【USCPA試験】合格後

USCPAライセンスの一時的な無効化(リタイア)とは?一時的な無効化の方法は?

困った君
困った君
最近、転職をして、USCPA(米国公認会計士)であることが活かせる仕事ではなくなったんだ。

今後、USCPAのライセンスを維持していくべきか困ったな。

どこ
どこ
どこは、USCPAに合格後、ワシントン州のライセンスを取得したよ。

ライセンスは永久に有効ではなくて、定期的に更新しなくてはならないのだけれど、お金も時間もかかるから、必要が無いなら維持していくかどうか悩むよね。

ライセンスが必要なくなった際には、失効(Lapse)ではなく、一時的な無効化(Retire)という手段があるから、見ていこうか。

 

USCPAのライセンスは取得して終わりではなく、ライセンスを維持するため、継続教育CPE:Continuous Professional Education)を受け、定期的に更新料を払って、ライセンスを更新する必要があります。

監査法人で働いている際は、USCPAのライセンスを保持していると、名刺に「USCPA(米国公認会計士)」と肩書が書け、クライアントからの信頼が得られますので、ライセンスを持っている価値が大きいです。

ですが、事業会社だと、特にUSCPAのライセンスがダイレクトに役に立つ場面がなく、せっかくライセンスを取っても、大変な思いをしてライセンスを維持していく必要があるのか、悩むことになります。

 

どこも、現在勤務中の事業会社では、名刺に「USCPA(米国公認会計士)」との肩書は書かれておらず、人事部と入社面接に立ち会った直属の上司くらいしか、どこがUSCPAであることを知りません。

ライセンスを保持していてもあまり意味がないため、今後ライセンスをどう扱うべきか調べました。

その結果、ライセンス取得後の取り扱いとしては、以下の3つあることが判明しました。

ライセンス取得後の取り扱い

  1. ライセンスを更新する(Renew)
  2. ライセンスを失効させてしまう(Lapse)
  3. ライセンスを一時的に無効化させる(Retire)

一度ライセンスを失効させると、再度復活させるのは大変なので、今後ライセンスが必要になる可能性を考えると、失効(Lapse)は避けた方が良いでしょう。

ですので、ライセンスが必要でなくなった場合は、ライセンス維持の手間暇を避けつつ、再度復活させるのが容易な一時的な無効化(Retire)が選択肢として考えられます。

 

どこの場合は、本業ではライセンスは必要ないのですが、複業(ブログも含める)でUSCPAと名乗りたいため、このままライセンスを維持・更新することにしました。

ですが、このような選択もあることを知っておくと安心だと思いますので、一緒にライセンスの一時的な無効化(Retire)について見ていきましょう。

今回の記事は、ワシントン州のライセンスの一時的な無効化(Retire)に関する情報です。

他の州に関しては、各州の会計士委員会のサイトをご確認ください。

 

1.ライセンスの一時的な無効化(Retire)とは?

ライセンスがしばらく必要ではない場合、ライセンスを一時的な無効化(Retire)させることができます。

ワシントン州の場合、ライセンスを維持するためには、継続教育(CPE)にて3年で120単位、1年あたり最低20単位を取得し、230ドルを払い、更新手続きをする必要があります。

ですが、一時的な無効化(Retire)させると、この継続教育(CPE)と更新手続きが不要となります。

そして、復活させるのも簡単です。

 

一時的な無効化(Retire)には、所定の手続きが必要です。

手続きをせずに、継続教育と更新手続きをしない場合、ライセンスは、「怠慢(Delinquent)→失効(Lapsed)→取消(Cancelled)」というステイタスをたどります。

詳しくは、ワシントン州会計士委員会のサイトの「一時的な無効化(Retirement)」項目もご覧ください☟

ワシントン州会計士協会のサイトの一時的な無効化の情報

  1. USCPAのライセンスがしばらく必要ではない場合、一時的な無効化(Retire)させると、維持・更新をしなくてすむようになります。
  2. 再度ライセンスが必要になった場合、すぐに復活させられます。

 

2.ライセンスを一時的な無効化(Retire)させるとどうなるのか

ライセンスを一時的な無効化(Retire)させるとどうなるのでしょうか。

 

