MENU
ライセンス

USCPAのCPE(継続教育)とは?CPE単位はどう集める?

USCPAライセンスを維持・更新するために必要な継続教育(CPE)とは?
困った君
困った君
USCPA(米国公認会計士)のライセンスを取得したよ。

USCPAのライセンスは、CPE(継続教育)を受けて単位を集めないといけないときいたよ。

どうしたら単位が集められる変わらなくて困ったな。

どこ
どこ
どこは、ワシントン州のUSCPAだよ。

USCPAのライセンス維持のため、CPE(継続教育)を受けているから、そもそもCPEとはどんなもので、単位を集める手段にはどんなものがあるのかご説明するね。

 

 

1.USCPAの継続教育(CPE)とは?

USCPAのライセンスを維持・更新するために必要な継続教育(CPE)とは?

USCPAになったら、継続教育CPE: Continuous Professional Education)が必要です。

継続教育(CPE)は、USCPAの品質を維持するためにあります。

 

USCPAのライセンスは、取得して終わりではなく、継続教育(CPE:Continuous Professional Education)を受け、更新料を払い、更新していきます。

継続教育(CPE)で単位を集める必要がありますが、必要な単位は、どの州のライセンスを持っているかによって異なってきます。

 

たとえば、比較的日本人がライセンスを取りやすい、グアムとワシントン州を例にとります。

継続教育で取得する単位(グアムとワシントン州の場合)

  1. グアム:1年更新、必要単位は40単位/1年
  2. ワシントン州:3年更新、必要単位は120単位/3年、かつ、最低20単位/1年

グアムもワシントン州も、平均して年あたり40単位が必要になります。

 

目安としては、1単位1時間ぐらいの学習時間が必要です。

よって、グアムもワシントン州も、平均して年40時間の学習が必要となるわけです。

 

ワシントン州に関しては、以前は、3年間で120単位という要件しかなかったため、1年で一気に120単位取ることが可能でした。

ですが、2020年1月から、毎年最低20単位という要件が追加されたので、注意しましょう。

 

CPEの要件については、各州の会計士委員会(BOA)の公式サイトで確認するようにしましょう。

ワシントン州の場合☟

ワシントン州会計士委員会の公式サイト

 

USCPAのライセンス取得後、USCPAとして高度な専門知識を提供するため、継続教育(CPE)を受ける必要がある。

 

 

2.USCPAの継続教育(CPE)の単位の集めかた

USCPAの継続教育(CPE)の単位の取得方法

USCPANの継続教育(CPE)の単位の集めかたについて見ていきます。

 

継続教育(CPE)では、会計、監査、税務などの単位を集めます。

これは、どんな手段で学習して集めようとしてもいいわけではありません。

 

継続教育(CPE)として利用できるのは、AICPA(米国公認会計士協会)、NASBA(全米会計士委員会連合)、各州会計士委員会(BOA)が認定したコンテンツだけです。

そのようなコンテンツをオンラインで受講し、単位を集めていくことになります。

 

日本では、以下の3つの継続教育(CPE)コンテンツがよく利用されているようです。

USCPAのライセンス更新のための継続教育(CPE)コンテンツ

  1. Surgent CPE
  2. CPExpress
  3. CPE-DEPOT

 

3つの継続教育(CPE)コンテンツの比較は、以下の通りです。

コンテンツ 費用(1年) ポイント
Surgent CPE 499ドル(アビタスの受講生・元受講生は、299ドル)
  1. 最終試験は、70%以上の正答率で合格。
  2. 合格まで何度でも受験可能。
CPExpress 459ドル
  1. ワシントン州のEthics単位は取れないので注意。
  2. 1講座の単位が0.5単位からある(ワシントン州では、0.5単位の講座は、15単位分までしか取れない)。
CPE-DEPOT 149ドル(ワシントン州のEthics単位は別に49ドル)
  1. 最終試験は、70%以上の正答率で合格。
  2. 10回まで再受験可能。

 

(1)Surgent CPE

Surgent CPEの場合、1講座あたり、単位が2単位から16単位となっています。

単位数が大きいと、最終試験の問題数が多くなります。

たとえば、2単位だと10問、4単位だと20問といった具合です。

 

どこは、アビタスの元受講生ということもあり、アビタスが提携しているSurgent CPEを利用しています。

他の学習コンテンツとの比較で、費用面でも難易度でも利点が大きいと思うので、おすすめです。

特に、合格まで何度でも受験可能なのが一番おすすめな点です。

 

(2)CPExpress

CPExpressは、0.5単位などの講座があるので、短時間で単位を細かく集めたい人には良いのかと思います。

ただ、必須であるEthics単位が取れないのがマイナス面です。

 

