MENU
試験内容

【2022年最新】USCPA試験 最近の試験内容の変更をまとめました!

最近の試験内容の変更
知りたい君
知りたい君
USCPA(米国公認会計士)試験の勉強中だよ。

USCPA試験の内容はよく変更されるイメージだけど、最近はどんな変更があったのか知りたいな。

どこ
どこ
どこは、ワシントン州のUSCPA(米国公認会計士)だよ。

2021年と2022年のUSCPA試験の内容の変更について、簡単にご説明していくね。

 

 

はじめに:最近のUSCPA試験内容の変更

最近のUSCPA試験内容の変更は、以下のようになっています。

最近の試験内容の変更

  1. 2021年7月:4科目の変更あり(BEC・AUDに大きな変更)
  2. 2021年10月:FAR・AUD・REGの変更あり
  3. 2022年1月:FAR・AUD・REGの変更あり(AUDに比較的大きな変更)
  4. 2022年7月:AUDの変更あり

BECは、2021年7月の変更が最後です。

 

USCPA試験の内容は、頻繁に変更されます。

新しいトピックが追加されたり、古いトピックが削除されたり、既存の内容が変更されたり、毎年何らかの試験の内容変更があります。

 

試験内容の変更は特別なものではないので、「勉強しているときに変更があって不運だ」と嘆く必要はないですし、「変更前に試験を受けなくては」と慌てる必要もないでしょう。

何が変更されたか把握し、情報をアップデートしておくだけのことです。

 

 

1.2021年の試験内容の変更

2021年の試験内容の変更から見ていきます。

 

2021年7月の改定は大規模で、BECとAUDに関しての変更が集中し、FARとREGは変更の影響はあまりありませんでした。

2021年10月の改定は小規模で、FAR・AUD・REGに関して変更がありました。

2021年の改定の主な変更点

  1. ビジネスプロセスの理解
  2. デジタルマインドセットとデータ分析
  3. SOC1®報告書への依存度の向上(ユーザー企業の財務報告に係る内部統制に関連するサービス機関の統制)
  4. IFRS(国際財務報告基準)の出題の取りやめ

 

詳しくは、以下の記事を参照してください。

【2021年7月改正】USCPA試験 試験内容の変更
【2021年】USCPA試験 試験内容の変更|比較的大きな変更でした!2021年7月のUSCPA(米国公認会計士)試験の試験内容の変更点について、何が追加されるのか、削除されるのか、理解度が変更されるのかまとめました。...

 

AICPA(米国公認会計士協会)のBlueprintsも、2021年7月1日有効のものが最新になっておりますので、併せてご確認ください。

【2021年7月改正後】USCPA試験 AUD Blueprintsの内容
【2022年最新】USCPA試験 AUD Blueprint の内容USCPA(米国公認会計士)試験に関して、AICPAのBlueprintsを一読するのをおすすめしています。ですが、自分で読む余裕が無い方のために、BlueprintsのAUD部分に、どんなことが書かれているのか、特に高いスキルが必要なのはどれなのか、説明しています。...
【2021年7月改正後】USCPA試験 BEC Blueprintsの内容
【2022年最新】USCPA試験 BEC Blueprint の内容USCPA(米国公認会計士)試験に関して、AICPAのBlueprintsを一読するのをおすすめしています。ですが、自分で読む余裕が無い方のために、BlueprintsのBEC部分に、どんなことが書かれているのか、特に高いスキルが必要なのはどれなのか、説明しています。...
【2021年7月改正後】USCPA試験 FAR Blueprintsの内容
【2022年最新】USCPA試験 FAR Blueprint の内容USCPA(米国公認会計士)試験に関して、AICPAのBlueprintsを一読するのをおすすめしています。ですが、自分で読む余裕が無い方のために、BlueprintsのFAR部分に、どんなことが書かれているのか、特に高いスキルが必要なのはどれなのか、説明しています。...
【2021年7月改正後】USCPA試験 REG Blueprintsの内容
【2022年最新】USCPA試験 REG Blueprint の内容USCPA(米国公認会計士)試験に関して、AICPAのBlueprintsを一読するのをおすすめしています。ですが、自分で読む余裕が無い方のために、BlueprintsのREG部分に、どんなことが書かれているのか、特に高いスキルが必要なのはどれなのか、説明しています。...

