MENU
【USCPA生き方】本業以外

USCPAにおすすめの副業 どのように始めるのか?何に気をつけるのか?

USCPAにおすすめの副業 どのように始めるのか?何に気をつけるのか?
困った君
困った君
USCPA(米国公認会計士)に合格したら、副業をしようと思っているよ。

でも、具体的にどのような副業があるのか分からないし、どうやって副業を始めればいいのか分からなくて困ったな。

どこ
どこ
どこは、USCPAに合格後、USCPAの資格を活かした副業をしてきたよ。

USCPAにおすすめの副業や、副業する際に大事なことを一緒に見ていこうね。

この記事は、以下のような方のお役に立ちます。

当記事がお役に立つ方

  1. USCPA(USCPA学習者)として副業がしたい方
  2. USCPAの資格を活かした副業には、どのようなものがあるのか知りたい方
  3. 副業を始める際に大事なことが知りたい方

 

 

USCPA(米国公認会計士)で副業をしている方は、多いのではないでしょうか。

恐らく、USCPAは、比較的要領が良く、色々なことにチャレンジするタイプの人が多いからだと思います。

本業に加えて副業も熱心にし、充実した生活を送っているUSCPAを何人も知っています。

 

副業をしているUSCPAのみなさんは、本業では得られない知識、経験、スキル、人脈を獲得し、本業にも還元しています。

つまり、副業は、企業で働くUSCPAにとっても、USCPAを雇用している企業にとっても、大きなメリットがあると言えるでしょう。

具体的にUSCPAの副業について見ていきましょう。

 

1.USCPAにおすすめな副業

USCPAにおすすめな副業は、どのようなものでしょうか。

たとえば、終業後や週末に、コンビニやファミレスで働くといった、時間を切り売りする「労働集約型」の副業は、USCPAがする副業としては、おすすめできません。

 

USCPAがする副業としておすすめなのは、自分をブランド化して、自分の名前でやっていけるような仕事や、自分の本業や今までの経験を活かせる仕事でしょう。

USCPAにおすすめな副業

  1. 会計資格試験の指導、会計の講義
  2. 書籍や記事などの執筆
  3. 会計サポート

 

(1)会計資格試験の指導、会計の講義

予備校や大学などで、USCPAの受験指導、簿記検定の指導、英文会計の講義をする、といった副業があります。

たとえば、USCPAの予備校で講師をしたり、学習カウンセリングをしたり、教材開発をするといった仕事は、USCPAだからこそできる副業と言えます(某USCPA予備校など、求人が出ているので、ご自分で探してみてください)。

 

どこの知り合いのUSCPAの方は、副業として、自分で会計スクールを設立し、主に、BATIC(国際会計検定)の受験対策をしています。

本業でも、新入社員への英文会計の指導をしており、その知識と経験は、企業側にも喜ばれているそうです。

 

また、オンラインラーニングのプラットフォームで、USCPAの知識を活かした講座配信をしている方もいます。

おそらく最も人気、かつ有名なオンラインラーニングのプラットフォーム☟

世界最大級のオンライン学習サイトUdemy

教える側としてだけではなく、習う側として利用するのもおすすめです。

(2)書籍や記事などの執筆

会計関連の書籍を出版したり、雑誌やネットに会計関連の記事を寄稿するといった副業があります。

BIG4監査法人で働いていたとき、同じ事業部で、会計の専門書を出版している人がいました。

また、どこの知り合いのUSCPAの方は、雑誌で海外税務のコラムを連載していました(そして、名前が売れたところで、有料セミナーも開催していました)。

 

今は、Kindleでの出版(電子出版)や、noteというプラットフォームでの記事の有料販売などの道があり、「書いたものを個人で売る」という副業は、比較的ハードルは低いかと思います。

Kindleでの電子出版☟

Kindleダイレクト・パブリッシング(KDP)

noteでの記事の有料販売☟

noteでの有料記事発信

 

(3)会計サポート

記帳を代行したり、会計のアドバイスをしたり、会計文書を翻訳するといった副業があります。

以下のようなプラットフォームを利用すれば、記帳代行や会計アドバイスの仕事がみつかります。

 

たとえば、スキルマーケット【ココナラ】というプラットフォームがあります☟

士業の方々が登録して、スキルを売っています。

USCPAの場合は、英文財務会計の質問に答えたり、英文決算書の読み方を指導するなどのスキルを提供したい人たちが登録しています。

スキルマーケット【ココナラ】に登録する

 

