MENU
【USCPA資格】

USCPA(米国公認会計士)とJCPA(日本の公認会計士)の試験の違い

USCPA(米国公認会計士)とJCPA(日本の公認会計士)の試験の違い
困った君
困った君
USCPA(米国公認会計士)とJCPA(日本の公認会計士)と、どっちの資格を取ったらいいのかわからなくて、困ったな。
どこ
どこ
どこは、USCPA(米国公認会計士)の資格を持っているよ。

USCPAと日本の公認会計士の試験を比較して、USCPAと日本の公認会計士のどっちを受けるか考えてみようか。

USCPA/米国公認会計士 国際資格 アビタス

1.試験日

まずは、試験日についてです。

USCPAの試験は、一年を通していつでも受けられますし、不合格でも、受験結果が発表されしだい再受験が可能です。

一方、日本の公認会計士の試験は、短答式試験が5月下旬と12月上旬の年2回、論文式試験が8月下旬の年1回であり、自分の都合で決められるわけではありません。

不合格の場合、翌年に再受験することになります。

  1. USCPA:試験日の選択の自由度が高い。
  2. 日本の公認会計士:試験日の選択の余地なし。

 

2.試験科目

つぎに、試験科目について見ていきましょう。

USCPAの試験は、4科目です。

USCPA試験の科目

  1. 財務会計(FAR:Financial Accounting & Reporting)
  2. 監査および証明業務(AUD: Auditing & Attestation)
  3. 諸法規(REG: Regulation)
  4. ビジネス環境及び諸概念(BEC: Business Environment & Concepts)

一方、日本の公認会計士の試験は、短答式試験4科目、論文式試験6科目です。

日本の公認会計士試験の科目

  1. 短答式試験:財務会計論、管理会計論、監査論、企業法の4科目
  2. 論文式試験の必修科目:財務会計論、管理会計論、監査論、企業法、租税法の5科目
  3. 論文式試験の選択科目:経営学、経済学、民法、統計学のうち1科目選択
  1. USCPA:4科目
  2. 日本の公認会計士:短答式試験4科目、論文式試験6科目

 

3.試験の形式

さらに、試験の形式を見ていきます。

USCPAの試験は、4科目中1科目(BEC)のみ記述式問題がありますが、他の3科目は4択問題と穴埋めの総合問題だけです。

また、仕訳や計算の問題が少なく、暗記すれば解ける問題が多いです。

全て英語での出題・解答です

一方、日本の公認会計士の試験は、短答式試験は選択問題ですが、論文式試験は5科目で記述式問題です。

また、複雑な仕訳や計算の問題も多いです。

  1. USCPA:記述式が少なく、暗記中心
  2. 日本の公認会計士:記述式が多く、計算問題中心

 

4.試験勉強のスタイル

試験勉強のスタイルについても見ていきましょう。

USCPAの試験は、一科目ずつ受験することが可能で、科目合格制度があるので、一科目ずつ勉強して、合格を積み上げていくことができます。

一方、日本の公認会計士の試験は、短答式試験を全科目合格したら論文式試験に進むという形式で、全科目一度に勉強しなければなりません。

ただし、短答式試験合格者は、短答式試験が2年間免除になるという制度はあります。

  1. USCPA:コツコツ1科目ずつ勉強できる。
  2. 日本の公認会計士:全科目一度に勉強する必要がある。

 

5.合格までの勉強時間

合格までにどのくらいの勉強時間がかかるのでしょうか。

USCPAの試験は、USCPAの予備校の宣伝では1,000時間、実際は1,500時間くらいかかっている人が多いようです。

日本の公認会計士の試験は、少ない人で3,000時間、平均すると4,000時間から5,000時間くらいかかっているようです。

合格までの勉強時間については、日本の公認会計士は、USCPAの2倍から3倍くらいはかかる。

 

6.合格となる基準

合格となる基準はどうなっているのでしょうか。

USCPAの試験は、99点満点中75点以上で合格になります。

合格者数に制限がないため、75点取れば合格となる「絶対評価」です。

一方、日本の公認会計士の試験は、「トップから何%が合格」という決め方をしています。

合格者数に制限がある「相対評価」です。

USCPA試験は「絶対評価」、日本の公認会計士試験は「相対評価」というのは、大きな違いではないでしょうか。

  1. USCPA:絶対評価
  2. 日本の公認会計士:相対評価

 

