会計資格

【アビタス紹介割引あり】IFRS Certificate(IFRS検定・国際会計基準検定)の学習は、アビタスの講座がおすすめ!

アビタスIFRS検定講座
困った君
困った君
IFRS Certificate(IFRS検定・国際会計基準検定)を受験してみようと思うよ。

アビタスという予備校が、IFRS Certificate(IFRS検定・国際会計基準検定)の対策講座を開講しているみたいなんだけど、受けるか迷って困ったな。

どこ
どこ
どこは、USCPA(米国公認会計士)だよ。

アビタスで、IFRS Certificate(IFRS検定・国際会計基準検定)講座を受講していたよ。

受講して良かったと思っているから、アビタスの「IFRS検定講座」についてお伝えするね。

既にアビタスでIFRS検定講座を受講することを決めている場合は、当記事の一番最後から、【紹介割引】の申し込みをしてください。

受講料が3,000円割引となるよう、アビタスにご紹介させていただきます。

  1. USCPA試験については、アビタス以外にも、TACや大原簿記、プロアクティブなどの予備校が対策講座を提供していますが、IFRS検定は、アビタスのみの提供です。
  2. TACが提供しているのはBATIC(国際会計検定)講座で、IFRS検定講座ではありません。

 

1.アビタスの「IFRS検定講座」とは

アビタスの「IFRS検定講座」とは、USCPAで有名なアビタスが提供する、日本で唯一、IFRSの基準書を体系的に学べるプログラムです。

アビタスは、USCPA(米国公認会計士)試験の講座がメインですが、他にも国際資格の講座をいくつか開講しており、その中の1つがIFRS検定の対策講座です。

2022年6月時点で、アビタス受講生のIFRS検定合格者は、790人を超えています。

 

どこは、アビタスの「USCPA講座」のおかげでUSCPAになれました。

そして、USCPAになれたのをきっかけに、BIG4大手監査法人に入所したのですが、IFRS(国際財務報告基準)導入プロジェクトにアサインされたため、IFRSを効率的に学ぶため、アビタスで「IFRS検定講座」を受講することにしました。

 

IFRS(国際財務報告基準)の書籍はたくさん出版されており、入所したBIG4大手監査法人の書籍なども購入し、独学で勉強をしたのですが、よく分からないことが多かったため、アビタスの門戸を再びたたいたわけです。

結果として、IFRSの理解が深まり、IFRS導入プロジェクトでも立派に業務をこなせたので、アビタスには感謝しています。

 

2.アビタスの「IFRS検定講座」の特徴

アビタスの「IFRS検定講座」の特徴についてご説明します。

アビタスの「IFRS検定講座」の特徴

  1. IFRSの基準書を短時間で理解できる
  2. 実務家の講師によるわかりやすい講義
  3. 日本語と英語併記、具体例が多いテキスト
  4. IFRS検定に即応した問題集

 

(1)IFRSの基準書を短時間で理解できる

IFRS基準書を短時間で理解できるのが、アビタスの「IFRS検定講座」の一番の特徴でしょう。

アビタスの「IFRS検定講座」のカリキュラムですが、講義回数は20回で、1回あたり2.5時間ですので、全部で50時間です。

それにプラスして、特別講義(7時間)が用意されており、ケーススタディーでの演習と新基準の学習(「IFRS検定講座」には出題されないが、実務で知っておきたい知識)ができるようになっています。

アビタスの「IFRS検定講座」のカリキュラム

  1. 講義(2.5時間×20回=50時間+7時間)☜1.5倍速視聴なら約30時間
  2. 特別講義(ケーススタディーでの演習+新基準の学習)

 

(2)実務家の講師によるわかりやすい講義

実務家の講師が講義をしてくれることも、アビタスの「IFRS検定講座」が優れている特徴として挙げられます。

IFRSコンバージェンスなどの実務経験がある講師が教えてくれますので、実務に即した分かりやすい説明となっています。

アビタスの「IFRS検定講座」の講義

  1. 年3回(2月・6月・10月)に開講
  2. eラーニングは、好きなタイミングで視聴可能(パソコン、スマホ、タブレットなどでアクセス)
  3. eラーニングは、20分くらいの細切れ時間で完結しているため、タブレットなどがあれば、いつでも、どこでも、細切れ時間に学習可能
  4. 受講期間中(2年間)は、何度でも受講可能

 

IFRSの基準書をご自分で読んでみたことがあるでしょうか?