 

また、日本最大級のクラウドソーシング【クラウドワークス】などもいいでしょう。



登録自体は無料なので、自分のプロフィールを登録しておき、依頼者からの連絡を待つか、募集案件を探し、報酬や期日などの条件が合えば、自分から応募するなどの使い方ができます。

☝USCPAの方も、多く登録しています。

 

たとえば、USCPA試験の勉強の指導、会計・経営・内部統制のコンサル、税務相談など、自分の知識を活かしたいUSCPAが登録をしています。

日本最大級のクラウドソーシング【クラウドワークス】に登録する

 

さらに、会計文書の翻訳については、翻訳会社に登録して、トライアルに合格すると仕事がもらえるようになります。

どこも、副業として会計関係の翻訳をやっていますので、こちらの記事も参考にしてください。

USCPAを活かした副業のすすめ 未経験でも翻訳者になれる、USCPAならば
USCPAを活かした副業のすすめ 未経験でも翻訳者になれる、USCPAならばそれほど英語力が高くなかったのに、どうやって翻訳のオファーを得たのか、どんな翻訳の案件を担当していたのかについて書いています。...

 

2.副業を始める際に大事なこと

副業を始める際に大事なことも、確認していきましょう。

副業を始める際に大事なこと

  1. 本業の企業の副業への姿勢を確認すること
  2. 副業のメリットを明確にすること
  3. 「本業」×「副業」で年収を最大化するという視点を持つこと

 

(1)本業の企業の副業への姿勢を把握すること

副業を認めたり、副業を推進している企業が増えてきています。

とはいえ、まだまだ副業を禁止していたり、表向きは副業を認めていても、副業をあまり快く思っていない社員が多かったりする企業があります。

 

ですので、まずは、本業の企業について、副業の状況を把握しておくと良いでしょう。

本業の企業内の状況を把握する

  1. 就業規則」での副業の取り扱い
  2. 副業をしている社員が、どのくらいいるか
  3. 副業をしている社員が、副業をしていることをどのくらい公言しているか(本名で副業をしているか、など)

 

就業規則」で副業が禁止されているとしても、法律的に副業を禁止する拘束力はありません。

とはいえ、副業が本業に悪影響を与えた場合、減給・降格・解雇といった懲戒処分を受ける可能性があります。

本業への悪影響

  1. 企業情報を漏らす(守秘義務違反)
  2. 同業他社で働いてしまう
  3. 副業の疲れから、本業がおろそかになる

本業へ悪影響がないように、注意しましょう。

副業をしていることを本業の企業に知られたくない場合は、副業に関する住民税の徴収方法について注意をしましょう。

詳しくは、以下の記事を参考にしてください。

副業でも確定申告が必要ですが、知っていますか?

 

(2)副業のメリットを明確にすること

副業は、単に収入が増えることだけがメリットではありません。

副業にはどんなメリットがあるかを明確にして認識しておけば、どんなに本業と副業で忙しくなっても、副業を続けるモチベーションになるでしょう。

副業のメリット

  1. 個人のブランド化
  2. 本業でのマーケットバリューの向上
  3. 収入源の増加

 

①個人のブランド化

USCPAという資格を活かして副業をすることで、自分自身をブランドにすることもできます。

企業で働いていると、企業の名刺を持って、企業の一員として働くので、何か成果を上げられても、成果は企業に帰属します。

ですが、あなたが副業で自分の名前で仕事をすれば、成果はあなた自身の評価となり、あなた自身がブランドになっていきます。

②本業でのマーケットバリューの向上

副業において、本業では経験できない仕事をやったり、本業では関わらない人に会えることにより、その経験や人脈は、本業でも活かせるようになります。

そうなれば、本業の企業で高い評価が得られるようになるでしょう。

さらに、もっと良い企業に転職したり、独立起業することも可能になります。

③収入源の増加

副業の収入があれば、本業の企業が倒産してもすぐに困ることはありません。

クビになってもかまわないと考えられるようになり、上司の顔色をうかがって仕事をする必要がなくなります。

本業の収入しかない場合に比べ、心の余裕が違ってくるので、結果的に、本業にも良い影響が出ます。

 

(3)「本業」×「副業」で年収を最大化するという視点を持つこと

USCPAの場合は、どんな副業を選ぶかを考える際に、「副業」をすることにより、どれだけ「本業」にも大きなシナジー効果があるかを念頭に置くと良いでしょう。

突然何か新しいこと(たとえば、いま流行りのプログラマーなど)を始めるのではなく、本業や過去の経験などを活かすと良いでしょう。

 

