【USCPA資格】ライセンス

USCPAの「CPE Tracker」での記録方法【ワシントン州の場合】

困った君
困った君
USCPAのライセンスを持っているよ。

継続教育(CPE)を受けてCPE単位を集めたけど、それからどうしたらいいかわからなくて、困ったな。

どこ
どこ
どこは、ワシントン州のUSCPAだよ。

ワシントン州の場合、継続教育(CPE)で集めた単位は、「CPE Tracker」で記録して、ワシントン州会計士委員会(BOA)に報告する必要があるよ。

どのように「CPE Tracker」で記録するのか、わかりやすくご説明していくね。

USCPAの「CPE Tracker」での記録方法

USCPAの「CPE Tracker」での記録方法をご説明していきます。

当記事は、ワシントン州の場合となりますので、ご注意ください。

 

ワシントン州の場合は、継続教育(CPE)で集めた単位は、ワシントン州会計士委員会(Board of Accountancy:BOA)にオンラインで報告する必要があります。

具体的には、BOAが提供する「CPE Tracker」に記録することになります。

 

そもそも、どのように継続教育(CPE)で単位を集めるかについては、こちらの記事をご覧ください☟

USCPAのCPE(継続教育)とは?CPE単位はどう集める?

ワシントン州のライセンス更新

  1. 3年ごとの更新。
  2. 更新には継続教育(CPE)の単位が3年間で合計120単位必要。
  3. ただし、毎年最低20単位必要。
  4. 集めた単位を「CPE Tracker」で報告。
  5. CPEの監査(ランダムで対象者を選び、単位の不正申告をしていないかの確認)の対象となった場合や、CPE延長を申請した場合は、単位の報告だけではなく、単位の修了証の提出も必要。

2022年7月のワシントン州会計士委員会(BOA)のニュースレターにも、「CPE Tracker」のリニューアルと、登録の際の注意点が記載されています。

注意点は、以下の通りです。

  1. 年間最低20単位のCPEを忘れるな。
  2. 報告期間中に「CPE Tracker」に記録しろ。
  3. CPEの記録と更新申請の完了をギリギリまで待つな。
  4. Ethics単位は「Add WA Ethics」をクリックして入力しろ。
  5. CPE延長を申請する場合、または、CPE監査に選ばれた場合、各コースの修了証を必ずアップロードしろ。
  6. CPEを記録するのはマスト、修了証をアップロードするのは任意(すすめる)。

2021年から年間最低20単位のCPEが決まったこともあり、2021年はやらなかった人が多かったようです。

また「CPE Tracker」が」リニューアルしたので、年末に慌てないためにも「CPE Tracker」への記録を早めにやるようにリマインドしているわけですね(どこも、このニュースレターを読んで、「やらなきゃ!」と思いました)。

 

「CPE Tracker」でCPE単位を記録してみましょう

「CPE Tracker」でCPE単位を記録してみましょう。

 

「CPE Tracker」でのCPE単位の記録の手順は、以下のようになります。

「CPE Tracker」でのCPE単位の記録

  1. ワシントン州のサイトにアクセス
  2. ワシントン州のサイトにログイン
  3. ワシントン州BOAのサービスにアクセス
  4. ワシントン州BOAのサービスへのアクセス認証に応答
  5. 「CPE Tracker」を選択
  6. 「Add CPE」を選択
  7. 「Add CPE」でCPE単位の情報を入力
  8. CPE単位の情報が正しく反映されているか確認
  9. 補足:入力したCPE単位の情報を修正する場合

 

(1)ワシントン州のサイトにアクセス

ワシントン州のサイトにアクセスします。

ワシントン州のサイトのリンク

 

(2)ワシントン州のサイトにログイン

ワシントン州BOA

ワシントン州BOAのサイトにログインします。

「USERNAME」と「PASSWORD」の2つを入力し、「SUBMIT」します。

 

(3)ワシントン州BOAのサービスにアクセス

ワシントン州BOA Access

ワシントン州BOAのサービスにアクセスします。

「Access Now」をクリックします。

 

(4)ワシントン州BOAのサービスへのアクセス認証に応答

BOAの認証

 

ワシントン州BOAのサービスにアクセスするため、認証が必要となるので応えます。

ワシントン州BOAのサービスにアクセスするための認証手順

  1. 認証方法を選択☞メールで認証の場合は、メールアドレス
  2. 認証コードを入力☞メールの場合は、メールアドレスに認証コードが届く
  3. デバイスを記憶させるかの確認☞記憶させたい場合は「Yes」にチェック
  4. サービスにアクセス☞「CONTINUE」をクリック

 

