受験対策

【FAR】FASBのASCのトピックCodeコード USCPA受験生用

サイト内にプロモーションを含みます

 

困った君
困った君
USCPA(米国公認会計士)試験のFARのリサーチ(Research)問題対策を始めたよ。

FARのリサーチ問題では、FASB Codificationというのを参照するみたいなんだけど、全然わからなくて困ったな。

どこ
どこ
どこは、ワシントン州のUSCPA(米国公認会計士)だよ。

FARのリサーチ問題では、FASBのASC (Accounting Standards Codification)という会計基準がコード化されたものの理解が必要だよ。

FASBのASC のトピック一覧を日本語も併せて記載するので、どんな体系になっているのか理解に役立ててね。

1.FARのリサーチ問題

最初に簡単にFARのリサーチ問題について説明しておきます。

 

(1)FARのリサーチ問題で参照する基準

FARのリサーチ問題では、FASB Codificationを参照します。

FASB Codificationとは?

  1. FASB (Financial Accounting Standards Board:財務会計基準審議会)が作成したUSGAAP(米国会計基準)の唯一のソース
  2. USGAAP(米国会計基準)の構成要素となる膨大な数の基準書を検索可能なフォーマットで体系化したもの
  3. 米国会計基準を明確化することで、リサーチ時間を短縮化し、有効に適用できるように
  4. IFRS(国際財務報告基準)との対応も明確に
  5. 階層はAuthoritativeとNonauthoritativeという2階層(リサーチ問題で参照するのはAuthoritative)

 

FASBA Codificationは、オンラインで検索できるようになっています☟

FASB Codification

 

 

(2)FARのリサーチ問題の解答(新試験で解答形式が変更)

注)新USCPA試験ではリサーチ問題の形式が変わります。

既に旧USCPA試験でも、新しい形式での出題が始まってはいました。

2024年2月時点では、新USCPA試験でどのようになるのか確信が持てないため、旧USCPA試験でのリサーチ問題の形式をしばらく残しておきます。

 

FARのリサーチ問題は、問われている基準を検索して特定し、解答します。

具体的には、FASB Codificationの基準書番号を4つのボックスに入力して解答します。

 

ちなみに、ASCは、Accounting Standards Codification(米国会計基準コード化体系)のこと。

基準書のタイトルです。

 

FASB Codification の構成

  1. トピック:3桁
  2. サブトピック:2桁
  3. セクション:2桁
  4. パラグラフ:1桁、2桁、3桁

 

当記事でご説明するのは、このFASB Codificationトピック番号(3桁)についてです。

 

 

2.FASB Codification のトピック

FASB Codificationのトピックを見ていきましょう。

参考までに、和訳も記載しています。

FASB Codificationのトピック番号(3桁)

  1. 100番台:General Principles(一般原則)
  2. 200番台:Presentation(表示)
  3. 300番台:Assets(資産)
  4. 400番台:Liabilities(負債)
  5. 500番台:Equity(資本)
  6. 600番台:Revenue(収益)
  7. 700番台:Expenses(費用)
  8. 800番台:Broad Transactions(その他取引)
  9. 900番台:Industry(産業別会計)

 

100番台:General Principles(一般原則)

100番台:General Principles(一般原則)です。

  1. 105:Generally Accepted Accounting Principles(一般に公正妥当と認められた会計原則)

 

200番台:Presentation(表示)

200番台:Presentation(表示)です。

  1. 205:Presentation of Financial Statements(財務諸表の表示)
  2. 210:Balance Sheet(貸借対照表)
  3. 215:Statement of Shareholder Equity(株主資本等変動計算書)
  4. 220:Income Statement—Reporting Comprehensive Income(損益計算書-包括的利益の報告)
  5. 225:Income Statement(損益計算書)
  6. 230:Statement of Cash Flows(キャッシュ・フロー計算書)
  7. 235:Notes to Financial Statements(財務諸表に対する注記)
  8. 250:Accounting Changes and Error Corrections(会計上の変更および誤謬の訂正)
  9. 255:Changing Prices(価格の変更)
  10. 260:Earnings Per Share(1株当たり利益)
  11. 270:Interim Reporting(中間報告)
  12. 272:Limited Liability Entities(有限責任企業)
  13. 274:Personal Financial Statements(個人の財務諸表)
  14. 275:Risks and Uncertainties(リスクと不確実性)
  15. 280:Segment Reporting(セグメント報告)

