MENU
会計・監査・経理の資格

BATIC(国際会計検定)と日商簿記検定との違いは?簿記検定2級合格者用

BATIC(国際会計検定)と日商簿記検定との違いは?簿記検定2級合格者用
困った君
困った君
BATIC(国際会計検定)を受けようと思うよ。

簿記検定2級には合格済みなんだけど、BATICは簿記検定と何が違うのかわからなくて、困ったな。

どこ
どこ
どこは、USCPA(米国公認会計士)だよ。

USCPAを受ける前に、BATIC(国際会計検定)で高スコアを取ったし、簿記検定2級に合格済みだよ。

簿記検定合格者、特に簿記検定2級合格者に向けて、BATICと簿記検定の違いをお話していくね。

 

簿記の学習経験が無い場合は、BATIC(国際会計検定)の学習を始める前に、日本語で簿記の学習をした方がいいと思います。

簿記の理屈が頭に入っていればいいので、市販の簿記の解説書などを読んでもいいのですが、簿記検定の学習をするのが、効率的に簿記を理解する手段だと思います。

詳しくは、BATIC(国際会計検定)へ直行か、簿記検定3級へ寄り道、どっちがいい? を参考にしてください。

また、BATIC(国際会計検定)については、BATIC(国際会計検定)が新しく!どうなった?試験日は?どう勉強する? が詳しいです。

 

1.BATICと簿記検定の試験制度の違い

BATICと日商簿記検定の2級・3級の違いを試験制度に関して見ていきましょう。

 

(1)試験方式

試験方式ですが、BATICは2021年に大幅なリニューアルがあり、ペーパー試験ではなくなりました。

現在のBATICは、IBT方式(インターネット経由での試験)か、CBT方式(テストセンターのPCでの試験)のどちらかです。

簿記検定の2級・3級は、従来からのペーパー試験(統一試験)とCBT方式(テストセンターでのPCでの試験)のどちらかです。

試験方式

  1. BATIC:IBT方式 or CBT方式
  2. 簿記検定2級・3級:ペーパー試験 or CBT方式

BATICは、ペーパー試験がなく、コンピューターの画面上に問題が出る方式しかなくなり、さらに、自宅のパソコンでの受験(IBT方式)が可能です。

簿記検定は、自宅のパソコンでは受験できず、紙にしろパソコンにしろ、試験会場に出向く必要があります。

 

(2)試験時間

試験時間ですが、BATICは70分、簿記検定2級は90分、3級は60分です。

試験時間

  1. BATIC:70分
  2. 簿記検定2級:90分
  3. 簿記検定3級:60分

BATICは、70分ですので、そこまで急がなくても全部解き終わると思います。

簿記検定2級は、工業簿記などで時間がかかる問題が出ると、少し焦るかもしれませんね。

 

(3)試験結果

試験結果ですが、BATICは400点満点のスコア制で、スコアに応じて3つの称号(Entry:200点以上、Middle:320点以上、Advanced:360点以上)が与えられ、合否はありません。

簿記は、70点以上で合格となります。

試験結果

  1. BATIC:スコア制(3つの称号)
  2. 簿記検定2級・3級:70点以上で合格

 

(4)受験料

受験料ですが、BATICは、IBT方式(インターネット経由での試験)か、CBT方式(テストセンターのPCでの試験)かで違ってきます。

受験料

  1. BATIC(IBT方式):5,500円
  2. BATIC(CBT方式):5,500円+事務手数料 2,200円
  3. 簿記検定2級:4,720円+事務手数料 550円
  4. 簿記検定3級:2,850円+事務手数料 550円

BATICは、CBT方式(テストセンターのPCでの試験)だと事務手数料が高いですね!

BATICの場合は、IBT方式(インターネット経由での試験)、つまり、自宅での受験が可能でしたら、そちらを選んだ方が、事務手数料(交通費も)が節約できます。

 

2.BATICと簿記検定の試験内容の違い

BATICと日商簿記検定の2級・3級の違いを試験内容に関して見ていきましょう。

 

(1)BATICの試験内容

BATICの試験内容は、このようになっています。

BATIC試験内容

Basic Concepts of Accounting and Bookkeeping 会計と簿記の基本概念
Transactions and Journal Entries 取引と仕訳
Journal and Ledger 仕訳帳と元帳
Trial Balance 試算表
Adjusting Entries 決算修正仕訳
Accounting for Inventory and Cost of Sales 棚卸資産と売上原価の会計処理
Worksheet and Closing Entries 精算表と締切仕訳
Financial Statements 財務諸表
Basic Assumptions and GAAP 基本的な前提とGAAP
Financial Statement Analysis 財務諸表分析
Internal Control 内部統制
Cash Control 現金管理
Accounting for Assets and Liabilities 資産と負債の会計処理

 

BATICは、2021年のリニューアルの後、英文簿記だけが出題範囲となりました。

以前は、Subject1とSubject2の2つに試験が分かれており、Subject1が英文簿記、Subject2が国際会計理論でした。

現在は、試験は分かれておらず、出題範囲はSubject1とほぼ同じです(違うのは、「資産と負債の会計処理(Accounting for Assets and Liabilities)」だけです)。

 

(2)簿記検定2級・3級の試験内容

簿記検定の試験内容は、このようになっています。

簿記検定試験内容

  1. 簿記検定2級:商業簿記
  2. 簿記検定3級:商業簿記(60点)+工業簿記(40点)

東京商工会議所の説明では、簿記2級の試験内容については、以下のように記載があります。

高度な商業簿記および工業簿記(原価計算を含む)を修得し、財務諸表を読む力がつき、企業の経営状況を把握できる。相手の経営状況もわかるので、企業の経営管理に役立つ。

 

