英語を学ぶ

【TOEIC730点】突破のためのシンプルな勉強法 ステップ5つ

【TOEIC730点】突破のためのシンプルな勉強法 ステップ5つ

 

TOEIC730点を取りたい、もしくは取らなくてはならないのに、なかなか取れないのはなぜでしょう?

TOEIC730点が取れない理由は、以下の3つのパターンに分けられます。

TOEIC730点が取れない理由

  1. 何を勉強すればよいかわからない場合
  2. 勉強しているけど、勉強の仕方が間違っている場合
  3. 勉強が続かない場合

もしあなたが上の3つのどれかのパターンに当てはまるなら、まかせてください!

 

次の5つのステップをふめば、TOEIC730点を突破できます!

TOEIC730点突破のための5つのステップ

  1. TOEIC730点を取る理由を明確にする
  2. 自分の生活を見直す
  3. 英単語の本と英文法の本を厳選して取りかかる
  4. TOEIC公式問題集をひたすらとく
  5. TOEIC730点を突破して祝杯を挙げる!

それでは、TOEIC730点突破のための5つのステップを1つ1つ詳しく見ていきましょう。

 

ステップ1:TOEIC730点を取る理由を明確にする

はじめに、TOEIC730点を取る理由を明確にしましょう。

TOEICの勉強をしていると、「なぜそんなものを勉強しているのか」などと邪魔をしてくる人が出てくることがあります。

また、仕事が忙しくて勉強をさぼってしまいたくなる日もあるでしょう。

そんな時でも、「なんとしてでもTOEIC730点を取る」と思える理由があれば、邪魔が入っても、さぼりたくなっても、必死に頑張れるでしょう。

あなたがTOEIC730点を取りたいのはなぜ?

 

ステップ2:自分の生活を見直す

つぎに、自分の生活を見直してみましょう。

TOEICの勉強は毎日続けなくてはなりません。

一日の生活の中でいつ勉強の時間が取れるのか考えてみましょう。

たとえば、朝晩の通勤時間、ランチの時間の半分、出社前や退社後にカフェなどで勉強するなど。

勉強の時間を生みだすには、無駄な時間をなくすのはもちろんのこと、今までやっていた何かを犠牲にしなければなりません。

たとえば、テレビを観るのをやめるなど、代償を決めましょう。

もし、勉強の障害になりそうなプライベートや仕事上の問題があれば、前もって解決させておくことも必要でしょう。

あなたがTOEIC730点を取るために、自分の生活をどう変えますか?

 

ステップ3:英単語の本と英文法の本を厳選してとりかかる

TOEIC730点を取る理由を明確にし、時間の確保ができたところで、つぎは、具体的に何を勉強するかです。

本屋に行って、英単語と英文法の本と一冊ずつ買いましょう。

多くの学習者のバイブルとなっている本を選ぶといいです。

どれがいいか迷った場合は、出版されたばかりではないのに、目立つところに平積みになっている本を選ぶと間違いないです

TOEIC730点を取りたいと考えている場合は、英単語は『TOEIC L & R 出る単特急 金のフレーズ』、英文法は『総合英語 Forest』がおすすめです。

そして、具体的な英単語と英文法の勉強法は、以下の通りです。

英単語と英文法の勉強法

  1. 英単語:英単語を見て一瞬で意味と発音が浮かぶようになるまで覚える。
  2. 英文法:理解したら先に進み、わからないところが出てきたらわかるところまで戻って、読み進める。

TOEIC730点を突破するためには、地道にコツコツと理解して、積み上げていく必要があります。

裏技は無いです。

まわり道に見えますが、この「地道にコツコツ」が、結局のところ一番ゴールにたどり着くのが早いです。

記憶を定着するために、かならず復習の時間を設けることも大切です。

たとえば、英単語と英文法を毎日30分ずつ勉強するとしたら、おのおの30分のうち最初の5分は前日の復習にあてるといいでしょう。

英単語と英文法の本を1冊ずつ買い、完璧にする決心はしましたか?

