【USCPA生き方】

【体験談】USCPAがプロボノをする 英文会計のセミナーを開催してみた!

困った君
困った君
USCPA(米国公認会計士)になったら、会計知識を活かしたボランティア活動がしたいよ。

でも、どんなことができるのかイメージがわかなくて、困ったな。

どこ
どこ
どこは、USCPAの資格を持っているよ。

ボランティア活動ということは、報酬がもらえないとしても、やりがいを求める「プロボノ」という理解でいいかな。

今まで色々なプロボノをしてきたけど、USCPAとしてボランティアで英文会計の指導をした経験をご紹介するね。

 

 

1.英文会計セミナーを開催したいきさつ

世の中には、英語で会計の学習がしたい(英文会計を覚えたい)という人が多いのですが、なかなか英文会計初学者向けの学校や教材がありません。

よって、某団体のご依頼を受けて、USCPAとして英文会計のセミナーをしてみたのでした。

ボランティアですので、報酬はゼロでした(おやつと食事は提供してもらいました)。

 

もともとは、他の専門家の方にお願いをしていたそうですが、あまり評判がよくなかったため代打として登場したので、多少プレッシャーがありました。

この英文会計のセミナーは、受講生のみなさんに楽しんでいただけたし、教えた自分自身もとても楽しかったので、やって良かったと思います。

ただし、気をつけないと非常につまらないセミナーになると思いましたので、今後「英文会計のセミナーを開催したい」と思う方のために、楽しんでもらえたコツを参考までに残します。

 

2.英文会計セミナーの受講者

英文会計セミナーの受講者ですが、簿記検定3級くらいのレベルの方たちでした。

英文会計セミナー受講者

  1. 借方と貸方が分かる
  2. 簡単な仕訳ができる
  3. 資産、負債、純資産がわかる
  4. 貸借対照表と損益計算書もなんとなくわかる

簿記の基本と基本的な会計用語がわかるくらいの会計初心者です。

ちなみに参加者は、10人ほどで、全員女性でした。

「英語が得意だから、単なる経理ではなく、英語が活かせる英文経理に転職したい」「外資系企業で働いており、英語で会計が理解できるようになりたい」などと考えている方々でした。

 

3.英文会計セミナーの準備

日本の簿記検定の勉強だと、仕訳の練習から始めると思います。

ですが、自分がそのような勉強が嫌いなため(一度簿記2級で挫折しています)、「仕訳から始めて財務諸表にたどり着く」ではなく、「財務諸表から仕訳に分解していく」という方式を取りました。

 

よって、事前に準備したのは以下のようなものです。

事前に準備したもの

  1. Balance Sheet(貸借対照表)と上に書いた模造紙
  2. Profit and Loss Statement(損益計算書)と上に書いた模造紙
  3. Assets(資産)、Liabilities(負債)、Equity(純資産)、収益(Revenue)費用(Expense)と書いた大き目のカード
  4. Current Assets(流動資産)、Fixed Assets(固定資産)Current Liabilities(流動負債)、Non Current Liabilities(固定負債)などと書いたカード
  5. Cash(現金)、Accounts Receivable(売掛金)、Computer(コンピュータ)、Accounts Payable(買掛金)、Sales(売上)、Rent Expense(家賃)、などと勘定科目を書いた小さめのカード
  6. Debit(借方)、Credit(貸方)と書いたカード

ちなみに、カードの表は英語で、裏は日本語で書きました。

 

カード1枚に、1つのカテゴリー・1つの勘定科目を書きました。

なぜカード形式にしたかというと、単に資料を配って説明するのはつまらないため、トランプやかるたのように、カードゲーム感覚で楽しんでもらいたかったためです。

 

4.英文会計セミナーの進め方

英文会計セミナーは、以下のように進めていきました。

英文会計セミナーの進め方

英語で財務諸表の構造と会計用語の理解

  1. Balance Sheet(貸借対照表)と上に書いた模造紙、Profit and Loss Statement(損益計算書)と上に書いた模造紙に、Assets(資産)、Liabilities(負債)、Equity(純資産)、収益(Revenue)費用(Expense)と書いた大き目のカードを並べてもらう。
  2. Assets(資産)の下には、Current Assets(流動資産)、Fixed Assets(固定資産)などのカテゴリーのカードを並べてもらう。
  3. Current Assets(流動資産)の下には、Cash(現金)、Accounts Receivable(売掛金)などの勘定科目のカードを並べてもらう。

