【USCPA資格】ライセンス

USCPAのライセンスの維持・更新の方法とタイミング【更新タイミングの確認方法も】

困った君
困った君
USCPAのライセンスって、登録したら終わりではなくて、更新しつづけないといけないんだってね。

いつ、どうやってUSCPAのライセンスを更新すればいいのかわからなくて、困ったな。

どこ
どこ
どこは、ワシントン州のUSCPAのライセンスを保持しているよ。

USCPAのライセンスの維持・更新の情報って少ないよね。

実際にUSCPAのライセンスの更新手続きをしてきた経験から、ご説明していくね。

 

USCPAのライセンスの維持方法と更新のタイミング

USCPAのライセンスの維持方法と更新のタイミング

USCPAのライセンスの維持方法と更新のタイミングについて、ご説明していきます。

 

USCPAのライセンスは取得して終わりではなく、ライセンスを維持するために、継続教育(CPE:Continuous Professional Education)を受け、単位を集めることが義務付けられています。

継続教育を受ける義務があるのは、USCPAとしてクライアントに高度な専門知識を提供するため、最新の知識をアップデートしていく必要があるためです。

 

USCPAのライセンスの更新手続きをするタイミングは、どの州のライセンスを持っているかによって異なります。

ライセンスの更新を忘れると失効してしまうので、ライセンスを持っている人はライセンスを更新するタイミングに留意しましょう。

 

 

1.USCPAのライセンスの維持方法

USCPAのライセンスの維持方法

USCPAのライセンスの維持方法を見ていきましょう。

 

USCPAのライセンスを維持するには、継続教育(CPE)を受け、単位を集める必要があります。

どの州のライセンスを持っているかによって、必要な単位が変わってきます。

 

たとえば、グアムとワシントン州ならば、以下の単位が必要です。

ライセンスの維持に必要な継続教育(CPE)の単位数

  1. グアム:1年更新、必要な継続教育ポイントは40単位
  2. ワシントン州:3年更新、必要な継続教育ポイントは120単位(ただし、毎年最低20単位は取得する必要あり)

 

グアムは1年ごとに40単位、ワシントン州は3年で120単位です。

つまり、どちらの州も1年あたり平均40単位が必要となるわけです。

 

ただし、ワシントン州は、2020年1月より状況が変わり、毎年最低20単位を取得しなければならなくなりました。

以前は3年間で120単位取得すればよかったので、3年目にまとめて一気に120単位取得することもできたのですが、現在は毎年最低20単位は取得する必要があります。

 

目安としては、1単位当たり1時間くらいの学習時間が必要です。

つまり1年あたり40時間くらいは継続教育(CPE)にかけることになります。

 

継続教育(CPE)の集めかたに関しては、こちらの記事を参考にしてください☟

USCPAライセンスを維持・更新するために必要な継続教育(CPE)とは?
USCPAのCPE(継続教育)とは?CPE単位はどう集める?ライセンス更新に必要な継続教育(CPE)、ライセンス更新のタイミング、継続教育(CPE)の単位の取得方法といった、USCPA(米国公認会計士)のライセンス維持についてご説明します...

 

  1. グアムもワシントン州も、1年あたり平均40単位を取得する必要がある。
  2. ワシントン州は、毎年20単位のCPE単位が最低限必要になった。

 

 

2.USCPAのライセンスの更新のタイミング

USCPAのライセンスの更新のタイミング

USCPAのライセンスを更新するタイミングについて見ていきます。

 

(1)USCPAのライセンスは何年ごとに更新する?

USCPAのライセンスの更新タイミングは、どの州のライセンスを持っているかによって異なります。

たとえば、グアムは1年ごとの更新、ワシントン州は3年ごとの更新です。

 

たとえば、ワシントン州は3年ごとの更新であり、3年ごとに翌年1月1日から4月30日までに更新する必要があります。

そして、6月30日までに更新をしない場合、ライセンスが失効することになります。

 

(2)USCPAのライセンス更新のタイミングの確認方法

自分のUSCPAライセンスの更新のタイミングは、たとえばワシントン州でしたら、ワシントン州の CPA Search で確認ができます。

ワシントン州CPA Search

自分の氏名やライセンス番号を入力して、自分のライセンスが検索できます。

 

Expiration Dateがライセンスの有効期限です。

何年の6月30日までに更新しないとライセンスが失効になってしまうかわかります。

もし、Expiration Dateが2022年6月30日である場合、2022年6月30日までに更新しないと失効になります。

 

