【USCPAキャリア】エージェント

USCPA向け転職エージェント?アビタスキャリアの評判と口コミ

困った君
困った君
USCPA(米国公認会計士)に合格したら、転職する予定だよ。

アビタス受講生だから、アビタスキャリアという転職エージェントが気になっているんだけど、アビタスキャリアってどうなのかわからなくて困ったな。

どこ
どこ
どこは、ワシントン州のUSCPAだよ。

USCPAの勉強を始めた頃に転職エージェントに登録し、転職エージェントのおかげで、合格後すぐにBIG4大手監査法人に転職できたんだよ。

どこもアビタスの受講生だったし、アビタスキャリアにも登録したけど、BIG4大手監査法人への転職は、アビタスキャリア以外の転職エージェントにお世話になったよ。

アビタスキャリアについて、評判や口コミをまじえながら、どんな転職エージェントなのかお話していくね。

 

 

USCPA向け転職エージェント?アビタスキャリアの評判と口コミ

アビタスキャリア

アビタスキャリア利用経験のあるUSCPAとして、アビタスキャリアについて評判や口コミをご紹介をしていきます。

アビタスキャリア公式サイト

 

転職エージェントは世の中にたくさんありますよね。

転職エージェントが多すぎて選ぶのが大変なので、アビタスのUSCPA受講生は特に、アビタスキャリアを利用しようとする人が多いのではないでしょうか。

アビタスキャリアを選ぶのは、「アビタスの転職エージェントなら、USCPA向けの求人がたくさんあって間違いない」と考えるからでしょう。

 

ですが実際、アビタスキャリア評判・口コミはどうなのでしょうか。

アビタスキャリア良い評判・口コミは、以下の通りです。

アビタスキャリアの良い評判・口コミ

  1. アビタスキャリアは、BIG4とのつながりが強い
  2. アビタスキャリアは、担当者が親身になって話を聞いてくれる

そして、アビタスキャリア残念な評判・口コミは、以下の通りです。

アビタスキャリアの残念な評判・口コミ

  1. アビタスキャリアは、扱っている求人の年収が安い
  2. アビタスキャリアは、USCPA科目合格者の求人が少ない

 

アビタスキャリアを選ぶこと自体には反対しませんが、果たして本当にUSCPAならアビタスキャリアがいいのかはよく考えてみてくださいね。

せっかくUSCPAに合格しても、転職エージェント選びで手を抜いて、転職に失敗したら悲しいですよ。

転職のためにUSCPAに挑戦することを決めた場合、USCPA合格のための学習と同じくらい、USCPA合格後の転職活動にも気を配りましょう。

 

USCPAの勉強中から、転職エージェントに登録することを強くおすすめします。

USCPAの勉強中から転職エージェントに登録をしておきましょう!

  1. 求人を紹介してもらうだけならタダです!お金も時間もかかるものではないので、登録しないともったいないです。
  2. USCPAの勉強中から求人を見る目を養っておけば、USCPA合格後に仕事探しを始めてから、自分に合った求人が見つけやすいです。
  3. 転職エージェントの担当者になんでも話せる関係を作っておくと、自分に合った求人を紹介してくれるようになるだけでなく、経歴書の作成や面接対策など親身にサポートしてくれるようになります。

 

ちなみに、どこは、「MS-Japan」をUSCPAが転職する際のおすすめ転職エージェントとしてご紹介しています。

USCPAにおすすめの転職エージェント「MS-Japan」

 

MS-Japan公式サイトはこちらから

☝登録無料、相談無料

  1. どこがBIG4大手監査法人に転職したときに、お世話になった転職エージェントです。
  2. 管理部門に特化した転職エージェントですので、監査職だけではなく経理職などへの転職でも、優良な求人情報がみつかります。

 

「MS-Japan」をおすすめしているのは、「MS-Japan」のような「会計の有資格者向けの転職エージェント」の方が、「USCPA向けの転職エージェント」より転職で成功できると考えているからです。

詳しくは、USCPAの失敗しない転職エージェント選び【BIG4に転職したUSCPAが解説】でご説明をしています。

 

それでは、アビタスキャリアの評判・口コミを見ていきます。

 

 

1.アビタスキャリアとは?

アビタスキャリアとは?

