【USCPA資格】挑戦・撤退

USCPAは評価される?USCPAを取るメリットとデメリットは?USCPAが解説!

困った君
困った君
新卒で経理部に配属されて、そろそろ5年、キャリアアップを考えていて。

USCPA(米国公認会計士)に興味があるんだけど、取る意味があるのかわからなくて困ったな。

どこ
どこ
どこはワシントン州のUSCPAだよ。

色々な会計関係の資格を調べた結果、USCPAにたどりついたみたいだね。

USCPAについては「評価される・評価されない」と賛否両論あるから、すごく悩むよね。

USCPAを取るメリットとデメリットをご紹介していくね。

 

1.USCPAを取るメリット

USCPAを取るメリット

まずは、USCPAを取るメリットをご説明していきます。

 

USCPAを取るメリットはなんでしょうか?

どこがUSCPAの勉強をしていたとき、周りの受験生に「USCPAになりたいのはなぜ?」と質問すると、以下のような答えが返ってきていました。

USCPAになりたい理由(例)

  1. 日本の公認会計士よりUSCPAの方が試験が簡単なのに、日本の公認会計士と同じ「公認会計士」という肩書が手に入るから。
  2. USCPA試験に合格していると、英語、会計、ITに強いというイメージをもってもらえるから。
  3. USCPA試験に合格していると、監査法人や外資系企業へ好条件で採用してもらえるから。
  4. USCPAの試験にかかる時間・費用と給料のアップを比較すると、コスパがいいから。

 

どこも全く同じように思いました(笑)。

そして、USCPAになって、これらのメリットを全て享受しました。

肩書や良いイメージを手に入れたり、良い条件で転職ができたりと、メリットは多かったです。

 

でも、USCPAのメリットはそれだけではないんですよ。

USCPAのメリット

  1. USCPAの勉強を通して、ビジネスマンとして生きていくための幅広い知識が身につく。
  2. プロフェッショナルとして自信を持って働けるようになる。

周りからの評価だけではなく、「自分の自分への評価も上がる」のです!

 

 

2.USCPAを取るデメリット

USCPAを取るデメリット

つぎに、USCPAを取るデメリットもご説明していきます。

 

USCPAに対してマイナスなイメージを持っている人の意見は、以下のような感じでしょうか。

USCPAに対するマイナスの意見(例)

  1. 日本の公認会計士よりUSCPAの方が簡単だから、評価されない。
  2. USCPAになっても社内・転職で評価されず、活かせない。
  3. USCPA試験の勉強が大変で、受験まで到達しなかった(受験したが全科目合格しないままあきらめてしまった)。こんなに大変なら、勉強を始めなければよかった。

USCPAに対するマイナスの意見を1つ1つ見ていきます。

 

(1)日本の公認会計士よりUSCPAの方が簡単だから、評価されない?

日本の公認会計士よりUSCPAの方が試験が簡単だから、評価されないという意見があります。

そもそもですが、日本の公認会計士とUSCPAは、得意分野が違うので、それぞれが資格を活かせる場所で働けばいいだけで、試験の難しさは、評価されるかどうかに関係ないと思います。

USCPA(米国公認会計士)とJCPA(日本の公認会計士)のどっちがいいのか?
USCPAと日本の公認会計士のどっちがいいの?どっちがおすすめ?USCPAと日本の公認会計士のどっちの資格を取るといいのかは、人によって違うため、当記事ではどっちがおすすめと結論を示してはいません。USCPAと日本の公認会計士を比較してご自分で考えられるよう、USCPAと日本の公認会計士について、試験制度の違いとキャリアプランの違いという2つの判断軸をご紹介しています。...

 

(2)USCPAになっても評価されず、活かせない?

USCPAになっても、会社内や転職で活かせないから、USCPAは意味がないのではという意見も聞きます。

USCPAになれば、「食いっぱぐれない」と聞いていたのに、思ったより「食えない」資格じゃないかという声です。

 

ですが、会社内や転職市場で評価されなかったのは、全く海外との取引がなかったり、全く英語を使用しないですむ会社(部署)で働いていたり、そのような会社に転職しようとしたからではないでしょうか。

それは、USCPAが評価されないのではなく、USCPAが評価されない場所に行ってしまったからなだけでしょう。

 

USCPAは「食いっぱぐれない」資格だと思います。

USCPA資格で「くいっぱぐれない」ためには、USCPAが活かせる仕事に就くことだけ。

USCPAの活かし方・使い道のまとめ
USCPAのキャリア【USCPAの活かし方・使い道のまとめ】USCPA取得後のキャリアパスは色々あります。USCPAのキャリアは、大きく分けると転職する場合と転職しない場合(現職でキャリアアップする場合)に分かれます。転職する場合は、監査法人・税理士法人・コンサルティングファーム・一般事業会社・海外就職・海外転職などが転職先の候補になります。USCPAの活かし方、使い道について、わかりやすくまとめてご紹介します。...