 

ステップ4:TOEICの公式問題集をひたすら解く

とうとう、メインのステップです。TOEICの公式問題集をひたすら解きましょう。

まずは、『公式TOEIC Listening & Reading』を1冊買ってきましょう(最新の1冊だけでいいでしょう)。

そして、時間を計って通して解いてみましょう。

答え合わせをしたあとが本番です。

公式問題集で最初にすること

  1. 公式問題集に載っている英単語すべてを覚える。→英単語の本を参照し、類語や反対語も併せて覚えてしまう。
  2. 公式問題集に出てくる英文法を完璧に理解する。→英文法の本の該当項目を参照しする。

 

さらに、深堀りします。

公式問題集で深堀りする方法

  1. リスニング問題は、スクリプトをきちんと理解した上で、何度も繰り返し音声を聴く。
  2. 英文は「ディクテーション(書き取り)」し、英文を声に出して「オーバーラッピング(音声に合わせて音読)」する。
  3. なぜこの選択肢が正解なのか、なぜ他の選択肢が正解ではないのか自分で説明できるようにする。

リスニング問題は、繰り返し聴かなかったり、理解せずにただ聴いても意味がありません。

英文の「ディクテーション(書き取り)」は、パート1や2などの短めの英文から始めて、パート3や4の長めの英文にチャレンジするといいでしょう。

英文の「オーバーラッピング(書き取り)」は、ただ音読するのではなく、感情をこめることが大事なポイントです。

深堀りを終えて、公式問題集を完璧に仕上げたら、その1冊は卒業していいでしょう。

1冊を完璧にしたら、次の1冊も同じように取り組みましょう。

とはいえ、何冊もやらなくても、1冊を完璧にすれば、TOEIC730点は突破できると思います。

一冊やり切ったと自信を持って言えますか?

 

ステップ5:TOEIC730点を突破して祝杯を挙げる!

TOEIC730点を突破して、祝杯を挙げましょう。

祝杯って?(笑)。これも大事なステップです!

頑張った分、力いっぱい自分をほめてあげましょう。

そのあと、TOEIC860点のさらなる高みを目指してもよし、英検1級など、ほかの英語の資格に挑戦してもよし。

TOEIC730点が取れたあなたなら、正しく勉強するコツと毎日勉強するクセが身についているから大丈夫。

自信をもって上級者へのステップへ。

TOEIC860点も取れる自信が出てきましたよね?

 

 

以上、「【TOEIC730点】突破のためのシンプルな勉強法 ステップ5つ」でした。

TOEIC730点を突破するため、次の5つのステップに従うことをご紹介しました。

TOEIC730点突破のための5つのステップ

  1. TOEIC730点を取る理由を明確にする
  2. 自分の生活を見直す
  3. 英単語の本と英文法の本を厳選して取りかかる
  4. TOEIC公式問題集をひたすらとく
  5. TOEIC730点を突破して祝杯を挙げる!

非常にシンプルですが、勉強を続けられる、そして、正しく何を勉強すれば良いのか、網羅しています。

ぜひ、この5つのステップを試してみてくださいね。

ABOUT ME
USCPAどこ
ワシントン州USCPA(米国公認会計士)。USCPAの立場から、USCPA試験とUSCPAのキャリアについて書いています。BIG4大手監査法人監査人→米国企業経理職@バンコク→グローバル企業連結決算担当。
資格取得のための参考情報

資格取得のための参考情報

USCPA(米国公認会計士)

 

USCPA講座の資料請求・説明会申し込み(無料

アビタスの公式サイト

 

USCPA講座の紹介割引(入学金11,000円オフ

【紹介割引あり】アビタスでUSCPA(米国公認会計士)試験に1年で合格!

 

USCPAの受験ガイド(どこの本、アビタスの三輪先生の本)

 

BATIC(国際会計検定)

 

BATIC講座の資料請求(無料

TACのBATICコース

大原のBATICコース

BATIC(国際会計検定)が新しく!試験日は?どう勉強する?

 

BATICの公式テキスト・公式問題集

 

IFRS検定(国際会計基準検定・IFRS Certificate)

 

IFRS検定講座の紹介割引(受講料3,000円オフ)

【アビタス紹介割引あり】IFRS検定(国際会計基準検定)の難易度、活かし方

 

USCMA(米国公認管理会計士)、EA(米国税理士)

 

講座の資料請求(無料

TACのUSCMAコース

TACのEAコース

国際会計資格 USCPA・USCMA・EAの比較、どれを取るといいのか?

 

CIA(公認内部監査人)

 

講座の資料請求、説明会申し込み(無料

アビタスのCIAコース

TACのCIAコース

内部監査資格 CIA・CISA・CFEの比較、どれを取るといいのか?

 

簿記検定

 

講座の資料請求(無料

大原の簿記コース

TACの簿記コース

USCPA(米国公認会計士)と簿記検定、どっちが役に立つのか?

 

公認会計士

 

講座の資料請求(無料

CPA会計学院の公認会計士コース

大原の公認会計士コース

TACの公認会計士コース

USCPA(米国公認会計士)とJCPA(日本の公認会計士)の試験の違い

 

こちらの記事もおすすめ