USCPAライセンスの更新ですることは、ワシントン州の場合は次のようになります。

USCPAライセンスの更新ですること(ワシントン州の場合)

2022年6月30日に失効になるとしたら、

  1. 2021年12月31日までに、継続教育(CPE)の単位120単位を取り終える。
  2. 2022年1月1日から4月30日までに、更新料を払い、更新手続きをする。

 

ライセンスの更新料と手続きについては、次のようになります。

グアムとワシントン州のライセンスの更新料と更新手続き

  1. 更新料:グアムは100ドル、ワシントン州は230ドル。
  2. 更新手続き:グアムは郵送またはメール、ワシントン州はオンライン。

 

USCPAのライセンスの更新料が高いと聞きますが、日本の公認会計士に比べたら費用は小さいと言えます。

日本の公認会計士は毎年の継続教育が義務付けられおり、更新という制度はないのですが、年会費が10万円以上かかります。

 

また、ワシントン州のライセンスの更新手続きは、オンラインで可能です。

更新手続き自体は、オンラインで10分もかからないくらいなので、楽なものです。

 

ワシントン州のライセンスの更新手続きは、具体的にはこちらを参考にしてください☟

USCPAのライセンス更新方法をわかりやすく解説【ワシントン州の場合】

 

一度USCPAライセンスを失効させてしまうと、再度ライセンスを有効にするには、かなり大変です。

1回目はなんとか復活させられるようですが、2回目以降は復活が許されない可能性が高いと聞いていますので、更新を忘れないように注意しましょう。

 

  1. USCPAのライセンス取得後、グアムの場合は毎年、ワシントン州の場合は3年ごとに、ライセンスを更新する必要がある。
  2. ライセンスの更新のタイミングは、ワシントン州の場合はCPA Searchで確認できる。
  3. ライセンスを更新するには、継続教育(CPE)の単位が必要。

 

 

以上、「USCPAのライセンスの維持・更新の方法とタイミング【更新タイミングの確認方法も】」でした。

困った君
困った君
USCPAのライセンスは、いつ、どうやって更新すればいいのかわかったよ。
どこ
どこ
USCPAのライセンスは、余裕をもって継続教育(CPE)を受けて、単位を集めておいて、決められたタイミングで更新手続きをすればいいわけだね。

更新を忘れてライセンスを失効させてしまうと大変なので、更新のタイミングは気を付けておいてね。

USCPA(米国公認会計士)

講座の資料請求、説明会申し込み(無料

アビタスのUSCPAコース

 

講座の紹介割引(入学金11,000円オフ

【紹介割引あり】アビタスでUSCPA(米国公認会計士)試験に1年で合格!

 

受験ガイド

 

BATIC(国際会計検定)

講座の資料請求(無料

TACのBATICコース

大原のBATICコース

BATIC(国際会計検定)が新しく!試験日は?どう勉強する?

 

公式テキスト・公式問題集

 

IFRS Certificate(国際会計基準検定)

講座の紹介割引(受講料の3,000円オフ)

【アビタス紹介割引あり】IFRS Certificate(国際会計基準検定)の難易度、活かし方

 

USCMA(米国公認管理会計士)EA(米国税理士)

講座の資料請求(無料

TACのUSCMAコース

TACのEAコース

国際会計資格 USCPA・USCMA・EAの比較、どれを取るといいのか?

 

CIA(公認内部監査人)

講座の資料請求、説明会申し込み(無料

アビタスのCIAコース

TACのCIAコース

内部監査資格 CIA・CISA・CFEの比較、どれを取るといいのか?

 

簿記検定

講座の資料請求(無料

大原の簿記コース

TACの簿記コース

USCPA(米国公認会計士)と簿記検定、どっちが役に立つのか?

 

公認会計士

講座の資料請求(無料

東京CPA会計学院の公認会計士コース

大原の公認会計士コース

TACの公認会計士コース

USCPA(米国公認会計士)とJCPA(日本の公認会計士)の試験の違い

ABOUT ME
USCPAどこ
ワシントン州USCPA(米国公認会計士)。USCPAの立場から、USCPA試験、USCPAのキャリア、USCPAの人生設計について書いています。BIG4大手監査法人監査人→米国企業経理職@バンコク→大手グローバル企業連結決算担当。