【USCPA生き方】副業・複業

USCPA YouTuberは副業として儲かるのか?

どこは、ワシントン州のUSCPA(米国公認会計士)です。

USCPAのブログを書いています。

USCPAの本も出版しました。

 

USCPAのYouTubeを始めたい方から、「USCPAのYouTuberは儲かるのか」と質問をされました。

どこの回答は「儲からないと思う」です。

どうしてそう思うのか、ご説明していきます。

USCPAの副業については、以下の記事が詳しいです☟

USCPAにおすすめの副業 どのように始めるのか?何に気をつけるのか?
USCPAにおすすめの副業 どのように始めるのか?何に気をつけるのか?USCPA(米国公認会計士)として副業がしたい方、USCPAの資格を活かした副業には、どのようなものがあるのか知りたい方、 副業を始める際に大事なことが知りたい方のお役に立つ内容となっています。...

USCPAの副業としての翻訳は、以下の記事が詳しいです☟

USCPAを活かした副業のすすめ 未経験でも翻訳者になれる、USCPAならば
USCPAを活かした副業のすすめ 未経験でも翻訳者になれる、USCPAならばUSCPAとして、翻訳の副業をしている体験をご紹介します。それほど英語力が高くなかったのに、どうやって翻訳のオファーを得たのか、どんな翻訳の案件を担当していたのかについてご説明しています。...

USCPAの副業としてのビジネス書出版は、以下の記事が詳しいです☟

USCPAを活かした副業のアイデア ビジネス書出版をする、USCPAの知識で
USCPAを活かした副業のアイデア ビジネス書の出版をする、USCPAの知識でUSCPAであれば、USCPAの知識を活かして、ビジネス書の出版ができるでしょう。USCPAとして書籍を出版した経験を基に、副業でビジネス書を出版することについてご説明します。...

電子書籍の出版は、以下の記事が詳しいです☟

副業で電子書籍出版をする!サラリーマンがリスクゼロで自由な時間に執筆して稼ぐ
副業で電子書籍出版をする!サラリーマンがリスクゼロで自由な時間に執筆して稼ぐ副業として電子書籍を出版したい人に向けて、どのように執筆・出版するのかご説明しています。電子書籍出版の中でも、AmazonのKindleストア(KDP)での出版を取り上げます。...

 

 

1.USCPAはマイナー資格

USCPAのYouTuberが儲からない理由としては、USCPAがマイナー資格であることが挙げられます。

  1. 公認会計士や税理士のように、USCPAが簡単にみつかりますか?公認会計士や税理士がいても、USCPAはなかなかいないですよね?
  2. USCPAの本は本屋の本棚に並んでいますか?公認会計士や税理士の本があっても、USCPAの本はほとんどないですよね?
  3. USCPAが「米国の会計士」だと知っている人は周りにいますか?公認会計士や税理士は分かっても、USCPAを正しく知っている人はほとんどいないですよね?

 

USCPAは、「マイナー資格」です。

TwitterなどのSNSで、USCPAやUSCPAの受験生ばかりフォローしていたら、そんなに少なく感じないかもしれませんが。

 

ためしに、Google Trendsで、「USCPA」がどのくらい検索されるのか見てみましょう。

公認会計士・税理士と比較してみます。

Google Trends USCPA

公認会計士や税理士に比べ、いかにUSCPAが検索されないことが分かるでしょう。

公認会計士でさえ、税理士に比べればまだまだ少ないです。

圧倒的に、税理士の方がトレンドにのっているのです!

税理士のYouTuberが有利なのです!!

 

残念ながら、USCPAは全くトレンドにのっていません。

ですので、USCPAの動画を世の中に出しても、観る人はかなり少ないと思った方がよいです。

つまり、USCPAを前面に出したYouTuberになっても、儲かる可能性は限りなく小さいわけです。

 

 

2.会計分野はそもそも需要が少ない

そして、USCPAのYouTuberが儲からない理由としては、会計分野はそもそも需要が少ない分野ということが挙げられます。

会計の仕事をしていない人が、会計について調べるでしょうか?

ほとんど調べる人はいないのではないでしょうか。

一方で、税金分野はどうでしょうか?

税金の仕事をしていない人が、税金について調べるでしょうか?

経営者や投資家をはじめとして、個人も、節税などを目的として税金について調べるでしょう。

 

税理士のYouTuberは、視聴者を集めやすいといえます。

公認会計士でさえ需要があまりないのですから、USCPAはさらに需要がないことは明らかです。

 

ここで、公認会計士や税理士のYouTuberの登録者数を見てみましょう。

 

公認会計士のYouTuberで有名なのは、小山あきひろさんでしょう。

公認会計士YouTuber小山あきひろさん

2022年5月時点で、チャンネル登録者数は5.91万人です。

 

山田真哉さんという公認会計士の方もYouTubeをやっており、チャンネル登録者数が多いのですが、税金の発信や、会計と関係ない発信が多いので、ここでは取り上げません。

 

税理士のYouTuberは、たくさんいますが、大河内薫さんが有名でしょう。

大河内薫さん

2022年5月時点で、チャンネル登録者数は33万人です。

 

公認会計士より税理士の方が、投資や節約など世の中の人が知りたいと思う情報を「お金の専門家」として発信して、人気が出ているように思います。

 

USCPAのYouTuberですが、残念ながら有名な方はみつかりません。

まだUSCPA受験生で、USCPAというわけではないのですが、オカジ兄やんという方は有名です。

オカジ兄やんさん

2022年5月時点で、チャンネル登録者数は5.03万人です。

かなり健闘なさっていると思います。

ただ、USCPAの学習について発信はしていますが、どちらかというと筋トレや料理がメインで、「自己啓発系 YouTuber」ですので、「USCPA YouTuber」といえるかというと疑問が残ります。

