【USCPAキャリア】監査法人

USCPAが監査法人で働く際に「使えない」と言われないために勉強しておきたいこと

困った君
困った君
USCPA試験合格後に、監査法人で働きたいと思っているんだ。

でも、USCPA試験の勉強で学んだ知識だけで、監査法人で働けるのか不安で困ったな。

どこ
どこ
監査法人では、日本の公認会計士試験を突破してきた人たちと一緒に肩を並べて働くのは不安だよね。

USCPAは“使えない”と言われてしまうという噂も聞くし。

USCPAとしてBIG4大手監査法人で働いた経験のあるどこが、USCPAが監査法人で働く際に“使えない”と言われないために、勉強しておくといいことを話していくね。

この記事は、監査法人のスタッフ(年次でいうと1年目から3年目くらい)を対象にしています。また、日系の上場企業の経理などを経験せずに入所した場合を想定しています。

 

BIG4大手監査法人の採用面接の際に、面接を担当してくれたパートナー(監査法人の中でかなり上のポジション、事業部のトップ)に「USCPAとして勉強しておいた方が良いことは何ですか」と質問をしてしまったどこです(いま考えると、かなり恥ずかしい質問ですね)。

ちなみに、そのパートナーから「うーん、自分はUSCPAじゃないから、わからないなー。女性でもないから、女性が働きやすいかも、わからないからねー。きみ、もし入所後にわかったら教えてね」というユニークな回答が返ってきました。

あとから思うと、「何を勉強しなければならないかは、自分で考えなくてはならない(働きやすいかも、自分が感じることだ)。他人に聞くものではない」ということを優しく教えてくれていたのだと思います。

前置きはさておき、USCPA合格者が監査法人で働きたいと思ったときに、心配になるのは、「日本の公認会計士と一緒に働いて大丈夫なのか?」「USCPAは“使えない”とバカにされないのか?」「USCPAの試験勉強だけで、監査法人の仕事に対応できるのか?」といったことだと思います。

結論から言うと、「日本の公認会計士と対等に仕事ができた」「USCPAだからといって“使えない”などと下に見られなかった」「USCPAのAUDの知識で監査の仕事に対応はできるけれど、細かい知識は足りないので、働きながら勉強する必要はある」ということになります。

 

では、監査法人で働く際に、どのような勉強をする必要があるのか、具体的に見ていきましょう。

USCPAが監査法人で働くために勉強しておきたいこと

  1. 日本の会計基準
  2. 日本の開示知識
  3. 英語、IT、仕訳の知識

1.日本の会計基準(JGAAP)

ご想像の通り、断トツで「日本の会計基準(JGAAP)」のフォローアップが必要になります。

USCPAは米国の会計基準(USGAAP)の勉強なので、日本の会計基準などは勉強してきていませんので、当然のことです。

監査法人では、日本の会計基準がわかっている前提で、監査人同士、また、クライアントとの会話が進んでいます。

わかっていないと、一人だけ話についていけないことになります。

ただ、そこまで恐れる必要はありません。

というのは、入所してすぐは、会計論点となるような勘定科目(監査は、残高試算表の勘定科目ごとに検証していきます)を担当させてもらえないので、会計基準を語るような場はめったに発生しません。

たとえ発生したとしても、初年度監査でない場合は、前年度の監査調書を参考にすれば、そこまで困りません。

徐々に、会計論点のある勘定科目を担当するようになるので、それまでにある程度の知識を身につけておけば大丈夫です。

(1)会計監査六法を読み込みましょう

上司から「監査部屋には会計監査六法しか置かないこと。法人が出版している書籍でも、クライアントに、こんな本を参照しているのかと知られるのは恥ずかしいことなので、監査部屋には持っていかないこと」と言われていました。

ですので、まずは、監査部屋においておける唯一の書物である、会計監査六法とお友達になることが大事でした。

毎日、毎日、何かわからないと(わからないことがなくても)、会計監査六法を開いて、ふむふむと読み込んでいました。

よく参照するページに付箋を貼り、大事なところはハイライトする、といったことを繰り返していると、だんだん手になじんできて、分厚い会計監査六法がいつの間にか手放せなくなっていました。