(5)「CPE Tracker」を選択

CPE Trackerを選ぶ

「CPE Tracker」をクリックします。

 

(6)「Add CPE」を選択

CPE Reporting画面

「CPE Reporting」の画面になりますので、「Add CPE」をクリックします。

注)ワシントン州のEthics単位の情報を入力する場合は、隣の「Add WA Ethics」をクリックします。

「Add CPE」で記録すると、BOAがEthics単位を認識できず、ライセンス更新の際にエラーになります。

 

(7)「Add CPE」でCPE単位の情報を入力

「Add CPE」の画面

 

「Add CPE」の画面で、CPEの単位の情報を入力します。

入力事項

  1. Completion Date:CPEコース完了日(CPE修了証が発行された日)
  2. Role:Studentでいいでしょう
  3. Provider:CPEのプロバイダー名(どこの場合はSurgent)
  4. Credit Type:TechnicalかNon-Technicalのどちらか
  5. Course Title:CPEのコース名
  6. Number of Hours:CPEのコースに書かれている時間
  7. Comments:特に入力する必要はないでしょう

 

CPEコースの「修了証」もアップロードして、「Save」で保存します。

「修了証」のアップロードはマストではありませんが、ワシントン州BOAのニュースレターには、「アップロードをおすすめする」との記載がありました。

 

記録したいCPE単位について情報入力を繰り返し、修了証をアップロードします。

注)Ethicsを入力する場合は、プロバイダーでEthicsのタイトルを検索し、選択します。

プロバイダーと取得する年ごとにコードが違いますので、注意しましょう。

 

(8)CPE単位の情報が正しく反映されているか確認

CPE Reporting 単位取得後

CPE単位の情報が正しく反映されているか確認します。

今回のどこの場合ですが、CPE単位20単位とワシントン州のEthics4単位、合計24単位を登録しました。

よって、CPE Totalが20単位から44単位(Ethicsが0単位から4単位)になりました。

 

CPEが正しく反映されていれば、これで終わりです。

お疲れさまでした!

どこのワシントン州のライセンス(2021年から2024年まで有効)

ワシントン州のCPE(継続教育)

  • 3年間で120単位
  • 1年あたり最低20単位
  • Ethics4単位
  1. 2021年:20単位報告済み。
  2. 2022年:24単位(Ethics4単位を含む)報告済み。☞当記事
  3. 2023年:76単位報告が必要!

先延ばしできるものは先延ばし、2023年にたくさん頑張ります!(笑)

 

補足:入力したCPE単位の情報を修正する場合

My CPE

もし情報を修正したい場合は、「My CPE」をクリックします。

登録した情報が出てきますので、修正したいCPEのタイトルをクリックします。

そして「Edit」をクリックすれば、修正が可能です。

 

 

 

以上、「USCPAの「CPE Tracker」での記録方法【ワシントン州の場合】」でした。

困った君
困った君
USCPAの「CPE Tracker」でのCPE単位の記録方法がわかったよ。

さっそくCPE単位を記録してみたよ。

どこ
どこ
ワシントン州のライセンスの場合は、ワシントン州のBOAサイトの「CPE Tracker」にて、CPE単位を記録・報告するわけだね。

CPE単位を取るたびに記録・報告していくと安心だね。

年末やライセンス更新の直前に慌てて全部を記録すると大変だから、計画的に!

ABOUT ME
USCPAどこ
ワシントン州USCPA(米国公認会計士)。USCPAの立場から、USCPA試験とUSCPAのキャリアについて書いています。BIG4大手監査法人監査人→米国企業経理職@バンコク→グローバル企業連結決算担当。
USCPAのための転職情報
USCPAのための転職情報

 

USCPAにおすすめの転職エージェントは「MS-Japan」の一択です!

 

USCPAにおすすめの転職エージェント「MS-Japan」


 

  \登録無料、相談無料

【MS-Japan】公式サイト

 

どこがBIG4大手監査法人に転職したときに、お世話になった転職エージェントです。

管理部門・士業特化型エージェントNo.1」で、希望職種が経理職や財務職だったり、監査法人志望だったりするなら、登録必須の転職エージェントです。

USCPA」で検索ができて、「USCPA」向けの求人が多いので、どの転職エージェントよりも質の高い「USCPA」の求人に出会えます。

 

USCPAに合格したら転職すると決めているなら、USCPAの勉強を始めてすぐに登録しましょう。

すぐに転職する気がなくても、転職エージェントに登録だけはしておいた方がいいです。

新規求人・おすすめ求人がメールで届くので、気になる求人をストックしておけば、転職したくなったときに必ず役立ちます。