ビジネス英語

TOEICの点数を上げる裏技?

TOEICの点数を上げる裏技?



どんなテストもそうですが、事前にテストの出題傾向、問題の構成、時間配分などを知るのが大事です。

はじめてTOEICを受ける際は、『はじめて受けるTOEIC®L&Rテスト 全パート完全攻略』といった対策本を一冊やっておくと安心です。

 

ですが、今回は、このような正当法はおすすめしません。

TOEICという「少々独特な世界」について書かれたガイドブックを読んでおくことにより、実際にTOEICを受ける際に迷子にならないようにしましょうという、裏技のおすすめです。

初めてどこかの国に行く際に、あらかじめガイドブックでその国の文化、歴史、地名などを知っておくと、その土地の人とコミュニケーションを取りやすくなったり、目的地に迷わずにたどり着けるのと同じです。

そんなTOEICのガイドブックが、『不思議の国のグプタ 飛行機は、今日も遅れる』です。

TOEICという国を理解してから、TOEICという国に出かけましょう!

1.『不思議の国のグプタ ー飛行機は、今日も遅れる』とは?

『不思議の国のグプタ 飛行機は、今日も遅れる』は、TOEICを題材にしたミステリー小説です。

グプタ(Gupta)とは、この本の主人公で、インド出身です。

TOEICのうんちくが満載で、TOEICに詳しくなれます。

本文中のTOEICでよく出てくる用語には、英語も添えられているので(例えば、「本社」「headquarters」)、頻出英単語の勉強にもなります。

2.TOEICという世界で「よく起こること」「存在しないもの」を知っておく

TOEICは問題の40%が過去に出題された問題のリサイクルだそうです。

なので、同じシチュエーションの問題に、何度も出会います。

また、過去に一度も出題されたことがないものがあるなど、明確な傾向があります。

例えば、題名にもあるように、TOEICという世界では、飛行機はいつも遅れます。

ですので、これを知っていれば、リスニングで空港のアナウンスの問題があったら、「飛行機は遅れている」と言っているのかも?と予測ができるようになります。

本書を参考に、TOEICという世界で「よく起こること」「存在しないもの」を10だけ挙げます。

TOEICという世界で「よく起こること」「存在しないもの」

「よく起こること」

  1. 全社員参加のピクニックが良く開催される。
  2. コーヒー(coffee)とコピー(copy)をよく聴き間違える。
  3. 歯医者の予約が良くリスケされる。
  4. 図書館はいつも改装中である。
  5. 会社の業績がいつも良い(倒産は起きない)。

「存在しないもの」

  1. 老人と子供は存在しない。
  2. アルコールやたばこが存在しない。
  3. 重い病気や大けがを経験した人はいない。
  4. 警察、消防、軍隊は存在しない。
  5. 犯罪、災害、戦争は存在しない。

 

以上、「TOEICの点数を上げる裏技?」でした。

『不思議の国のグプタ 飛行機は、今日も遅れる』をご紹介させていただきました。

TOEIC満点取得者であり、何十回もTOEICを受けてきた著者の「TOEICという不思議な国」への気づきが満載です。

本書を読んでからTOEICの問題を解くと、いたるところに本書に出てきた「TOEICあるある」を見つけて楽しくなるでしょう。

TOEICは楽しむものです!楽しんで点数もアップしてしまいましょう!!


ABOUT ME
USCPAどこ
ワシントン州USCPA(米国公認会計士)。USCPAの立場から、USCPA試験、USCPAのキャリア、USCPAの人生設計について書いています。BIG4大手監査法人監査人→米国企業経理職@バンコク→大手グローバル企業連結決算担当。
こちらの記事もおすすめ