MENU
【USCPA試験】合格後

USCPAのライセンスは取得すべき?取得後はどう維持・更新するの?

USCPAのライセンスは取得すべき?取得後はどう維持・更新するの?
困った君
困った君
USCPAを受けることにしたよ。USCPAのライセンスって取った方がいいのか悩んでいて、困ったな。
どこ
どこ
どこは、ワシントン州のUSCPAライセンスを保持しているよ。

受験すると決めたときに、必要な単位数に影響してくるので、ライセンスを取った方が良いのか悩んだよ。

ライセンスは取った方がいいのか、ライセンスを取るとしたら、どの州のライセンスにするといいのか、どんな手続きが必要なのか見ていこうか。

 

1.USCPAのライセンスについて

USCPAに晴れて全科目合格したら、次に取り掛かるのは、ライセンスの取得です。

ライセンスは、USCPAとして業務を行うための免許のことです。

米国の各州の会計士委員会がライセンスを発行します。

たとえば、どこは、ワシントン州の会計士委員会が発行したライセンスを持っています。

 

合格後にライセンスを登録して初めて、次のようなことができるようになります。

USCPAのライセンスを登録するとできること

  1. 名刺に「USCPA」と記載できる
  2. USCPAであると正式に名乗れる
  3. ライセンスを取得した州で、会計事務所の開業や「監査報告書」への署名ができる

つまり、「USCPAの資格を手にした」と対外的に言うには、ライセンスを登録しなくてはなりません。

もう少し詳しくこのライセンスについて見ていきましょう。

 

(1)「合格者」と「ライセンス取得者」の違い

そもそも、「合格者」と「ライセンス取得者」は何が違うのでしょうか。

 

まず、前述の通り、USCPA試験に合格しただけでは、USCPAの合格者というだけで、名刺にUSCPAと肩書を書くことはできません。

また、対外的にUSCPAと名乗ることもできません。

 

そして、転職活動などで履歴書を用意する際も、「USCPA」とは書けません。

「USCPA全科目合格者」と書けるだけです。

転職活動では、日本では単なる「USCPA全科目合格者」なのか「ライセンス取得者」なのかはあまり気にされませんが、海外では気にされると思った方が良いでしょう。

「USCPAです」と名乗って、USCPAの名刺を持ちたいなら、ライセンスが必要。

 

(2)合格者のうち、ライセンスを取得する割合

USCPA予備校のアビタスの2019年度のアンケートによると、USCPAに合格したアビタス受講生のうち、約70%がライセンスを取得・維持しているそうです。

また、取得検討者を含めると、90%を超えるそうです。

取得する理由としては、「USCPAであることを対外的に証明し、ビジネスの中で資格を活用するため」だそうです。

 

USCPAのライセンスを取得していないのに、名刺に「USCPA」と記載したり、対外的にUSCPAと名乗っている、「USCPA全科目合格者」を何人も見てきたので、きちんとライセンスを取得する人が増えているのは望ましいと個人的には思います。

アビタスのUSCPA合格者の約7割は、ライセンス保持者。

 

(3)ライセンスは本当に必要か?

ライセンスは本当に取得したほうが良いのでしょうか?

 

①自分の今後のキャリア次第で取得する

ライセンスを取得するかは、ご自分の今後のキャリア次第ではないかと思います。

たとえば、以下のようなキャリアに就く場合は、ライセンスを取得したほうが良いでしょう。

ライセンスを取得したほうが良い場合

  1. 監査法人で働く場合(特に会計監査職に就く場合)
  2. 事業会社の経理部や海外事業部で海外子会社の管理を担当する場合
  3. コンサルティングファームで働く場合
  4. 金融機関の法人営業などに就く場合
  5. 商社で事業投資案件などを担当する場合
  6. 海外で働く場合
  7. 監査法人・公認会計士とのやり取りが発生する場合

 

②合格実績の失効が心配なら取得する

AICPA(米国公認会計士協会)・NASBA(全米州政府会計委員会)によって定められた「Informed Consent for International Candidates(外国人受験者に対する十分な情報を得た上での合意)」には、全科目合格後3年以内にライセンスを取得しない場合、合格実績が失効する可能性があることが記載されています。

 

Informed Consent for International Candidate(外国人受験者に対する十分な情報を得た上での合意)

原文は以下の通り。

I shall obtain a Certified Public Accountant (CPA) license from the State Board within three (3)years of passing all four sections of the Uniform CPA examination, counting from the date my scores are issued. In the event I have not obtained such CPA license within three (3)years, under applicable state law, my scores can be automatically withdrawn and I shall have no rights or privileges to them.