(2)法人が出版している会計書籍を読みましょう

自分の勤務先の法人が出版している『よくわかる○○○』といった解説書も読みましょう。

他の法人が出版している本だと、自分の勤務先の法人と違う見解が書かれていることがあるので、自分の勤務先の法人が出版している本だけ読んでいました。

社割がききますし(笑)。

クライアント先には持っていけないので、家か事務所のロッカーに置いておいて、仕事以外の時間に読むようにしていました。

(3)日商簿記検定1級の勉強をしましょう

会計監査六法や、法人が出版している本を読むこと以外では、やはり日商簿記検定1級の勉強をしておくと良いかと思います。

日商簿記検定1級は、商業簿記、会計学、工業簿記、原価計算の4科目がありますが、商業簿記と会計学の2科目を勉強しておけば安心です。

理解することが目的なので、テキストを読むだけで、問題集を解いたり、試験を受けることは必須ではありません。

どこが所属していた事業部は、USCPAが部員のほぼ半分でした。

USCPAの中で日商簿記検定1級を持っている人がほぼいませんでした。

そして、勤務時間中にUSCPAを対象とした日商簿記検定1級の授業が開催されていました。

T〇Cの講師を事務所におよびして、T〇Cのテキストを用いて、数週間にわたり日商簿記検定1級の授業(商業簿記のみ)を受けることになっていました。

受講料やテキスト代も法人負担、お給料をもらいながら日商簿記検定1級の勉強ができたわけです。

そこまでしても、法人はUSCPAに日商簿記検定1級レベルの知識を身につけてほしいと思っていたわけなので、USCPAとしては、自発的に日商簿記検定1級くらいの知識は身につけておかないとダメということでしょう。

2.日本の開示知識

実は、日本の会計基準以上に知識がなくて困ったのは、この開示知識の方です。

どこの場合は、担当クライアントがほぼ外資系企業で、いわゆるリファードジョブ(海外親会社の会計監査人から送付された「監査指示書」に基づいて監査をすること)が多かったので、そこまで担当する機会は来なかったのですが、日系の上場企業を担当した際に、開示チェックを任されることがありました。

インチャージ(実務部隊で一番上のポジション)に、「開示チェックお願いね」と初めて言われた際は「何をどうチェックするのでしょう?」と戸惑いました。

そして、一から勉強することになりました。

日本の公認会計士は、開示についてしっかり勉強してきているのですが、USCPAの場合は、日系の上場企業で開示資料を担当してきた場合などを除いて、開示の知識がないまま(つまり、クライアントの経理担当者以上に知識がないまま)、チェックをする側に立たされることになります。

どこの場合は、法人が出版している会社法開示の本などを読んでも、あまり理解できなかったため、まずは、ビジネス会計検定試験の勉強から始めました。

1級だと、ディスクロージャーや、財務諸表と計算書類の体系などが学べますので、ざっくりとした知識が手っ取り早く身につきます。

そのあとに、コツコツと関連書籍を読みながら、勉強していきました。

開示チェックは、誤字脱字がないかなどから始まって、前期との整合性、計算の正確性、情報の網羅性など見なければいけないことが多いです。

開示の知識がないUSCPAの場合、それらの作業を手探りで進めることになってしまいます。

ですので、なるべく早くから、日本の会計基準の勉強と並行して、開示の勉強もすることをおすすめします。

3.英語、IT、仕訳の知識

最後に、英語やIT(パソコンスキル)に関して、「USCPAの勉強だけで対応できるのか?」という疑問があると思うので、補足しておきます。

(1)英語の知識

英語に関しては、人によってレベルが違ってくるので難しいところですが、USCPAの試験に合格できたのならば、法人内では英語力はかなり高い部類に入ると思っていいです。

もっと高い英語力が必要ならば、入所後に勉強すれば大丈夫だと思います。

もちろん、最初から英語はできればできた方が良いのですが、どのくらい英語ができるかによってアサイン(担当クライアント)が変わるので、問題はありません。

外資系企業のクライアントにアサインしてもらって、英語力を存分に活かしたい場合は、英語力をアピールしていれば、自然とそのようなアサインばかりされるようになります。

たとえば、リファードジョブ(海外親会社の会計監査人から送付された「監査指示書」に基づいて監査をすること)の場合は、海外とのやり取りが増えますので、英文メールや英語での電話は対応できないと困ります。