ライセンスを一時的な無効化(Retire)させた場合

  1. USCPAと名乗れなくなる。
  2. ステイタスが「Retired」になる。

ライセンスが必要ではないので一時的な無効化(Retire)させるのだと思うので、USCPAと名乗れなくなるのは問題ないかと思います。

また、ライセンスのステイタスが、当然、「Licensed」から「Retired」に変わります。

ワシントン州CPA Search」で、ステイタスの確認ができます。

自分のライセンスのステイタスは、ワシントン州CPA Searchで確認ができます☟

この「Status」がライセンスのステイタスです。

一時的な無効化(Retire)した場合は、ステイタスが「Retired Licensee」に変わります。

現時点(2020年11月20日)では、ステイタスごとの人数は以下の通りです。

  • 有効なライセンスを保持:約2万人
  • ライセンスを失効:約9千人
  • ライセンスを一時的に無効化:約3千人

USCPAのライセンスを一時的な無効化(Retire)させると、USCPAと名乗れなくなります。

 

3.ライセンスを一時的な無効化(Retire)させる方法

前述の通り、ライセンスを一時的な無効化(Retire)させるには、所定の手続きが必要です。

手続きは、ライセンス更新の手続きと同じく、ワシントン州ライセンスマイページから行います。

 

ログインすると、「WHAT DO YOU WANT TO DO?」の中に、一時的な無効化(Retire)という項目があるので、クリックし、「Retirement Application」という申請画面を開きます。

実際に、ライセンスを一時的な無効化(Retire)させないので(させたことがないので)、手続きを最後まで示せないのですが、いくつか質問に答えるだけで、手間はかからないでしょう。

いつか、一時的な無効化(Ritire)させる機会がありましたら、この記事も更新します。

ワシントン州会計士委員会の公式サイトの「Retirement」には、申請画面の記入をすることしか記載がありませんので、何かほかに要求されることはないと思います。

ライセンスの一時的な無効化(Retire)の申請は、オンラインでできます。

 

4.ライセンスを一時的な無効化(Retire)させた後、復活させる方法

ライセンスを一時的な無効化(Retire)させた後、復活させる場合も、所定の手続きが必要です。

一時的な無効化(Retire)のあと、ライセンスを復活させる手続き

  1. 継続教育(CPE)で120単位取得する
  2. 一時的な無効化(Retire)からの復活費用230ドルを支払う
  3. 継続教育(CPE)の書類を添えて、申請書を提出する

つまり、ライセンスの更新と手続き自体は同じと思ってよいでしょう。

申請書が承認されてから24時間から48時間後に、ライセンスのステイタスが更新されるそうですので、ライセンスを復活させるのに、手間も時間もかからないと考えてよいでしょう(ただし、120単位は事前に取得しておく必要はありますが)。

ライセンスの一時的な無効化(Retire)からの復活は、ライセンスの更新手続きとほぼ同じです。

申請が承認されたら、2日くらいでライセンスが復活します。

 

5.まとめ

さいごに、簡単にまとめておきます。

まとめ

  1. ライセンスの一時的な無効化(Retire)は、ライセンスを保持する意味がなくなったけれど、また必要になる可能性を考え、失効(Lapse)させたくないときに有効な手続きです。
  2. 一時的な無効化(Retire)の手続きをしておけば、その間、継続教育で単位を取得したり、更新料を払う必要がなくなります。
  3. 一時的な無効化(Retire)の手続きも、一時的な無効化(Retire)からの復活の手続きも、オンラインで行え、手間暇がかかるものではありません。

 

以上、「USCPAライセンスの一時的な無効化(リタイア)とは?一時的な無効化の方法は?」でした。

困った君
困った君
USCPAのライセンスが必要なくなったとしても、失効させずに、一時的な無効化の手続きをしておくと、また万が一ライセンスが必要になった時に、スムーズにライセンスを有効にできるんだね。
どこ
どこ
そうだね。一度失効させてしまうと、復活させるのは大変なので、更新に悩んで失効させてしまうくらいなら、一時的に無効化させておくといいだろうね。

失効させてしまうと「手続きをさぼってライセンスが無効になりました」という、ちょっと恥ずかしいステイタスが世界中に公開されてしまうよ。

それだったら、一時的な無効化の手続きをして、「今はライセンスにお暇をあげています」というステイタスの方が、周りの人にも説明がつきやすくていいと思うよ。

ABOUT ME
どこ
ワシントン州USCPA(米国公認会計士)。USCPAの立場から、USCPA試験、USCPAのキャリア、USCPAの人生設計について書いています。BIG4大手監査法人監査人→米国企業経理職@バンコク→大手グローバル企業連結決算担当。