「副業」をすることで「本業」に良い影響を与え、「本業」で活躍することで、その経験を「副業」に活かすというプラスのサイクルを作り、結果として生涯年収を最大化するのが理想的でしょう。

「本業」×「副業」で年収を最大化する

「本業」「副業」:単に「副業」の収入が増えるだけ
「本業」×「副業」:「本業」を元手に「副業」で何倍にもする

 

ただし、「副業」は、「本業」がしっかりできていることが前提です。

「本業」がゼロでは、いくら「副業」をかけてもゼロのままです。

 

まとめ:USPAにおすすめの副業

USCPA(USCPAの学習中)の方におすすめの副業について見てきました。

USCPAにおすすめな副業

  1. 会計資格試験の指導、会計の講義
  2. 書籍や記事などの執筆
  3. 会計サポート

 

ネット上のツールやプラットフォームを利用すれば、気軽にすぐ副業を始められます。

USCPAが副業をする手段

 

オンラインラーニングのプラットフォームで、講座配信をする☟

世界最大級のオンライン学習サイトUdemy

 

電子出版や記事の有料販売などで、書いたものを売る☟

Kindleでの電子出版:Kindleダイレクト・パブリッシング(KDP)

noteでの記事の有料販売:noteでの有料記事発信

 

クラウドソーシングのプラットフォームで、スキルを提供する☟

スキルマーケット【ココナラ】

日本最大級のクラウドソーシング【クラウドワークス】

得意や強みで副収入!!【スキルクラウド】

副業マッチングプラットフォーム【WorkAny】

「本業」を元手に、USCPAとしての知識とスキルを活かした「副業」をして、年収を最大化してみてください。

 

 

以上、「USCPAにおすすめの副業 どのように始めるのか?何に気をつけるのか?」でした。

困った君
困った君
USCPAの副業は、自分の名前でやっていけるような仕事や、自分の本業や今までの経験が活かせるような仕事がおすすめなんだね。

どんな副業が自分に合っているか、考えてみるね。

どこ
どこ
USCPAとして副業をする際は、「本業×副業」で最大限の収入が得られるようにしようね。

将来のキャリアまで踏まえて、何を副業にするか戦略を持って決めるといいね。

副業は、「人が知りたい情報を提供すること」と「人が困っていることを解決すること」の2つを心がければ、うまくいくと思うよ。

USCPAという資格を活かした副業では、本業がまずはベースにあるので、まずは本業をしっかりやって、本業を最大活用できる副業を選んでやろうね。

「本業」×「副業」で生涯収入を最大限にするという考え方は、以下の本を参考にさせていただいています。

「転職」についても非常に参考になりますので、一読なさることをおすすめします。

「USCPAの転職」については、こちらの記事も参考にしてください☟

USCPAが転職で失敗しないために知っておきたい思考法
USCPAが転職で失敗しないために知っておきたい思考法USCPA(米国公認会計士)が転職をする際に、転職に失敗しないために知っておきたい、「転職の思考法」について見ていきます。...
USCPAが転職で年収を上げるための戦略
USCPAが転職で年収を上げるための戦略転職で年収を上げたいUSCPA・USCPA受験者、サラリーマンとしてのキャリア形成について考えたい方にお役に立つ記事です。転職で年収を上げるための戦略をご説明します。...
USCPAが転職する際に失敗しない転職エージェント選び BIG4に転職したUSCPAが解説
USCPAが転職する際に失敗しない転職エージェント選び BIG4に転職したUSCPAが解説転職エージェントを選ぶ際の注意点と、USCPAが転職する際に利用すると良いおすすめの転職エージェントを具体的にご紹介します。...
USCPAのBIG4大手監査法人への転職必勝法
USCPAのBIG4大手監査法人への転職必勝法どこは、USCPA(米国公認会計士)試験に全科目合格してすぐに、BIG4大手監査法人に転職しました。その経験から、USCPAがBIG4大手監査法人への転職を成功させるために大切なことを3つ挙げていきます。...
ABOUT ME
USCPAどこ
ワシントン州USCPA(米国公認会計士)。USCPAの立場から、USCPA試験、USCPAのキャリア、USCPAの人生設計について書いています。BIG4大手監査法人監査人→米国企業経理職@バンコク→大手グローバル企業連結決算担当。