挑戦・撤退

米国公認会計士(USCPA)の相互承認協定(MRA)とは?米国以外でもCPAに!

サイト内にプロモーションを含みます

 

困った君
困った君
将来、海外で働きたいから米国公認会計士(USCPA)を取ろうか迷っているよ。

でも、USCPAを持っているとどの国で働けるのか分からなくて困ったな。

どこ
どこ
どこは、米国公認会計士(USCPA)資格を取ったあと、タイのバンコクで会計の仕事をしていたよ。

USCPA資格は、国際的な専門資格なので、基本的にはどの国でも評価されるよ。

でも「相互承認協定(MRA)」を結んでいる国だと、その国の公認会計士(CPA)として働けるから、USCPA資格がより活かせるよね。

今回は、USCPA資格の「相互承認協定(MRA)」について紹介していくね。

海外で働きたい場合、USCPA(米国公認会計士)資格取得をご検討ください。

 

USCPAの学校はアビタスがイチオシ!

どこもアビタスのおかげでUSCPA短期合格。

 

アビタスへの資料請求無料

アビタスに資料請求する↓

USCPA/米国公認会計士 国際資格 アビタス

 

どこアビタスの元受講生なので、アビタスに紹介可能。

アビタス紹介割引(入学金11,000円割引

アビタスへの紹介を依頼する↓

Abitus紹介ご依頼フォーム

 

USCPAになりたいと思われましたら「USCPAの始めかた」を参考にしてください。

USCPAの始めかた 5ステップ
🌸USCPA(米国公認会計士)になるには?USCPAの始めかた【5ステップ】USCPA(米国公認会計士)になりたい方は必見!「USCPAの始めかた」を5つのステップで「USCPAどこのブログ」のUSCPAどこが解説!米国公認会計士(USCPA)になるためには何をしたらいいのかシンプルにわかる!...

 

また『USCPAになりたいと思ったら読む本』も参考にしていただけます。

1.米国公認会計士(USCPA)の相互承認協定(MRA)とは?

米国公認会計士(USCPA)資格の相互承認協定(MRA)についてご説明していきます

 

米国公認会計士(USCPA)資格の相互承認協定(MRA)

  1. 相互承認協定(MRA)は、英語では Mutual Recognition Agreements。
  2. USCPA資格を持っていると、相互承認協定を結んでいる国々で、その国の会計士資格を再取得しなくても、その国の会計士と同じ業務ができる。
  3. 相互承認協定を結んでいる国々の会計士は、米国でUSCPAと同じ業務ができる。

 

AICPA(米国公認会計士協会)によると、相互承認協定を結ぶ目的は、会計専門家の国家間での流動性を高めるため。

そして、米国および相互承認協定を結んでいる国々において、会計専門家の育成に貢献するためだそうです。

 

ちなみに、CPA試験の受験も、米国以外の国々でできるようになってきました。

それもグローバル化の一環と考えられます。

 

 

2.USCPA資格の相互承認協定を結んでいる国

つぎに、USCPA資格の相互承認協定を結んでいる国について見ていきます。

2023年月時点では、AICPA(米国公認会計士協会)またはNASBA(全米州政府会計委員会)と、以下の会計専門家団体との間で、相互承認協定が結ばれています。

 

米国と相互承認協定がある国の会計専門家団体

  1. South African Institute of Chartered Accountants
  2. CPA Australia
  3. Chartered Accountants Australia and New Zealand (CAANZ)
  4. CPA Canada (CPAC)
  5. Chartered Accountants Ireland (CAI)
  6. Institute of Certified Public Accountants in Ireland(CPA Ireland)
  7. Instituto Mexicano de Contadores Publicos (IMCP)
  8. Institute of Chartered Accountants of Scotland (ICAS)

参照:NASBAのサイトの相互承認協定

補足:

 

現在はシンガポールや香港とは相互承認協定がされていません。

また、最近、南アフリカやアイルランドと相互承認協定が結ばれました。

 

以下の7ヶ国の会計士協会と相互承認協定が結ばれており、以下の7ヶ国ではUSCPA資格が特に活かせるということになります。

米国と相互承認協定がある国

  1. カナダ
  2. メキシコ
  3. 南アフリカ
  4. オーストラリア
  5. ニュージーランド
  6. アイルランド
  7. スコットランド

 

現時点では、

  • 米国と地理的に近いカナダとメキシコ
  • 英国と関連の強い南アフリカ、オーストラリア、ニュージーランド、アイルランド、スコットランド

相互承認協定が結ばれているといったところでしょうか。

 

日本人のUSCPAとしては、今後、日本をはじめとして、韓国や中国などのアジアの国々とも 相互承認協定が結ばれてほしいと考えています。

日本は、日本語という言語の問題と、日本の公認会計士試験の難易度の高さによる「参入障壁」により、グローバルなCPA競争に巻き込まれていない気がします。

ですが、相互承認協定が、この壁を崩すきっかけになるのではないかと思います。

 

ちなみに、以前タイでUSCPAとして働いていましたが、日本よりさらに高い「参入障壁」があるように感じました。

タイもタイ語という言語の問題があり、タイの公認会計士試験は日本の公認会計士試験以上に難易度が高いからです。

 

CPA試験の受験地についても、以前はアジアでは日本だけでした。

ですが最近、ネパール(2020年12月)とインド(2021年1月より)も追加(NASBAのサイトのTesting Center Eligibility Tableより)。

英語圏かつ英国と関連が強いといった点を考慮すると、インドの方が日本より先に相互承認協定が結ばれるかもしれませんね。

 

 

3.相互承認協定国で会計士資格を取得するには?

