会計知識

IFRS(国際財務報告基準)のイロハ



困った君
困った君
転職して、グローバル企業の経理職として採用されたよ。

転職先では、IFRS(国際財務報告基準)が適用されているんだって。

日本基準しかわからないから困ったな。

どこ
どこ
転職おめでとう。IFRS(国際財務報告基準)の基準書を一から読んだら大変だよね。

IFRSと日本基準の違いだけ理解すれば大丈夫。

まずは、IFRSの基本的な知識から見ていこうね。

1.IFRS(国際財務報告基準)とは?

IFRS (International Financial Reporting Standards)とは、国際財務報告基準のことです。

そもそも、会計基準は、企業が財務諸表を作成する際のルールで、国ごとに異なっています。

ですが、海外事業との取引や外国企業が増加し、インターネットの発展による海外投資が活性化したため、国ごとに異なる会計基準で作成された財務諸表では、比較するのが難しいという課題に直面しました。

そんな資本市場の国際化の中で、世界共通の会計ルールとして生まれたのがIFRSです。

世界共通の会計ルールであるIFRSで財務諸表が作成されれば、国が違っても経営実態を正確に把握することができます。

 

どこ
どこ
IFRSとは世界共通の会計ルール。

IFRSで財務諸表を作成すれば、国際間の比較が可能になるわけだね。

2.日本でIFRSが導入されることによる影響

日本企業がIFRSを導入する場合、どのような影響があるのでしょうか。

メリットとデメリットは以下のようになります。

(1)日本企業がIFRSを導入するメリット

  1. 海外の投資家に経営状況を説明しやすくなる。
  2. 資金調達の幅が広がる。
  3. 海外子会社の管理がしやすくなる。

(2)日本企業がIFRSを導入するデメリット

  1. システム変更、人材育成に時間とお金がかかる。
  2. 会計基準の違いにより、適用が困難である。

 

どこ
どこ
IFRSを導入することで、日本企業にはメリットもデメリットもあるわけね。

特に導入準備はすごく大変。

3.IFRSと日本基準の違い

やっと本題のIFRS日本基準の違いです。

特に大事なのは3つかと思います。

(1) 「原則主義」か「細則主義」か

IFRS:原則主義(Principle based)

日本基準:細則主義(Rule based)

IFRSは、財務報告に関する原理・原則を明らかにするのみで、細かいところを決めていません。具体的な数値基準や判断基準の規定がないので、企業は原理・原則に基づいて解釈し、運用します。

日本基準は、具体的な数値基準や判断基準の規定があります(ただし、記載されていないことに対する会計処理ははっきりしません)。

(2) 「資産・負債アプローチ」か「収益・費用アプローチ」か

IFRS:資産・負債アプローチ

日本基準:収益・費用アプローチ

IFRSは、BS(IFRSにおいては、「財務状態計算書」という名前です)が中心です。利益は期末純資産から期首純資産を引いて算出します。そして、包括利益を重視しています。

包括利益は、

  • 期末純資産から期首純資産を引いたもの。
  • 当期利益とその他の包括利益を足したもの。

本業からの利益だけではなく、その会社が保有する資産や負債の含み損益も含みます。

日本基準は、PL(損益計算書)が中心です。利益は収益から費用を引いて算出します。そして、純利益を重視しています。

(3) PL(損益計算書)の表示

IFRSでは、PL(IFRSにおいては、「包括利益計算書」という名前です)の利益区分が日本基準と違います。

大きな特徴としては、段階損益の表示がないこと、継続事業と非継続事業を区分表示していることが挙げられます。

そのほか、IFRSの特徴としては、公正価値による評価が重視されること、法的形式にとらわれずに取引の実質を見極めて判断するという「実質重視主義」をとっていることが挙げられます。

 

どこ
どこ
IFRSは原則主義だから、企業は採用した会計処理について、採用した根拠や判断基準について合理的な説明ができるようにしておかなくてはならないんだね。

また、IFRSは資産・負債アプローチで、日本基準とは重視するものも、利益の概念も違うね。

結果としてPLの表示も違ってくるんだね。

 

以上、「IFRS(国際財務報告基準)のイロハ」でした。

困った君
困った君
IFRSのことが少しわかったし、IFRSと日本基準の違いが理解できたよ。
どこ
どこ
それなら良かった!

ざっくりとした説明だけだから、もっと詳しく知りたかったら、以下のようなサイトも参考にしてみてね。

https://home.kpmg/jp/ja/home/insights/2019/04/ifrs-compared-to-japan-gaap.html

 

IFRS Certificate(国際会計基準検定)について、以下の記事も参考にしてください。

IFRS Certificate(国際会計基準検定)ー 概要、難易度、活かし方IFRS Certificate(国際会計基準検定)の概要、受験の流れ、難易度、資格の活かし方、USCPA(米国公認会計士)やBATIC(国際会計検定)との比較、勉強法を取りまとめました。...

また、USCPA(米国公認会計士)について、以下の記事を参考にしてください。

USCPA(米国公認会計士)試験&キャリア 完全ガイドUSCPA(米国公認会計士)試験について、USCPA(米国公認会計士)試験に合格したのち、USCPAとしてどのようなキャリアが築けるのかについて、情報をとりまとめました。随時更新中です。...
USCPA/米国公認会計士 国際資格 アビタス
ABOUT ME
どこ
ワシントン州USCPA(米国公認会計士)。USCPAの立場から、USCPA試験、USCPAのキャリア、USCPAの人生設計について書いています。BIG4大手監査法人監査人→米国企業経理職@バンコク→大手グローバル企業連結決算担当。