原文の参考訳は以下の通り。

CPA試験の4科目すべてに合格した後、スコアが発行された日から数えて3年以内に州委員会から公認会計士(CPA)のライセンスを取得します。3年以内にCPAライセンスを取得しなかった場合、適用される州法に基づき、スコアは自動的に取り消され、私はそのスコアに対していかなる権利も特権も持たないものとします。

 

全科目合格後3年以内にライセンスを取得しないと、合格者データベースから氏名が削除されるということです。

ですので、キャリアと関係なく、合格したらライセンスまで取得したほうが安全だとは思います。

ライセンスを取得しないと決めている場合、ニューヨーク州のみ「Informed Consent」を適用しませんので、ニューヨーク州に出願し、ニューヨーク州で合格しておくという道はあります。

ライセンスを取得するかは、自分のキャリア次第だが、取得したほうが安心。

 

(4)ライセンスに対するどこの肌感覚

さいごに、USCPAのライセンスにまつわるどこの経験を話します。

 

①BIG4(大手監査法人)の会計監査職へ転職

入所時(転職活動時)はライセンスなしで全く問題なし。

名刺の肩書なし。

クライアントに聞かれたときのみ、USCPA合格者であることを話す。

入所後しばらくして、法人よりライセンス取得を強く勧められる。

法人がライセンス取得費用を負担してくれ、ライセンス申請書にサインするUSCPAライセンスホルダー(どこの場合は、同じ部のシニアマネージャーさん)を仲介してくれる。

ライセンスを取得後、ライセンスコピーを人事に提出し、名刺に「USCPA」と記載される。

 

②タイにある米国企業の経理職へ転職

採用面接時に、履歴書、職務経歴書、USCPAのライセンスコピーを提出するように言われる。

名刺に「USCPA」と記載される。

USCPAであることは、海外出張や国際会議に出席する際に、かなり強調される。

アメリカ人の上司やタイ人の同僚から、USCPAということで頼りにされる。

外部監査人(シンガポール人)と話す際に「日本人だから大丈夫かなと思ったけど、USCPAで良かった」と言われる。

 

③日本企業の経理職へ転職

採用面接時に、USCPAのライセンスの提出は求められず。

名刺に「USCPA」の記載なし。

管理職のため、役職名のみ。

自分からUSCPAライセンスホルダーであると話すことはない。

BIG4監査法人の監査対応時に、監査の専門用語を英語で言ってしまうので、USCPAであること自体は周りにバレている。

USCPAに興味がある社員から、USCPAについて質問を受けることはある。

USCPAという資格があるかより、仕事でバリューが出せるかが大事。

 

周りのUSCPAライセンスホルダーに聞いてみると、監査法人などで会計のプロフェッショナルとして勤務しない限りは、ライセンスはそれほど重要視されていないように思われます

少なくとも、本当にライセンスを持っているかの確認はされないです。

USCPAのライセンスに対するどこの所感

  1. 監査法人で働く場合や、海外で働く場合は、ライセンスが重要視される(USCPAであることをアピールする必要があるため、ライセンスが必要)。
  2. 国内で経理職などで働く際は、ライセンスなしで支障なし(USCPAであることをアピールする必要はなく、ライセンスも必要ない)。

 

2.USCPAのライセンスの取得

USCPAのライセンスを取得すると決めたとして、どの州でどのように取得するのか見ていきます。

 

(1)どの州でライセンスを取得するか

ライセンスは、各州の会計士委員会が発行しますので、どこかの州からライセンスを取得することになります。

どの州のライセンスを取っても違いはありません(米国で会計事務所を開いたり、監査報告書にサインをすることにならなければ)。

ですので、ライセンス取得に必要な要件を考慮して、取得しやすい州を選べば良いでしょう。

 

多くの州は、米国での監査経験(日本での監査経験は認めない)、上司がUSCPAであること、米国の就労ビザと社会保障番号を持っていることなどの要件があり、日本人には高いハードルとなっています。

よって、このような要件が無いいくつかの州でライセンスを取得することが、日本人にとっては現実的です。

 

必要とされる実務経験も考慮すると、ライセンスが取得しやすい州は、ワシントン州とグアム州ということになるでしょう。

USCPA予備校も、ワシントン州かグアム州でのライセンス取得を推奨しています。

 

ワシントン州やグアム州なら、日本の企業で積んだ、監査以外の実務経験(経理など)でも、ライセンス取得に必要な実務経験として認められます。

ですので、日本で、しかも監査業務に携わらなくてもライセンスを取得したい場合、ワシントン州とグアム州でのライセンス取得を考えると良いでしょう。

ライセンスは、ワシントン州とグアム州が取得しやすい。

 

(2)ワシントン州かグアム州か?