かなり、とっつきにくいです(笑)。

 

USCPA試験のために、既に米国基準の勉強をしたことがあるどこでさえ、そうなのですから、会計の学習をしたことがない方や、日本の会計基準しか学習したことがない方は、理解しにくいと思います。

アビタスの「IFRS検定講座」の講師は、わかりやすくかみ砕いて説明してくれますし、実務でどのように適用したか説明してくれますので、理解しやすく、記憶にも残りやすいです。

アビタスの「IFRS検定講座」の講義

  1. 単に、IFRS検定に合格することだけが目的ではない
  2. 実務で活かせるような、実践的な知識も身につく

 

(3)日英併記、具体例が多いテキスト

テキストは日本語と英語が併記されているのも、アビタスの「IFRS検定講座」を受講すべき理由となります。

また、具体例が多く記載されているので、読んでいてイメージが湧きやすいです。

アビタスの「IFRS検定講座」のテキスト

  1. 上下2冊で構成
  2. 欧米の教材を基に開発
  3. 英語も記載されているので、英語でもIFRSを学べる
  4. 具体例・設例が豊富
  5. 日本基準(JGAAP)とIFRSの差異も記載
  6. 電子テキストもある(ただし、別料金。単語検索・メモ機能あり)

 

なかなか、ここまでよくできたIFRSのテキストはないです。

少なくとも、市販の書籍にはないので、本屋で購入するといったことはできません。

アビタスの「IFRS検定講座」のテキスト

  1. 欧米のIFRSの教材が日本人向けになったもの
  2. IFRSの実務で、手元に置いて参照したい情報が多い

 

(4)IFRS検定に即応した問題集

当たり前ですが、そもそも「IFRS検定講座」なので、IFRS検定に合格するための問題集も用意されています。

「IFRS検定講座」の問題集は、MCカードと呼ばれています。

IFRS検定を受験しない人でも、問題を解いてアウトプットをすることで、IFRSの知識が身につきますので、活用してほしいです。

アビタスの「IFRS検定講座」の問題集

  1. 上下2冊で構成
  2. 約430問が収録
  3. 左側が問題、右側が解説
  4. 英語版の問題集もある(ただし、別売り)
  5. オンラインの問題演習ツールもある(パソコン、スマホ、タブレットなどでアクセス)
  6. 2回分の模試

 

IFRS検定に合格するのに十分な問題量がありますし、オンラインの問題演習ツールで効率的に問題演習が進められます。

オンラインの問題集には、問題をランダムに表示したり、時間設定をして問題を解いたり、間違えた問題だけ抽出して再度解く、などの機能があります。

アビタスの「IFRS検定講座」の問題集

  1. IFRS検定に効率的に合格できる工夫あり
  2. オンラインで、いつでも、どこでも、気軽に演習可能

 

3.アビタスの「IFRS検定講座」の受講形態

アビタスの「IFRS検定講座」の受講形態ですが、3つあります。

アビタスの「IFRS検定講座」の受講形態

  1. 通学コース
  2. eラーニング・通学併用コース
  3. eラーニング限定コース

 

それぞれのコースの違いは、以下の通りです(〇は利用可、×は利用不可)。

コース ライブ講義 eラーニング 学習ブース・自習室 質問回答
① 通学 ×
② eラーニング・通学併用
③ eラーニング限定 × ×

注)2022年6月時点では、新型コロナの関係でeラーニングのみが可能です(状況が変わる可能性があるため、アビタスに直接お問い合わせください)。

 

新宿と大阪のアビタス校舎に、学習ブース・自習室があります。

PCが設置されているブースでは、eラーニングの視聴やオンラインの問題演習もできます。

 

質問回答については、疑問に思った点、学習して分からない点について、講師にメールで質問できます。

数日以内に、講師より回答がもらえます。

アビタスの「IFRS検定講座」の受講形態

  1. 東京・大阪のアビタス校舎に通えるならば、自習室なども利用可能
  2. 東京・大阪の遠方に住んでいる人でも、受講しやすい

 

4.アビタスの「IFRS検定講座」のお申し込み

アビタスの「IFRS検定講座」のお申し込みについて、ご説明します。

各種割引も挙げていますので、お申し込み時には、ぜひ利用してください。

 

(1)アビタスの「IFRS検定講座」の受講料

アビタスの「IFRS検定講座」の受講料は以下のようになります。

アビタスの「IFRS検定講座」の受講料

  1. 入学金(アビタスで初めて受講する方)
  2. 受講代金(3つのコースそれぞれで異なる)
  3. オプション代金(必要ならば、電子テキストと英語の問題集)

 

それぞれの料金は、以下の通りです

入学金 11,000円
① 通学 203,500円
② eラーニング・通学併用 218,900円
③ eラーニング限定 203,500円
電子テキストオプション 12,100円
英語問題集オプション 1,100円

 

注)料金はしばしば変更されますので、お申し込み時に最新の金額をご確認ください。

 

(2)アビタスの「IFRS検定講座」の各種割引

アビタスの「IFRS検定講座」の各種割引は以下のようになります。

アビタスの「IFRS検定講座」の各種割引

  1. 受講生割引(アビタスで他の講座を受講した方)
  2. 有資格者割引(資格により、2つあり)
  3. 紹介割引(「IFRS検定講座」受講生からの紹介)☜どこがご紹介できます

