【USCPA生き方】副業・複業

USCPAを活かした副業のすすめ 未経験でも翻訳者になれる、USCPAならば

どこは、USCPA(米国公認会計士)です。

USCPAという資格を活かした副業をしています。

どんな副業かというと、翻訳者です。

 

翻訳者は、通訳者などと同じく、英語の専門家の中の専門家。

翻訳者になろうと思ったときは、どこの英語力はたかだかTOEIC850点くらいで、翻訳者など高嶺の花でした。

そんなどこがどうやって翻訳者になれたのでしょうか。

 

  1. どうやって翻訳のオファーを得たのか
  2. どんな翻訳の案件を担当していたのか

この2点について、書いていきますね。

 

USCPAの副業については、以下の記事が詳しいです☟

USCPAにおすすめの副業 どのように始めるのか?何に気をつけるのか?
USCPAにおすすめの副業 どのように始めるのか?何に気をつけるのか?USCPA(米国公認会計士)として副業がしたい方、USCPAの資格を活かした副業には、どのようなものがあるのか知りたい方、 副業を始める際に大事なことが知りたい方のお役に立つ内容となっています。...

 

 

1.どうやって翻訳のオファーを得たのか

まずは、「どうやって翻訳のオファーを得たのか」です。

 

将来的に、在宅勤務で得られる収入源があると安心かと思い、以前から興味のあった翻訳の勉強をしようと考えていました。

翻訳学校に通おうかと思い、翻訳学校のパンフレットを取り寄せたりしていました。

ですが、英語力が高くないどこには、ハードルが非常に高いように感じ、入学を悩んでいました。

 

そんなとき、翻訳者ネットワーク「アメリア」があるのを知りました。



入会金と年会費がかかるのですが、翻訳の仕事を見つけたり、翻訳の仲間ができたりと、翻訳のスタートラインにさえ立てないどこにはうってつけだと感じました。

そして、翻訳者ネットワーク「アメリア」の資料を取り寄せ、翻訳者についての勉強を始めたのでした。

 

その結果わかったのは、以下の2点です。

  1. 思った以上に、翻訳未経験でも挑戦できる翻訳案件が多いこと。
  2. 翻訳会社が行っているトライアルに合格すれば、翻訳未経験でも翻訳会社に登録できること。

 

すぐに、翻訳未経験どこは、ある翻訳会社のトライアルを思い切って受けてみたのでした。

その結果、トライアルに合格したのです!

トライアルにあっさり合格したことに自分が一番驚きました。

こうして、翻訳学校をすっとばして、翻訳の副業を開始することになったのでした。

 

 

2.どんな翻訳案件を担当していたのか

つぎに、「どんな翻訳案件を担当していたのか」です。

合格したのは、日本語の文章がしっかりしていたのと、USCPAで会計やビジネスの理解があると感じたからだそうです(トライアルを担当した翻訳会社の担当によると)。

 

特に英語力が高いわけでも、翻訳の経験があるわけでもないどこが担当する案件は、主に以下の2つ。

翻訳未経験のUSCPAであるどこの翻訳案件

  1. 外資系会計事務所のマンスリーレター(クライアントへの毎月の会報)の和訳
  2. 外資系事業会社の就労規則や、さまざまな契約書、基本合意書(MOU)など、定型化された文書の和訳

 

ちなみに、日本語から英語に英訳するのは無理でしたので、英訳の翻訳案件は担当していませんでした。

会計事務所のマンスリーレターの和訳は、毎月必ずどこに依頼が来ました。

新しい会計基準など、クライアントにお知らせしておきたい会計のトピックが書かれていたので、USCPAのどこには適任だったのではないかと思います。

 

契約書なども、一度やって大丈夫そうだと思ってもらえれば、似たような文書の翻訳依頼がどんどん来ました。

最初は大変だけど、ノウハウが自分の中で溜まっていくので、だんだんラクになっていきました。

 

USCPAの試験で幅広くビジネスの知識を勉強したので、意外と何でも対応できました。

USCPA試験のREG(ビジネス法・税法)など、「勉強してもあまり活かせないのでは?」と受験勉強をしていた時は思っていたのに、契約書などの翻訳案件で十分に活かせたので感謝です。

 

英語力があっても、ビジネスの知識がないと正確な翻訳はできないでしょう。

また、会計をはじめとするビジネスの専門用語を英語で知らないと、意味の分からない翻訳にしてしまう可能性があります。

英語力はそこまで高くなくても、幅広くビジネスの知識があり、英語でビジネスの専門用語がわかるどこに合格を出した翻訳会社は、あながち間違っていなかったのだと思います。

 

 

以上、「USCPAを活かした副業のすすめ 未経験でも翻訳者になれる、USCPAならば」でした。

「翻訳は英語ができなくても楽勝だ」という話をしたいわけではありません。

英語とビジネスの知識がバランスよく身についているのがUSCPAだと思うので、「USCPAが翻訳者として活躍できる可能性が十分にある」という話がしたかったのです。

 

どこは、全然わからない文書の翻訳依頼が来ても、一度も断りませんでした。

一度断ったら、二度目はないだろうと思ったからです。

結局、調べながらやればどうにかなりましたので、「自分にはできない」と自分から可能性を狭めてはいけないと思います。

 

せっかくUSCPAになったのなら、色々な可能性を探しましょう!

翻訳者になりたかったら、翻訳者ネットワーク「アメリア」を利用するのがおすすめです。



資料請求をしてみて(無料ですし、メール添付ですぐに資料は見られます)、よさそうなら、ぜひ会員になってみてください!

 

USCPA(米国公認会計士)

講座の資料請求、説明会申し込み(無料

アビタスのUSCPAコース

 

講座の紹介割引(入学金11,000円オフ

【紹介割引あり】アビタスでUSCPA(米国公認会計士)試験に1年で合格!

 

受験ガイド

 

BATIC(国際会計検定)

講座の資料請求(無料

TACのBATICコース

大原のBATICコース

BATIC(国際会計検定)が新しく!試験日は?どう勉強する?

 

公式テキスト・公式問題集

 

IFRS Certificate(国際会計基準検定)

講座の紹介割引(受講料の3,000円オフ)

【アビタス紹介割引あり】IFRS Certificate(国際会計基準検定)の難易度、活かし方

 

USCMA(米国公認管理会計士)EA(米国税理士)

講座の資料請求(無料

TACのUSCMAコース

TACのEAコース

国際会計資格 USCPA・USCMA・EAの比較、どれを取るといいのか?

 

CIA(公認内部監査人)

講座の資料請求、説明会申し込み(無料

アビタスのCIAコース

TACのCIAコース

内部監査資格 CIA・CISA・CFEの比較、どれを取るといいのか?

 

簿記検定

講座の資料請求(無料

大原の簿記コース

TACの簿記コース

USCPA(米国公認会計士)と簿記検定、どっちが役に立つのか?

 

公認会計士

講座の資料請求(無料

東京CPA会計学院の公認会計士コース

大原の公認会計士コース

TACの公認会計士コース

USCPA(米国公認会計士)とJCPA(日本の公認会計士)の試験の違い

ABOUT ME
USCPAどこ
ワシントン州USCPA(米国公認会計士)。USCPAの立場から、USCPA試験、USCPAのキャリア、USCPAの人生設計について書いています。BIG4大手監査法人監査人→米国企業経理職@バンコク→大手グローバル企業連結決算担当。
こちらの記事もおすすめ