同様に、簿記3級の試験内容については、以下のように記載があります。

すべてのビジネスパーソンに必須の基本知識が身に付くとして多くの企業から評価されている。経理関連書類の読み取りができ、適切な処理を行えるようになる。

 

簿記検定についても、2019年に出題範囲の改定がなされていますので、追加・削除された事項を把握しておく必要があります。

より実務に即した内容になったと考えておけば、良いかと思います。

 

(3)簿記検定ではカバーできないBATICの試験内容

BATICと簿記検定の試験内容の違いですが、「BATICと簿記検定3級がほぼ同じ」と考えておけば良いです。

BATICの方が「理解を試す問題」が多く、簿記検定3級の方が「計算をさせる問題」が多いという値がいはありますが、簿記検定3級に合格していれば、BATICが難しく感じることはないと思います。

さらに簿記検定2級に合格していれば、BATICの試験内容はほぼカバーできていると考えてい良いでしょう。

 

ただ、簿記検定2級でもカバーできていないものとしては、以下のようなものがあります(全部は把握できていないので、今後も追記します)。

BATICの試験内容で、簿記検定2級でもカバーできていないものの例

  1. 基本的な前提とGAAP(Basic Assumption and GAAP)
  2. 財務諸表分析(Financial Statement Analysis)
  3. 社債発行の会計処理(Accounting for Issuing Bonds)
  4. 級数法(Sum-of-the-years’-digits Method)の計算ー減価償却の方法の1つ

①基本的な前提とGAAP(Basic Assumption and GAAP)

発生主義会計と公準(Accrual Accounting and Assumptions)、会計原則(Accounting Principles)、GAAP(一般に公正妥当と認められた会計原則)など、会計のルールがBATICでは出題されます。

といっても、ただ理解して覚えればいいだけですので、難しく考える必要はありません。

②財務諸表分析(Financial Statement Analysis)

収益性(Profitability)、資産活用(Assets Utilization)、流動性(Liquidity)、負債管理(Debt Management)など、財務指標もBATICでは出題されます。

これも、公式を暗記しておけば問題は解けますので、心配は必要ありません。

③社債発行の会計処理(Accounting for Issuing Bonds)

社債発行の会計処理として、償却原価法がBATICでは出題されます(旧Subject1には含まれていないかった項目です)。

償却原価法には、定額法と実効金利法がありますが、償却原価法が出題されることに注意が必要です。

現在価値(Present Value)などの理解が必要で、苦手とする方も多いです。

④級数法(Sum-of-the-years’-digits Method)

級数法(Sum-of-the-years’-digits Method)は、減価償却の方法の1つで、簿記検定では学習しないのですが、BATICでは出題されます。

減価償却の方法は、BATICでは、定額法(Straight-line Method)、加速償却法(Accelerated Method)、生産高比例法(Units-of Production Method)が出題されますが、級数法(Sum-of-the-years’-digits Method)は、加速償却法(Accelerated Method)の1つです。

これも、テキストを読めば理解できますので、心配は必要ありません。

BATICについては、最新の公式テキストと問題集で対策が可能です。

 

 

以上、「BATIC(国際会計検定)と日商簿記検定との違いは?簿記検定2級合格者用」でした。

困った君
困った君
BATIC(国際会計検定)と簿記検定の違いが分かったよ。

簿記検定2級には合格済みだから、BATICも余裕で合格できると思うな。

どこ
どこ
BATIC(国際会計検定)は、簿記検定3級と試験範囲は同じくらいだけど、2級でもカバーできていないトピックも出題されるから注意だよ。

過信してしまうと、高スコアは取れないかもしれないよ。

それに、簿記検定と違って英語で出題されるので、英語の独特の言い回しもあったりするから、十分に問題集で演習しておいてね。

USCPA(米国公認会計士)講座の資料請求、説明会申し込み(無料

アビタスのUSCPAコース

 

USCPA(米国公認会計士)講座の紹介割引(入学金11,000円オフ

【紹介割引あり】アビタスでUSCPA(米国公認会計士)試験に1年で合格!

 

USCPA(米国公認会計士)の受験ガイド

 

BATIC(国際会計検定)講座の資料請求(無料

TACのBATICコース

大原のBATICコース

BATIC(国際会計検定)が新しく!試験日は?どう勉強する?

 

BATIC(国際会計検定)の公式テキスト・公式問題集

 

IFRS Certificate(国際会計基準検定)講座の紹介割引(受講料の3,000円オフ)

【アビタス紹介割引あり】IFRS Certificate(国際会計基準検定)の難易度、活かし方

 

USCMA(米国公認管理会計士)EA(米国税理士)講座の資料請求(無料

TACのUSCMAコース

TACのEAコース

国際会計資格 USCPA・USCMA・EAの比較、どれを取るといいのか?

 

CIA(公認内部監査人)講座の資料請求、説明会申し込み(無料

アビタスのCIAコース

TACのCIAコース

内部監査資格 CIA・CISA・CFEの比較、どれを取るといいのか?

 

簿記検定講座の資料請求(無料

大原の簿記コース

TACの簿記コース

USCPA(米国公認会計士)と簿記検定、どっちが役に立つのか?

 

公認会計士講座の資料請求(無料

東京CPA会計学院の公認会計士コース

大原の公認会計士コース

TACの公認会計士コース

USCPA(米国公認会計士)とJCPA(日本の公認会計士)の試験の違い

ABOUT ME
USCPAどこ
ワシントン州USCPA(米国公認会計士)。USCPAの立場から、USCPA試験、USCPAのキャリア、USCPAの人生設計について書いています。BIG4大手監査法人監査人→米国企業経理職@バンコク→大手グローバル企業連結決算担当。
こちらの記事もおすすめ