 

(3)USCPAの試験勉強は、思った以上に大変では?

USCPA試験は思った以上に難しく、「なかなか受からない」「どんなに勉強しても受かる気がしない」「合格できず諦めた」と聞いたという人もいます。

USCPAは、そこまで簡単ではないのですが、受験者のレベルがそもそも高く、合格率が高いため、楽に合格できると誤解されがちです。

USCPA(米国公認会計士)試験の難易度 合格しやすいが簡単というわけではない
USCPA試験の本当の難易度【合格しやすいが簡単というわけではない】実際にUSCPA試験を受験したどこが、USCPA試験の本当の難易度ついてご説明します。自分の感じたUSCPA試験の難易度に加え、合格率、科目別の大変さ、必要な英語力と会計知識、日本の公認会計士試験との比較、日商簿記検定1級との比較、資格難易度ランキングなどからご説明します。...

 

どこも全科目合格までに、約1年かかりました。

働きながら、仕事と勉強を両立させるのは思った以上に大変でした。

 

1科目目のFARはボリュームがありすぎてなかなか全範囲の勉強が終わらず、受験後も手ごたえがよくわからず「受かる気がしない」という精神的によろしくない状態を経験しています(実際は受かりましたが)。

なので、社会人の方が途中で挫折して、USCPA受験から撤退しまうのもわかります。

 

USCPA試験の勉強は、最初から大変だと覚悟しておく必要があるでしょう。

甘く見ておくとギャップにショックを受けますが、最初から知っておけば回避できます。

【調査】USCPAをあきらめた人に聞きました。なぜUSCPAの勉強をやめてしまったの?USCPA予備校に入学し本格的にUSCPAの勉強をしたけれど、途中でUSCPAをあきらめてしまった人にアンケートを取らせてもらいました。USCPAに興味のある方、既にUSCPA学習中の方に参考にしていただきたいです。...

 

また、受かる気がしなくても実際は受かる場合が多いので、試験日をリスケ(延期)せず、受けてみるのも大事だと思います。

残念ながら受からなかった場合でも、対策をして受けなおせばよいわけで、自分の位置を知るためにも逃げずに受けてみる必要があると思います。

USCPA試験 「Performance Report」の見かたと再受験対策
USCPA試験 「Performance Report」の見かたと再受験対策USCPA(米国公認会計士)試験で不合格となってしまった場合、Score Noticeの2ページ目にPerformance Reportが記載されています。再受験して、次は必ず合格するために、このPerformance Reportの有効活用の仕方を見ていきましょう。...

 

英語があまりできない場合や、会計知識に自信がない場合は、そもそもUSCPAの勉強ができそうか、あらかじめ確かめておくと撤退から免れると思います。

BATIC(国際会計検定)を先に受けてみて、「英語×会計」のセンスがあるか確かめ、それからUSCPAに取りかかるのも一案ではないでしょうか。

USCPA試験の難易度ー必要な英語力と会計知識から
USCPA試験合格に必要な英語力と会計知識【アドバイスあり】【アドバイスあり】USCPA試験に必要な英語力と会計知識についてご説明します。USCPA試験に挑戦すると決める前に、自分の英語力と会計の知識でUSCPA試験に合格できそうか自己判断することをおすすめしています。BATICの学習で判断するとよくTOEICのスコアと簿記検定では判断できないと思っています。予備校が公表している「USCPA試験に必要な英語力と会計知識の基準」をご紹介しつつ、USCPA試験合格にはどのくらいの英語力と会計知識が必要かご説明していきます。...

 

 

3.USCPAの評価は実際どうなのか?

USCPAの評価は実際どうなのか?

