、日商簿記検定3級合格、TOEIC845点というスペックで、約1,000時間の勉強時間で合格しました。

勉強時間については、こちらの記事も参考にしてください☟

USCPA試験の勉強時間 科目別の勉強時間【勉強時間を減らすコツも】

 

(2)独学の場合の勉強時間

つぎに、独学の場合の勉強時間です。

独学にチャレンジするような人は、会計知識も英語力も、USCPA試験の勉強開始時点であると推測します。

もし、会計知識も英語力もないのに独学しようとしていましたら、やめた方がいいと思います。

 

独学の場合の、合格までに必要な勉強時間(推測)

  1. 日本の公認会計士試験合格者×TOEIC600点以上=1,000時間くらい?
  2. 監査実務経験者×TOEIC900点以上=1,000時間くらい?

会計知識も英語力もあれば、独学で勉強することによる非効率さがあるとしても、結局は1,000時間くらいになるのではないかと思います。

勉強時間については、USCPA予備校を利用しても、1,000時間で合格するのは無理だと言う人もいますし、人それぞれなので、推測するのは難しいですね。

 

結局どうなの?:独学を選ぶ人は、ハイスペックなので、勉強時間は長くならないのでは

独学の場合は、そもそも、全然だめなら、全科目合格までに(もしかしたら、一科目合格までに、はたまた、1科目も受験できないままに)挫折して、USCPA試験から撤退していそうです。

よって、独学での合格者は、結果的に、USCPA予備校利用者とあまり変わらない勉強時間で合格するのではないでしょうか。

独学したい人は、そもそもハイスペックだと思うので、多少非効率的な勉強になっても、1,000時間くらいの勉強時間で合格すると思うのですが。

 

 

4.独学の場合、どうやってUSCPAのテキストを手に入れる?

独学の場合、どうやってUSCPAのテキストを手に入れる?

独学の場合、どうやってUSCPAのテキストを手に入れるかです。

 

(1)市販のテキストはあるの?

USCPA試験については、残念ながら、日本人受験生向けの日本語の独学用のテキストは市販されていない状態です。

補足:Anjoインターナショナル(2006年に破綻した、当時の最大手USCPA予備校です)が出版したUSCPAのテキストは、まだ本屋などで見かけますが、古すぎて役に立たないので、買うのはやめましょう。

 

英語の市販教材なら、米国のCPAプログラムのプロバイダーがテキスト・問題集を提供しています。

Wiley(ワイリー)、Becker(ベッカー)、Roger(ロジャー)、Gleim(グレイム)などがあります。

 

洋書問題集については、以下の記事を参考にしてください☟

USCPA 洋書問題集(テキスト)は必要?Wiley(ワイリー)がおすすめ!

 

(2)USCPA予備校の中古教材を買えばいい?

独学用の教材として、一番候補に挙がるのは、メルカリヤフオクで出品されているUSCPA予備校(アビタスやTAC)の中古テキスト・問題集でしょう。

ただし、既に全科目合格した人や、途中で挫折してしまった人などが出品しているので、なかなか最新版が手に入らなかったり、最新版は価格が高かったりします。

 

USCPA試験は、科目によっては、出題内容の改定が頻繁にありますので、最新の出題内容に基づいて問題を解くことが大切となります。

最新版でないと、出題されないことを勉強したり、既に変更されていることを間違って覚えてしまったりしますので、注意が必要です。

 

結局どうする?:Wileyの問題集と予備校テキストを併用する!

おすすめなのは、最新のWileyのオンライン問題集(Test Bank)を4科目分Amazonで買い、USCPA予備校(アビタスがおすすめです)の中古テキストのなるべく新しい版をメルカリなどで買い、内容の理解をすることです。

そうすれば、たとえ、中古テキストが改定内容が反映されていなかったとしても、最新版のWileyのTest Bankを解いていれば、少なくとも大きな改定には気が付くでしょう。

 

  1. 内容理解は、USCPA予備校の中古テキストで。最新のものを探す。
  2. 問題演習は、WileyのTest Bankで。必ず最新版を購入する。

 

5.独学の場合、どんな勉強法がUSCPA合格には必要?

独学の場合、どんな勉強法になる?

独学の場合、どんな勉強法がUSCPA合格には必要になるのでしょうか?

 

(1)テキストだけでどうにかできる?

メルカリやヤフオクでUSCPA予備校のテキストを購入したとします。

ですが、USCPA予備校の講義は聴けません。

つまり、テキストを読み込み、問題をひたすら解くという勉強法になります。

 

分からない場合に、USCPA予備校のスタッフに質問もできません。

そもそも、USCPA予備校のプログラムは、テキスト、問題集、講義がワンセットになっており、講義を聴くことで、理解が深まるようになっています。

この講義がすっぽり抜け落ちてしまうので、効率よく勉強することは難しいでしょう。

 

(2)実践演習はどうする?

