MENU
英語を学ぶ

TOEICの点数を上げる裏技?

TOEICの点数を上げる裏技?



どんなテストもそうですが、事前にテストの出題傾向・問題構成・時間配分などを知るのが大事ですよね。

はじめてTOEICを受ける際は『はじめて受けるTOEIC®L&Rテスト 全パート完全攻略』といった対策本を一冊やっておくと安心です。

 

ですが、今回はこのような正当法はおすすめしません!

TOEICという「少々独特な世界」について書かれたガイドブックを読んでおくことをおすすめします。

ガイドブックを事前に読んでおくことで、実際にTOEICを受ける際に迷子にならないようにしましょうという「裏技」のおすすめです。

 

初めての国に行く際、あらかじめガイドブックでその国の文化・歴史・地名などを知っておくと、その土地の人とコミュニケーションを取りやすくなったり、目的地に迷わずにたどり着けますよね。

そんなTOEICのガイドブックが『不思議の国のグプタ 飛行機は、今日も遅れる』です。

TOEICという国を理解してから、TOEICという国に出かけることにしましょう!

 

1.『不思議の国のグプタ ー飛行機は、今日も遅れる』とは?

『不思議の国のグプタ 飛行機は、今日も遅れる』は、TOEICを題材にしたミステリー小説です。

グプタ(Gupta)とは、この本の主人公でインド出身です。

TOEICのうんちくが満載で、TOEICに詳しくなれます。

本文中のTOEICでよく出てくる用語には英語も添えられているので(例えば「本社」「headquarters」)、頻出英単語の勉強にもなります。

 

2.TOEICという世界で「よく起こること」「存在しないもの」を知っておく

TOEICは問題の40%が過去に出題された問題のリサイクルだそうです。

なので、同じシチュエーションの問題に何度も何度も出会います。

 

また、過去に一度も出題されたことがないものがあるなど、明確な傾向があります。

例えば、題名にもあるように、TOEICという世界では飛行機はいつも遅れます(笑)。

ですので、これを知っていれば、リスニングで空港のアナウンスの問題があったら、「飛行機は遅れていると言っているのかも?」と予測ができるようになります。

 

本書を参考に、TOEICという世界で「よく起こること」「存在しないもの」を10だけ挙げます。

TOEICという世界で「よく起こること」「存在しないもの」

「よく起こること」

  1. 全社員参加のピクニックがよく開催される。
  2. コーヒー(coffee)とコピー(copy)をよく聴き間違える。
  3. 歯医者の予約がよくリスケされる。
  4. 図書館はいつも改装中である。
  5. 会社の業績がいつも良い(倒産は起きない)。

「存在しないもの」

  1. 老人と子供は存在しない。
  2. アルコールやたばこは存在しない。
  3. 重い病気や大けがを経験した人はいない。
  4. 警察・消防・軍隊は存在しない。
  5. 犯罪・災害・戦争は存在しない。

このような「よく起こること」「存在しないもの」を事前に知っておけば、かなり有利だと思いませんか?

TOEICという国を理解して、TOEICという国でぜひ成功してくださいね。

 

 

以上、「TOEICの点数を上げる裏技?」でした。

『不思議の国のグプタ 飛行機は、今日も遅れる』をご紹介させていただきました。

TOEIC満点取得者であり、何十回もTOEICを受けてきた著者の「TOEICという不思議な国」への気づきが満載です。

本書を読んでからTOEICの問題を解くと、いたるところに本書に出てきた「TOEICあるある」を見つけて楽しくなるでしょう。

 

TOEICは楽しむものです!

楽しんで点数もアップしてしまいましょう!!


英語の学習に役立つ情報
英語学習の情報

オンライン英会話学校

ビジネス英会話が学びたい場合は、ネイティブキャンプがおすすめ。

【体験談】ビジネス英語なら、ネイティブキャンプがおすすめのオンライン英会話学校です

 

無料レッスンは、こちらからどうぞ↓

1週間無料キャンペーンを実施中!

もし合わなかったら、1週間でやめられます。


 

英語コーチング

本気で英語力の底上げがしたい場合は、トライズがおすすめ。

【体験談】トライズの英語コーチングって、おすすめなの?

 

無料カウンセリングは、こちらからどうぞ↓

【無料カウンセリング】トライズなら1年で英語が話せる

英語学習のヒントが得られるので、お気軽に試してください。


こちらの記事もおすすめ