 

 

2.2022年の試験内容の変更

次に、2022年の試験内容の変更です。

 

2022年の試験内容の変更は小規模です。

AUD・FAR・REGに関する変更ですが、AUDは比較的大きな変更がありました。

2022年の試験内容の主な変更

  1. 監査人による報告、修正および関連した変更
  2. 幅広い分野での監査手続の追加・改定(アサーション、関連当事者取引、継続企業、不正など)
  3. 2021年の「American Rescue Plan Act(米国救済計画法)」の変更

 

詳しくは、以下の記事を参照してください。

【2022年】USCPA試験 試験内容の変更 |AUD・FAR・REGで変更あり!2022年のUSCPA(米国公認会計士)試験の内容の変更についてまとめています。...

 

 

参考:試験内容の変更に関するAICPAの方針

参考までに、USCPA試験の試験内容の変更に関して、AICPAの方針をご紹介します。

改正の種類 AICPAの方針
会計・監査に関する公布の改正 以下のいずれか遅いほうの時期に出題できる。(1)最も早い強制発効日の後に開始する最初の四半期、または、(2)発効日の6ヶ月後に始まる最初の四半期。
内国歳入法・連邦税法の改正 発効日または施行日のいずれか遅い日から6ヶ月後に開始する四半期に出題できる。
連邦税の分野以外の連邦法の改正 発効日から6ヶ月後の四半期に出題できる。
統一法の改正 各法域の単純多数決による採択から1年後に開始する四半期に出題できる。
その他のすべての科目に関する改正 以下のいずれか遅いほうの時期に出題できる。(1)最も早い強制発効日の後に開始する最初の四半期、または 、(2)発行日から6ヶ月後。

 

何らかの改正があっても、USCPAに出題するまでには、しばらくの猶予があることが分かります。

ちなみに「何らかの改正があった場合、改正によって影響を受けた以前の内容はUSCPA試験から削除される」とも明記されています。

 

 

 

 

以上、「【2022年最新】USCPA試験 最近の試験内容の変更をまとめました!」でした。

知りたい君
知りたい君
USCPA(米国公認会計士)試験について、最近どんな変更があったのか分かったよ。

2022年はそこまで大きな変更がなかったようで安心したよ。

どこ
どこ
2021年の7月の試験内容の変更は、Blueprintsも変更されたし、比較的大きな変更だったけど、2022年は平年並みの変更だったね。

少なくとも半年ごとになんらかの変更が発生してもおかしくないので、なるべく早く合格してしまうのがいいね。

勉強の期間が長くなればなるほど、変更をアップデートしていくのが大変になることは覚えておいてね。

USCPAのための転職情報
USCPAのための転職情報

 

USCPAにおすすめの転職エージェントは「MS-Japan」の一択です!

 

USCPAにおすすめの転職エージェント

「MS-Japan」

 

登録無料、相談無料

\MS-Japan 公式サイト/

どこがBIG4大手監査法人に転職したときに、お世話になった転職エージェントです。

管理部門・士業特化型エージェントNo.1」で、希望職種が経理職や財務職だったり、監査法人志望だったりするなら、登録必須の転職エージェントです。

USCPA」で検索ができて、「USCPA」向けの求人が多いので、どの転職エージェントよりも質の高い「USCPA」の求人に出会えます。

 

どこ
どこ
USCPAに合格したら転職すると決めているなら、USCPAの勉強を始めてすぐに登録してね。

すぐに転職する気がなくても、転職エージェントに登録だけはしておいた方がいいよ。

新規求人・おすすめ求人がメールで届くので、気になる求人をストックしておけば、転職したくなったときに必ず役立つからね。

 

登録無料、相談無料

\MS-Japan 公式サイト/

こちらの記事もおすすめ