さいごに、相互承認協定を結んでいる国で、USCPAが会計士資格を取得するためには何が必要かを見ていきます。

よくオーストラリアの場合について質問をいただくので、まとめておきます。

 

USCPAが相互承認協定制度を使えるオーストラリアの会計士団体は2つですね。

オーストラリアの会計士団体

  1. CPA Australia
  2. Chartered Accountants Australia and New Zealand (CAANZ)

CAANZの方が法定監査ができます。

なので、オーストラリアの監査法人で働きたい場合は、CPA Australiaではなく、CAANZに登録した方がいいかもしれません。

 

どこは違いに詳しくはないのですが、オーストラリアでCarterd Accountants(CA)をしている友達に、USCPAだと話したら、CAである自分の方が上と言われました。

なので、オーストラリアでは、CPAよりCAの方が上という認識なのだと思っています。

 

登録に必要なのは、以下のとおりです。

CPA Australia登録に必要なもの

  1. Letter of Good Standing
  2. Congratulatory Letter
  3. 学歴証明
  4. 身分証明書(パスポート)

詳細はCPAオーストラリアのサイトを参考にしてください。

 

CAANZ登録に必要なもの

  1. AICPAからのレター
  2. 身分証明書(パスポート)
  3. CAANZメンバー2人からの推薦状

詳細はCAANZのサイトを参考にしてください。

 

この中で一番用意するのが難しいのは、CAANZメンバー2人からの推薦状でしょう。

これが手に入らない場合は、CPA Australiaに登録することになりますね。

 

 

USCPA資格の相互承認協定のまとめ

相互承認協定を結んでいる国においては、その国の会社法や税法などの勉強が追加で必要になりますが、その国の公認会計士試験をわざわざ受験しなくても公認会計士資格が取得できます。

 

2024年6月時点で、米国と相互承認協定を結んでいる国は以下の7か国です。

米国と相互承認協定がある国

  1. カナダ
  2. メキシコ
  3. 南アフリカ
  4. オーストラリア
  5. ニュージーランド
  6. アイルランド
  7. スコットランド

 

USCPA資格は、米国に限らず海外(特に、相互承認協定を結んでいる国)で、公認会計士として働くことを考えている人にとって、取る意味のある資格と言えるでしょう。

 

 

以上、「USCPA(米国公認会計士)相互承認協定(MRA)とは?米国以外でもCPAに!」でした。

困った君
困った君
USCPA資格があれば、米国以外の国でも、公認会計士資格が取得できるんだね。

結構お得だね!

どこ
どこ
日本の公認会計士資格は、相互承認協定がないから、USCPA資格の方がグローバルに働きたい人向けと言えるね。

今後さらに相互承認協定を結ぶ国が増えていくだろうから、ますますUSCPAが活躍できる国が増えるね。

もしUSCPAに挑戦するか迷っている人がいたら、このUSCPA資格の相互承認協定もぜひ考慮に入れてね。

USCPAになりたいと思いましたら、こちらの記事を参考にしてください。

USCPAの始めかた 5ステップ
🌸USCPA(米国公認会計士)になるには?USCPAの始めかた【5ステップ】USCPA(米国公認会計士)になりたい方は必見!「USCPAの始めかた」を5つのステップで「USCPAどこのブログ」のUSCPAどこが解説!米国公認会計士(USCPA)になるためには何をしたらいいのかシンプルにわかる!...

 

どこの著書『USCPA(米国公認会計士)になりたいと思ったら読む本』も参考にしてくださいね。

 

USCPAが海外で働くことについては、以下の記事も参考にしてください。

USCPAが現地採用として海外で仕事を得るために知っておきたいこと
【現地採用】USCPA(米国公認会計士)の海外就職入門!大事なこと3つUSCPA(米国公認会計士)で海外就職(現地採用)希望なら必見!USCPAのための海外就職入門を「USCPAどこのブログ」のどこが開設。どこはUSCPAとして現地採用で仕事をみつけて働いてきた経験あり。海外就職する際に大事な3つも紹介。...
USCPAのための海外で働くチャンスの見つけ方 ー海外駐在
【海外駐在】USCPA(米国公認会計士)のための海外で働くチャンスの見つけ方海外で働きたいUSCPA(米国公認会計士)は必見!海外で働く場合、勤務先から海外に派遣される駐在員と、自分で海外の仕事を探す現地採用の2パターンがあります。海外駐在員として海外に派遣されるパターンを「USCPAどこのブログ」のどこが解説!...
【体験談】USCPAの海外就職ー難しく考えなくてもいいんじゃない?
USCPA(米国公認会計士)が海外就職するまでの体験談【海外就職面接のコツも】USCPA(米国公認会計士)になって海外就職したい方は必見!どの国(都市)で働くか?海外でどう仕事を探すか?海外での就職面接をパスするコツは?といった疑問に、USCPAとしてタイで働いた経験のある「USCPAどこのブログ」のどこが答えます!...
海外移住・海外就職のための情報@タイ・バンコク
【保存版】タイ・バンコク 海外移住・海外就職ガイド 迷いを全部解決!タイのバンコクに移住して働いてみたい人は必見!この記事では、タイの基本情報・就職情報・生活情報を解説しています。実は、バンコクで働くのは難しくありません。この記事を読めば、タイで働くイメージをし、移住に踏み出せるようになります。...