ワシントン州かグアム州でのライセンス取得が良いことがわかりました。

では、ワシントン州とグアム州のどちらがいいのでしょうか?

 

まず、ライセンス取得に必要な単位数ですが、ワシントン州もグアム州も同じです。

ワシントン州とグアム州で、ライセンス取得に必要な単位数

  1. 会計単位:24単位
  2. ビジネス単位:24単位
  3. 総単位:150単位

 

つぎに、継続教育(後述)で必要な単位数ですが、ワシントン州もグアム州も1年あたりは同じです。

ワシントン州とグアム州で、ライセンスの維持に必要な継続教育単位

  1. グアム州:1年あたり40単位
  2. ワシントン州:3年で120単位(ただし、毎年最低20単位は取得)

 

違いとしては、グアム州には「inactiveライセンス」が例外的にあります。

グアム州の「inactiveライセンス」とは、「会計監査実務をしていない会計士」という肩書です。

名刺には「USCPA-inactive」と記載しないといけません。

 

グアム州の「inactiveライセンス」のメリットは、以下の通りです。

グアム州の「inactiveライセンス」のメリット

  1. ライセンス維持にかかる費用が、通常より安い(年間100ドル)
  2. 継続教育(後述)が不要

 

グアム州の「inactiveライセンス」については、実務経験を積み、「activeライセンス」に切り替えたり、ワシントン州のライセンスにトランスファーするという方法もあります。

 

結論から言うと、以下のようになるのではないでしょうか。

グアム州とワシントン州のどちらの州でライセンスを取得するか?

  1. グアム州に出願した場合:グアム州のライセンス
  2. グアム州で出願し、会計の実務経験を積む予定がないが、「inactive」がついてもいいので名刺に肩書が書きたい場合:グアム州の「inactiveライセンス」
  3. アラスカ州など(出願に必要な単位が少なくてすむ州)に出願した場合:ワシントン州のライセンス
  1. ライセンスについては、ワシントン州でもグアム州でも、取得や維持にかかる手間に大きな違いはない
  2. 出願州で決める
  3. グアム州の「inactiveライセンス」を利用したい場合は、グアム州

 

(3)ライセンス取得の手続き

たとえば、ワシントン州のライセンスを取得する場合だと、以下の手続きが必要です。

ワシントン州のライセンス取得手続き

  1. ワシントン州受験者として全科目合格する(他州で合格した場合は、合格実績をワシントン州に移行する)
  2. AICPA倫理試験(Ethics Exam)に合格する
  3. ワシントン州の倫理試験に合格する(不要になりました)
  4. ライセンスを申請する

 

また、ワシントン州のライセンス申請時に必要なのは、以下の通りです。

ワシントン州のライセンス申請時に必要なもの

  1. 実務経験(1年以上、かつ2,000時間以上、国内の一般事業会社での会計関連実務経験も認められる)
  2. 実務経験者証明書(社外のUSCPAホルダーも可、アビタス受講生なら、別料金でサインサポートが受けられる)

 

どこの場合は、監査法人勤務時にライセンスを取得したため、法人が申請のサポートをしてくれました。

ですが、USCPAホルダーが勤務先にいない場合でも、アビタスの受講生でしたら、ライセンス申請のサポートをしてもらえますので安心です。

ワシントン州のライセンスなら、1年どこかで経理を担当しただけで取得できます。

 

3.USCPAのライセンスの維持

ライセンスは取得して終わりではなく、ライセンスを維持するために、継続教育(CPE:Continuous Professional Education)を受け、単位を取得することが義務付けられています。

これは、高度な専門知識を提供するため、最新の知識を身につける必要があるためです。

 

どの州のライセンスを持っているかによって、必要な単位が変わってきます。

たとえば、前述のようにグアム州とワシントン州ならば、以下の単位が必要です。

ライセンスの維持に必要な継続教育単位

  1. グアム州→1年更新、必要な継続教育ポイントは40単位
  2. ワシントン州→3年更新、必要な継続教育ポイントは120単位(ただし、毎年最低20単位は取得する必要あり)

 

実は、どこは、ワシントン州なら3年更新でラクチンと思って選んだのですが、2020年1月より状況が変わり、毎年最低限の継続教育ポイントを取得しなければならなくなりました。

今までは、3年間で120単位取得すればよかったので、3年目にまとめて一気に取得することができたのですが、今後は毎年最低20単位は取得する必要があります。

 

目安としては、1単位当たり1時間くらいの学習時間が必要ですので、ワシントン州の場合は、3年間で120時間、つまり1年あたり40時間を継続教育(CPE)にかけることになります。

継続教育(CPE)に関しては、こちらの記事を参考にしてください☟

USCPAライセンスを維持・更新するために必要な継続教育(CPE)とは?
USCPAライセンスを維持・更新するために必要な継続教育(CPE)とは?ライセンス更新に必要な継続教育(CPE)、ライセンス更新のタイミング、継続教育(CPE)の単位の取得方法といった、USCPA(米国公認会計士)のライセンス維持についてご説明します...