さいごに、USCPAの評価は実際はどうなのか、USCPAの立場からご説明したいと思います。

 

どこの場合、正直に言って、USCPAになって良かったという感想しかありません。

そして、良い評価をされた覚えしかありません。

 

USCPAとしての働き方、USCPA資格の活かし方は人それぞれですが、たとえば、BIG4大手監査法人で、監査人として働くことができたというのは、非常に大きなメリットでした。

米国企業で経理の仕事をしていましたが、USCPAに合格したことでBIG4大手監査法人に転職できました。

 

USCPAは、日本の公認会計士に馬鹿にされたり、差別されたりするのではという質問をいただきますが、USCPAだからといって、監査法人内部で馬鹿にされたり、差別されたことなどありませんでした。

クライアントも、どこの名刺を見て(どこはワシントン州のライセンスを取ったので、名刺に「USCPA(米国公認会計士)」と肩書を入れてありました)、「米国公認会計士って、日本の公認会計士より難しそうだね!すごいね!」と誤解されこそすれ(笑)、USCPAだと馬鹿にされるようなことは皆無でした。

 

BIG4以外への転職でも、履歴書に「米国公認会計士(ワシントン州)」と書いてあるので、面接の場で会計の知識を試されるような質問もなく、すんなりと採用されてきました。

特に、海外で就職をした際は、USCPAということで、多くの候補者の中から採用してもらえています(おそらく、日本の公認会計士よりも高い評価が得られていました)。

 

USCPAが「食いっぱぐれない」資格になるかどうかは、前述のようにUSCPAが活かせる場所に行くことがポイントですが、さらに、資格だけではなくUSCPAが活かせる経験も積んであるかだと思います。

残念ながら、資格があっても経験がない場合は、資格が活かせる可能性が低くなってしまうと思いますので、資格を取るのと同時に経験も積むのが大事でしょう。

 

もしUSCPAに対する疑問が少しでもはれて、「USCPAになりたいかも?」と思われましたら、こちらの記事を参考にしてください。

USCPA(米国公認会計士)の始めかた USCPAになりたいと思ったら読む記事
USCPAの始めかた 「USCPAになりたい」と思ったらUSCPAの始めかた!USCPAになりたいと思ったら、この記事を読んでください。USCPAになるための一歩が踏み出せます。...

 

 

以上、「USCPAは評価される?USCPAを取るメリットとデメリットは?USCPAが解説!」でした。

困った君
困った君
USCPAの勉強は大変そうだけど、がんばってUSCPAになったら、メリットが多そうだな。

USCPAの勉強を頑張ってみることにするよ。

どこ
どこ
USCPAに挑戦してみる決心をしたようだね。

1年間くらいは勉強の必要があるけど、頑張るだけの価値があるからね。応援するよ!

ABOUT ME
USCPAどこ
ワシントン州USCPA(米国公認会計士)。USCPAの立場から、USCPA試験とUSCPAのキャリアについて書いています。BIG4大手監査法人監査人→米国企業経理職@バンコク→グローバル企業連結決算担当。
資格取得のための参考情報

資格取得のための参考情報

USCPA(米国公認会計士)

 

USCPA講座の資料請求・説明会申し込み(無料

アビタスの公式サイト

 

USCPA講座の紹介割引(入学金11,000円オフ

【紹介割引あり】アビタスでUSCPA(米国公認会計士)試験に1年で合格!

 

USCPAの受験ガイド(どこの本、アビタスの三輪先生の本)

 

BATIC(国際会計検定)

 

BATIC講座の資料請求(無料

TACのBATICコース

大原のBATICコース

BATIC(国際会計検定)が新しく!試験日は?どう勉強する?

 

BATICの公式テキスト・公式問題集

 

IFRS検定(国際会計基準検定・IFRS Certificate)

 

IFRS検定講座の紹介割引(受講料3,000円オフ)

【アビタス紹介割引あり】IFRS検定(国際会計基準検定)の難易度、活かし方

 

USCMA(米国公認管理会計士)、EA(米国税理士)

 

講座の資料請求(無料

TACのUSCMAコース

TACのEAコース

国際会計資格 USCPA・USCMA・EAの比較、どれを取るといいのか?

 

CIA(公認内部監査人)

 

講座の資料請求、説明会申し込み(無料

アビタスのCIAコース

TACのCIAコース

内部監査資格 CIA・CISA・CFEの比較、どれを取るといいのか?

 

簿記検定

 

講座の資料請求(無料

大原の簿記コース

TACの簿記コース

USCPA(米国公認会計士)と簿記検定、どっちが役に立つのか?

 

公認会計士

 

講座の資料請求(無料

CPA会計学院の公認会計士コース

大原の公認会計士コース

TACの公認会計士コース

USCPA(米国公認会計士)とJCPA(日本の公認会計士)の試験の違い