最初にアビタスキャリアについて、簡単にご説明をしますね。

アビタスキャリアは、USCPAの転職に特に強みのある転職エージェントです。

 

国際資格の学校であるアビタスの転職エージェントですので、アビタスの講座の受講生・卒業生が多く登録しています。

ちなみに、アビタスの講座は以下のようなものがあります。

アビタスの講座

  1. USCPA(米国公認会計士)
  2. CIA(公認内部監査人)
  3. CISA(公認情報システム監査人)
  4. CFE(公認不正検査士)
  5. IFRS検定(国際会計基準検定)

USCPAプログラムだけではなく、内部監査資格の講座IFRS検定講座も提供しています。

アビタスの講座の学習者や合格者は、高い専門性や高い英語力を持った人が多いです。

よって、会計・監査ができる人材やグローバルな人材を求める企業がアビタスキャリアに求人を出すというのがウリでしょう。

 

それでは、アビタスキャリアについて、深堀していきます。

アビタスキャリアとは?

  1. アビタスキャリアの求人
  2. アビタスキャリアのサービス

 

(1)アビタスキャリアの求人

アビタスキャリア求人は、主に以下のようになっています。

アビタスキャリアの主な求人

  1. 監査法人・会計事務所
  2. 税理士法人
  3. コンサルティングファーム
  4. 事業会社管理部門
  5. 海外

 

実際に求人を検索して、求人の内訳がどのようになっているのか確認しました(2022年8月25日)。

 

アビタスキャリアの求人内訳

監査法人 128社 29%
税理士法人 47社 11%
コンサルティング 152社 35%
事業会社 182社 41%
会計事務所 24社 5%
合計 439社 100%

通常の会社に比べれば、監査法人の求人が多めだと思います。

 

さらに、業種・職種ごとのアビタスキャリアの求人内訳を見ていきましょう。

 

①アビタスキャリアの監査法人求人

アビタスキャリアの監査法人求人の内訳は、以下のようになります。

 

アビタスキャリア監査法人求人

会計監査 26社 20%
会計アドバイザリー 48社 38%
IT・リスクアドバイザリー 44社 34%
その他 10社 8%
合計 128社 100%

監査法人の求人の中でも、アドバイザリーの求人が70%以上を占めていることがわかります。

会計監査の求人は20%と少ないことがわかります。

よって、アビタスキャリアに登録すると、会計監査職を希望するとしても、アドバイザリーの求人を紹介されることが多いです。

 

②アビタスキャリアの税理士法人求人

アビタスキャリアの税理士法人求人の内訳は、以下のようになります。

 

アビタスキャリア税理士法人求人

移転価格/国際税務 27社 57%
その他 20社 43%
合計 47社 100%

税理士法人の求人は、移転価格/国際税務が半分、「その他」が半分といったところです。

「その他」というのは、本当に色々で、税理士法人での求人とはいえ、たとえば人事職だったりして、税務に限らない求人が雑多にあります。

 

➂アビタスキャリアのコンサルティング求人

アビタスキャリアのコンサルティング求人の内訳は、以下のようになります。

 

アビタスキャリアコンサルティング求人

M&A 42社 28%
事業コンサルティング 12社 8%
会計コンサルティング 34社 22%
ITコンサルティング 32社 21%
経営コンサルティング 19社 13%
その他 13社 9%
合計 152社 100%

コンサルティングの求人は、M&A会計コンサルティングITコンサルティングが多めなようです。

ITコンサルティングの求人はCISA向けかと思いましたが、どの資格もマストではないという求人が多かったです。

 

④アビタスキャリアの事業会社求人

アビタスキャリアの事業会社求人の内訳は、以下のようになります。

 

アビタスキャリア事業会社求人

経理・財務・税務 108社 59%
経営企画 30社 16%
内部監査 36社 20%
その他 8社 4%
合計 182社 100%

事業会社の求人は、圧倒的に「経理・財務・税務」の求人が多いです。

「内部監査」は、CIAの資格を求めているのかと思いきや、そうでもありませんでした。

 

➄アビタスキャリアの会計事務所求人

アビタスキャリアの会計事務所求人の内訳は、以下のようになります。

 

アビタスキャリアの会計事務所求人

国内会計事務所 22社 92%
海外会計事務所 2社 8%
合計 24社 100%

会計事務所の求人は、国内会計事務所が大半です。

ちなみに、海外会計事務所の2社は、海外にある会計事務所ではなく、国際案件を扱っている「国際会計事務所」でした。

ただ、どこは以前、アビタスキャリアから、海外にある会計事務所の求人をたくさんご紹介してもらったことがあるので、本当の「海外会計事務所」の求人がタイミングなどによってはあるのだと思います。