 

300番台:Assets(資産)

300番台:Assets(資産)です。

  1. 305:Cash and Cash Equivalents(現金および現金同等物)
  2. 310:Receivables(売掛金)
  3. 320:Investments—Debt Securities(投資-負債有価証券)
  4. 321:Investments—Equity Securities(投資-持分有価証券)
  5. 323:Investments—Equity Method and Joint Ventures(投資-持分法適用会社およびジョイント・ベンチャー)
  6. 325:Investments—Other(投資-その他)
  7. 326:Financial InstrumentsーCredit Losses(金融商品ー信用損失)
  8. 330:Inventory(棚卸資産)
  9. 340:Other Assets and Deferred Costs(その他の資産および繰延費用)
  10. 350:Intangibles—Goodwill and Other(無形資産-営業権およびその他)
  11. 360:Property, Plant, and Equipment(有形固定資産)

 

400番台:Liabilities(負債)

400番台:Liabilities(負債)です。

  1. 405:Liabilities(負債)
  2. 410:Asset Retirement and Environmental Obligations(資産除去債務および環境債務)
  3. 420:Exit or Disposal Cost Obligations(撤退または処分費用に関する債務)
  4. 430:Deferred Revenue(繰延収益)
  5. 440:Commitments(コミットメント)
  6. 450:Contingencies(偶発事象)
  7. 460:Guarantees(保証)
  8. 470:Debt(負債)
  9. 480:Distinguishing Liabilities from Equity(負債と資本の区別)

 

500番台:Equity(資本)

500番台:Equity(資本)です。

  1. 505:Equity(資本)

 

600番台:Revenue(収益)

600番台:Revenue(収益)です。

  1. 605:Revenue Recognition(収益認識)
  2. 606:Revenue from Contracts with Customers(顧客との契約から生じる収益)
  3. 610:Other Income(その他の収益)

 

700番台:Expenses(費用)

700番台:Expenses(費用)です

  1. 705:Cost of Sales and Services(売上高およびサービスにかかる費用)
  2. 710:Compensation—General(報酬-一般)
  3. 712:Compensation—Nonretirement Postemployment Benefits(報酬-退職後給付)
  4. 715:Compensation—Retirement Benefits(報酬-退職給付)
  5. 718:Compensation—Stock Compensation(報酬-株式報酬)
  6. 720:Other Expenses(その他の費用)
  7. 730:Research and Development(研究開発費)
  8. 740:Income Taxes(法人税等)

 

800番台:Broad Transactions(その他取引)

800番台:Broad Transactions(その他取引)です。

  1. 805:Business Combinations(企業結合)
  2. 808:Collaborative Arrangements(協働取決め)
  3. 810:Consolidation(連結)
  4. 815:Derivatives and Hedging(デリバティブとヘッジ)
  5. 820:Fair Value Measurement(公正価値測定)
  6. 825:Financial Instruments(金融商品)
  7. 830:Foreign Currency Matters(外国通貨関連)
  8. 835:Interest(利息)
  9. 840:Leases(リース)
  10. 845:Nonmonetary Transactions(非貨幣性取引)
  11. 848:Reference Rate Reform(基準金利改革)
  12. 850:Related Party Disclosures(関連当事者情報の開示)
  13. 852:Reorganizations(組織変更)
  14. 853:Service Concession Arrangements(サービスコンセッション契約)
  15. 855:Subsequent Events(後発事象)
  16. 860:Transfers and Servicing(譲渡および債権回収)

 

900番台:Industry(産業別会計)