各種割引は、併用可能です。

 

それぞれの割引は、以下の通りです

受講生割引 5,000円
有資格者割引 1 10,000円
有資格者割引 2 5,000円
紹介割引 3,000円

 

有資格者割引の1は、以下のような資格を持っている方が対象です。

日商簿記検定1級、BATIC700点以上、USCPA、MBA、公認会計士、税理士、CFP、CMA、中小企業診断士

有資格者割引の2は、以下のような資格を持っている方が対象です。

日商簿記検定2級、BATIC320点以上、CIA、CISA、CFE

 

また、IFRS検定講座の元受講生として、アビタスにご割引紹介(友達紹介)をさせていただくことが可能ですので、ご希望の方は、次の「【紹介割引】を使いたい方はこちら」より、ご連絡ください。

 

【紹介割引】を使いたい方はこちら

どこは、アビタスの「IFRS検定講座」の元受講生ですので、アビタスで「IFRS検定講座」を受講したいと思われる方がいましたら、アビタスにご紹介させていただきます。

ご紹介の特典

アビタスの「IFRS検定講座」:受講料3,000円割引

 

(1)TwitterのDM

Twitterのアカウントをお持ちの方は、DMで①お名前の漢字②お名前のフリガナメールアドレスをお知らせください。

どこのTwitterアカウント

 

(2)コンタクトフォーム

以下のフォームで①お名前の漢字②お名前のフリガナメールアドレスをお知らせください。

題名に「IFRS検定講座紹介希望」と書いていただけますと、ご紹介がスムーズです。

最後に「送信」をクリックしてください。

「ありがとうございます。メッセージは送信されました。」と表示されましたら、メッセージの送信は成功しています。

どこからお返事を差し上げますので、少々お待ちくださいませ。






     

     

    以上、「【アビタス紹介割引あり】IFRS Certificate(IFRS検定・国際会計基準検定)の学習は、アビタスの講座がおすすめ!」でした。

    困った君
    困った君
    アビタスの「IFRS検定講座」は良さそうだね。

    eラーニングがあるから、地方在住の自分でも、わざわざ東京や大阪のアビタスの校舎に行かなくてもいいから便利だな。

    どこ
    どこ
    アビタスの「IFRS検定講座」は、講義、テキスト、問題集など、よくできているよ。

    たとえ、IFRS検定を受験する予定が無いとしても、IFRS(国際財務報告基準)を効率的に学ぶために受講してもいいと思うよ。

    日本で唯一、IFRSを体系的に学べるプログラムだから、IFRSの知識が必要な人、今後必要になる人は、受講を検討してみてね。

    USCPA(米国公認会計士)講座の資料請求、説明会申し込み(無料

    アビタスのUSCPAコース

     

    USCPA(米国公認会計士)講座の紹介割引(入学金11,000円オフ

    【紹介割引あり】アビタスでUSCPA(米国公認会計士)試験に1年で合格!

     

    USCPA(米国公認会計士)の受験ガイド

     

    BATIC(国際会計検定)講座の資料請求(無料

    TACのBATICコース

    大原のBATICコース

    BATIC(国際会計検定)が新しく!試験日は?どう勉強する?

     

    BATIC(国際会計検定)の公式テキスト・公式問題集

     

    IFRS Certificate(国際会計基準検定)講座の紹介割引(受講料の3,000円オフ)

    【アビタス紹介割引あり】IFRS Certificate(国際会計基準検定)の難易度、活かし方

     

    USCMA(米国公認管理会計士)EA(米国税理士)講座の資料請求(無料

    TACのUSCMAコース

    TACのEAコース

    国際会計資格 USCPA・USCMA・EAの比較、どれを取るといいのか?

     

    CIA(公認内部監査人)講座の資料請求、説明会申し込み(無料

    アビタスのCIAコース

    TACのCIAコース

    内部監査資格 CIA・CISA・CFEの比較、どれを取るといいのか?

     

    簿記検定講座の資料請求(無料

    大原の簿記コース

    TACの簿記コース

    USCPA(米国公認会計士)と簿記検定、どっちが役に立つのか?

     

    公認会計士講座の資料請求(無料

    東京CPA会計学院の公認会計士コース

    大原の公認会計士コース

    TACの公認会計士コース

    USCPA(米国公認会計士)とJCPA(日本の公認会計士)の試験の違い

    ABOUT ME
    USCPAどこ
    ワシントン州USCPA(米国公認会計士)。USCPAの立場から、USCPA試験、USCPAのキャリア、USCPAの人生設計について書いています。BIG4大手監査法人監査人→米国企業経理職@バンコク→大手グローバル企業連結決算担当。
    こちらの記事もおすすめ