 

  1. 大学生でもアビタスキャリアに登録はできますが、新卒向けの求人はありません。
  2. アビタスキャリアには、中途採用の求人しかないのですが、これはアビタスキャリアに限ったことではなく、他の転職エージェントも同じです。
  3. USCPA資格は、大学生の就職より社会人の転職で評価されると考えています。
  4. ですので、大学生にはUSCPAを積極的におすすめしていません

 

(2)アビタスキャリアのサービス

アビタスキャリアサービスは、以下のようになっています。

アビタスキャリアのサービス(全て無料)

  1. 求人検索(オンライン)
  2. 求人紹介(メール・電話)
  3. 個別カウンセリング(リモートも可能)
  4. 選考のスケジュール管理(面接日設定・合否連絡)
  5. 職務経歴書・志望理由の書き方のアドバイス
  6. 面接想定問答、質問への対応方法のアドバイス

USCPAの転職に特化しているとはいえ、一般的な転職エージェントと大きな違いはありません。

 

実際にどこアビタスキャリアで求人を紹介してもらった時も、他の転職エージェントと同じような流れで、同じようにサポートをしてもらいました。

何か特別なことがあった覚えはないです。

 

 

2.アビタスキャリアの良い評判・口コミは?

アビタスキャリアの良い評判・口コミは?

アビタスキャリアの良い評判・口コミをご紹介していきます。

アビタスキャリアの良い評判・口コミ

  1. アビタスキャリアは、BIG4とのつながりが強い
  2. アビタスキャリアは、担当者が親身になって話を聞いてくれる

 

(1)アビタスキャリアはBIG4とのつながりが強い

アビタスキャリアの良い評判・口コミの1つ目ですが、「アビタスキャリアはBIG4とのつながりが強い」というのがあります。

アビタスキャリアは、各BIG4から担当者を招いて説明会をしていますし、昔からつながりがあるように感じます。

 

たとえば、このようなWEB説明会をしていますね。

EY移転価格部門説明会

 

どこも、USCPAの学習をしていた頃に、アビタスの新宿校舎で開催されたBIG4監査法人の監査スタッフとの懇親会に参加したことがあります。

BIG4監査法人で働き始めて2、3年くらいのスタッフ、しかもUSCPA合格者の女性とお話をさせてもらいました。

おかげで、USCPA合格後にBIG4監査法人で働くイメージができ、USCPAの学習にもさらに力が入ることになりました(そして、自分もそのBIG4監査法人に入所しました)。

 

BIG4の説明会や懇親会がアビタスの校舎で開けるほどですので、アビタスキャリアのコネクションは強く「アビタスキャリアはBIG4とのつながりが強い」はその通りだと思います。

 

(2)アビタスキャリアは担当者が親身になって話を聞いてくれる

アビタスキャリアの良い評判・口コミの2つ目ですが、「アビタスキャリアは担当者が親身になって話を聞いてくれる」というのがあります。

これはどこ自身も、アビタスキャリアのカウンセリングを受けた際に思ったことです。

 

ただし、実際にUSCPAに全科目合格して、BIG4監査法人の監査職の紹介をお願いしたところ、「今はUSCPAは募集していません」のひとことで終わりにされてしまいました。

他の転職エージェント(MS-Japan)にお願いしたところ、無事にBIG4監査法人の監査職に就けました。

ですので、アビタスキャリアの担当者の方には、もう少し頑張っていただきたかったと思っています(「BIG4監査法人に対して何か裏技みたいのはないの?」とも思いました)。

 

担当者の評価は、自分との相性が良いかなどで変わってきます。

「アビタスキャリアは担当者が親身になって話を聞いてくれる」については、親身になって話を聞いてくれるだろうとは思っていますが、良い担当者かどうかは相性もあると思っています。

たとえばこの方は、アビタスキャリアの担当者の評価が高いです。

他のエージェントと比較して、一番参考になったとのことです。

 

 

3.アビタスキャリアの残念な評判・口コミは?

アビタスキャリアの残念な評判・口コミは?