 

ワシントン州のライセンスは、毎年20単位のCPE単位が最低必要です。

 

4.まとめ

USCPAのライセンスは、よほどの理由がない限り、取得したほうが良いでしょう。

USCPAのライセンスなしでは、USCPAと名乗ることはできません。

ビジネスで資格を活かすのならば、ライセンスを取得し、継続教育を受けて、会計知識を維持する努力をしましょう。

 

ワシントン州のライセンスを取得するのが、ほとんどの日本人合格者にとって一番簡単です。

会計関連の実務経験がない人は、まずは1年は実務経験を積みましょう。

 

 

以上、「USCPAライセンスとは?取得すべき?取得後はどう維持・更新するの?」でした。

困った君
困った君
USCPAのライセンスは取得しておいた方がよさそうだね。

ライセンス取得手続きも、ざっくりとわかったよ。

どこ
どこ
以前は「ライセンスは監査法人で働かない限りは必要ない」という感じだったのだけれど、最近はライセンスは取得すべきという傾向だと思うよ。

一度ライセンスを取得したら、ずっと継続教育が必要となるよ。

やはり、専門家として生きていくのならば、生涯勉強が必要だね。

USCPAのライセンスに関連して、こちらの記事もご参照ください☟

USCPA(米国公認会計士)試験の受験スケジュール
USCPA(米国公認会計士)試験の受験スケジュール 合格までにやることのまとめUSCPA(米国公認会計士)試験の合格までの受験スケジュールについてご説明します。1.出願州を決める、2.受験資格を満たす、3.出願する、4.試験会場を予約する、5.受験する、6.結果を確認する、という順番です。...
USCPA(米国公認会計士)試験の出願州
USCPA(米国公認会計士)試験の出願州を決める際の2つのポイントUSCPA(米国公認会計士)試験の出願州を選ぶ際のポイントについて話しています。ポイントは2つあり、1.受験条件(受験資格)を満たしやすい州を選ぶこと、2.希望する合格後のステータスを満たしやすい州を選ぶことの2つです。...
USCPAライセンスを維持・更新するために必要な継続教育(CPE)とは?
USCPAライセンスを維持・更新するために必要な継続教育(CPE)とは?ライセンス更新に必要な継続教育(CPE)、ライセンス更新のタイミング、継続教育(CPE)の単位の取得方法といった、USCPA(米国公認会計士)のライセンス維持についてご説明します...
USCPAライセンスの更新手続きの手順をわかりやすく解説(ワシントン州の場合)
USCPAライセンスの更新手続きの手順をわかりやすく解説(ワシントン州の場合)USCPA(米国公認会計士)のライセンス(ワシントン州)の更新手順について見ていきましょう。どこは、2021年1月に更新手続きをしましたので、スクリーンショット付きでわかりやすく、更新手順をご説明します。...
USCPAライセンスの一時的な無効化(リタイア)とは?一時的な無効化の方法は?
USCPAライセンスの一時的な無効化(リタイア)とは?一時的な無効化の方法は?USCPA(米国公認会計士)ライセンス取得後の取り扱いとしては、ライセンスを更新する(Renew)、ライセンスを失効させてしまう(Lapse)、ライセンスをリタイアさせる(Retire)の3つがありますが、ライセンスをリタイアさせる(Retire)について見ていきます。...

転職のためにUSCPAを取得することにした場合、早めに転職活動を始めるのが、転職成功のポイントです。

 

USCPAにおすすめの転職エージェント

登録無料、相談無料

MS-Japan

 

どこがBIG4大手監査法人に転職したときに、お世話になった転職エージェントです。

管理部門に特化した転職エージェントですので、監査職だけではなく、経理職への転職でも、相談するのに一番おすすめです。

ABOUT ME
USCPAどこ
ワシントン州USCPA(米国公認会計士)。USCPAの立場から、USCPA試験、USCPAのキャリア、USCPAの人生設計について書いています。BIG4大手監査法人監査人→米国企業経理職@バンコク→大手グローバル企業連結決算担当。