最低限のビジネス英語ができる必要があるでしょう。

自分で本などで英語メールの言い回しを勉強したり、あとは法人主催の英語研修(英文メール講座など)がありますので、そのような機会を利用するといいでしょう。

また、法人の一部負担で英語学校に通うことも可能ですので、入所後も英語力の向上に努めるといいと思います。

会計英語の勉強に関しては、こちらを参照してください☟

【会計英語】会計・経理の英語の勉強法-実務で使える英語を身につける
【会計英語】会計・経理の英語の勉強法-実務で使える英語を身につける会計・経理の英語の勉強法を4つのステップに分けて説明していきます。会計や経理の英語は、短期間で簡単に身につけられるものではありませんが、コツコツと会計用語を覚えて、書いたり、話したりしてアウトプットしていけば、実務で使えるレベルに到達します。「会計×英語」を自分の専門としていきたいなら、最終的には、米国公認会計士(USCPA)の資格を取るのがおすすめです。...

おすすめは、オンライン英会話です。忙しくても、自宅で続けていくことができます。☟

ビジネス英語なら、ネイティブキャンプがおすすめのオンライン英会話学校です
【体験談】ビジネス英語なら、ネイティブキャンプがおすすめのオンライン英会話学校ですどこは、英会話力向上のために、オンライン英会話をずっと前からやっています。いまオススメしたいのはネイティブキャンプですので、なぜなのか説明していきます。...

監査法人では、英語コーチングを受けている人や、「NCC綜合英語学院」に通っている人も多いので、参考まで。☟

おすすめ英語コーチングスクール4選
USCPAが10の英語コーチングスクールから選んだ!おすすめ英語コーチングスクール4選トライズという英語コーチングスクールに入会しました。トライズに決めるまでに、10の英語コーチングスクールの無料体験レッスン・カウンセリングを受けました。ビジネスで使える英会話力(英語力)を身につけたい方、英語コーチングに興味があるが、どのスクールが良いのか分からない方のために、トライズを含めた4つの英語コーチングスクールをおすすめします。...
謎の多い「NCC綜合英語学院」とは?
【体験談】謎の多い「NCC綜合英語学院」とは?「NCC綜合英語学院」について、今後通おうか悩んでいる人の参考になるよう、情報を残しておきます。...

 

(2)ITの知識

監査法人では、高いIT知識は求められません。

しかも、業務で必要になるPCのアプリケーションは、開示チェック以外では、ほとんどExcelです(開示書類はWordで作成されますので、Wordの知識が必要です)。

Excelに関しては、最低限はできないと業務が進まず、自分が困りますが、得意だと早く検証が終わるので、評価が上がる可能性があります。

監査をする際に最低限必要なExcel知識

  1. 基本的な関数(sum, if, sumif, vlookup)
  2. ピボットテーブル

このくらいの知識があれば、監査では十分です。

そして、ファンクション機能も使いこなせるようになっていると便利です。

クライアントにパソコン画面を見せながら説明したりしますが、ファンクションキーを使いこなせていなくて、もたもたしていると、プロフェッショナル感がなくなります(笑)。

(3)仕訳の知識

最後に突然「仕訳の知識」が出てきて、なんだろう?と思われたかもしれませんね。

実は、USCPAが監査法人で“使えない”との扱いを受ける場合の一番の要因が、仕訳の知識がない(仕訳がきれない)ことだと思うので追加しています。

会計基準や開示の知識と違って、どちらかというとスキル(経験値)の問題です。

USCPAの試験は、仕訳があまりきれなくても合格できてしまいますので、日本の公認会計士に比べて、USCPAは、試験勉強を通して仕訳をきってきた絶対量が全然違います。