英語で勘定科目の暗記と仕訳の練習

  1. 勘定科目カードの英語の面を見せながら、日本語を言ってもらい、カードの日本語の面を見せながら、英語を言ってもらう(「Cash」と書かれたカードの表側を見せながら、「現金」と言ってもらう。「現金」と書かれたカードの裏側を見せながら「Cash」と言ってもらう)。
  2. 勘定科目カードの英語の面を見せながら、「これが増えたら/減ったらDebit(借方)か Credit(貸方)か?」と聞き、Debit(借方)か Credit(貸方)か反応よく答えてもらう(「Cashが増えたら?」と聞き、「Debit!」)と答えてもらう)。
  3. 簡単な取引を言い、Debit(借方)と書いたカードとCredit(貸方)と書いたカードの下に、勘定科目のカードを置いてもらう(「現金でコンピュータを買った」と言ったらDebit(借方)と書いたカードの下にComputer(コンピュータ)のカード、Credit(貸方)と書いたカードの下にCash(現金)と書いたカードを置いてもらう)。

最初に全体像を理解してもらってから、細かい説明をするようにしました。

 

最初は恥ずかしがって発言が少なかった人もいましたが、ゲームに興奮して、途中からは全員大きな声で答えてくれるようになりました。

間違えた方がむしろ盛り上がったり、間違えた人に説明してくれる人が現れたり、私は単なる進行役で、途中からは説明をする必要さえなくなりました。

 

特に、英語の勘定科目を見たら、日本語で意味がとっさに言えるようになったのが喜ばれました。

また、取引を聞いたときに、日本語でさえ、借方と貸方のどちらなのか迷っていた人でも、Debit(借方)とCredit(貸方)で迷わなくなったということでした。

 

英文会計の基本は押さえられたと思うので、あとは英文会計の本を買って、独学できるだろうと思います。

バッティングセンターのように、次々と質問を投げて、反射的に打ち返してもらい、身体で覚えてもらったので、もう忘れることはないのではと思っています。

  1. 単なる座学ではなく、みんなで床に座ってゲーム感覚のセミナーにした
  2. 単なるゲームなので、間違えても恥ずかしくない雰囲気にした
  3. 時々説明を加えるだけで進行役に徹し、参加者同士で教え合ってもらった

 

 

以上、「【体験談】USCPAがプロボノをする 英文会計のセミナーを担当してみた!」でした。

困った君
困った君
英文会計の知識をゲームを通して身につけてもらったんだね。
どこ
どこ
USCPAだからといって、みんながみんな教えるのが得意というわけではないよね。

どこも、うまく教えられる自信などゼロだったよ。

だから、自分が教壇に立って淡々と講義をするのではなく、ゲームのようにしたわけだよ。

必要そうなところだけ説明するようにすれば、自分も楽だし、参加者もただ聞いているだけではないから楽しんでもらえるよ。

難しく考えなくても、工夫次第でどうにでもなるというひとつの例として、参考にしてもらえると嬉しいよ。

 

転職のためにUSCPAを取得することにした場合、早めに転職活動を始めるのが、転職成功のポイントです。

 

USCPAにおすすめの転職エージェント

登録無料、相談無料

管理部門・士業特化型エージェントNo.1 MS-Japan

 

どこがBIG4大手監査法人に転職したときに、お世話になった転職エージェントです。

管理部門に特化した転職エージェントですので、監査職だけではなく、経理職への転職でも、相談するのに一番おすすめです。

ABOUT ME
USCPAどこ
ワシントン州USCPA(米国公認会計士)。USCPAの立場から、USCPA試験、USCPAのキャリア、USCPAの人生設計について書いています。BIG4大手監査法人監査人→米国企業経理職@バンコク→大手グローバル企業連結決算担当。