7.合格率

合格率はどのくらいなのでしょうか。

USCPAの試験は、各科目の合格率は、50%以上あります。

ただし、日本人だけだと、30%くらいだと言われており、全科目の合格率だと、10%くらいになると言われています。

一方、日本の公認会計士の試験は、10%くらいになるように調整されています。

とはいえ、最近は短答式試験の合格率は20%を超えていますし、論文式試験の合格率は40%近いです。

合格率については、USCPAの方が高いと言われているが、実際は日本の公認会計士とあまり変わらないのではないか?

 

8.合格者の平均年齢

合格者の平均年齢はどのくらいなのでしょうか。

USCPAの試験は、働きながら勉強する人が多いため、合格者の平均年齢は30代半ばです。

一方、日本の公認会計士の試験は、一定期間に大量の勉強をしなくてはならないため、大学生のうちに勉強して合格してしまう人が多く、合格者の平均年齢は20代半ばです。

  1. USCPA:30代半ばで合格
  2. 日本の公認会計士:20代半ばで合格

 

9.まとめ

USCPAと日本の公認会計士の試験の違いを見てきました。

まとめると以下のようになります。

試験の比較 USCPA 日本の公認会計士
試験日 自由に決められる 既に決められている
試験科目 4科目 短答式試験が4科目、論文式試験が6科目
試験の形式 記述式が少なく、どちらかというと暗記系 記述式が多く、計算問題が多い
試験勉強のスタイル 1科目ずつ勉強 全科目一度に勉強
合格までの勉強時間 1,000時間以上 3,000時間以上
合格となる基準 絶対評価 相対評価
合格率 30%(実際は10%くらいではないか?) 10%(実際はもっと高い?)
合格者の平均年齢 30代半ば 20代半ば

日本の公認会計士より、USCPAの方が、試験の受けやすさ、試験科目の少なさ、試験勉強のしやすさなどから、合格しやすい試験であると言えます。

ただ、USCPAの試験は、当たり前ですが英語ですので、個人の英語力により、勉強時間や合格率に大きな差が出ます。

 

以上、「USCPA(米国公認会計士)とJCPA(日本の公認会計士)の試験制度の違い」でした。

困った君
困った君
USCPAと日本の公認会計士の試験の違いが分かったよ。

USCPAの方が合格しやすい試験であると言えるんだね。

どこ
どこ
そうだね。とはいえ、試験自体が簡単だというわけではないから、その点は注意してね。

USCPA(米国公認会計士)講座の資料請求、説明会申し込み(無料)

USCPAを目指すならアビタス。

 

USCPA(米国公認会計士)講座の紹介割引(入学金の11,000円オフ)

【紹介割引あり】アビタスだけでUSCPA(米国公認会計士)試験に1年で合格!

 

USCPA(米国公認会計士)の受験ガイド

 

BATIC(国際会計検定)の公式テキスト・公式問題集

【2021年変更】BATIC(国際会計検定)が新しく!どうなった?どう勉強する?

 

IFRS Certificate(国際会計基準検定)講座の紹介割引(受講料の3,000円オフ)

【アビタス紹介割引あり】IFRS Certificate(国際会計基準検定)の難易度、活かし方

 

USCMA(米国公認管理会計士)EA(米国税理士)

国際会計資格 USCPA・USCMA・EAの比較、どれを取るといいのか?

 

CIA(公認内部監査人)講座の資料請求、説明会申し込み(無料

アビタスのCIAコース

内部監査資格 CIA・CISA・CFEの比較、どれを取るといいのか?

 

簿記検定講座の資料請求(無料

高い合格実績で選ぶなら資格の大原 簿記1・2級講座

ABOUT ME
USCPAどこ
ワシントン州USCPA(米国公認会計士)。USCPAの立場から、USCPA試験、USCPAのキャリア、USCPAの人生設計について書いています。BIG4大手監査法人監査人→米国企業経理職@バンコク→大手グローバル企業連結決算担当。
こちらの記事もおすすめ