監査の現場では、取引を見てとっさに仕訳が思い浮かばないと話になりません。

クライアントがきった仕訳が合っているかが検証できませんし、間違っているということになったときに、修正仕訳が提示できません。

もし、USCPAの勉強はしたけれど、仕訳をきるのは得意ではない場合、取引を見て仕訳をきる練習は自分でしておいた方が良いです。

仕訳がきれるかどうかが、USCPAが監査法人で、“できる”か“できない”かが判断される判断基準の1つであることは知っておきましょう。

 

 

以上、「USCPAが監査法人で働く際に「使えない」と言われないために勉強しておきたいこと」でした。

困った君
困った君
USCPAが監査法人で働くために勉強したほうがよいことは、大きくは日本の会計基準と開示ということだね。

USCPA試験の勉強に集中して合格してしまい、そのあとに、こういった勉強もしていくことにするよ。

どこ
どこ
まずは、足りない知識をカバーする。これは最低限必要。

さらに、最新の会計情報のアップデートも必須。

何を勉強しなければならないかは、仕事をしながら、自分でみつけていく必要があるね。

USCPA合格は、プロフェッショナルとして働くスタートに立っただけ。勉強は生涯続くのです。

監査に関しては、こちらの記事も参考にしてください☟

USCPAが監査法人で働く場合、日本の公認会計士資格も取る必要があるのか?USCPA(米国公認会計士)試験全科目合格後、監査法人に入所したのですが、USCPA資格だけでは不十分で、日本の公認会計士資格も取る必要があるのか疑問に思いました。ですが、日本の公認会計士資格は取る必要がないという結論になりましたので、その理由を説明していきます。...
USCPAのBIG4大手監査法人への転職必勝法
USCPAのBIG4大手監査法人への転職必勝法どこは、USCPA(米国公認会計士)試験に全科目合格してすぐに、BIG4大手監査法人に転職しました。その経験から、USCPAがBIG4大手監査法人への転職を成功させるために大切なことを3つ挙げていきます。...
BIG4大手監査法人の組織とUSCPAの出世
BIG4大手監査法人の組織とUSCPAの出世どこは、USCPAとしてBig4大手監査法人で働いていた経験があります。その経験から、監査法人の組織とその特徴についてお話します。また、監査法人でUSCPAが出世できるかどうか、出世するために何が必要かもお伝えします。...
USCPAが監査法人で働くメリット・デメリット
USCPAが監査法人で働くメリット・デメリットUSCPA合格後すぐに、BIG4大手監査法人に転職したどこが、監査法人で監査人で働く「一般的に言われているイメージ通りの」メリットと、「どこのかなり主観が入った」デメリットをお届けします。...
【体験談】BIG4大手監査法人でUSCPAとして働いてみた!配属された事業部・アサイン・バリューの出し方
【体験談】BIG4大手監査法人でUSCPAとして働いてみた!配属された事業部・アサイン・バリューの出し方 1.配属された事業部について まずは、配属された事業部についてです。 配属されたのは、外資系企業だけを監査する事業部...
【体験談】USCPAが見た!監査部屋では何が起きていた?
【体験談】USCPAが見た!監査部屋では何が起きていた?Big4大手監査法人で監査をしていたUSCPAのどこが、監査部屋で起きていたことを話していきます。...
元BIG4大手監査法人の監査人が教える 監査対応のコツ
元BIG4大手監査法人の監査人が教える 監査対応のコツ監査をする側(Big4大手監査法人での監査人)と監査を受ける側(グローバル企業での監査対応担当)と、どちらの立場も理解しているどこが、監査をスムーズに進めるためのコツを話していきます。...

転職のためにUSCPAを取得することにした場合、早めに転職活動を始めるのが、転職成功のポイントです。

 

USCPAにおすすめの転職エージェント

登録無料、相談無料

MS-Japan

 

どこがBIG4大手監査法人に転職したときに、お世話になった転職エージェントです。

管理部門に特化した転職エージェントですので、監査職だけではなく、経理職への転職でも、相談するのに一番おすすめです。

ABOUT ME
USCPAどこ
ワシントン州USCPA(米国公認会計士)。USCPAの立場から、USCPA試験、USCPAのキャリア、USCPAの人生設計について書いています。BIG4大手監査法人監査人→米国企業経理職@バンコク→大手グローバル企業連結決算担当。