アビタスキャリアの残念な評判・口コミもご紹介していきます。

アビタスキャリアの残念な評判・口コミ

  1. アビタスキャリアは、扱っている求人の年収が安い
  2. アビタスキャリアは、USCPA科目合格者の求人が少ない

 

(1)アビタスキャリアは扱っている求人の年収が安い

アビタスキャリアの残念な評判・口コミの1つ目ですが、「アビタスキャリアは扱っている求人の年収が安い」というのがあります。

実はどこ自身も、アビタスキャリアから求人を紹介してもらった際に、同じことを思いました。

相場より安すぎだと思っているので、これまでアビタスキャリアをおすすめしてきませんでした。

 

実際にアビタスキャリアの求人を検索して、アビタスキャリアが扱う「求人の年収」を調べてみました。

アビタスキャリアの求人の年収

アビタスキャリアの求人の年収一覧

見ていただくとわかる通り、年収400万円から600万円で70%近くの求人を占めています。

これは安いと思いませんか?

 

どこが以前紹介された求人の中には、USCPAの有資格者なのに年収300万円に満たないものも含まれていたため、どれだけUSCPAを下に見ているのだろうと悲しくなったものでした。

他の転職エージェントだと、同じような求人でも年収600万円以上でしたし、1,000万円以上の求人もたくさん紹介してもらえるので、「アビタスキャリアは扱っている求人の年収が安い」という口コミには同意です。

 

(2)アビタスキャリアはUSCPA科目合格者の求人が少ない

アビタスキャリアの残念な評判・口コミの2つ目ですが、「アビタスキャリアはUSCPA科目合格者の求人が少ない」というのがあります。

 

どこは、USCPA科目合格のときは、BIG4監査法人しか見ていなかったので、USCPA科目合格だと、アビタスキャリアからどんな求人がどのくらいもらえたのかわかりません。

ですので、実際にアビタスキャリアの求人を検索して、アビタスキャリアの「USCPA科目合格者の求人」を調べてみました。

アビタスキャリアの保有資格別求人

USCPA全科目合格 168社 38%
USCPA科目合格 37社 8%
CIA 27社 6%
CISA 34社 8%
公認会計士 176社 40%
合計 442社 100%

 

見ていただくとわかる通り、たしかに、USCPA科目合格者の求人は10%を切っていて少ないですね。

というより、日本の公認会計士の求人が一番多いことに驚きました。

英語が必要ではない求人が意外と多く、英語力が求められない日本の公認会計士が一番多く求められている感じです。

よって、「アビタスキャリアはUSCPA科目合格者の求人が少ない」という口コミも正しいと言えそうです。

 

 

以上、「USCPA向け転職エージェント?アビタスキャリアの評判と口コミ」でした。

困った君
困った君
監査法人のアドバイザリーになりたいんだったら、アビタスキャリアがいいかもね。

グローバル案件が多いわけでもないから、外資系企業の経理職なんかだったら、他の転職エージェントの方がいいかも。

どこ
どこ
正直なところ、アビタスキャリアの求人は、年収が低いと思うから、USCPA合格後に年収アップを狙って転職をするなら、あまりおすすめできないかな。

ただ、USCPAに特化したキャリアカウンセリングは定評があるので、アビタス受講生で転職希望者は、アビタスキャリアに登録して、一度カウンセリングをしてもらってもいいかな。

USCPAの予備校は、アビタスの一択だと思っているけど、USCPAの転職エージェントは、アビタスキャリアの一択ではないと思っているから、それをお伝えして終わりにするよ。

ABOUT ME
USCPAどこ
ワシントン州USCPA(米国公認会計士)。USCPAの立場から、USCPA試験とUSCPAのキャリアについて書いています。BIG4大手監査法人監査人→米国企業経理職@バンコク→グローバル企業連結決算担当。
USCPAのための転職情報
USCPAのための転職情報

 

USCPAにおすすめの転職エージェントは「MS-Japan」の一択です!

 

USCPAにおすすめの転職エージェント「MS-Japan」


 

  \登録無料、相談無料

【MS-Japan】公式サイト

 

どこがBIG4大手監査法人に転職したときに、お世話になった転職エージェントです。

管理部門・士業特化型エージェントNo.1」で、希望職種が経理職や財務職だったり、監査法人志望だったりするなら、登録必須の転職エージェントです。

USCPA」で検索ができて、「USCPA」向けの求人が多いので、どの転職エージェントよりも質の高い「USCPA」の求人に出会えます。

 

USCPAに合格したら転職すると決めているなら、USCPAの勉強を始めてすぐに登録しましょう。

すぐに転職する気がなくても、転職エージェントに登録だけはしておいた方がいいです。

新規求人・おすすめ求人がメールで届くので、気になる求人をストックしておけば、転職したくなったときに必ず役立ちます。