【USCPA試験】基礎情報

USCPA(米国公認会計士)試験の出願州を決める際の2つのポイント

困った君
困った君
USCPA試験を受けることにしたよ。USCPA試験って、全米共通の試験だけど、出願先は各州なんだって。

どの州に出願するか決めないとならないのだけど、決められなくて困ったな。

どこ
どこ
出願州を決めるのは悩むよね。

どこも、USCPA受験生のときに悩んだからわかるよ。

USCPAのどこが、どのように決めたらよいか、アドバイスするね。

 

出願州を選ぶ際のポイント

  1. 受験条件(受験資格)を満たしやすい州を選ぶこと
  2. 希望する合格後のステータスを満たしやすい州を選ぶこと

1.受験条件(受験資格)

USCPA試験の受験条件(受験資格)は、州によって異なります。

よって、各州の受験条件(受験資格)を確認して、自分に最適な出願州を選ぶ必要があります。

出願するための条件

  1. 学位要件:4年制大学卒業の学位である「学士号」
  2. 単位要件:「会計単位」と「ビジネス単位」を一定数以上取得

学位要件については、短期大学卒の学位である「準学士号」でも可能な州や、大学在学中に出願可能な州があります。

受験条件(受験資格)を早く満たせれば、早く受験することができ、早く合格にたどり着きます。

 

2.合格後のステータス

合格後のステータスは、大きく分けると2つに分かれます。

合格後のステータス

  1. 合格(Pass):4科目合格した状態を指します。履歴書などに「USCPA試験合格」と書くことができます。転職やキャリアアップのためにUSCPA試験を受けた場合、このステータスで十分です。
  2. ライセンス(Lincense):4科目合格後、実務経験を積んだ上で、出願した州の認可を受けて、米国公認会計士としての実務を行えます。名刺に「USCPA」と書けるようになります。

名刺に「USCPA」と書きたい場合や対外的に「USCPA」と名乗りたい場合、ライセンスを取得する必要がありますので、注意しましょう。

 

ライセンス取得に必要な実務経験が、監査法人での実務経験以外でも認められる州を選べば、一般事業会社での実務経験しかない場合でも、ライセンスが取得できる可能性があります。

 

3.出願州をポイントに沿って選ぶ

それでは、実際に出願州を選んでいきましょう。

 

(1)受験条件(受験資格)で選ぶ

受験条件(受験資格)で選ぶ場合です。

①学位要件

  1. 卒業見込みで受験したい場合:アラスカ州、グアム州
  2. 4年制大卒の学位がない(短大卒、4年制大中退、3年制大学卒業)場合:モンタナ州

②単位要件

  1. 会計15単位だけで出願が可能:アラスカ州
  2. 単位要件が満たない状態で出願が可能:グアム州

 

(2)ライセンスを取得しやすい州を選ぶ

ライセンスの取得しやすさで選ぶ場合です。

①名刺に「USCPA」と書けるライセンス

一般事業会社で会計の実務経験がある・積む予定がある場合:

  1. グアム州に出願→グアム州にライセンス申請
  2. アラスカ州やニューヨーク州に出願→ワシントン州にライセンス申請

ワシントン州は、「後付けトランスファー」という独自の制度があります。

ワシントン州はライセンスが取得しやすいのですが、受験に必要な単位が多いです。

よって、受験に必要な単位が少なくてすむ、アラスカ州やニューヨーク州などへ出願し、合格後、ワシントン州にTransfer(合格実績の移行)し、ワシントン州のライセンスを取得するのがおすすめです。

ちなみに、アラスカ州やニューヨーク州は、ライセンスを取得する要件は厳しいです。

②名刺に「USCPA-Inactive」と書けるライセンス

会計の実務経験を積む予定がないが、名刺に肩書が書きたい場合:

  1. グアム州

Inactiveライセンスは、グアム州で例外的に取得可能です。Inactiveとは、「会計監査実務をしていない会計士」という肩書のため、監査法人などでは名刺に書けません。

 

出願州については、受験資格に関する以下の記事も参考にしてください。

USCPA(米国公認会計士)試験の受験資格
USCPA(米国公認会計士)試験の受験資格 米国の大学卒でなくても受験できます!USCPA(米国公認会計士)試験の受験資格について、受験するために必要な要件と、要件の満たし方、楽に要件を満たすにはどうしたらよいかをご説明し、場合ごとのおすすめの出願州も挙げています。...

 

 

以上、「USCPA(米国公認会計士)試験の出願州を決める際の2つのポイント」でした。

困った君
困った君
どの州に出願するか決める際のポイントがわかったよ。

ライセンスがほしいから、アラスカ州に出願して、合格後にワシントン州に後付けトランスファーをして、ワシントン州でライセンスを取得することにするよ。

どこ
どこ
出願州が決まったし、ライセンスが必要かどうか考える機会にもなってよかったね。

さて、方向が決まったところで、USCPA試験の勉強も気合を入れてやっていこうね。

USCPA(米国公認会計士)講座の資料請求、説明会申し込み(無料

アビタスのUSCPAコース

 

USCPA(米国公認会計士)講座の紹介割引(入学金11,000円オフ

【紹介割引あり】アビタスでUSCPA(米国公認会計士)試験に1年で合格!

 

USCPA(米国公認会計士)の受験ガイド

 

BATIC(国際会計検定)講座の資料請求(無料

TACのBATICコース

大原のBATICコース

BATIC(国際会計検定)が新しく!試験日は?どう勉強する?

 

BATIC(国際会計検定)の公式テキスト・公式問題集

 

IFRS Certificate(国際会計基準検定)講座の紹介割引(受講料の3,000円オフ)

【アビタス紹介割引あり】IFRS Certificate(国際会計基準検定)の難易度、活かし方

 

USCMA(米国公認管理会計士)EA(米国税理士)講座の資料請求(無料

TACのUSCMAコース

TACのEAコース

国際会計資格 USCPA・USCMA・EAの比較、どれを取るといいのか?

 

CIA(公認内部監査人)講座の資料請求、説明会申し込み(無料

アビタスのCIAコース

TACのCIAコース

内部監査資格 CIA・CISA・CFEの比較、どれを取るといいのか?

 

簿記検定講座の資料請求(無料

大原の簿記コース

TACの簿記コース

USCPA(米国公認会計士)と簿記検定、どっちが役に立つのか?

 

公認会計士講座の資料請求(無料

東京CPA会計学院の公認会計士コース

大原の公認会計士コース

TACの公認会計士コース

USCPA(米国公認会計士)とJCPA(日本の公認会計士)の試験の違い

ABOUT ME
USCPAどこ
ワシントン州USCPA(米国公認会計士)。USCPAの立場から、USCPA試験、USCPAのキャリア、USCPAの人生設計について書いています。BIG4大手監査法人監査人→米国企業経理職@バンコク→大手グローバル企業連結決算担当。
こちらの記事もおすすめ