(3)CPE-DEPOT

CPE-DEPOTは、費用面でも安いですし、10回以内に合格点に達せられると自信があれば、こちらで良いのかと思います。

利用している人も多いようです。

継続教育(CPE)のコンテンツを決めて、そのコンテンツでオンライン学習し、コツコツと単位をためていきましょう。

 

 

3.Surgent CPEの場合の受講の流れ

Surgent画面

Surgent CPEの受講の流れは、以下の通りです。

Surgent CPEの受講の流れ

  1. 受けたいと思う講座を選び、登録(Enroll)する
  2. 教材をダウンロード(Download Course Material)し、読み込む
  3. 理解したと思ったら、最終試験を受ける(Take Final Exam
  4. 70%以上の正答率で、最終試験に合格となる
  5. 修了証(Course Completion Certificate)が発行される

 

このように、たくさんの講座がありますので、受けたい講座を選んでいきましょう。

Surgent Entroll

 

ちなみに、4単位の場合は4択で20問ですが、何も考えずに選んで解答すると、当たり前ですが70%は超えません。

Surgent Grade

☝この場合は20%になりましたが、4択なのでスコアは25%前後になります。

Surgent CPEの場合、合格するまで何度でも最終試験が受けられるので、安心して間違えられます(笑)。

 

のんびりと教材を読み込むと、1単位あたり1時間はかかります。

ささっと最終試験に進んでしまえば、1単位あたり15分くらいまでショートカット可能です(ショートカットする裏技は、こちらには明記しません)。

自分の学習意欲と、単位取得にかけられる時間のバランスを考えて受講しましょう。

 

 

まとめ:USCPAのCPE(継続教育)とは?CPE単位はどう集める?

USCPAのライセンスを維持・更新するために必要な継続教育(CPE)

USCPAのライセンスの維持・更新に必要な継続教育(CPE)についてご説明しました。

 

ライセンスの更新のタイミングや、更新に必要な単位は、自分が保有しているライセンスの州によって違いますので、よく確認しましょう。

 

継続教育(CPE)は、認定学習コンテンツを利用して、オンラインで受講可能です。

費用、講座のボリューム、最終試験の難易度などから、どのコンテンツを利用するか決めましょう。

計画的に単位を集めて、ライセンス更新を忘れないようにしましょう。

 

集めたCPE単位の報告の方法は、こちらを参考にしてください(ただし、ワシントン州の場合)☟

USCPAライセンス「CPE Tracker」の記録方法【ワシントン州の場合】

 

 

以上、「USCPAのCPE(継続教育)とは?CPE単位はどう集める?」でした。

困った君
困った君
USCPAのライセンスを維持するためには、認定されたコンテンツで学習をして、単位をあつめる必要があるんだね。
どこ
どこ
そうだね、年に40単位、40時間くらいの勉強が必要になると考えるといいね。

USCPAの勉強も合格まで大変だったけど、ライセンスの維持のための勉強も、なかなか大変だね。

興味がある講座を選んで受講できるので、計画的に楽しみながら単位を集めていこうね。

転職のためにUSCPAを取得する場合、早めに転職活動を始めるのが、転職成功のポイントです。

USCPAにおすすめの転職エージェント

管理部門・士業特化型エージェントNo.1 MS-Japan

登録無料、相談無料

どこがBIG4大手監査法人に転職したときに、お世話になった転職エージェントです。

管理部門に特化した転職エージェントですので、監査職だけではなく経理職への転職でも、優良な求人情報がみつかります。

 

今すぐ転職する気がなくても、転職エージェントに登録だけはしておいた方がいいです。

希望にあった新規求人や転職可能なおすすめ求人がメールで届くので、気になる求人をストックしておけば、転職したくなったときに必ず役立ちます。

USCPAのための転職情報
USCPAのための転職情報

 

USCPAにおすすめの転職エージェントは「MS-Japan」の一択です!

 

USCPAにおすすめの転職エージェント

「MS-Japan」

 

登録無料、相談無料

\MS-Japan 公式サイト/

どこがBIG4大手監査法人に転職したときに、お世話になった転職エージェントです。

管理部門・士業特化型エージェントNo.1」で、希望職種が経理職や財務職だったり、監査法人志望だったりするなら、登録必須の転職エージェントです。

USCPA」で検索ができて、「USCPA」向けの求人が多いので、どの転職エージェントよりも質の高い「USCPA」の求人に出会えます。

 

どこ
どこ
USCPAに合格したら転職すると決めているなら、USCPAの勉強を始めてすぐに登録してね。

すぐに転職する気がなくても、転職エージェントに登録だけはしておいた方がいいよ。

新規求人・おすすめ求人がメールで届くので、気になる求人をストックしておけば、転職したくなったときに必ず役立つからね。

 

登録無料、相談無料

\MS-Japan 公式サイト/