 

Atsuさんという方がUSCPA界隈では有名ですが、USCPAのライセンスを更新しなかったので現在はUSCPAではありませんし、どちらかというと「英語 YouTuber」というくくりだと思いますので、ここでは取り上げません。

 

 

3.USCPAは独占業務権限がない

さらに、USCPAのYouTuberが儲からない理由としては、独占業務権限がないということが挙げられます。

 

公認会計士や税理士などをはじめとする、士業のYouTuberは、「広告収入」ではなく、自分のビジネスで儲けている場合が多いです。

公認会計士や税理士は、独占業務権限を活かして公認会計士事務所や税理士事務所を開いており、YouTubeで知名度を上げて、クライアントを獲得するというしくみになっています。

YouTubeは、本業のビジネスが無料で宣伝できる手段となっており、「広告収入」が小さくても本業で儲けられるわけです。

 

USCPAの場合、日本国内では独占業務権限がないので、ほとんどの方が開業をしません。

つまり、有名になっても、自分のビジネスに結び付けるのが難しいです。

たとえば、オカジ兄やんという方は、筋トレグッズや学習プログラムなどの「企業案件」で収益化しているようです。

企業とタイアップできるようなコンテンツにしたり、何らかの自分のビジネスをもっていない限り、USCPAのYouTuberが儲けるのは難しいでしょう。

 

 

まとめ:USCPA YouTuberは正当法では儲からない

USCPA YouTuberは、「チャンネル登録者数を増やし、動画の再生数を上げ、広告収入を得る」という正当法では、儲けるのは難しいでしょう。

  1. USCPAはマイナー資格
  2. 会計分野はそもそも需要が少ない
  3. USCPAは独占業務権限がない

 

USCPAはマイナー資格なので、観る人はかなり少ないです。

税理士だとお金関係の発信をすることで、一般の人に認知されますが、会計士が会計の発信をしても、一般の人は興味をもちません。

USCPAは日本国内では独占業務権限がないため、自分の事務所を開くことはほとんどなく、自分が有名になっても、自分のビジネスへの集客などには活かせません。

 

それでも、USCPA YouTuberとして、USCPAに関する発信をして儲けたいと思う場合。

なんとなくUSCPAの学習動画を撮らないでください!

USCPAのマーケットは小さすぎるので、確実に儲かりません。

儲けたかったら、儲けにつながる導線をよく考えてからにしましょう。

 

 

以上、「USCPA YouTuberは副業として儲かるのか?」でした。

USCPA YouTuberが、USCPAをテーマにした発信で儲けるのは難しいと思います。

USCPAを前面に出さずに、他の何らかのビジネスをテーマにしたほうが良いと思います。

会計分野については、書くのが得意であれば、電子書籍の出版をした方がいいのではないかと個人的には思います。

というのは、会計分野については、何か知りたい場合、まだまだ動画よりテキストで情報を得る傾向があるからです

電子書籍なら簡単に出版できますし、SEOの知識が必要なブログより、簡単に大きな儲けにつなげられます。

YouTubeにしても、電子書籍にしても、どのような手段でもいいので、副業で成功するUSCPAが増えることを願っています。

 

電子書籍の出版については、こちらの記事を参考にしてください。

副業で電子書籍出版をする!サラリーマンがリスクゼロで自由な時間に執筆して稼ぐ
副業で電子書籍出版をする!サラリーマンがリスクゼロで自由な時間に執筆して稼ぐ副業として電子書籍を出版したい人に向けて、どのように執筆・出版するのかご説明しています。電子書籍出版の中でも、AmazonのKindleストア(KDP)での出版を取り上げます。...

 

USCPA(米国公認会計士)

講座の資料請求、説明会申し込み(無料

アビタスのUSCPAコース

 

講座の紹介割引(入学金11,000円オフ

【紹介割引あり】アビタスでUSCPA(米国公認会計士)試験に1年で合格!

 

受験ガイド

 

BATIC(国際会計検定)

講座の資料請求(無料

TACのBATICコース

大原のBATICコース

BATIC(国際会計検定)が新しく!試験日は?どう勉強する?

 

公式テキスト・公式問題集

 

IFRS Certificate(国際会計基準検定)

講座の紹介割引(受講料の3,000円オフ)

【アビタス紹介割引あり】IFRS Certificate(国際会計基準検定)の難易度、活かし方

 

USCMA(米国公認管理会計士)EA(米国税理士)

講座の資料請求(無料

TACのUSCMAコース

TACのEAコース

国際会計資格 USCPA・USCMA・EAの比較、どれを取るといいのか?

 

CIA(公認内部監査人)

講座の資料請求、説明会申し込み(無料

アビタスのCIAコース

TACのCIAコース

内部監査資格 CIA・CISA・CFEの比較、どれを取るといいのか?

 

簿記検定

講座の資料請求(無料

大原の簿記コース

TACの簿記コース

USCPA(米国公認会計士)と簿記検定、どっちが役に立つのか?

 

公認会計士

講座の資料請求(無料

東京CPA会計学院の公認会計士コース

大原の公認会計士コース

TACの公認会計士コース

USCPA(米国公認会計士)とJCPA(日本の公認会計士)の試験の違い

ABOUT ME
USCPAどこ
ワシントン州USCPA(米国公認会計士)。USCPAの立場から、USCPA試験、USCPAのキャリア、USCPAの人生設計について書いています。BIG4大手監査法人監査人→米国企業経理職@バンコク→大手グローバル企業連結決算担当。
こちらの記事もおすすめ