ただテキストを読んで、問題集を解いても、受験対策としては不十分です。

模擬試験を受けたり、AICPA Released Questionsを解いたり、直前対策講義を受講したりすることで、問題集を解くだけでは理解不足だった点を補い、合格可能なスコアに到達できるようになります。

 

USCPA予備校を利用しない場合、模擬試験、AICPA Released Questions、直前対策講義などは入手不可能ですので、実践演習が不足となり、不合格となる可能性が高まります。

いかに、Wileyの問題を完璧に仕上げるかが大切になるのではないでしょうか。

 

結局どうする?:米国のUSCPA受験生から情報をダイレクトに仕入れる

独学は非効率なのはわかってはいるけれど、それでも独学したい場合、米国のUSCPA受験生の情報交換サイトを確認したりして、そのようなサイトから情報を仕入れるといいかと思います。

実は、どこは自分が受験生だったときは、米国のCPA受験生がどのように勉強しているのか、どのように情報交換をしているかなど、全く関心がありませんでした。

ですが、合格後に、そのような情報交換サイトを見ていると、色々な情報にあふれていることに気が付き、驚きました(米国の試験なので、当たり前ですが、米国のサイトの方が情報が多いです)。

疑問に思うところは、万人共通なようで、誰かが疑問に思って書き込むと、誰かが回答しています。

こんな勉強法が良かったとか、こんな問題が出題されたとか(本当は出題された問題は共有してはダメですが)、色々な人が書いています。

ですので、いかに情報を探してきて、自分の勉強に活かすのかが、独学の勉強のコツでしょうか。

  1. 米国の試験なので、米国の受験生の方が、情報は多く持っている。
  2. 独学するなら、情報戦で勝つ。

 

 

以上、「USCPAは独学可能?独学の場合の勉強時間・テキスト・勉強法は?」でした。

知りたい君
知りたい君
USCPA(米国公認会計士)は独学可能だけど、ハードルはかなり高いわけだね。
どこ
どこ
勉強自体は、WileyやUSCPA予備校の中古テキストを買えば、どうにかなるね。

ただ、単位が足りない場合は、USCPA予備校を利用せざるを得ないよね。

少しでも独学したいという気持ちがある人は、まず自分は単位が足りているのか、USCPA予備校の「無料単位診断サービス」を受けてみるのが、独学できるか判断する第一歩だよ。

単位が足りていて独学できるということになったら、あとは、自分で情報を集めつつ、受験手続きと勉強を並行していく。

大変だと思うけど、情報収集能力を発揮して、がんばってみてね。

アビタスにUSCPAプログラムの資料請求をして情報を集めつつ、「無料単位診断サービス」で単位がどのくらいあるのか診断してもらい、独学できるか判断しましょう。

アビタス公式サイト

資格取得のための参考情報

資格取得のための参考情報

USCPA(米国公認会計士)

USCPA講座の資料請求・説明会申し込み(無料

アビタスUSCPA公式サイト

 

USCPA講座の紹介割引(入学金11,000円オフ

アビタスへのUSCPA紹介ご依頼フォーム

 

USCPAの受験ガイド(どこの本、アビタスの三輪先生の本)

 

USCPAの始め方(参考ページ)

USCPAの始めかた 「USCPAになりたい」と思ったら

 

BATIC(国際会計検定)

BATIC講座の資料請求(無料

TACのBATICコース

大原のBATICコース

 

BATICの詳細情報(参考ページ)

BATIC(国際会計検定)が新しく!試験日は?どう勉強する?

 

BATICの公式テキスト・公式問題集

 

IFRS検定(国際会計基準検定・IFRS Certificate)

IFRS検定講座の紹介割引(受講料3,000円オフ)

アビタスへのご紹介ご依頼フォーム

 

IFRS検定の詳細情報(参考ページ)

【アビタス紹介割引あり】IFRS検定(国際会計基準検定)の難易度、活かし方

 

USCMA(米国公認管理会計士)、EA(米国税理士)

USCMAとEAの講座の資料請求(無料

TACのUSCMAコース

TACのEAコース

 

USCMAとEAの詳細情報(参考ページ)

国際会計資格 USCPA・USCMA・EAの比較、どれを取るといいのか?

 

CIA(公認内部監査人)

CIA講座の資料請求、説明会申し込み(無料

アビタスのCIAコース

TACのCIAコース

 

CIAの詳細情報(参考ページ)

内部監査資格 CIA・CISA・CFEの比較、どれを取るといいのか?

 

簿記検定

簿記検定講座の資料請求(無料

大原の簿記コース

TACの簿記コース

 

簿記検定講座の登録(無料

CPA Learning(ラーニング)の簿記コース

 

USCPAと簿記検定の比較(参考ページ)

USCPA(米国公認会計士)と簿記検定、どっちが役に立つのか?

 

公認会計士

公認会計士講座の資料請求(無料

CPA会計学院の公認会計士コース

大原の公認会計士コース

TACの公認会計士コース

 

USCPAと公認会計士の比較(参考ページ)

USCPA(米国公認会計士)とJCPA(日本の公認会計士)の試験の違い

 

自習室の利用

自宅・カフェより快適に集中して自習ができます。

24時間365日、駅近、wi-fi・電源・フリードリンクあり!

1か月だけでもコワーキングスペースでの勉強を試してみませんか?

\BIZcomfort公式サイト/