900番台:Industry(産業別会計)です。

  1. 905:Agriculture(農業)
  2. 908:Airlines(航空)
  3. 910:Contractors—Construction(請負-建設)
  4. 912:Contractors—Federal Government(請負業者-連邦政府)
  5. 915:Development Stage Entities(開発段階の企業)
  6. 920:Entertainment—Broadcasters(娯楽-放送局)
  7. 922:Entertainment—Cable Television(娯楽-ケーブルテレビ)
  8. 924:Entertainment—Casinos(娯楽-カジノ)
  9. 926:Entertainment—Films(娯楽-映画)
  10. 928:Entertainment—Music(娯楽-音楽)
  11. 930:Extractive Activities—Mining(採掘-鉱業)
  12. 932:Extractive Activities—Oil and Gas(採掘-石油・ガス)
  13. 940:Financial Services—Broker and Dealers(金融-ブローカーおよびディーラー)
  14. 942:Financial Services—Depository and Lending(金融-預託金および貸し付け)
  15. 944:Financial Services—Insurance(金融-保険)
  16. 946:Financial Services—Investment Companies(金融-投資会社)
  17. 948:Financial Services—Mortgage Banking(金融-担保付貸付)
  18. 950:Financial Services—Title Plant(金融-タイトルプラント)
  19. 952:Franchisors(フランチャイズ)
  20. 954:Health Care Entities(医療関連企業)
  21. 958:Not-for-Profit Entities(非営利団体)
  22. 960:Plan Accounting—Defined Benefit Pension Plans(制度会計-確定給付型年金制度)
  23. 962 Plan Accounting—Defined Contribution Pension Plans(制度会計-確定拠出年金制度)
  24. 965:Plan Accounting—Health and Welfare Benefit Plans(年金会計-健康および福祉給付制度)
  25. 970:Real Estate—General(不動産-一般)
  26. 972:Real Estate—Common Interest Realty Associations(不動産-共益不動産協会)
  27. 974:Real Estate—Real Estate Investment Trusts(不動産-不動産投資信託)
  28. 976:Real Estate—Retail Land(不動産-小売業用地)
  29. 978:Real Estate—Time-Sharing Activities(不動産-タイムシェアリング)
  30. 980:Regulated Operations(規制されている事業)
  31. 985:Software(ソフトウェア)
  32. 995:U.S. Steamship Entities(米国の蒸気船事業体)

 

FASB ASC (Accounting Standards Codification)のトピックは以上です。

 

 

以上、「【FAR】FASB Codification ASC トピック USCPA受験生用」でした。

困った君
困った君
FARのリサーチ(Research)問題で参照するFASB Codificationのトピックを理解したよ。
どこ
どこ
FASB Codificationは、全部のトピックを覚える必要はないよ。

トピックの何百番台がどんな分野なのかを覚えて、あとは、各分野にどんな基準が含まれているのか理解してみてね。

USCPAのための転職情報
USCPAのための転職情報

 

転職エージェントに登録し、早めに転職活動を始めるのが転職成功のポイント。

USCPAにおすすめの転職エージェントは「MS-Japan」。

 

USCPAにおすすめの転職エージェント「MS-Japan」

 

\登録無料、相談無料

MS-Japanに登録する



USCPAにおすすめの転職エージェントは「MS-Japan」の一択。

ぜひすぐに登録だけしてみてください。

  1. どこがBIG4大手監査法人に転職した際にお世話になった転職エージェント。
  2. 管理部門・士業特化型エージェントNo.1」で、希望職種が経理職・財務職だったり、監査法人志望だったりするなら、登録必須!
  3. USCPA」で検索でき「USCPA」向けの求人が多いので、どの転職エージェントよりも質の高い「USCPA」の求人に出会えます!

 

どこ
どこ
USCPAに合格したら転職すると決めているなら、USCPAの勉強を始めてすぐ、転職エージェントに登録してね。

すぐに転職する気がなくても、転職エージェントに登録だけはしておいた方がいいよ。

希望に合った新規求人・転職可能なおすすめ求人がメールで届くよ。

気になる求人をストックしておけば、転職したくなったときに必ず役立つからね。

こちらの記事もおすすめ